TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024067149
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-17
出願番号2022176986
出願日2022-11-04
発明の名称管状火炎を用いたα-アルミナを含むアルミナ粒子の製法
出願人カヤク・ジャパン株式会社,国立大学法人広島大学
代理人弁理士法人川口國際特許事務所
主分類C01F 7/30 20220101AFI20240510BHJP(無機化学)
要約【課題】高精度に制御して短時間で製造が可能な、火炎法を用いたα-アルミナを含むアルミナ粒子の製造方法を提供する。
【解決手段】α-アルミナを含有するアルミナ粒子の製造方法であって、アルミニウム塩および還元剤を溶媒に溶解させた原料液の液滴を管状火炎に導入し粒子化することを含み、管状火炎の形成に、空気である助燃ガスにメタンである気体燃料を混合させた混合ガスを用い、空気内の酸素とメタンの比率が2.40未満の条件で管状火炎を形成させる製造方法。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
α-アルミナを含有するアルミナ粒子の製造方法であって、
アルミニウム塩および還元剤を溶媒に溶解させた原料液の液滴を管状火炎に導入し粒子化することを含み、
前記管状火炎の形成に、空気である助燃ガスにメタンである気体燃料を混合させた混合ガスを用い、空気内の酸素とメタンの比率が2.40未満の条件で前記管状火炎を形成させる、製造方法。
続きを表示(約 340 文字)【請求項2】
前記アルミニウム塩が、硝酸アルミニウム、水酸化アルミニウム、または硫酸アルミニウムである、請求項1に記載の製造方法。
【請求項3】
前記溶媒が、有機溶剤または水を含む、請求項1に記載の製造方法。
【請求項4】
前記有機溶剤が、エタノール、イソプロパノール、またはアセトンである、請求項3に記載の製造方法。
【請求項5】
前記還元剤が、尿素またはグリシンである、請求項1に記載の製造方法。
【請求項6】
前記アルミナ粒子のX線回折法(XRD)で求めたα-アルミナのピーク強度(2θ:43°)のδ-アルミナのピーク強度(2θ:46°)に対する比(α/δ)が、0.5倍以上である、請求項1に記載の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、管状火炎を用いたα-アルミナを含むアルミナ粒子の製法に関するものである。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
α-酸化アルミニウム(α-アルミナ)は、一般的に硬く、化学安定性、機械的強度が良いなどの優れた諸性質を持っていることから現在、研磨材、触媒担体、セラミック材料など幅広い産業分野で用いられている無機材料の一つである。
【0003】
α-アルミナは、硝酸アルミニウム、水酸化アルミニウムやベーマイトなどの前駆体を1000~1200℃の熱にて熱分解させ、γ-アルミナ、δ-アルミナ、θ-アルミナといった遷移アルミナを経て得ることができる。一般的な工業的製造方法としても、ギブサイト等の水酸化アルミニウムやベーマイトによる熱分解が主流であるが、1100℃以上の高温で時間をかける必要がある。
【0004】
現状、α-アルミナを含むアルミナ粒子を得るためには、1000~1250℃に焼成する必要がある。通常の焼成炉にて、α-アルミナを合成する場合では、多くのエネルギーが必要となるほか、焼成温度までの時間や焼成時間といった時間的コストも多くかかるという問題がある。
【0005】
一方、火炎を用いた噴霧熱分解法による気相燃焼合成では、焼成温度まで待つ必要もなく火炎形成がなされれば合成が可能となる。火炎形成は、燃料ガスや酸素、空気などと着火源があれば一瞬で形成できることから時間的コストがかからない。また、前駆体水溶液が噴霧されてから微粒子が捕集されるまで時間的コストも大きくかからない。火炎を用いた微粒子合成法である噴霧熱分解法で用いられる従来の火炎は、燃料と酸素を別々の流路にて形成する拡散火炎や噴霧された原料液滴をパイロット火炎を用いて連続的に着火する噴霧火炎であるが、火炎状態が不安定な乱流火炎であった。
【0006】
噴霧熱分解法による気相燃焼合成は、支持炎内に前駆体となる金属塩の溶液を噴霧させることにより、火炎の熱エネルギーや溶媒の燃焼エネルギーにより金属酸化物を得る方法である。この火炎法は、装置が簡便かつ純度の高いものが得られる方法である。通常の噴霧熱分解法に用いられるバーナーは、二流体ノズルにより液体燃料を噴霧し、噴霧火炎を形成するものであったが、特許文献1において高温領域が均一に幅広く分布しており制御がしやすい管状火炎を形成するバーナーによる微粒子合成が提案されている。
【0007】
乱流火炎は、安定な火炎ではなく高精度に制御して微粒子合成を行うことは困難である。一方、管状火炎は、高温領域が均一に幅広く分布しており制御がしやすく微粒子合成が行える特徴がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0008】
特開2021-188851号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
本発明の目的は、上述した従来のα-アルミナを含むアルミナ粒子の製造方法における欠点を解消し、高精度に制御して短時間で製造が可能な、火炎法を用いたα-アルミナを含むアルミナ粒子の製造方法を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明者らは、上記課題を解決すべく検討をした結果、管状火炎の形成に用いる混合ガス中の酸素とメタンの比率を特定範囲内に制御し、前駆体となるアルミニウム塩および還元剤を溶媒に溶解させた前駆体溶液を管状火炎に噴霧することで、α-アルミナを含有するアルミナ粒子を短時間で製造できることを見出した。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
ゼオライト成形体
28日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
21日前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
20日前
TDK株式会社
複合粒子
22日前
三菱電機株式会社
水素製造システム
16日前
株式会社フクハラ
CO2分離方法及び植物育成方法
16日前
オルガノ株式会社
SnS2の製造方法及び利用方法
2日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
28日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
17日前
日本精線株式会社
水素吸蔵材料
6日前
太平洋セメント株式会社
窒化ガリウムの製造方法
3日前
国立大学法人静岡大学
還元型酸化グラフェン及びその製造方法
10日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
27日前
国立大学法人 岡山大学
新規酸化ヨウ素組成物
29日前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
21日前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
28日前
学校法人日本大学
二酸化炭素の固定化方法
3日前
住友化学株式会社
リチウム金属複合酸化物の製造方法
13日前
artience株式会社
炭素材料、炭素材料分散組成物、合材スラリー、電極膜、二次電池、および車両
8日前
三菱マテリアル株式会社
炭素および水素の製造方法
6日前
江蘇聯瑞新材料股ふん有限公司
低放射性アルミナ粉末およびその製造方法
13日前
清水建設株式会社
海水中のマグネシウム回収システム及び水酸化マグネシウムの製造方法
21日前
DIC株式会社
複合粒子の製造方法
16日前
トヨタ自動車株式会社
酸化グラフェン及びガス分離膜
8日前
中鋼集団南京新材料研究院有限公司
グラフェンの製造装置、製造方法および製品
14日前
キヤノン株式会社
ペロブスカイト型結晶構造を有する光応答性ナノ粒子の製造方法
2日前
株式会社タカギ
粉体の製造方法、及び粉体
8日前
ENEOS株式会社
制御装置及び水素製造装置の制御方法
2日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
17日前
日揮触媒化成株式会社
酸化チタン粒子、分散液、塗膜形成用塗布液、塗膜および塗膜付基材
16日前
エコナ パワー インコーポレイテッド
原料ガスを分解する方法およびシステム
13日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
27日前
個人
アルミン酸ソーダ含有溶液と、該アルミン酸ソーダ含有溶液から粉末体を製造する方法、またはそのための装置
27日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
27日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物の製造方法、硫化物系無機固体電解質材料の製造方法および硫化リン組成物の評価方法
21日前
カヤク・ジャパン株式会社
管状火炎を用いたα-アルミナを含むアルミナ粒子の製法
27日前
続きを見る