TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024066576
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-16
出願番号2022176006
出願日2022-11-02
発明の名称キャッシュメモリ
出願人富士通株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G06F 12/0895 20160101AFI20240509BHJP(計算;計数)
要約【課題】メモリアクセスアドレスの偏りによるキャッシュヒット率の低下を抑制する。
【解決手段】キャッシュメモリは、メモリアクセスアドレス中のセットアドレスにより識別される複数のエントリを含むキャッシュブロックと、メモリアクセス要求のキャッシュヒットまたはキャッシュミスを判定するキャッシュ制御部と、キャッシュミスの発生回数をエントリ毎に保持するミス回数保持部と、エントリ毎のキャッシュミスの発生回数のいずれかが閾値を超えた場合、セットアドレスのメモリアクセスアドレス内でのビット位置の割り当てを変更するセットビット位置変更部と、を有する。これにより、特定のエントリへの参照が集中する場合に、参照するエントリを分散して、キャッシュヒット率の低下を抑制することができる。この結果、キャッシュメモリを搭載するプロセッサまたはシステムの処理性能を向上することができる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
メモリアクセス要求に含まれるメモリアクセスアドレス中のセットアドレスにより識別される複数のエントリを含み、前記複数のエントリの各々がメモリアクセスアドレス中のタグアドレスを保持する複数のウェイを含むキャッシュブロックと、
メモリアクセスアドレスに含まれるセットアドレスとタグアドレスとに基づいて、メモリアクセス要求のキャッシュヒットまたはキャッシュミスを判定するキャッシュ制御部と、
キャッシュミスの発生回数を前記複数のエントリ毎に保持するミス回数保持部と、
前記ミス回数保持部に保持された前記複数のエントリ毎のキャッシュミスの発生回数のいずれかが閾値を超えた場合、セットアドレスのメモリアクセスアドレス内でのビット位置の割り当てを変更するセットビット位置変更部と、
を有するキャッシュメモリ。
続きを表示(約 850 文字)【請求項2】
前記セットビット位置変更部は、セットアドレスのビット位置の割り当てを変更した場合、前記キャッシュブロックの全てのエントリを無効化する
請求項1に記載のキャッシュメモリ。
【請求項3】
前記セットビット位置変更部は、セットアドレスのビット位置の割り当てを変更した場合、キャッシュミスの発生回数が閾値を超えたエントリを除くエントリを無効化し、キャッシュミスの発生回数が閾値を超えたエントリに保持されたデータを、ビット位置の割り当てを変更したセットアドレスに対応するエントリに、新たなタグアドレスとともに格納する
請求項1に記載のキャッシュメモリ。
【請求項4】
前記セットビット位置変更部は、前記セットアドレスのビット位置の割り当てを変更した場合、ビット位置の割り当ての変更の前後で保持するエントリが変わらないデータを除くデータを無効化し、無効化しないデータを保持するエントリのタグアドレスをビット位置の割り当ての変更後のタグアドレスに変更する
請求項1に記載のキャッシュメモリ。
【請求項5】
前記メモリアクセスアドレス中の前記セットアドレスのビット位置を保持するセットビット位置保持部を有し、
前記キャッシュ制御部は、前記セットビット位置保持部に保持された前記ビット位置に基づいて前記メモリアクセスアドレスからセットアドレスとタグアドレスとを抽出し、
前記セットビット位置変更部は、変更したビット位置を前記セットビット位置保持部に格納する
請求項1ないし請求項4のいずれか1項に記載のキャッシュメモリ。
【請求項6】
前記キャッシュ制御部がキャッシュミスを判定する毎に、キャッシュミスしたセットに対応して前記ミス回数保持部に保持されたキャッシュミスの発生回数を更新するミス回数更新部を有する
請求項1ないし請求項4のいずれか1項に記載のキャッシュメモリ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、キャッシュメモリに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
CPU(Central Processing Unit)等のプロセッサに搭載されるキャッシュメモリ、または、プロセッサとメインメモリとの間に配置されるキャッシュメモリは、メインメモリに記憶されたデータの一部を保持する。そして、キャッシュメモリは、プロセッサから発行されたメモリアクセス要求の対象データを保持している場合(キャッシュヒット)、メインメモリにアクセス要求を発行することなく、キャッシュメモリに保持しているデータをプロセッサに出力する。これにより、データのアクセス効率が向上し、プロセッサの処理性能が向上する。
【0003】
例えば、キャッシュメモリは、データを保持するデータ領域と、アクセス対象のデータがデータ領域に保持されているか否かを判定する情報を保持するタグ領域とを有する複数のエントリを有する。複数のエントリは、メモリアクセス要求に含まれるメモリアクセスアドレスの一部のビットであるセットアドレスを使用して識別される。メモリアクセスアドレスの残りのビットは、タグアドレスとしてタグ領域に格納される。そして、メモリアクセスアドレスに含まれるセットアドレスに対応するエントリに保持されたタグアドレスが、メモリアクセスアドレスのタグアドレスと一致する場合、キャッシュヒットが判定される(セットアソシアティブ方式)。
【0004】
この種のキャッシュメモリは、例えば、メモリアクセス要求に含まれるメモリアクセスアドレスから複数通りのセットアドレスとタグアドレスとをそれぞれ生成する複数のマッピングコントローラを有する。キャッシュメモリは、マッピングコントローラのいずれかから出力されるセットアドレスおよびタグアドレスを使用してキャッシュヒットを判定し、ヒット率が低い場合、使用するマッピングコントローラを切り替える(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開平8-263376号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
セットアソシアティブ方式のキャッシュメモリにおいて、メモリアクセスアドレスの値が2のべき乗となるストライドアクセスが実施されると、特定のエントリの参照頻度が他のエントリの参照頻度に比べて高くなる場合がある。参照頻度の高いエントリにおいて、データがキャッシュヒットによって再利用される前に追い出されると、キャッシュミスの頻度が高くなる。
【0007】
例えば、ストライドアクセスによるキャッシュミスは、局所的なメモリアクセスアドレスにより発生する。このため、キャッシュメモリ全体のキャッシュヒット率をモニタすることでは、ストライドアクセスによるキャッシュミスの頻度の増加を判定することが困難であり、キャッシュミスの頻度を下げることは困難である。
【0008】
1つの側面では、本発明は、メモリアクセスアドレスの偏りによるキャッシュヒット率の低下を抑制することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
一つの観点によれば、キャッシュメモリは、メモリアクセス要求に含まれるメモリアクセスアドレス中のセットアドレスにより識別される複数のエントリを含み、前記複数のエントリの各々にメモリアクセスアドレス中のタグアドレスが保持されるキャッシュブロックと、メモリアクセスアドレスに含まれるセットアドレスとタグアドレスとに基づいて、メモリアクセス要求のキャッシュヒットまたはキャッシュミスを判定するキャッシュ制御部と、キャッシュミスの発生回数を前記複数のエントリ毎に保持するミス回数保持部と、前記ミス回数保持部に保持された前記複数のエントリ毎のキャッシュミスの発生回数のいずれかが閾値を超えた場合、セットアドレスのメモリアクセスアドレス内でのビット位置の割り当てを変更するセットビット位置変更部と、を有する。
【発明の効果】
【0010】
メモリアクセスアドレスの偏りによるキャッシュヒット率の低下を抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士通株式会社
電子装置及び改竄検知方法
6日前
富士通株式会社
情報処理プログラムおよび情報処理装置
今日
富士通株式会社
情報処理方法および情報処理プログラム
8日前
富士通株式会社
プログラム、算出方法および情報処理装置
1日前
富士通株式会社
車両経路選択問題及びその変形例の経路生成
6日前
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法および情報処理装置
今日
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法および情報処理装置
今日
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法および情報処理装置
今日
富士通株式会社
画像処理プログラム、画像処理方法および画像処理装置
6日前
富士通株式会社
データベース管理プログラム、データベース管理方法、および情報処理装置
1日前
富士通株式会社
ドメイン適応型ニューラルネットワークを訓練する方法、装置及び記憶媒体
2日前
富士通株式会社
ブロックチェーン管理プログラム、ブロックチェーン管理装置及びブロックチェーン管理方法
2日前
個人
プロジェクター
1か月前
個人
暗号化記憶媒体
27日前
個人
求人支援システム
16日前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
1か月前
個人
求人マッチングサーバ
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
28日前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
1か月前
シャープ株式会社
情報出力装置
14日前
アスエネ株式会社
水管理の方法
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
2日前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
株式会社寺岡精工
システム
1か月前
大日本印刷株式会社
作業台
1か月前
CKD株式会社
遠隔支援システム
1か月前
株式会社NGA
画像投稿システム
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
2日前
東洋電装株式会社
操作装置
2日前
東洋電装株式会社
操作装置
2日前
個人
ポイント増量アプリ「太陽光銭サー」
1か月前
日本信号株式会社
料金精算システム
12日前
続きを見る