TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024071338
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-24
出願番号2023084006
出願日2023-05-22
発明の名称電力市場価格予測システムおよび電力市場価格予測方法
出願人富士電機株式会社
代理人弁理士法人旺知国際特許事務所
主分類G06Q 50/06 20240101AFI20240517BHJP(計算;計数)
要約【課題】電力市場価格を高精度に予測する。
【解決手段】電力市場価格予測システム100は、電力市場価格の実績価格と当該実績価格に関連する関連情報とを含むN個(Nは2以上の自然数)の参照情報から、予測対象時間の電力市場価格に関連する要求情報に類似する関連情報を含むK個(Kは2以上の自然数。K<N)の参照情報を選択する情報選択部22と、情報選択部22が選択したK個の参照情報を利用して、予測対象時間における電力市場価格の予測価格Pyを算定する価格予測部23とを具備する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
電力市場価格の実績価格と当該実績価格に関連する関連情報とを含むN個(Nは2以上の自然数)の参照情報から、予測対象時間の電力市場価格に関連する要求情報に類似する前記関連情報を含むK個(Kは2以上の自然数。K<N)の参照情報を選択する情報選択部と、
前記情報選択部が選択した前記K個の参照情報を利用して、前記予測対象時間における電力市場価格の予測価格を算定する価格予測部と
を具備する電力市場価格予測システム。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記参照情報は、当該参照情報の前記実績価格に対応する時間を表す時間情報を含み、
前記情報選択部は、
前記予測対象時間に対応する前記時間情報を含む前記N個の参照情報を、複数の参照情報から選択する
請求項1の電力市場価格予測システム。
【請求項3】
前記情報選択部は、
前記N個の参照情報の各々について、当該参照情報に含まれる前記関連情報と前記要求情報との間の類似指標を算定し、
前記類似指標に応じて前記N個の参照情報から前記K個の参照情報を選択する
請求項1の電力市場価格予測システム。
【請求項4】
前記関連情報および前記要求情報の各々は、電力市場価格に影響する複数の説明変数を含み、
前記情報選択部は、
前記複数の説明変数の各々について、前記関連情報と前記要求情報との間における当該説明変数の相違を表す単位指標を算定し、
電力市場価格に対する説明変数の影響の度合に応じて説明変数毎に設定された第1加重値を適用した、前記複数の単位指標の加重和に応じて、前記類似指標を算定する
請求項3の電力市場価格予測システム。
【請求項5】
前記価格予測部は、前記K個の参照情報にそれぞれ含まれる複数の実績価格の統計量を、前記予測価格として算定する
請求項3または請求項4の電力市場価格予測システム。
【請求項6】
前記価格予測部は、
前記各参照情報について算定された前記類似指標に応じた第2加重値を、当該参照情報の前記実績価格に適用した、前記複数の実績価格の加重和に応じて、前記予測価格を算定する
請求項5の電力市場価格予測システム。
【請求項7】
前記価格予測部は、
電力市場価格と要求情報との関係を表す価格予測モデルを、前記K個の参照情報を利用した機械学習により確立し、
前記価格予測モデルに前記要求情報を適用することで前記予測価格を算定する
請求項1から請求項4の何れかの電力市場価格予測システム。
【請求項8】
前記価格予測部は、
前記各説明変数に対応する前記第1加重値に応じて、前記複数の説明変数から一部の説明変数を選択し、
前記K個の参照情報の各々における電力市場価格の前記実績価格と前記一部の説明変数とを利用した機械学習により、電力市場価格と要求情報との関係を表す価格予測モデルを確立し、
前記要求情報に含まれる前記複数の説明変数のうち前記一部の説明変数を前記価格予測モデルに適用することで、前記予測価格を算定する
請求項4の電力市場価格予測システム。
【請求項9】
前記価格予測部は、
複数の解析期間の各々について、前記K個の参照情報のうち当該解析期間に対応する1以上の参照情報における電力市場価格の実績価格と当該実績価格に関連する関連情報との関係を表す価格予測モデルを確立し、
予測対象時間の電力市場価格に関連する要求情報を前記各価格予測モデルに適用することで、前記複数の解析期間にそれぞれ対応する複数の暫定価格を算定し、
前記予測対象時間における電力市場価格の予測価格を、前記複数の暫定価格に応じて算定する
請求項7の電力市場価格予測システム。
【請求項10】
前記価格予測部は、
前記各価格予測モデルについて、前記予測対象時間の前の特定の期間に対応する各参照情報における前記関連情報を当該価格予測モデルに適用することで算定される電力市場価格と、当該参照情報における前記実績価格との差分に応じた精度指標を算定し、
前記各価格予測モデルの精度指標に応じた第3加重値を適用した、前記複数の暫定価格の加重和により、前記予測価格を算定する
請求項9の電力市場価格予測システム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、電力市場価格を予測する技術に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
電力市場価格を予測するための各種の技術が従来から提案されている。例えば特許文献1には、電力市場価格の実績値が予測対象日の電力市場価格に類似すると推定される類似日を過去の複数日から抽出し、類似日における電力市場価格の実績値を補正することで、予測対象日の電力市場価格を予測する技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-96164号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、特許文献1の技術においては、類似日における電力市場価格の1個の実績値を補正することで予測対象日の電力市場価格が予測されるから、電力市場価格の高精度な予測は実際には困難である。以上の事情を考慮して、本開示のひとつの態様は、電力市場価格を高精度に予測することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
以上の課題を解決するために、本開示のひとつの態様に係る電力市場価格予測システムは、電力市場価格の実績価格と当該実績価格に関連する関連情報とを含むN個(Nは2以上の自然数)の参照情報から、予測対象時間の電力市場価格に関連する要求情報に類似する前記関連情報を含むK個(Kは2以上の自然数。K<N)の参照情報を選択する情報選択部と、前記情報選択部が選択した前記K個の参照情報を利用して、前記予測対象時間における電力市場価格の予測価格を算定する価格予測部とを具備する。
【0006】
本開示のひとつの態様に係る電力市場価格予測方法は、電力市場価格の実績価格と当該実績価格に関連する関連情報とを含むN個(Nは2以上の自然数)の参照情報から、予測対象時間の電力市場価格に関連する要求情報に類似する前記関連情報を含むK個(Kは2以上の自然数。K<N)の参照情報を選択することと、前記情報選択部が選択した前記K個の参照情報を利用して、前記予測対象時間における電力市場価格の予測価格を算定することとを含む。
【図面の簡単な説明】
【0007】
第1実施形態における電力市場価格予測システムの構成を例示するブロック図である。
電力市場価格予測システムの機能的な構成を例示するブロック図である。
記憶装置に記憶される情報の説明図である。
情報選択処理のフローチャートである。
電力市場価格予測処理のフローチャートである。
第2実施形態の情報選択部が類似指標を算定する処理のフローチャートである。
第3実施形態の価格予測部が予測価格を算定する処理のフローチャートである。
第4実施形態における価格予測モデルの説明図である。
第4実施形態の価格予測部が予測価格を算定する処理のフローチャートである。
第5実施形態の価格予測部が予測価格を算定する処理のフローチャートである。
第5実施形態の価格予測部が説明変数を選択する処理の説明図である。
第6実施形態の価格予測部が予測価格を算定する処理のフローチャートである。
第7実施形態の価格予測部が予測価格を算定する処理のフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0008】
本開示を実施するための形態について図面を参照して説明する。なお、以下に説明する形態は、本開示を実施する場合に想定される例示的な一形態である。したがって、本開示の範囲は、以下に例示する形態には限定されない。
【0009】
A:第1実施形態
図1は、第1実施形態における電力市場価格予測システム100のブロック図である。電力市場価格予測システム100は、予測対象となる所望の時間(以下「予測対象時間」という)における電力市場価格を予測するためのコンピュータシステムである。予測対象時間は、電力市場価格が確定していない将来の時点であり、例えば日付と時刻とにより指定される。なお、例えば所定長の時間帯が予測対象時間として指定されてもよい。
【0010】
図1に例示される通り、電力市場価格予測システム100は、制御装置11と記憶装置12と通信装置13と操作装置14と表示装置15とを具備する。電力市場価格予測システム100は、例えばパーソナルコンピュータまたはタブレット端末等の情報機器により実現される。なお、電力市場価格予測システム100は、単体の装置により実現されるほか、相互に別体で構成された複数の装置でも実現される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士電機株式会社
半導体装置
今日
富士電機株式会社
エンコーダ
14日前
富士電機株式会社
半導体装置
9日前
富士電機株式会社
半導体装置
8日前
富士電機株式会社
発電システム
1日前
富士電機株式会社
半導体モジュール
8日前
富士電機株式会社
炭化珪素半導体装置
8日前
富士電機株式会社
クランプオン式超音波流量計
14日前
富士電機株式会社
クランプオン式超音波流量計
14日前
富士電機株式会社
電子装置及び電子装置の製造方法
8日前
富士電機株式会社
ポップアウト型ロックハンドル装置
9日前
富士電機株式会社
ポップアウト型ロックハンドル装置
9日前
富士電機株式会社
診断装置、診断システム、診断方法、プログラム
8日前
富士電機株式会社
診断装置、診断システム、診断方法、プログラム
8日前
富士電機株式会社
半導体装置
13日前
富士電機株式会社
エンコーダ
14日前
富士電機株式会社
半導体装置
6日前
富士電機株式会社
監視装置、駆動システム、電力変換装置、監視方法、プログラム
14日前
富士電機株式会社
電圧制御型半導体素子の駆動装置
6日前
富士電機株式会社
二酸化炭素排出量制御システム、制御装置、二酸化炭素排出量制御プログラムおよび二酸化炭素回収装置
9日前
富士電機株式会社
炭化珪素半導体装置および炭化珪素半導体装置の製造方法
13日前
個人
情報検索装置
8日前
個人
ドットパターン
7日前
個人
ノートPC寝台
10日前
個人
環境情報処理装置
28日前
個人
外食予約システム
28日前
個人
電子文書の閲覧用電子機器
14日前
ニデック株式会社
冷却装置
22日前
個人
サービス提供システム
21日前
個人
海外在住支援システム
28日前
キヤノン電子株式会社
携帯情報端末
9日前
個人
施術スタッフ育成システム
15日前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
大和製衡株式会社
組合せ計数装置
10日前
続きを見る