TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024066305
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-15
出願番号2022175807
出願日2022-11-01
発明の名称細胞剥離装置、及び細胞剥離方法
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人,個人,個人,個人
主分類C12M 1/00 20060101AFI20240508BHJP(生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学)
要約【課題】 高い剥離率で細胞を剥離する細胞剥離装置を提供する。
【解決手段】 細胞の培養容器の培養面の上に設けられた細胞に振動を付与することによって細胞を剥離する細胞剥離装置であって、細胞剥離装置は、振動子と振動板とを有し、培養容器は、培養面とは反対側の面に突出部を有し、振動子、振動板、音響伝達媒体、及び培養容器がこの順に重ねて配置される際に、音響伝達媒体及び振動板が突出部と接しないように細胞剥離装置が構成されていることを特徴とする。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
細胞の培養容器の培養面の上に設けられた細胞に振動を付与することによって前記細胞を剥離する細胞剥離装置であって、
前記細胞剥離装置は、振動子と振動板とを有し、
前記培養容器は、前記培養面とは反対側の面に突出部を有し、
前記振動子、前記振動板、音響伝達媒体、及び前記培養容器がこの順に重ねて配置される際に、前記音響伝達媒体及び前記振動板が前記突出部と接しないように前記細胞剥離装置が構成されていることを特徴とする細胞剥離装置。
続きを表示(約 980 文字)【請求項2】
前記振動子、前記振動板、音響伝達媒体、及び前記培養容器がこの順に重ねて配置される際に、前記音響伝達媒体と前記振動板との少なくともいずれかが緩衝材を介して前記突出部と接するように前記細胞剥離装置が構成されていることを特徴とする請求項1に記載の細胞剥離装置。
【請求項3】
前記緩衝材は、フェルトまたはスポンジの少なくともいずれかを含むことを特徴とする請求項2に記載の細胞剥離装置。
【請求項4】
前記振動は超音波帯域の振動であることを特徴とする請求項1または2に記載の細胞剥離装置。
【請求項5】
前記振動子、前記振動板、前記音響伝達媒体、及び前記培養容器がこの順に重ねて配置される際に、前記重ねて配置される方向において前記突出部の位置を前記振動板に投影した位置を含む領域に、前記振動板が溝を有することを特徴とする請求項1または2に記載の細胞剥離装置。
【請求項6】
前記重ねて配置される方向における前記溝の深さは、前記重ねて配置される方向における前記突出部の長さよりも大きいことを特徴とする請求項5に記載の細胞剥離装置。
【請求項7】
前記重ねて配置される方向における前記溝の幅は、前記重ねて配置される方向に垂直な方向における前記突出部の幅よりも広いことを特徴とする請求項5に記載の細胞剥離装置。
【請求項8】
前記振動子、前記振動板、音響伝達媒体、及び前記培養容器がこの順に重ねて配置される際に、前記重ねて配置される方向において、前記突出部の位置を前記振動板が存在する面に投影した位置と、前記振動板が重ならないことを特徴とする請求項1または2に記載の細胞剥離装置。
【請求項9】
前記重ねて配置される方向に垂直な平面内において、前記振動板の断面は円形であり、
前記振動板の断面の外径は、前記培養容器の前記培養面とは反対側の面のうち前記突出部より内側の領域の直径より、小さいことを特徴とする請求項8に記載の細胞剥離装置。
【請求項10】
前記振動板はガラス、金属、及び石英からなる群から選択される少なくとも一種を含むことを特徴とする請求項1または2に記載の細胞剥離装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、細胞剥離装置、及び細胞剥離方法に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
近年、再生医療で用いられる細胞や、バイオ医薬品等の製造に用いられる細胞を培養する細胞培養が盛んに行われている。細胞培養は、接着培養と浮遊培養に大別される。とりわけ、接着培養は様々な細胞の培養に適しており、広く用いられている。接着培養において、培養した細胞を利用するために、細胞が接着する足場から細胞を剥離する工程が行われる。そこで、細胞に対するダメージを低減しながら、高い剥離率で細胞を回収する剥離条件の検討がされている。
【0003】
特許文献1に、培養細胞群の細胞接着性を低下させる剥離液を、培養細胞群が収容された培養容器に供給し、加振装置によって培養容器を振動させることで培養細胞群を培養容器の内壁から剥離させる細胞回収装置が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2008-79554号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
発明者らは、培養細胞群が収容された培養容器として底面に突出部を有するディッシュを用いて、ディッシュを加振装置に接触させる検討を行った。その結果、加振装置から培養容器に収容された培養細胞群へと振動が伝達される振動伝達経路として、ディッシュ底面と突出部との複数の振動伝達経路が存在するため、振動制御が複雑であることを見出した。複数の振動伝達経路が存在する場合、伝達される振動どうしが干渉するため、細胞に付与される振動が強すぎたり弱すぎたりすることで細胞の剥離率が低下する場合があった。
【0006】
本発明は上述の課題に対処するためになされたもので、高い剥離率で細胞を剥離する細胞剥離装置を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明に係る細胞剥離装置は、細胞の培養容器の培養面の上に設けられた細胞に振動を付与することによって細胞を剥離する細胞剥離装置であって、細胞剥離装置は、振動子と振動板とを有し、培養容器は、培養面とは反対側の面に突出部を有し、振動子、振動板、音響伝達媒体、及び培養容器がこの順に重ねて配置される際に、音響伝達媒体及び振動板が突出部と接しないように細胞剥離装置が構成されていることを特徴とする。
【0008】
本発明に係る細胞剥離装置は、細胞の培養容器の培養面に設けられた細胞に振動を付与することによって細胞を剥離する細胞剥離装置であって、細胞剥離装置は、振動子と振動板とを有し、振動子、振動板、音響伝達媒体、及び培養容器がこの順に重ねて配置される際に、培養容器は、培養面とは反対側の面に突出部を有し、突出部と振動板とが最も近い位置における突出部と振動板との間に存在する物質の比重は0より大きく0.90より小さいことを特徴とする。
【0009】
本発明に係る細胞剥離方法は、細胞の培養容器の培養面の上に設けられた細胞に振動を付与することによって細胞を剥離する細胞剥離方法であって、培養面とは反対側の面に突出部を有する培養容器と音響伝達媒体と振動子と振動板とを有する細胞剥離装置とを用いて、振動子、振動板、音響伝達媒体、及び培養容器がこの順に重ねて配置された状態で、細胞に振動を付与し、音響伝達媒体及び振動板が突出部と接しない状態で、細胞に振動を付与することを特徴とする。
【0010】
本発明に係る細胞剥離方法は、細胞の培養容器の培養面の上に設けられた細胞に振動を付与することによって細胞を剥離する細胞剥離方法であって、培養容器の培養面とは反対側の面に突出部を有する培養容器と、音響伝達媒体と、振動子及び振動板を有する細胞剥離装置とを用いて、振動子、振動板、音響伝達媒体、及び培養容器がこの順に重ねて配置された状態で、細胞に振動を付与し、突出部と振動板とが最も近い位置における突出部と振動板との間に存在する物質の比重は0より大きく0.90より小さい状態で、細胞に振動を付与することを特徴とする。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
基板
5日前
キヤノン株式会社
トナー
15日前
キヤノン株式会社
トナー
18日前
キヤノン株式会社
記録装置
5日前
キヤノン株式会社
記録装置
14日前
キヤノン株式会社
記録装置
14日前
キヤノン株式会社
記録装置
15日前
キヤノン株式会社
撮像装置
7日前
キヤノン株式会社
光学機器
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
18日前
キヤノン株式会社
液体吐出装置
15日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像処理装置
14日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
14日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
18日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
12日前
キヤノン株式会社
光電変換装置
15日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
5日前
キヤノン株式会社
信号処理装置
15日前
キヤノン株式会社
カートリッジ
12日前
キヤノン株式会社
光電変換装置
15日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
カートリッジ
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
18日前
キヤノン株式会社
位置基準部材
14日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
5日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
液体吐出装置
15日前
キヤノン株式会社
ヘッド用基板
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
光電変換装置
14日前
キヤノン株式会社
放射線撮像装置
18日前
キヤノン株式会社
空間的較正方法
15日前
続きを見る