TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024067631
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-17
出願番号2022177854
出願日2022-11-07
発明の名称装置、方法およびプログラム
出願人横河電機株式会社
代理人弁理士法人RYUKA国際特許事務所
主分類G05B 13/02 20060101AFI20240510BHJP(制御;調整)
要約【課題】制御モデルから出力される推奨制御パラメータを出力する。
【解決手段】制御対象に関する状態の測定値および目標値の偏差を取得する偏差取得部と、前記制御対象に対して供給された制御パラメータをシフトさせたシフト済み制御パラメータを取得する制御パラメータ取得部と、偏差および制御パラメータが入力されることに応じて、前記制御対象に供給することを推奨する推奨制御パラメータを出力する制御モデルに対し、前記偏差取得部により取得された偏差と、前記制御パラメータ取得部により取得された前記シフト済み制御パラメータとを供給する第1供給部と、前記第1供給部から前記制御モデルに対する供給が行われたことに応じて当該制御モデルから出力される前記推奨制御パラメータを出力する出力部と、を備える装置が提供される。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
制御対象に関する状態の測定値および目標値の偏差を取得する偏差取得部と、
前記制御対象に対して供給された制御パラメータをシフトさせたシフト済み制御パラメータを取得する制御パラメータ取得部と、
偏差および制御パラメータが入力されることに応じて、前記制御対象に供給することを推奨する推奨制御パラメータを出力する制御モデルに対し、前記偏差取得部により取得された偏差と、前記制御パラメータ取得部により取得された前記シフト済み制御パラメータとを供給する第1供給部と、
前記第1供給部から前記制御モデルに対する供給が行われたことに応じて当該制御モデルから出力される前記推奨制御パラメータを出力する出力部と、
を備える装置。
続きを表示(約 1,500 文字)【請求項2】
前記状態の目標値を取得する目標値取得部をさらに備え、
前記制御パラメータ取得部は、前記目標値が基準目標値から変更されたことに応じて、前記制御対象に対して供給された制御パラメータをシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得する、請求項1に記載の装置。
【請求項3】
前記制御パラメータ取得部は、前記目標値が基準目標値から変更されたことに応じて、前記制御対象に対して供給された制御パラメータを、前記目標値に応じたシフト量だけシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得する、請求項2に記載の装置。
【請求項4】
前記制御パラメータ取得部は、前記目標値および前記基準目標値の差分と、予め設定された係数とを乗算して前記シフト量を決定する、請求項3に記載の装置。
【請求項5】
前記制御パラメータ取得部は、前記目標値に設定された値と、当該値に前記測定値が安定するときの制御パラメータの値との関係を示す、予め設定された関係式を用いて前記シフト量を決定する、請求項3に記載の装置。
【請求項6】
前記推奨制御パラメータにより前記制御対象が制御された後に前記偏差取得部により取得される偏差が基準範囲内に安定しないことを検出する第1検出部をさらに備え、
前記制御パラメータ取得部は、前記偏差取得部により取得される偏差が前記基準範囲内に安定しないことが前記第1検出部により検出されたことに応じて、前記制御対象に対して供給された前記制御パラメータをシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得する、請求項1~3の何れか一項に記載の装置。
【請求項7】
偏差および当該偏差の変化速度が入力されることに応じて、前記制御パラメータ取得部により制御パラメータについてシフトすることを推奨する推奨シフト量を出力するシフト量出力モデルに対し、前記偏差取得部により取得された偏差と、当該偏差の変化速度とを供給する第2供給部をさらに備え、
前記制御パラメータ取得部は、前記偏差取得部により取得される偏差が前記基準範囲内に安定しないことが前記第1検出部により検出され、かつ、前記第2供給部から前記シフト量出力モデルに対する供給が行われたことに応じて当該シフト量出力モデルから出力される前記推奨シフト量だけ、前記制御対象に対して供給された制御パラメータをシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得する、請求項6に記載の装置。
【請求項8】
前記第2供給部は、基準インターバルごとに前記シフト量出力モデルに対する供給を行う、請求項7に記載の装置。
【請求項9】
前記偏差取得部により取得される偏差と、当該偏差の変化速度と、前記制御パラメータ取得部による前記制御パラメータのシフト量とを含む学習データを用い、偏差および当該偏差の変化速度の入力に応じ、予め設定された報酬関数により定まる報酬値を高めるために推奨される前記推奨シフト量を出力するよう前記シフト量出力モデルの学習処理を行う第1学習処理部をさらに備える、請求項7に記載の装置。
【請求項10】
前記制御対象が変更されたことを検出する第2検出部をさらに備え、
前記制御パラメータ取得部は、前記制御対象が変更されたことが前記第2検出部により検出されたことに応じて、前記制御対象に対して供給された制御パラメータをシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得する、請求項1に記載の装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、装置、方法およびプログラムに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1~4には、「目標値SVに基づいて操作量マップを選択して、選択した操作量マップを用いて操作量MVを算出する」(特許文献1の段落0031)などと記載されている。
[先行技術文献]
[特許文献]
[特許文献1] 特開2022-156797号公報
[特許文献2]特開2020-95352号公報
[特許文献3]特開2021-117699号公報
[特許文献4]特開2022-014099号公報
【発明の概要】
【0003】
本発明の第1の態様においては、制御対象に関する状態の測定値および目標値の偏差を取得する偏差取得部と、前記制御対象に対して供給された制御パラメータをシフトさせたシフト済み制御パラメータを取得する制御パラメータ取得部と、偏差および制御パラメータが入力されることに応じて、前記制御対象に供給することを推奨する推奨制御パラメータを出力する制御モデルに対し、前記偏差取得部により取得された偏差と、前記制御パラメータ取得部により取得された前記シフト済み制御パラメータとを供給する第1供給部と、前記第1供給部から前記制御モデルに対する供給が行われたことに応じて当該制御モデルから出力される前記推奨制御パラメータを出力する出力部と、を備える装置が提供される。
【0004】
上記の装置においては、前記状態の目標値を取得する目標値取得部をさらに備え、前記制御パラメータ取得部は、前記目標値が基準目標値から変更されたことに応じて、前記制御対象に対して供給された制御パラメータをシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得してよい。
【0005】
上記の装置においては、前記制御パラメータ取得部は、前記目標値が基準目標値から変更されたことに応じて、前記制御対象に対して供給された制御パラメータを、前記目標値に応じたシフト量だけシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得してよい。
【0006】
前記制御パラメータを前記目標値に応じたシフト量だけシフトさせる上記の装置においては、前記制御パラメータ取得部は、前記目標値および前記基準目標値の差分と、予め設定された係数とを乗算して前記シフト量を決定してよい。
【0007】
前記制御パラメータを前記目標値に応じたシフト量だけシフトさせる上記の装置においては、前記制御パラメータ取得部は、前記目標値に設定された値と、当該値に前記測定値が安定するときの制御パラメータの値との関係を示す、予め設定された関係式を用いて前記シフト量を決定してよい。
【0008】
上記何れかの装置においては、前記推奨制御パラメータにより前記制御対象が制御された後に前記偏差取得部により取得される偏差が基準範囲内に安定しないことを検出する第1検出部をさらに備え、前記制御パラメータ取得部は、前記偏差取得部により取得される偏差が前記基準範囲内に安定しないことが前記第1検出部により検出されたことに応じて、前記制御対象に対して供給された前記制御パラメータをシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得してよい。
【0009】
上記の装置においては、偏差および当該偏差の変化速度が入力されることに応じて、前記制御パラメータ取得部により制御パラメータについてシフトすることを推奨する推奨シフト量を出力するシフト量出力モデルに対し、前記偏差取得部により取得された偏差と、当該偏差の変化速度とを供給する第2供給部をさらに備え、前記制御パラメータ取得部は、前記偏差取得部により取得される偏差が前記基準範囲内に安定しないことが前記第1検出部により検出され、かつ、前記第2供給部から前記シフト量出力モデルに対する供給が行われたことに応じて当該シフト量出力モデルから出力される前記推奨シフト量だけ、前記制御対象に対して供給された制御パラメータをシフトさせて、前記シフト済み制御パラメータを取得してよい。
【0010】
前記偏差取得部により取得された偏差と、当該偏差の変化速度とをシフト量出力モデルに供給する上記の装置においては、前記第2供給部は、基準インターバルごとに前記シフト量出力モデルに対する供給を行ってよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

横河電機株式会社
着磁装置
6日前
横河電機株式会社
光学プローブ
6日前
横河電機株式会社
反応性予測システム、反応性予測方法
13日前
横河電機株式会社
細胞培養制御システム、細胞培養制御方法及び細胞培養制御プログラム
7日前
エイブリック株式会社
基準電流源
14日前
株式会社クボタ
作業車
1か月前
株式会社エクセディ
作業ロボット
1か月前
トヨタ自動車株式会社
自動作業装置
1か月前
アズビル株式会社
流量制御システム
1か月前
オムロン株式会社
開発装置、開発方法
1か月前
三菱電機株式会社
移動体制御装置
1か月前
株式会社ダイフク
搬送設備
1か月前
マキノジェイ株式会社
工作機械
13日前
岩田工機株式会社
加工装置
1か月前
株式会社ダイフク
物品搬送設備
1か月前
村田機械株式会社
搬送車システム
2か月前
株式会社デンソー
過電流検出回路
1か月前
日置電機株式会社
信号出力装置および抵抗測定装置
1か月前
オムロン株式会社
サポート装置およびサポート方法
13日前
村田機械株式会社
無人搬送車システム
26日前
日本精工株式会社
制御システムおよび制御方法
1か月前
横河電機株式会社
ロボット管理システム
21日前
日本精工株式会社
制御システムおよび制御方法
1か月前
日本精工株式会社
制御システムおよび制御方法
1か月前
日本精工株式会社
制御システムおよび制御方法
1か月前
ローム株式会社
電圧生成回路
11日前
CKD日機電装株式会社
カスケード形PID制御系の設計法
28日前
株式会社デンソー
ペダル装置
13日前
多摩川精機株式会社
突入電流防止回路
2か月前
シャープ株式会社
走行システム及び走行方法
1か月前
ローム株式会社
リニアレギュレータ
1か月前
富士電機株式会社
予測装置、予測方法及びプログラム
1か月前
株式会社ディスコ
加工装置
2か月前
オムロン株式会社
回転体ユニットおよびこれを備えた操作装置
6日前
アマノ株式会社
自律走行装置およびその妥当性評価方法
19日前
株式会社日立製作所
制御装置
1か月前
続きを見る