TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024068703
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-21
出願番号2022179238
出願日2022-11-09
発明の名称車両追跡システム
出願人三菱電機株式会社
代理人弁理士法人ぱるも特許事務所
主分類G08G 1/13 20060101AFI20240514BHJP(信号)
要約【課題】センサもしくはシステムに不具合が発生しても車両の識別が可能な車両追跡システムを提供する。
【解決手段】センサが検知した車両に対して仮車両ナンバーを付与し、仮車両ナンバーと、検知した車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成された車両追跡センサシステム(100)と、車両の駐車が完了したとき、仮車両ナンバーを車両ナンバー管理PC(200)から出力された車両ナンバーに更新するエッジコンピューティング(300)と、を備えた車両追跡システム。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
あらかじめ定められた領域に存在する車両を追跡するようにした車両追跡システムであって、
前記車両を検知するセンサを有し、前記センサが検知した車両に対して仮車両ナンバーを付与し、前記仮車両ナンバーと、前記検知した車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成された車両追跡センサシステムと、
前記車両が保持している車両ナンバーを入力するように構成された車両ナンバー管理PCと、
前記車両の駐車が完了したとき、前記車両追跡センサシステムから出力された前記仮車両ナンバーを、前記車両ナンバー管理PCから出力された前記車両ナンバーに更新するように構成されたエッジコンピューティングと、
を備え、
前記エッジコンピューティングは、前記駐車が完了した車両の前記更新した車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成されている、
ことを特徴とする車両追跡システム。
続きを表示(約 4,100 文字)【請求項2】
前記エッジコンピューティングは、
前記車両追跡センサシステムから出力された信号に基づいて、前記車両に対するトラッキング処理を行ない、前記トラッキング処理の対象となる車両の前記仮車両ナンバーと、前記トラッキング処理の対象となる車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成されたトラッキング処理部と、
前記領域の駐車スロットの位置情報を含む信号を出力する駐車スロット情報格納部と、
前記駐車スロットへの駐車が完了した車両の絶対座標系の位置情報と、前記仮車両ナンバーと、を含む信号を出力する駐車完了判定部と、
前記駐車完了判定部から出力された信号と、前記車両ナンバー管理PCから出力された信号と、を照合し、前記更新された車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力する照合部と、
を備えている、
ことを特徴とする請求項1に記載の車両追跡システム。
【請求項3】
前記駐車完了判定部は、
前記駐車スロットの位置情報と、前記トラッキング処理部から出力された信号に含まれる前記車両の絶対座標系の位置情報と、の差分が予め定められた値以下のとき、前記駐車が完了したと判定する、ように構成されている、
ことを特徴とする請求項2に記載の車両追跡システム。
【請求項4】
前記駐車完了判定部は、
前記駐車スロットの位置情報と、前記トラッキング処理部から出力された信号に含まれる前記車両の絶対座標系の位置情報と、の差分が予め定められた値より大きいとき、前記駐車が未完了であると判定する、ように構成されている、
ことを特徴とする請求項2に記載の車両追跡システム。
【請求項5】
あらかじめ定められた領域に存在する車両を追跡するようにした車両追跡システムであって、
あらかじめ定められた周期ごとにカウントアップするように構成されたセンサカウンタと、前記車両を検知するセンサと、を有し、前記センサが検知した車両に対して仮車両ナンバーを付与し、前記仮車両ナンバーと、前記検知した車両の絶対座標系の位置情報と、前記センサカウンタのカウント状態を示すカウンタ情報と、を含む信号を出力するように構成された車両追跡センサシステムと、
前記車両が保持している車両ナンバーを入力するように構成された車両ナンバー管理PCと、
前記車両追跡センサシステムに異常が発生したシステム異常のときに、前記車両が保持している車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を入力するシステム異常時車両ナンバー入力PCと、
前記システム異常のときに、前記車両追跡センサシステムから出力された前記仮車両ナンバーを、前記システム異常時車両ナンバー入力PCから出力された前記車両ナンバーに更新するように構成されたエッジコンピューティングと、
を備え、
前記エッジコンピューティングは、前記更新した車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成されている、
ことを特徴とする車両追跡システム。
【請求項6】
前記エッジコンピューティングは、
前記車両追跡センサシステムから出力された信号に基づいて、前記車両に対するトラッキング処理を行ない、前記トラッキング処理の対象となる車両の前記仮車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成されたトラッキング処理部と、
前記領域の駐車スロットの位置情報を含む信号を出力する駐車スロット情報格納部と、
前記駐車スロットへの駐車が完了した車両の絶対座標系の位置情報と、前記仮車両ナンバーと、を含む信号を出力する駐車完了判定部と、
前記駐車完了判定部から出力された信号と、前記車両ナンバー管理PCから出力された信号と、を照合し、前記更新された車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力する照合部と、
前記システム異常の有無を判定するシステム異常判定部と、
を備え、
前記システム異常判定部は、
センサカウンタの異常を判定するセンサカウンタ異常判定部と、
前記エッジコンピューティングを構成するコントローラユニットの電源異常を判定するコントローラユニット電源異常判定部と、
前記車両追跡センサシステムに搭載されているセンサの信号線の短絡異常又は地絡異常の有無を判定するセンサ信号線短絡・地絡異常判定部と、
トラッキング処理部による前記トラッキング処理の異常の有無を判定するトラッキング異常判定部と、
前記センサカウンタ異常判定部による前記判定と、前記コントローラユニット電源異常判定部による前記判定と、前記センサ信号線短絡・地絡異常判定部による判定と、前記トラッキング異常判定部と、の判定の結果を結合する結合部と、
を備え、
前記結合部は、
前記センサカウンタ異常判定部による前記判定と、前記コントローラユニット電源異常判定部による前記判定と、前記センサ信号線短絡・地絡異常判定部による判定と、前記トラッキング異常判定部と、のうちの少なくとも一つが、異常有りとの判定であるとき、異常を示す異常フラグを含む信号を出力し、
前記センサカウンタ異常判定部による前記判定と、前記コントローラユニット電源異常判定部による前記判定と、前記センサ信号線短絡・地絡異常判定部による判定と、前記トラッキング異常判定部と、の全てが異常なしとの判定であるとき、前記異常を示す異常フラグを未成立とするように構成されている、
ことを特徴とする請求項5に記載の車両追跡システム。
【請求項7】
あらかじめ定められた領域に存在する車両を追跡するようにした車両追跡システムであって、
あらかじめ定められた周期ごとにカウントアップするように構成されたセンサカウンタと、前記車両を検知するセンサと、を有し、前記センサが検知した車両に対して仮車両ナンバーを付与し、前記仮車両ナンバーと、前記検知した車両の絶対座標系の位置情報と、前記センサカウンタのカウント状態を示すカウンタ情報と、を含む信号を出力するように構成された車両追跡センサシステムと、
前記車両が保持している車両ナンバーを入力するように構成された車両ナンバー管理PCと、
前記車両追跡センサシステムに異常が発生したシステム異常のときに、前記車両が保持している車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を入力するシステム異常時車両ナンバー入力PCと、
前記車両の駐車が完了したとき、前記車両追跡センサシステムから出力された信号に含まれる前記仮車両ナンバーを、前記車両ナンバー管理PCから出力された信号に含まれる前記車両ナンバーに更新し、前記システム異常のときに、前記車両追跡センサシステムから出力された信号に含まれる前記仮車両ナンバーを、前記システム異常時車両ナンバー入力PCから出力された信号に含まれる前記車両ナンバーに更新し、前記システム異常のときに、前記車両追跡センサシステムから出力された信号に含まれる前記仮車両ナンバーを、前記システム異常時車両ナンバー入力PCから出力された信号に含まれる前記車両ナンバーに更新するエッジコンピューティングと、
を備え、
前記エッジコンピューティングは、前記更新した車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成されている、
ことを特徴とする車両追跡システム。
【請求項8】
前記領域の駐車スロットの位置情報を含む信号を出力する駐車スロット情報格納部と、
前記駐車スロットへの駐車が完了した車両の絶対座標系の位置情報と、前記仮車両ナンバーと、を含む信号を出力する駐車完了判定部と、
前記車両追跡センサシステムの異常の有無を判定するシステム異常判定部と、
前記駐車完了判定部から出力された信号と、前記システム異常判定部から出力された信号と、前記車両ナンバー管理PCから出力された信号と、前記システム異常時車両ナンバー入力PCから出力された信号とを照合する照合部と、
を備え、
前記照合部は、
前記駐車完了判定部から出力された信号と、前記車両ナンバー管理PCから出力された信号と、とを照合し、前記車両が保持している車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力する正常時照合部と、
前記駐車完了判定部から出力された信号と、システム異常時車両ナンバー入力PCから出力された信号とを照合し、前記車両が保持している未管理車両の車両ナンバーと、前記未管理車両の絶対座標系の位置情報とを含む信号を出力する異常時照合部と、
前記システム異常判定部から出力された信号に基づいて、前記正常時照合部から出力された信号と、異常時照合部から出力された信号と、を切替えて前記照合部の出力とする切替部と、
を備えている、
ことを特徴とする請求項7に記載の車両追跡システム。
【請求項9】
前記センサは、複数個設けられ、
前記複数個設けられた前記センサにより、前記領域に存在する全ての車両走行路を検知範囲とするように構成されている、
ことを特徴とする請求項1から8のうちの何れか一項に記載の車両追跡システム。
【請求項10】
前記領域は、物流施設であり、
前記車両は、トラクターに牽引されたトレーラであり、
前記トレーラは、貨物を登載する貨物運搬トレーラである、
ことを特徴とする請求項1から8のうちの何れか一項に記載の車両追跡システム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本願は、車両追跡システムに関するものである。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
トラクタに牽引されたトレーラによる貨物輸送は、世界の商取引の重要な部分を占めている。本願において、トレーラとは、荷物を積む貨物車部分を指し、トラクタとは、トレーラを牽引する車両を指している。
【0003】
昨今、家電もしくは食品などの商品、あるいはサービス、をインターネット上で売買するEコマース(Electric Commerce:電子商取引)に代表されるビジネスの需要が急拡大している。
【0004】
一方で、商品を輸送、配達するドライバーが不足し、さらに、物流施設内を移動もしくは停車しているトレーラの識別、管理が充分にできないため、ドライバーが目的のトレーラを探し出すのに時間が掛かり、また、品物をトレーラに効率的に積み込むことができないことがある。このため、これらの作業に従事する物流担当者あるいはドライバーは、長時間労働を余儀なくされることがあり、その解決が社会的な課題となっているが、そのような課題を解決する様々な技術も開発されている。
【0005】
たとえば、特許文献1に開示された従来のトレーラ追跡システムは、トラクタに位置情報取得用ナビゲーションシステムとRFID(Radio Frequency Identifier)読取り器を搭載し、トレーラには、RFIDタグを搭載している。そして遠隔監視室に設けられたPC(Personal Computer)を用いて、インターネット又は公共型ネットワークのような有線WAN(Wide Area Network)などを経由して、RFIDタグ情報とトレーラの位置情報を受信することで、トレーラを識別し、トレーラの現在位置を把握することができるようにしている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特表2006-515696号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
特許文献1に開示された従来のトレーラ追跡システムは、あらかじめ、トラクタにRFID読取り器を搭載し、さらにトレーラにRFIDタグを搭載する必要があり、位置追跡システムの適用範囲が限定されてしまうという課題があった。また、RFID読取り器を搭載していないトラクタ、もしくはRFIDタグを搭載していないトレーラには、RFID読取り器もしくはRFIDタグを取り付けるなどの、ハードウェア(Hardware)の追加、もしくは改修作業が必要となる課題があった。
【0008】
さらに、特許文献1に開示された従来のトレーラ追跡システムは、物流施設の入口と出口にRFID読取り器を設置し、トレーラの入退場を管理しているが、トレーラにRFIDタグが搭載されていることが前提であって、トレーラにRFIDタグが搭載されていなければ、トレーラの入退場を管理することができないという課題があった。また、RFID読取り器とRFIDタグとの間の通信異常時、もしくは、遠隔監視室のPCとRFID読取り器との間の通信異常時、の対処について考慮されていないという課題があった。
【0009】
本願は、従来の車両追跡システムにおける上記のような課題を解決するための技術を開示するものであり、トレーラに対するハードウェアの追加、もしくはトレーラの改修を行なうことなく、センサもしくはシステムに不具合が発生しても車両の識別が可能な車両追跡システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本願に開示される車両追跡システムは、
あらかじめ定められた施設に存在する車両を追跡するようにした車両追跡システムであって、
前記車両を検知するセンサを有し、前記センサが検知した車両に対して仮車両ナンバーを付与し、前記仮車両ナンバーと、前記検知した車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成された車両追跡センサシステムと、
前記車両が保持している車両ナンバーを入力するように構成された車両ナンバー管理PCと、
前記車両の駐車が完了したとき、前記車両追跡センサシステムから出力された前記仮車両ナンバーを、前記車両ナンバー管理PCから出力された前記車両ナンバーに更新するように構成されたエッジコンピューティングと、
を備え、
前記エッジコンピューティングは、前記駐車が完了した車両の前記更新した車両ナンバーと、前記車両の絶対座標系の位置情報と、を含む信号を出力するように構成されている、
ことを特徴とするものである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱電機株式会社
冷蔵庫
9日前
三菱電機株式会社
冷蔵庫
9日前
三菱電機株式会社
冷蔵庫
5日前
三菱電機株式会社
照明器具
18日前
三菱電機株式会社
照明装置
5日前
三菱電機株式会社
照明装置
12日前
三菱電機株式会社
半導体装置
19日前
三菱電機株式会社
半導体装置
10日前
三菱電機株式会社
半導体装置
2日前
三菱電機株式会社
半導体装置
25日前
三菱電機株式会社
半導体装置
2日前
三菱電機株式会社
電力変換装置
22日前
三菱電機株式会社
位置推定装置
22日前
三菱電機株式会社
空調システム
17日前
三菱電機株式会社
車両制御装置
4日前
三菱電機株式会社
電力変換装置
8日前
三菱電機株式会社
給湯システム
23日前
三菱電機株式会社
空調システム
17日前
三菱電機株式会社
最適演算装置
2日前
三菱電機株式会社
電力変換装置
2日前
三菱電機株式会社
電力変換装置
16日前
三菱電機株式会社
空調システム
16日前
三菱電機株式会社
空調システム
16日前
三菱電機株式会社
紫外線照射装置
22日前
三菱電機株式会社
半導体製造装置
19日前
三菱電機株式会社
堆肥の製造方法
2日前
三菱電機株式会社
情報処理システム
12日前
三菱電機株式会社
水素製造システム
18日前
三菱電機株式会社
風呂給湯システム
10日前
三菱電機株式会社
遠隔操作システム
17日前
三菱電機株式会社
車両追跡システム
25日前
三菱電機株式会社
給湯機管理システム
17日前
三菱電機株式会社
調整装置、調整方法
9日前
三菱電機株式会社
操作ガイドシステム
12日前
三菱電機株式会社
給湯機管理システム
4日前
三菱電機株式会社
自動運転総合制御装置
23日前
続きを見る