TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024072764
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-28
出願番号2023113873
出願日2023-07-11
発明の名称光学積層体
出願人住友化学株式会社
代理人弁理士法人深見特許事務所
主分類G02B 5/30 20060101AFI20240521BHJP(光学)
要約【課題】熱成形加工性が良好である光学積層体。
【解決手段】光学積層体は基材層と光吸収異方性層とが直接接している。基材層の光弾性係数の絶対値は、30×10-12Pa-1以下である。光吸収異方性層は、1種以上の二色性色素と、液晶性化合物又はその重合体とを含み、かつ、下記式(1)~(3)の関係を満たす。
Az>(Ax+Ay)/2・・・(1)
Ax(z=60°)/Ax≧5・・・(2)
Ay(z=60°)/Ay≧5・・・(3)
[式(1)~(3)中、Ax、Ay、及びAzは、光吸収異方性層の吸収極大波長の吸光度であって、それぞれx軸方向、y軸方向、及びz軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。Ax(z=60°)及びAy(z=60°)は、上記吸収極大波長における吸光度であって、それぞれy軸及びx軸を回転軸として、光吸収異方性層を60°回転させたときのx軸方向及びy方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。]
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
基材層と光吸収異方性層とを有する光学積層体であって、
前記基材層と前記光吸収異方性層とが直接接しており、
前記基材層の光弾性係数の絶対値は、30×10
-12
Pa
-1
以下であり、
前記光吸収異方性層は、
1種以上の二色性色素と、液晶性化合物及び/又はその重合体とを含み、かつ、
下記式(1)~(3)の関係を満たす、光学積層体。
Az>(Ax+Ay)/2 (1)
Ax(z=60°)/Ax≧5 (2)
Ay(z=60°)/Ay≧5 (3)
[式(1)~(3)中、
Ax、Ay、及びAzは、前記光吸収異方性層の波長380nm以上780nm以下の範囲における吸収極大波長の吸光度であって、それぞれx軸方向、y軸方向、及びz軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
Ax(z=60°)は、前記吸収極大波長における吸光度であって、前記y軸を回転軸として、前記光吸収異方性層を60°回転させたときの前記x軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
Ay(z=60°)は、前記吸収極大波長における吸光度であって、前記x軸を回転軸として、前記光吸収異方性層を60°回転させたときの前記y軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
ここで、前記x軸は、前記光吸収異方性層の面内の任意の一方向であり、
前記y軸は、前記光吸収異方性層の面内において前記x軸に直交する方向であり、
前記z軸は、前記x軸及び前記y軸に直交する方向である。]
続きを表示(約 380 文字)【請求項2】
前記液晶性化合物は、スメクチック相を形成する液晶性化合物である、請求項1に記載の光学積層体。
【請求項3】
前記基材層のガラス転移温度は、140℃以下である、請求項1又は2に記載の光学積層体。
【請求項4】
前記基材層の光弾性係数の絶対値は、20×10
-12
Pa
-1
以下である、請求項1又は2に記載の光学積層体。
【請求項5】
前記基材層は、フィルム基材であり、
前記フィルム基材を構成する樹脂は、ポリイミド系樹脂、環状オレフィン系樹脂、及びポリ(メタ)アクリル系樹脂からなる群より選択される1種以上である、請求項1又は2に記載の光学積層体。
【請求項6】
さらに、楕円偏光板を有する、請求項1又は2に記載の光学積層体。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、光学積層体に関する。
続きを表示(約 2,500 文字)【背景技術】
【0002】
表示装置の覗き見を防止するために、二色性色素及び液晶性化合物が垂直配向している光吸収異方性膜を用いることが知られている(例えば特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2016-27387号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
表示装置の意匠性を向上するために、熱成形加工により表示部を湾曲させた表示装置が用いられることがある。表示部の湾曲形状に合わせて行う光吸収異方性膜の熱成形加工により、シワが発生したり、偏光板上で成形加工後の光吸収異方性膜を観察するとムラが視認されたりすることがあった。
【0005】
本発明は、熱成形加工性が良好である光学積層体の提供を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、以下の光学積層体を提供する。
〔1〕 基材層と光吸収異方性層とを有する光学積層体であって、
前記基材層と前記光吸収異方性層とが直接接しており、
前記基材層の光弾性係数の絶対値は、30×10
-12
Pa
-1
以下であり、
前記光吸収異方性層は、
1種以上の二色性色素と、液晶性化合物及び/又はその重合体とを含み、かつ、
下記式(1)~(3)の関係を満たす、光学積層体。
Az>(Ax+Ay)/2 (1)
Ax(z=60°)/Ax≧5 (2)
Ay(z=60°)/Ay≧5 (3)
[式(1)~(3)中、
Ax、Ay、及びAzは、前記光吸収異方性層の波長380nm以上780nm以下の範囲における吸収極大波長の吸光度であって、それぞれx軸方向、y軸方向、及びz軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
Ax(z=60°)は、前記吸収極大波長における吸光度であって、前記y軸を回転軸として、前記光吸収異方性層を60°回転させたときの前記x軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
Ay(z=60°)は、前記吸収極大波長における吸光度であって、前記x軸を回転軸として、前記光吸収異方性層を60°回転させたときの前記y軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
ここで、前記x軸は、前記光吸収異方性層の面内の任意の一方向であり、
前記y軸は、前記光吸収異方性層の面内において前記x軸に直交する方向であり、
前記z軸は、前記x軸及び前記y軸に直交する方向である。]
〔2〕 前記液晶性化合物は、スメクチック相を形成する液晶性化合物である、〔1〕に記載の光学積層体。
〔3〕 前記基材層のガラス転移温度は、140℃以下である、〔1〕又は〔2〕に記載の光学積層体。
〔4〕 前記基材層の光弾性係数の絶対値は、20×10
-12
Pa
-1
以下である、〔1〕~〔3〕のいずれかに記載の光学積層体。
〔5〕 前記基材層は、フィルム基材であり、
前記フィルム基材を構成する樹脂は、ポリイミド系樹脂、環状オレフィン系樹脂、及びポリ(メタ)アクリル系樹脂からなる群より選択される1種以上である、〔1〕~〔4〕のいずれかに記載の光学積層体。
〔6〕 さらに、楕円偏光板を有する、〔1〕~〔5〕のいずれかに記載の光学積層体。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、熱成形加工性が良好な光学積層体を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の一実施形態に係る光学積層体を模式的に示す断面図である。
本発明の他の一実施形態に係る光学積層体を模式的に示す断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、図面を参照して光学積層体の好ましい実施形態について説明する。
【0010】
(光学積層体)
図1及び図2は、本発明の一実施形態に係る光学積層体を模式的に示す断面図である。光学積層体1,2は、第1基材層12(基材層)と光吸収異方性層11とを有し、第1基材層12と光吸収異方性層11とが直接接している(図1及び図2)。光学積層体1,2において、第1基材層12の光弾性係数の絶対値は、30×10
-12
Pa
-1
以下であり、光吸収異方性層11は、1種以上の二色性色素と、液晶性化合物及び/又はその重合体とを含み、かつ、下記式(1)~(3)の関係を満たす。
Az>(Ax+Ay)/2 (1)
Ax(z=60°)/Ax≧5 (2)
Ay(z=60°)/Ay≧5 (3)
[式(1)~(3)中、
Ax、Ay、及びAzは、光吸収異方性層11の波長380nm以上780nm以下の範囲における吸収極大波長の吸光度であって、それぞれx軸方向、y軸方向、及びz軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
Ax(z=60°)は、上記吸収極大波長における吸光度であって、y軸を回転軸として、光吸収異方性層11を60°回転させたときのx軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
Ay(z=60°)は、上記吸収極大波長における吸光度であって、x軸を回転軸として、光吸収異方性層11を60°回転させたときの前記y軸方向に振動する直線偏光の吸光度を表す。
ここで、x軸は、光吸収異方性層11の面内の任意の一方向であり、
y軸は、光吸収異方性層11の面内においてx軸に直交する方向であり、
z軸は、x軸及びy軸に直交する方向である。]
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

住友化学株式会社
ポリイミド系樹脂
1か月前
住友化学株式会社
ビニル系単量体製造装置
18日前
住友化学株式会社
オレフィン重合反応装置
1か月前
住友化学株式会社
樹脂組成物および積層体
6日前
住友化学株式会社
固体撮像素子及び電子機器
4日前
住友化学株式会社
光学積層体及び画像表示装置
5日前
住友化学株式会社
光学積層体及びその製造方法
6日前
住友化学株式会社
積層体及び有機EL表示装置
1か月前
住友化学株式会社
光学積層体及び画像表示装置
5日前
住友化学株式会社
光学積層体及び画像表示装置
5日前
住友化学株式会社
アルミナ粉末および樹脂組成物
4日前
住友化学株式会社
積層体および積層体の製造方法
6日前
住友化学株式会社
抗菌ペプチドおよびその製造方法
5日前
住友化学株式会社
エチレン-α-オレフィン共重合体
5日前
住友化学株式会社
光学フィルム、光学積層体及び巻回体
10日前
住友化学株式会社
ハイドロゲルを用いた肝細胞の培養方法
10日前
住友化学株式会社
ポリプロピレン系樹脂組成物及びその成形体
5日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
住友化学株式会社
ポリイミド系樹脂、樹脂組成物、および積層体
6日前
住友化学株式会社
着色硬化性組成物、カラーフィルタ、及び表示装置
10日前
住友化学株式会社
着色硬化性組成物、カラーフィルタ、及び表示装置
10日前
住友化学株式会社
偏光板
16日前
住友化学株式会社
窒化物半導体基板の製造方法、および、窒化物半導体基板
10日前
住友化学株式会社
粘着剤組成物、粘着剤層、粘着剤層付偏光板および表示装置
1か月前
住友化学株式会社
塩、酸発生剤、レジスト組成物及びレジストパターンの製造方法
24日前
住友化学株式会社
塩、酸発生剤、レジスト組成物及びレジストパターンの製造方法
1か月前
住友化学株式会社
塩、酸発生剤、レジスト組成物及びレジストパターンの製造方法
24日前
住友化学株式会社
塩、酸発生剤、レジスト組成物及びレジストパターンの製造方法
1か月前
住友化学株式会社
塩、酸発生剤、レジスト組成物及びレジストパターンの製造方法
20日前
住友化学株式会社
塩、酸発生剤、レジスト組成物及びレジストパターンの製造方法
1か月前
住友化学株式会社
情報処理システム、情報処理方法及びコンピュータープログラム
5日前
住友化学株式会社
塩、酸発生剤、レジスト組成物及びレジストパターンの製造方法
6日前
続きを見る