TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024073032
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-29
出願番号2022184012
出願日2022-11-17
発明の名称電子機器付エンジン
出願人株式会社クボタ
代理人個人
主分類F02F 7/00 20060101AFI20240522BHJP(燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備)
要約【課題】さらなる構造工夫により、ECUなどのエンジンに装着される電子機器の熱的負荷を無理なく軽減できるようにして、熱による悪影響が電子機器に及ばないようにすることが可能な電子機器付エンジンを提供する.。
【解決手段】エンジン用の電子機器22がシリンダブロック2の吸気側に、熱伝導を促進可能な固定機構6を用いて取付けられ、固定機構6は、シリンダブロック2と電子機器22とが面で接触する状態に構成されている電子機器付エンジン。固定機構6は、シリンダブロック2におけるシリンダ部2sに固定されるボルト7を用いて構成されている。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
エンジン用の電子機器がシリンダブロック又はシリンダヘッドの吸気側に、熱伝導を促進可能な固定機構を用いて取付けられている電子機器付エンジン。
続きを表示(約 480 文字)【請求項2】
前記固定機構は、前記シリンダブロック又はシリンダヘッドと前記電子機器とが面で接触する状態に構成されている請求項1に記載の電子機器付エンジン。
【請求項3】
前記固定機構は、シリンダブロックにおけるシリンダ部に固定されるボルトを用いて構成されている請求項1に記載の電子機器付エンジン。
【請求項4】
前記ボルトは、前記シリンダ部のボス部に植設されるスタッドボルトであり、前記シリンダ部と前記電子機器との間に所定の空間部が形成されるように、前記電子機器におけるスタッドボルトが通される取付部と前記ボス部との間にカラ―が設けられている請求項3に記載の電子機器付エンジン。
【請求項5】
前記シリンダブロックの気筒配列方向での一端側に冷却ファンが設けられるとともに、前記冷却ファンによる冷却風を前記電子機器に案内する導風部材が設けられている請求項4に記載の電子機器付エンジン。
【請求項6】
前記電子機器は、エンジン制御用のECUである請求項1~5の何れか一項に記載の電子機器付エンジン。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ECUなどの電子機器が付属されたエンジン、即ち、電子機器付エンジンに関するものである。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
近年の電子制御エンジンにおいては、エンジン制御用のECU(エンジン用ECUであって、以下、単にECUと呼ぶ)は、配線の短縮化などの合理化の観点から、できるだけエンジン自体に設けられていると好都合である。例えば、特許文献1(図4を参照)において開示されるように、ECU(15)をシリンダブロック(21)の横側に配置することが開示されている。
【0003】
また、特許文献2においては、その図1~3において示されるように、ECU(40)はシリンダヘッド(3)の上に配置されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2022-11786号公報
特開2009-209699号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ECUは電子機器(電子部品)であって、本来は熱的に脆弱なものであることから、エンジンから離して別置きとするのが望ましいが、前述(合理化など)のように、エンジンに装着されているのが実情である。
【0006】
そのため、ECUへの熱伝導を抑える構造としては、例えば、断熱材を介してシリンダブロックにボルト止めするなど、エンジン(エンジン本体)への取付部に工夫を施すことは行われている。しかしながら、ECUの耐熱温度には限界があるので、出力向上などによる熱的負荷の増大にも対応できるように、ECUの熱的環境を良くするには改善の余地が残されている。
【0007】
本発明の目的は、さらなる構造工夫により、ECUなどのエンジンに装着される電子機器の熱的負荷を無理なく軽減できるようにして、熱による悪影響が電子機器に及ばないようにすることが可能な電子機器付エンジンを提供する点にある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、電子機器付エンジンにおいて、エンジン用の電子機器がシリンダブロック又はシリンダヘッドの吸気側に、熱伝導を促進可能な固定機構を用いて取付けられていることを特徴とする。
【0009】
この場合、前記固定機構は、前記シリンダブロック又はシリンダヘッドと前記電子機器とが面で接触する状態に構成されていると好都合である。また、前記固定機構は、シリンダブロックにおけるシリンダ部に固定されるボルトを用いて構成されているとさらに好都合である。
【0010】
本発明に関して、上述した構成(手段)以外の特徴構成や手段ついては、請求項4~6を参照のこと。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社クボタ
作業機
9日前
株式会社クボタ
作業車
14日前
株式会社クボタ
作業機
10日前
株式会社クボタ
作業機
10日前
株式会社クボタ
作業車
14日前
株式会社クボタ
作業機
10日前
株式会社クボタ
作業車
14日前
株式会社クボタ
作業機
10日前
株式会社クボタケミックス
製管機
9日前
株式会社クボタ
作業機
10日前
株式会社クボタ
作業車
14日前
株式会社クボタケミックス
製管機
9日前
株式会社クボタ
作業機
9日前
株式会社クボタ
作業車
9日前
株式会社クボタ
作業車
9日前
株式会社クボタ
移植機
9日前
株式会社クボタ
作業機
9日前
株式会社クボタ
作業車
9日前
株式会社クボタ
作業機
10日前
株式会社クボタ
作業車
9日前
株式会社クボタ
作業機
10日前
株式会社クボタ
作業車
10日前
株式会社クボタ
作業車
10日前
株式会社クボタ
作業機
1日前
株式会社クボタ
作業車
1日前
株式会社クボタ
作業車
1日前
株式会社クボタ
作業機
10日前
株式会社クボタ
作業車
1日前
株式会社クボタ
作業車両
8日前
株式会社クボタ
採水装置
14日前
株式会社クボタ
作業車両
10日前
株式会社クボタ
作業車両
8日前
株式会社クボタ
作業車両
8日前
株式会社クボタ
作業車両
8日前
株式会社クボタ
作業車両
8日前
株式会社クボタ
作業車両
10日前
続きを見る