TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024066999
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-16
出願番号2023183291
出願日2023-10-25
発明の名称最下階用の排水集合管
出願人株式会社クボタケミックス
代理人安田岡本弁理士法人
主分類E03C 1/12 20060101AFI20240509BHJP(上水;下水)
要約【課題】最適な延焼防止効果を発現し得る樹脂製の最下階用排水集合管を提供する。
【解決手段】最下階用排水集合管1060は、標準上部管1100と最下階用下部管1560とを含み、標準上部管1100は上立管を接続する上立管接続部1110と横枝管を接続する少なくとも1つの横枝管接続部1120とを含み、最下階用下部管1560は縮径部1660および横主管へ排水を流出させる脚部継手を直接または他の配管を介して接続する継手接続部1570を含み、外層部材1703により覆われている。外層部材1703の最内層には熱膨張性耐火材1712が設けられ、その高さ位置は、最下階用下部管1560の上端(下部管受口の上端)より上で、かつ、外層部材1703の上端(遮音カバー1730の上端)よりも下であって、この熱膨張性耐火材1712の内周には上部管のみまたは延長管のみが存在する。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
建築物の最下階の床スラブの貫通孔に配置される樹脂製の排水集合管であって、
前記排水集合管は、前記床スラブの上方に突出する上部管と、前記上部管の下方に接続される下部管とを含み、前記下部管は縮径部を備え、
前記上部管と前記下部管との間には、横枝管接続部の有無が限定されない1以上の延長管が接続される場合があり、
前記上部管は、上階から排水を流入させる上立管を接続する上立管接続部と、前記床スラブの上方において横枝管を接続する少なくとも1つの横枝管接続部とを含み、
前記下部管は、横主管へ排水を流出させる脚部継手を直接または他の配管を介して接続する継手接続部を含み、
前記下部管の上端よりも上で、前記下部管を含んで前記排水集合管を覆う外層部材の上端よりも下に、熱膨張性耐火材を含み、
前記熱膨張性耐火材の内周には、前記上部管のみまたは前記延長管のみ存在することを特徴とする、排水集合管。
続きを表示(約 880 文字)【請求項2】
前記熱膨張性耐火材の内周には、内部突起を備えない直管部分のみが存在することを特徴とする、請求項1に記載の排水集合管。
【請求項3】
前記外層部材の上端には、前記外層部材を前記上部管の外周に密着させるとともに止水性を備える止水部材が設けられて、前記外層部材が前記排水集合管を覆うことを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の排水集合管。
【請求項4】
前記熱膨張性耐火材の上端は、前記床スラブ上面よりも下方に位置することを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の排水集合管。
【請求項5】
前記熱膨張性耐火材の下端が前記床スラブ下面よりも上方に位置する、
または、
前記熱膨張性耐火材の下端が前記床スラブ下面よりも上方に位置しない場合には前記外層部材が耐火性能を備える、
ことを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の排水集合管。
【請求項6】
前記下部管の上端と前記横枝管の下面との距離は、30mm以上500mm以下であることを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の排水集合管。
【請求項7】
前記下部管の上端と前記床スラブの上面との距離は、5mm以上400mm以下であることを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の排水集合管。
【請求項8】
前記熱膨張性耐火材の下端と前記下部管が備える縮径部の開始位置との距離は、5mm以上200mm以下であることを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の排水集合管。
【請求項9】
前記熱膨張性耐火材の高さ方向の寸法は、8mm以上50mm以下であることを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の排水集合管。
【請求項10】
前記熱膨張性耐火材の体積は、30mm
3
以上200mm
3
以下であることを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の排水集合管。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、建築物の最下階の床スラブを貫通して設けられる樹脂製の排水集合管であって、床スラブの上方に突出するとともに上階から排水を流入させる上立管を接続する上立管接続部および床スラブの上方において横枝管を接続する少なくとも1つの横枝管接続部を備えた上部管とその上部管の下方に接続される下部管とを含み熱膨張性耐火材(単に熱膨張材または耐火材と記載する場合がある)により所望の耐火構造を実現し得る排水集合管において、特に、(A)転がし配管で床スラブが薄肉スラブであっても、(B)上部管と下部管との重なり位置(たとえば下部管が受口構造を備え上部管の下端が下部管の上端に接続される)を備えていても、最適な延焼防止効果を発現し得る排水集合管に関する。
続きを表示(約 2,500 文字)【背景技術】
【0002】
集合住宅やオフィスビルなどには、給水設備および排水設備が設けられる。このうちの排水設備は、建物の各階層を上下に貫く縦管(立て管、上立て管、下立て管)と、各階層内に設置される横管(横枝管、枝管)と、これらを接続する排水配管継手(排水集合管、排水管継手、排水集合継手とも称される)とを備えた排水配管構造が代表的なものとして広く知られている。
【0003】
そして、このような排水配管継手は、建築物に施工された際に、床スラブの貫通孔に配置される管本体(本体部、上部管)を備え、本体部は、上流側の上立て管に接続可能な上方立て管接続部を上端に、横枝管に接続可能な横枝管接続部を側面に、下流側の配管部材に接続可能な下方配管接続部を下端に、それぞれ有する。このような排水配管継手においては、排水配管継手内の排水の流れを変化させる部分(たとえば旋回羽根、整流羽根、羽根部材、偏流板等の内周面への突起物)を備えるものが多い。また、このような排水配管継手として、ひとつまたは複数の樹脂製の射出成形品で形成されたものが広く知られている。
【0004】
このような排水配管継手を用いた排水配管構造が備え付けられた建築物において、階下にて火災等が発生した場合に火炎や煤煙、有毒ガスが排水配管構造の焼損部位または溶損部位を通じて上層階へ流出することを防止するために、排水配管継手に熱膨張性耐火材を、配管材の外周に別途設けたり、三層構造の配管材の中間層に埋設したりして、火災時には床スラブの貫通孔をこの熱膨張性耐火材によって閉塞された状態を維持する(防火区画構造を構成する)ことが行われている。
【0005】
上述したように、集合住宅やオフィスビルなどの多層建物には、各階居室部の衛生機器等からの排水を導入する横枝管が設けられている。横枝管により運搬された排水は、各階に設けられた集合継手により集約される。集合継手により集約された各階における排水は立て管により上階から下階へ運搬される。そして、最下階の集合継手において上階から運搬された排水および最下階の横枝管から運搬された排水が集約されて、その集約された排水は最下階の集合継手の下部に(後述する立管(直管)を介して)接続された脚部継手および横主管を介して下水路に流される。このような多層建物の最下層部(床下)における集合継手と脚部継手との接続については、集合継手の下部を受口として、この受口に挿入する立管(直管)を介して脚部継手を接続して、床下空間の高さ方向の寸法や横主管の高さ方向の配置に応じて、この立管(直管)の長さを調整する場合が多い。また、この最下階においても防火区画構造を構成することが求められている。たとえば、特許第7059432号公報(特許文献1)は、建物の最下階に設けられた床スラブの貫通孔に設置され、防火区画構造を実現するとともに、接続部から排水が漏れ出しにくく、コストの低い集合継手を開示する。
【0006】
この特許文献1に開示された集合継手は、建物の最下階に設けられた床スラブの貫通孔に設置され立管と脚部継手とを接続するための集合継手であって、上方に設けられた立管接続部と側方に設けられた横管接続部と下方に設けられた直管接続部とを備える集合部と、前記直管接続部に接続される直管部とを備え、前記集合部と前記直管部とはポリ塩化ビニル系樹脂で形成され、前記直管部は、上端に受口部が一体に成形された円筒であり、前
記受口部の開口端部から前記直管部の下端までの長さが500mm以下であり、前記受口部と前記直管部との間に環状の突起が設けられ、前記突起は前記直管部の外面に設けられた凹みに対応して前記直管部の内側に設けられ、前記突起と管軸方向に重なる位置に耐火材が設けられ、前記突起および前記耐火材は前記貫通孔に位置し、前記円筒の内径は、前記立管の内径より大きく、かつ、前記直管接続部の内径より小さく、前記直管接続部は、前記受口部に挿入され、前記受口部と接着されて前記直管部と接続されている。
【0007】
特許文献1に開示された集合継手によると、防火区画構造を構成する点に関しては、環状の突起と管軸方向に重なる位置に設けられた耐火材が、建物の火災時に熱膨張することにより集合継手の直管部を変形させて配管構造を閉塞する。これにより、配管構造の内部から火災時の煙が上層階へ移動することを防ぐ役割を有する。
【0008】
また、特開2017-014762号公報(特許文献2)は、建物の床スラブを貫通して配管される排水管継手に対して、重量の増加を抑制しながら床スラブを伝う排水の音を低減することと、火災時に排水管継手を通じて上下の階へ延焼したり煙が拡がったりするのを防止することとを両立させることを、より容易に可能とする排水管継手を開示する。
【0009】
この特許文献2に開示された排水管継手は、建物の床スラブを貫通して配管される排水管継手であって、排水管が接続される継手本体と、前記継手本体の前記床スラブに貫通する部分の外面を被覆する第1の被覆材と、を備え、前記継手本体は、熱可塑性樹脂からなり、前記第1の被覆材は、内側からこの順で配置された、スポンジ材からなる第1の吸音層、無機繊維の集合体からなる第2の吸音層及び防水性と遮音性の表皮層と、軸方向の少なくとも一箇所において周に沿って設けられた熱膨張材と、を一体で備える。
【0010】
特許文献2に開示された排水管継手によると、火災時には、床スラブ内で外方への膨張が規制された熱膨張材が、熱により軟化した熱可塑性樹脂からなる継手本体を締め付けるように管内方へ膨張して管を閉塞し、火災時に排水管継手を通じて上下の階へ延焼したり煙が拡がったりするのを防止することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
路上排水溝装置
13日前
丸一株式会社
排水配管
26日前
丸一株式会社
排水部材
2か月前
ホーコス株式会社
阻集器
15日前
丸一株式会社
排水栓装置
1か月前
個人
シャワーヘッド固定装置
2か月前
丸一株式会社
排水装置
2か月前
株式会社タカギ
浄水装置
1か月前
株式会社KVK
水栓
1か月前
株式会社KVK
水栓
1か月前
株式会社KVK
水栓
1か月前
株式会社LIXIL
吐水装置
6日前
株式会社LIXIL
吐水装置
6日前
株式会社LIXIL
吐水装置
6日前
株式会社バブルテック
受水槽
26日前
株式会社日本アルファ
排水栓装置
1か月前
株式会社タカギ
水栓取付装置
14日前
株式会社クリア
水道用節水具
1か月前
シナネン株式会社
洗濯機用防水パン
2か月前
株式会社KVK
センサユニット
3か月前
株式会社テイエルブイ
フロート式逆流防止弁
2か月前
株式会社KVK
センサユニット
3か月前
株式会社KVK
センサユニット
3か月前
株式会社KVK
センサユニット
3か月前
SANEI株式会社
排水装置
12日前
SANEI株式会社
排水装置
1か月前
株式会社熊谷組
排水装置、トイレ装置
1か月前
株式会社サワヤ
逆流防止具及び逆流防止方法
2か月前
前澤工業株式会社
ポート付地下式消火栓
3か月前
積水化学工業株式会社
継手
3か月前
アール・ビー・コントロールズ株式会社
浴室排水口
1か月前
SANEI株式会社
水栓
2か月前
株式会社ジオックス
サイフォン解消型逆流防止給水器
28日前
アール・ビー・コントロールズ株式会社
浴室用排水口
26日前
青木あすなろ建設株式会社
仮排水溝の施工方法
1か月前
株式会社LIXIL
体重測定装置
6日前
続きを見る