TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024067923
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-17
出願番号2022178342
出願日2022-11-07
発明の名称端子台
出願人矢崎総業株式会社
代理人弁理士法人栄光事務所
主分類H01R 9/16 20060101AFI20240510BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】バスバの中途挿入が生じることを抑制可能な端子台を提供すること。
【解決手段】端子台11は、隔壁Pが有する壁孔2に挿通されるハウジング13と、ハウジング13に挿入されてハウジング13の所定の第1正規位置に取り付けられるバスバ15と、バスバ15に外部端子を導通接続するためのボルトが締結されるナット75を有してハウジング13の所定の第2正規位置に組み付けられるホルダ19と、を備える。ハウジング13は、バスバ15を第1正規位置に保持する第1係止部93と、ホルダ19を第2正規位置に保持する第2係止部94と、を有する。バスバ15が第1正規位置にあり且つホルダ19が第2正規位置にあるとき、第1係止部93とバスバ15が係合し且つ第2係止部94とホルダ19が係合し、バスバ15が有する挿通孔82に挿通されたボルトがナット75に締結可能であるように、バスバ15とホルダ19とが位置合わせされる。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
隔壁の内外を電気的に中継する端子台であって、
前記隔壁が有する壁孔に挿通されることになるハウジングと、
前記壁孔への前記ハウジングの挿通方向に沿って前記ハウジングに挿入されて前記ハウジングの所定の第1正規位置に取り付けられるバスバと、
前記バスバに外部端子を導通接続するためのボルトが締結されることになるナットを有し、前記ハウジングの所定の第2正規位置に組み付けられるホルダと、を備え、
前記ハウジングは、
前記バスバを前記第1正規位置に保持する第1係止部と、前記ホルダを前記第2正規位置に保持する第2係止部と、を有し、
前記バスバは、
前記ボルトが挿通されることになる挿通孔を有し、
前記バスバ及び前記ホルダは、
前記バスバが前記第1正規位置にあり且つ前記ホルダが前記第2正規位置にあるとき、前記第1係止部と当該バスバが係合し且つ前記第2係止部と当該ホルダが係合するとともに、前記挿通孔に挿通された前記ボルトを前記ナットに締結可能であるように、当該バスバと当該ホルダとが位置合わせされる、
端子台。
続きを表示(約 180 文字)【請求項2】
請求項1に記載の端子台において、
複数の前記バスバが、前記ハウジングに取り付けられ、
前記ハウジングは、前記複数の前記バスバに対応した複数の延出片を有し、
前記複数の前記延出片の各々に、前記第1係止部が設けられ、
前記複数の前記延出片の少なくとも一つに、前記第2係止部が設けられる、
端子台。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、隔壁の内外を電気的に中継する端子台に関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、車両に搭載される機器類のケース等に装着される端子台が提案されている。例えば、従来の端子台の一つは、モータ等を内蔵する機器の外壁(即ち、隔壁)に組み付けられるハウジングと、ハウジング内を挿通するバスバと、ハウジングと外壁との間の隙間を封止するパッキンと、を備えており、機器の内部に封入されている油液等の漏出を防ぎながら、機器の外壁の内外を電気的に中継するようになっている(例えば、特許文献1,2を参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-071271号公報
特開2021-013267号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、上述した種類の端子台では、一般に、ハウジングに設けたバスバ挿通孔にバスバを挿し込み、バスバ挿通孔の孔内面に設けた圧入突起等により、ハウジングの所定の正規位置にバスバを保持するようになっている。ところが、実際に作業者がバスバ挿通孔にバスバを挿し込む作業を行う際、バスバが圧入突起等に到達したときに圧入突起等から受ける反力により、バスバが正規位置にまで到達したと作業者が誤認し、バスバを挿し込む作業がその時点で終了される可能性がある。即ち、バスバの中途挿入が生じる可能性がある。バスバの中途挿入が生じると、端子台を機器等に取り付けて使用する際、バスバに設けられたボルト締結用の締結孔が本来の位置に存在しないことになるため、機器等に繋がる外部端子をバスバにボルト締結する作業が困難になる。端子台を機器等に取り付ける作業性を高める観点から、バスバの中途挿入が生じることを出来る限り抑制することが望ましい。
【0005】
本発明の目的の一つは、バスバの中途挿入が生じることを抑制可能な端子台の提供である。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述した目的を達成するために、本発明に係る端子台は、下記を特徴としている。
【0007】
隔壁の内外を電気的に中継する端子台であって、
前記隔壁が有する壁孔に挿通されることになるハウジングと、
前記壁孔への前記ハウジングの挿通方向に沿って前記ハウジングに挿入されて前記ハウジングの所定の第1正規位置に取り付けられるバスバと、
前記バスバに外部端子を導通接続するためのボルトが締結されることになるナットを有し、前記ハウジングの所定の第2正規位置に組み付けられるホルダと、を備え、
前記ハウジングは、
前記バスバを前記第1正規位置に保持する第1係止部と、前記ホルダを前記第2正規位置に保持する第2係止部と、を有し、
前記バスバは、
前記ボルトが挿通されることになる挿通孔を有し、
前記バスバ及び前記ホルダは、
前記バスバが前記第1正規位置にあり且つ前記ホルダが前記第2正規位置にあるとき、前記第1係止部と当該バスバが係合し且つ前記第2係止部と当該ホルダが係合するとともに、前記挿通孔に挿通された前記ボルトを前記ナットに締結可能であるように、当該バスバと当該ホルダとが位置合わせされる、
端子台であること。
【発明の効果】
【0008】
本発明の端子台によれば、端子台のハウジングにホルダが組み付けられ且つハウジングにバスバが挿入されるとき、バスバが第1正規位置にまで適正に挿入され、且つ、ホルダが第2正規位置に適正に組み付けられれば、ハウジングの第1係止部がバスバに係合し、ハウジングの第2係止部がホルダに係合する。逆に、バスバに中途挿入が生じていれば、第1係止部とバスバとの係合状態が不十分であることを目視等で確認できる。即ち、バスバに中途挿入が生じているか否かを、容易に識別することができる。そして、作業者は、この識別に基づいて、中途挿入が生じているバスバの位置を第1正規位置に修正可能である。このように、本構成の端子台は、バスバの中途挿入が生じることを抑制可能である。
【0009】
更に、上記構成の端子台によれば、ホルダの位置が適正でなければ、第2係止部とホルダとの係合状態が不十分であることを目視等で確認できる。即ち、ホルダが適正に組み付けられているか否かを、容易に識別することができる。そして、作業者は、この識別に基づいて、適正に組み付けられていないホルダの位置を第2正規位置に修正可能である。加えて、ホルダの位置ズレ(いわゆるガタツキ)を抑制することもできる。バスバが第1正規位置にあり且つホルダが第2正規位置にあれば、バスバの挿通孔とホルダのナットとが位置合わせされるため、ボルトをナットに締結して外部端子とバスバとを共締めすれば、外部端子とバスバとを導通接続させることができる。
【0010】
以上、本発明について簡潔に説明した。更に、以下に説明される発明を実施するための形態(以下、「実施形態」という。)を添付の図面を参照して通読することにより、本発明の詳細は更に明確化されるであろう。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

矢崎総業株式会社
銅電線及びアルミニウム材の接合体、並びに銅電線及びアルミニウム材の接合方法
3日前
個人
集積回路
6日前
株式会社コロナ
操作装置
20日前
HOYA株式会社
光源装置
19日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
1か月前
トヨタ自動車株式会社
コイル
1か月前
大日本印刷株式会社
流路部材
27日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
18日前
太陽誘電株式会社
コイル部品
12日前
太陽誘電株式会社
コイル部品
12日前
富士電機株式会社
半導体装置
25日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
1か月前
東レ株式会社
固体電解質用補強シート
1か月前
日本航空電子工業株式会社
押釦
3日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
1か月前
中国電力株式会社
直線スリーブ
1か月前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
1か月前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
1か月前
ヒロセ電機株式会社
電気コネクタ
1か月前
シャープ株式会社
入力装置
3日前
ローム株式会社
半導体装置
1か月前
個人
組み合わせアース端子
25日前
ヒロセ電機株式会社
電気コネクタ
1か月前
東レ株式会社
ポリマー電解質および電池
13日前
ローム株式会社
半導体装置
1か月前
住友電気工業株式会社
半導体装置
1か月前
日本無線株式会社
レーダアンテナ
27日前
ローム株式会社
半導体装置
5日前
ローム株式会社
半導体装置
1か月前
東レエンジニアリング株式会社
転写方法
3日前
トヨタ自動車株式会社
収容ケース
1か月前
三菱電機株式会社
半導体装置
1か月前
日本航空電子工業株式会社
コネクタ
18日前
三菱電機株式会社
半導体装置
10日前
オムロン株式会社
電磁継電器
5日前
富士電機株式会社
半導体装置
25日前
続きを見る