TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024068064
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-17
出願番号2023028074,2022186176
出願日2023-02-27,2022-11-07
発明の名称システム等
出願人株式会社ユピテル
代理人
主分類G08B 21/00 20060101AFI20240510BHJP(信号)
要約【課題】車両内への人の置き去りを抑えるシステム及び携行物を提供する。
【解決手段】車両50は、降車確認スイッチ14と緊急通報スイッチ15とを備える。車両50はACCが停止されると、音楽を流して確認者に置き去りがないことを確認させ、車両50内に設けられた降車確認スイッチ14が操作されることで音楽を停止する。また、監視モードにおいて緊急通報スイッチ15が操作されると、警報ないし警告を出力する。警報ないし警告は、車両50のホーン出力であってよく、無線通信を利用して送受信機20に送信されてもよい。
【選択図】図2A
特許請求の範囲【請求項1】
車両の車内の人の置き去りに関する警報を発するシステムであって、
前記車内にいる人が有するタグの存在を検知した結果に基づいて、前記人の置き去りに関する警報を発する制御を行う機能を備える
システム。
続きを表示(約 830 文字)【請求項2】
前記警報を発する制御を行う機能は、前記車内を通信可能範囲とする所定の通信方式による前記タグとの通信により、前記タグの存在が検知された場合に、前記人の置き去りに関する警報を発する制御を行う
請求項1に記載のシステム。
【請求項3】
前記警報を発する制御を行う機能は、前記車内に人が居るはずのないことを示す所定の条件を満たす場合に、前記タグの存在を検知したときは、前記人の置き去りに関する警報を発する制御を行う
請求項2に記載のシステム。
【請求項4】
前記タグは、前記人が携行する携行物に備えられている
請求項3に記載のシステム。
【請求項5】
前記携行物は、名札である
請求項4に記載のシステム。
【請求項6】
前記警報を発する制御を行う機能は、前記車両側のブザーの鳴動、及び前記車両側のホーンの鳴動により、前記人の置き去りに関する警報を発する制御を行う
請求項1から5のいずれか1項に記載のシステム。
【請求項7】
前記所定の条件は、所定時間帯であることを示す
請求項3から5のいずれか1項に記載のシステム。
【請求項8】
前記警報を発する制御を行う機能は、前記人のスケジュールの情報に基づいて、前記所定時間帯であるか否かを判定する
請求項7に記載のシステム。
【請求項9】
前記警報を発する制御を行う機能は、前記車両の駆動源がオフされた後、前記人の降車の確認後に操作されるべき操作部が操作されない場合、前記置き去りに関する警報を発する制御を行う
請求項3から5のいずれか1項に記載のシステム。
【請求項10】
前記タグは、スマートタグである
請求項1から5のいずれか1項に記載のシステム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、システム等に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
車内に人又は物を置き忘れてしまうことがあった。車両への子供の置き忘れや、車内の子供等の熱中症等の対策を行うことに関する技術として、例えば特許文献1に記載の技術がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2022-57088号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来技術には様々な課題があった。本発明の目的の一つは、従来とは異なる技術を提供することで、例えば車両内への人又は物を置き忘れてしまうことを抑えることを目的とする。
【0005】
本願の発明の目的はこれに限定されず、本明細書及び図面等に開示される構成の部分から奏する効果を得ることを目的とする構成についても分割出願・補正等により権利取得する意思を有する。例えば本明細書において「~できる」と記載した箇所を「~が課題である」と読み替えた課題が本明細書には開示されている。課題はそれぞれ独立したものとして記載しているものであり、各々の課題を解決するための構成についても単独で分割出願・補正等により権利取得する意思を有する。課題が明細書の記載から黙示的に把握されるものであっても、本出願人は本明細書に記載の構成の一部を補正又は分割出願にて特許請求の範囲とする意思を有する。またこれら独立の課題を組み合わせた課題を解決する構成についても開示しているものであり、権利取得する意思を有する。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、例えば以下の構成を採用する。本願は上記課題を解決する手段を複数含んでいるが、その一例を挙げるならば、以下のとおりである。
車両内の人又は物を監視するシステムであって、前記人又は物を監視して、監視した結果に応じた情報を出力する機能を有するとよい。このようにすると、車両内への人又は物を置き忘れてしまうことを抑えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
図1は、本発明の実施の形態の置き去り監視システムの構成を示すブロック 図である。
図2Aは、本発明の実施の形態の車両の側面図である。
図2Bは、本発明の実施の形態の車両内の平面図である。
図3Aは、本発明の実施の形態の種々のシチュエーション(行き)におけ る動作の例を示す表である。
図3Bは、本発明の実施の形態の種々のシチュエーション(帰り)におけ る動作の例を示す表である。
図4Aは、本発明の実施の形態の状態遷移図である。
図4Bは、本発明の実施の形態の状態遷移図である。
図4Cは、本発明の実施の形態の状態遷移図である。
図5は、本発明の他の実施の形態の置き去り監視システムの構成を示すブロ ック図である。
図6Aは、本発明の他の実施の形態の車両の側面図である。
図6Bは、本発明の他の実施の形態の車両内の平面図である。
図7は、本発明の実施の形態のセンサの取付方法を示す図である。
図8は、本発明の他の実施の形態のセンサの取付方法を示す図である。
図9は、本発明の他の実施の形態の置き去り監視システムの構成を示すブロ ック図である。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。なお、以下に説明する実施の形態は、本発明を実施する場合の一例を示すものであって、本発明を以下に説明する具体的構成に限定するものではない。本発明の実施にあたっては、実施の形態に応じた具体的構成が適宜採用されてもよい。
【0009】
また、以下の説明で用いられる用語として、例えば、水平方向は、厳密に水平でなくても実質的に水平方向であればよい。鉛直下方向、垂直、平行、法線等についても、同様である。
【0010】
[1.着想の経緯]
まず、本願の発明の着想の経緯を説明する。
幼児、園児等の子どもをはじめとして、人が車両内に取り残されてしまうことがある。また、高齢化が進む社会の中では、デイケアサービスや、リハビリテーション施設への搬送にお年寄りを送迎する機会も増えているが、身体に不自由のあるお年寄りにおいても、同様の事態の発生が懸念される。また、バスや電車等の車両内に荷物を置き忘れてしまって、それを取り戻すのに手間を要することもある。そこで、人や物が意図せず車両内に取り残されてしまう事態の発生を抑えるシステムの構築が望まれている。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
防犯装置
25日前
個人
非常放送システム
2か月前
個人
飛行体衝突回避装置
3か月前
個人
バス送迎支援システム
2か月前
株式会社SUBARU
車両
3か月前
株式会社SUBARU
車両
3か月前
個人
降車漏れ通報システム
4日前
スズキ株式会社
運転支援装置
1か月前
スズキ株式会社
運転支援装置
29日前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
スズキ株式会社
車線案内装置
1か月前
株式会社SUBARU
サーバ装置
3か月前
ホーチキ株式会社
煙感知器
5日前
株式会社ミヤワキ
測定装置
15日前
ホーチキ株式会社
煙感知器
5日前
中国電力株式会社
安全管理システム
26日前
トヨタ自動車株式会社
遠隔操作装置
1か月前
能美防災株式会社
警報器
2か月前
能美防災株式会社
表示灯
2か月前
個人
配車システム
3か月前
個人
配車システム
3か月前
トヨタ自動車株式会社
制御装置
1か月前
オクト産業株式会社
自動車用安全装置
18日前
ニッタン株式会社
感度試験装置
2か月前
ニッタン株式会社
情報発信装置
19日前
株式会社アガタ
閉空間監視装置
2か月前
能美防災株式会社
火災感知器
1か月前
株式会社京三製作所
車両検出装置
2か月前
株式会社デンソーウェーブ
監視システム
1か月前
株式会社大林組
異常検知システム
2か月前
トヨタ自動車株式会社
情報収集システム
2か月前
トヨタ自動車株式会社
映像処理方法
5日前
ホーチキ株式会社
防災盤の筐体構造
15日前
竹中エンジニアリング株式会社
緊急呼出システム
2か月前
ユニット株式会社
人感センサー音声警報器
2か月前
竹中エンジニアリング株式会社
緊急呼出システム
2か月前
続きを見る