TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024071215
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-24
出願番号2022182049
出願日2022-11-14
発明の名称離型フィルム
出願人株式会社ラボ
代理人個人
主分類C08J 7/04 20200101AFI20240517BHJP(有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物)
要約【課題】離型膜部分を80℃以下で乾燥させるとともにUV照射によって硬化させることができ、樹脂フィルム基材の加熱による劣化を防止することができ、離型性を調整することができ、移行性も低い離型フィルムを提供すること。
【解決手段】薄膜状の樹脂フィルム基材2の一面側に離型樹脂成分による薄膜状の離型膜部3が形成されている離型フィルム1において、前記離型膜部分はUV硬化樹脂内にシリコーン系およびまたはフッ素系の離型成分を含有していることを特徴とする。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
薄膜状の樹脂フィルム基材の一面側に離型樹脂成分による薄膜状の離型膜部が形成されている離型フィルムにおいて、前記離型膜部分はUV硬化樹脂内にシリコーン系およびまたはフッ素系の離型成分を含有していることを特徴とする離型フィルム。
続きを表示(約 200 文字)【請求項2】
前記樹脂フィルム基材は12~188μmの厚さを有し、前記離型膜部分は80℃以下で乾燥されるとともにUV照射によって硬化されて0.6~0.7μmのドライ状態の厚さを有することを特徴とする請求項1に記載の離型フィルム。
【請求項3】
前記樹脂フィルム基材はポリエチレンテレフタレートにより形成されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の離型フィルム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、離型フィルムに係り、特に樹脂フィルム基材の加熱による劣化を防止することができ、離型性を調整することができ、移行性も低い離型フィルムに関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
近年においては、一般民生用、工業用、医療用、宇宙用等の全分野において離型フィルムを利用することが盛んに行われるようになっている。
【0003】
このような離型フィルムとして、例えば、特許文献1には延伸ポリエステル樹脂フィルムからなる基材フィルムの少なくとも片面にフッ素樹脂からなるフィルムが積層されてなる積層フィルムが記載されている。
【0004】
また、電気部品用としては、例えば、特許文献2に示す離型フィルムが提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特快2006-049850号公報
特開2022-101288号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
従来において離型フィルムを製造する際には、樹脂フィルム基材の少なくとも1面に離型膜部分を薄膜状に塗布し、その後所定温度に加熱して離型膜部分を乾燥させて形成している。
【0007】
従来においては、離型膜部分を乾燥するために120℃~130℃以上に加熱するものであるために、樹脂フィルム基材をガラス転移点以上に加熱して性能劣化を発生させてしまうという不都合があった。
【0008】
本発明はこれらの点に鑑みてなされたものであり、離型膜部分を80℃以下で乾燥させるとともにUV照射によって硬化させることができ、樹脂フィルム基材の加熱による劣化を防止することができ、離型性を調整することができ、移行性も低い離型フィルムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明者等は鋭意研究し、樹脂フィルム基材表面に形成する離型膜部分を80℃以下で乾燥させるとともにUV照射によって硬化させることができる素材とすることによって、樹脂フィルム基材の加熱による劣化を防止することができ、離型性を調整することができ、移行性も低い離型フィルムを製造できることを発見して本発明を完成させた。
【0010】
前述した目的を達成するため本発明の第1の態様の離型フィルムは、薄膜状の樹脂フィルム基材の一面側に離型樹脂成分による薄膜状の離型膜部が形成されている離型フィルムにおいて、前記離型膜部分はUV硬化樹脂内にシリコーン系およびまたはフッ素系の離型成分を含有していることを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ラボ
離型フィルム
22日前
株式会社ラボ
マット系離型フィルム
22日前
東ソー株式会社
ゴム組成物
29日前
東ソー株式会社
ゴム組成物
1か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
2か月前
株式会社ナリス化粧品
構造体
1か月前
株式会社日本触媒
硬化性組成物
9日前
三洋化成工業株式会社
複合粒子
1か月前
株式会社ラボ
離型フィルム
22日前
東ソー株式会社
ソールゴム用改質剤
1か月前
東レ株式会社
ポリエステルフィルム
1か月前
株式会社松風
光硬化性組成物
2か月前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド
24日前
東レ株式会社
ポリアミド樹脂組成物
2か月前
花王株式会社
乳化組成物
29日前
アイカ工業株式会社
ホットメルト組成物
2か月前
AGC株式会社
水性分散液
2か月前
三洋化成工業株式会社
成形用樹脂組成物
26日前
三菱ケミカル株式会社
成形体
1か月前
ユニチカ株式会社
多孔質ポリアミドイミド
2か月前
積水フーラー株式会社
硬化性組成物
2日前
アキレス株式会社
塩化ビニル系樹脂フィルム
1か月前
東レ株式会社
ポリエステル組成物の製造方法
2か月前
松本油脂製薬株式会社
樹脂粒子及びその用途
1か月前
松本油脂製薬株式会社
樹脂粒子及びその用途
2か月前
株式会社クラベ
耐摩耗性絶縁組成物及び電線
5日前
グンゼ株式会社
導電性フィルム
1か月前
三井化学株式会社
シートまたはフィルム
1か月前
三水株式会社
中空粒子の製造方法
9日前
東レ株式会社
二軸配向ポリプロピレンフィルム
1か月前
株式会社日本製鋼所
プリプレグ製造装置
2か月前
東レ株式会社
二軸配向ポリオレフィンフィルム
2か月前
東レ株式会社
二軸配向ポリプロピレンフィルム
4日前
日本ユピカ株式会社
成形材
2か月前
東レ株式会社
二軸配向ポリプロピレンフィルム
3か月前
NOK株式会社
クロロプレンゴム組成物
2日前
続きを見る