TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024067407
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-17
出願番号2022177459
出願日2022-11-04
発明の名称出力装置
出願人トヨタ自動車株式会社
代理人弁理士法人太陽国際特許事務所
主分類G01C 21/26 20060101AFI20240510BHJP(測定;試験)
要約【課題】道路の明るさのみから算出された安全度を出力する場合に比較して、より高い安全性を確保できる。
【解決手段】出力装置は、対象地域が撮影された衛星画像、及び当該対象地域で発生した事象に関する事象情報を取得する取得部と、対象地域における道路のうち、衛星画像及び事象情報に基づいて算出した安全度が閾値未満の道路を出力する出力部と、を備える。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
対象地域が撮影された衛星画像、及び当該対象地域で発生した事象に関する事象情報を取得する取得部と、
前記対象地域における道路のうち、前記衛星画像及び前記事象情報に基づいて算出した安全度が閾値未満の道路を出力する出力部と、
を備える出力装置。
続きを表示(約 450 文字)【請求項2】
前記出力部は、夜間における前記道路の明るさ、及び前記道路で発生した犯罪に関する犯罪情報に基づいて算出した防犯安全度を加味した前記安全度が前記閾値未満の道路を出力する、請求項1に記載の出力装置。
【請求項3】
前記出力部は、前記道路を走行する車両、及び前記道路で発生した交通事故に関する事故情報に基づいて算出した交通安全度を加味した前記安全度が前記閾値未満の道路を出力する、請求項1に記載の出力装置。
【請求項4】
前記出力部は、夜間における前記道路の明るさ、及び前記道路で発生した犯罪に関する犯罪情報に基づいて算出した防犯安全度と、前記道路を走行する車両、及び前記道路で発生した交通事故に関する事故情報に基づいて算出した交通安全度との和が前記閾値未満の道路を出力する、請求項1に記載の出力装置。
【請求項5】
前記出力部は、前記安全度が前記閾値未満の前記道路を歩行しないように推奨する旨を出力する、請求項1に記載の出力装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、出力装置に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には情報処理装置が開示されている。この情報処理装置は、歩行者等に対してルートの明るさを提示することを目的として、出発地から目的地までの一つ以上の候補ルートを含む地域を上空から撮影された画像を取得する。そして、この情報処理装置は、取得した画像から分割した複数の画像領域のそれぞれの明るさを各候補ルートに関連付けて出力する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2017-015460号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に開示された情報処理装置は、道路の明るさ以外の事象を加味した安全度を出力する場合に比較して、道路の安全性を確保できないという課題がある。
【0005】
本開示は、上記事実を考慮して成されたもので、道路の明るさのみから算出された安全度を出力する場合に比較して、より高い道路の安全性を確保できる出力装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
第1の態様に係る出力装置は、対象地域が撮影された衛星画像、及び当該対象地域で発生した事象に関する事象情報を取得する取得部と、前記対象地域における道路のうち、前記衛星画像及び前記事象情報に基づいて算出した安全度が閾値未満の道路を出力する出力部と、を備える。
【0007】
第1の態様に係る出力装置では、取得部は対象地域が撮影された衛星画像、及び当該対象地域で発生した事象に関する事象情報を取得し、出力部は前記対象地域における道路のうち、前記衛星画像及び前記事象情報に基づいて算出した安全度が閾値未満の道路を出力する。第1の態様に係る出力装置によれば、道路の明るさのみから算出された安全度を出力する場合に比較して、より高い安全性を確保できる。
【0008】
第2の態様に係る出力装置は、第1の態様に係る出力装置において、前記出力部は、夜間における前記道路の明るさ、及び前記道路で発生した犯罪に関する犯罪情報に基づいて算出した防犯安全度が前記閾値未満の道路を出力する。
【0009】
第2の態様に係る出力装置によれば、防犯の観点から、より高い安全性を確保できる。
【0010】
第3の態様に係る出力装置は、第1の態様又は第2の態様に係る出力装置において、前記道路を走行する車両、及び前記道路で発生した交通事故に関する事故情報に基づいて算出した交通安全度を加味した前記安全度が前記閾値未満の道路を出力する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

オンキヨー株式会社
システム
1日前
株式会社ヨコオ
検査治具
13日前
横河電機株式会社
光学プローブ
1日前
個人
歩行者音声ガイドシステム
12日前
昭電工業株式会社
測定装置
14日前
太陽誘電株式会社
検出装置
8日前
株式会社豊田自動織機
無人走行体
16日前
大和製衡株式会社
重量選別機
6日前
村田機械株式会社
変位検出装置
16日前
キーコム株式会社
試験システム
19日前
キーコム株式会社
試験システム
19日前
矢崎総業株式会社
センサ
8日前
株式会社ニシヤマ
物品取付装置
9日前
株式会社ニシヤマ
物品取付装置
9日前
トヨタ自動車株式会社
測定治具
16日前
大同特殊鋼株式会社
形状検出装置
8日前
株式会社ミヤワキ
診断装置
26日前
株式会社ミヤワキ
診断装置
26日前
株式会社ミヤワキ
診断装置
26日前
TDK株式会社
磁気センサ
13日前
株式会社シンカグループ
計測装置
1か月前
個人
氷河融雪水流出量の推定方法
今日
トヨタ自動車株式会社
劣化推定装置
9日前
大同特殊鋼株式会社
超音波探傷方法
23日前
オムロン株式会社
スイッチング装置
19日前
株式会社島津製作所
分析装置
8日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
1日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
23日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
1か月前
日立Astemo株式会社
測定装置
23日前
株式会社不二越
X線測定装置
16日前
株式会社ミツトヨ
光学式エンコーダ
14日前
三菱マテリアル株式会社
温度センサ
9日前
コイズミ照明株式会社
検出ユニット
27日前
トヨタ自動車株式会社
空燃比算出装置
16日前
株式会社フジキン
濃度測定装置
13日前
続きを見る