TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024072075
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-27
出願番号2022182690
出願日2022-11-15
発明の名称車両用ドア開度規定機構及びそのレバーを製造するレバー製造方法
出願人スズキ株式会社
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類E05C 17/22 20060101AFI20240520BHJP(錠;鍵;窓または戸の付属品;金庫)
要約【課題】車両用ドア開度規定機構のレバーの先端部の耐久性を向上させる。
【解決手段】車両用ドア開度規定機構100は、金属製のプレート2及び樹脂mからなるレバー1の先端部5のレバー長手方向基端側の端面5aをケース10に当接させることによりドア開度を規定する。プレート2は、プレート基端部2aとプレート中間部2bとプレート先端部2cとに区分される。プレート2は、プレート2におけるプレート先端部2cからプレート中間部2bに及ぶ部分をプレート厚み方向に貫通し且つレバー長手方向に延びる長孔21と、プレート先端部2cにおけるプレート平面に沿って延びるとともに、プレート2における長孔21を取り囲む周縁部2dのうちのプレート先端部2cにおける所定の部分2d1を横断する溝である横断溝22と、を有する。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
車両の車体に形成されるドア開口部にヒンジを介して取り付けられるドア側壁を有するドアの前記ドア側壁の裏面に固定されるケースと、
前記ドア開口部における前記ドア側壁に相対する部分に取り付けられるブラケットと、
金属製のプレートと該プレートを覆う樹脂とからなるインサート成形品であるレバーであって、前記ブラケットに回動可能に取り付けられる基端部と、該基端部と連続し前記ドア側壁及び前記ケースを貫通するように延びる中間部と、該中間部と連続して延び前記ドアの内部に位置するとともに前記中間部の断面積より大きな断面積を有し前記ドアの開度を規定する先端部と、に区分される、レバーと、
を含み、前記先端部のレバー長手方向基端側の端面を前記ケースに当接させることにより前記ドアの開度を規定する、車両用ドア開度規定機構であって、
前記プレートは、前記基端部の内部に位置するプレート基端部と、前記中間部の内部に位置するプレート中間部と、前記先端部の内部に位置するプレート先端部と、に区分され、
前記プレートは、当該プレートにおける前記プレート先端部から前記プレート中間部に及ぶ部分をプレート厚み方向に貫通し且つレバー長手方向に延びる長孔と、前記プレート先端部における前記プレート厚み方向について少なくとも一方のプレート平面に沿って延びるとともに、前記プレートにおける前記長孔を取り囲む周縁部のうちの前記プレート先端部における所定の部分を横断する溝である横断溝と、を有する、ことを特徴とする車両用ドア開度規定機構。
続きを表示(約 810 文字)【請求項2】
前記所定の部分は、前記周縁部のうちの前記プレート先端部における前記長孔に対してレバー長手方向先端側に位置する部分である、請求項1に記載の車両用ドア開度規定機構。
【請求項3】
前記レバーは、前記先端部の外面のうちの前記横断溝の外側開口端に相対する部分に、インサート成形によるゲート跡を有している、請求項1に記載の車両用ドア開度規定機構。
【請求項4】
前記先端部の前記端面は、前記中間部におけるプレート幅方向の側面から前記プレート幅方向の外側に突出したプレート幅方向突出面部を有しており、
前記プレートは、前記プレート先端部における前記プレート厚み方向について少なくとも一方のプレート平面に沿って前記プレート幅方向突出面部に向かって延びるとともに、前記周縁部のうちの前記プレート先端部における前記レバー長手方向基端側に位置する部分を横断する溝である第1分岐溝を有する、請求項1に記載の車両用ドア開度規定機構。
【請求項5】
前記第1分岐溝は、前記プレート幅方向の中心側から前記プレート幅方向の外側に向かうほど拡幅するように形成されている、請求項4に記載の車両用ドア開度規定機構。
【請求項6】
前記プレートは、前記プレート中間部における前記プレート厚み方向について少なくとも一方のプレート平面に沿って延びるとともに、前記周縁部のうちの前記プレート中間部における前記レバー長手方向基端側に位置する部分を、前記プレート幅方向の中心側から前記プレート幅方向の外側に向かって横断する溝である第2分岐溝を有する、請求項4又は5に記載の車両用ドア開度規定機構。
【請求項7】
前記第2分岐溝は、前記プレート幅方向の中心側から前記プレート幅方向の外側に向かうほど拡幅するように形成されている、請求項6に記載の車両用ドア開度規定機構。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車両用ドア開度規定機構及びレバー製造方法に関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
自動車などの車両には、ドアの開度(全開位置)を規定するためのドア開度規定機構が設けられる場合がある。ドア開度規定機構の一例として、特許文献1に開示された自動車用ドアチェッカが知られている。
【0003】
特許文献1に開示された自動車用ドアチェッカは、自動車の車体にヒンジを介して連結されるドア側壁の裏面に固定されるケースと、車体に固定されるブラケットと、金属製の芯板及びこの芯板を覆う樹脂製の外皮から構成されるチェックレバーとを有している。このチェックレバーはドア側壁及びケースを貫通しており、この状態で、チェックレバーの基端部がブラケットに回動可能に連結されるとともに、チェックレバーの先端部がドアの内部に位置している。そして、チェックレバーの先端部は、チェックレバーにおけるケース内を貫通する部分(中間部)よりも大きく形成されている。チェックレバーの先端部の内端(レバー長手方向基端側の端面)がクッション部材を介してケースに当接することにより、チェックレバーの先端部がドアの全開位置(つまり、ドアの開度)を規定する全開ストッパとして機能している。そして、このチェックレバーの先端部(全開ストッパ)は、芯板の先端部と、芯板の先端部に形成されたピン孔に嵌合されたアンカピンと、芯板の先端部及びアンカピンの全体を包むように外皮と一体に成形される樹脂製の膨大部とで構成されており、ドア全開の際の開放力を全開ストッパの内端部の段部(全開ストッパのレバー長手方向基端側の端面)の樹脂で受けている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2004-190431号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1に開示されたチェックレバーの先端部(全開ストッパ)の内部には、金属製の芯板だけでなくこの芯板を貫通するアンカピンが埋設されており、チェックレバーの先端部(全開ストッパ)が複雑な構造で成形されているので、樹脂の内部に残留応力が生じやすく、所望の耐久性を発揮できないおそれがある。
【0006】
そこで、本発明は、レバーの先端部の残留応力の発生の抑制及び耐久性の向上を図ることができる構造を有した車両用ドア開度規定機構を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の一態様によると、車両用ドア開度規定機構が提供される。この車両用ドア開度規定機構は、車両の車体に形成されるドア開口部にヒンジを介して取り付けられるドア側壁を有するドアの前記ドア側壁の裏面に固定されるケースと、前記ドア開口部における前記ドア側壁に相対する部分に取り付けられるブラケットと、金属製のプレートと該プレートを覆う樹脂とからなるインサート成形品であるレバーであって、前記ブラケットに回動可能に取り付けられる基端部と、該基端部と連続し前記ドア側壁及び前記ケースを貫通するように延びる中間部と、該中間部と連続して延び前記ドアの内部に位置するとともに前記中間部の断面積より大きな断面積を有し前記ドアの開度を規定する先端部と、に区分される、レバーと、を含み、前記先端部のレバー長手方向基端側の端面を前記ケースに当接させることにより前記ドアの開度を規定する。この車両用ドア開度規定機構において、前記プレートは、前記基端部の内部に位置するプレート基端部と、前記中間部の内部に位置するプレート中間部と、前記先端部の内部に位置するプレート先端部と、に区分され、前記プレートは、当該プレートにおける前記プレート先端部から前記プレート中間部に及ぶ部分をプレート厚み方向に貫通し且つレバー長手方向に延びる長孔と、前記プレート先端部における前記プレート厚み方向について少なくとも一方のプレート平面に沿って延びるとともに、前記プレートにおける前記長孔を取り囲む周縁部のうちの前記プレート先端部における所定の部分を横断する溝である横断溝と、を有する。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、レバーの先端部の残留応力の発生の抑制及び耐久性の向上を図ることができる構造を有した車両用ドア開度規定機構及びレバー製造方法を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
実施形態に係る車両用ドア開度規定機構を含む車両の部分斜視図である。
車両用ドア開度規定機構の斜視図である。
車両用ドア開度規定機構の側面図である。
車両用ドア開度規定機構の上面図である。
車両用ドア開度規定機構のレバーの斜視図である。
レバーのプレートの斜視図である。
プレートの部分拡大斜視図である。
レバーの部分拡大図である。
レバーを製造するレバー製造方法の一例を説明するための図である。
レバーを製造するレバー製造方法の一例を説明するための図である。
変形例に係るレバーの斜視図である。
別の変形例に係るレバーの斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、本発明に係る車両用ドア開度規定機構及びレバー製造方法の実施の形態を添付図面に基づいて説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許