TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024065755
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-15
出願番号2022174771
出願日2022-10-31
発明の名称アンモニア含有油水の処理装置及び処理方法
出願人株式会社ササクラ
代理人弁理士法人三枝国際特許事務所
主分類C02F 1/76 20230101AFI20240508BHJP(水,廃水,下水または汚泥の処理)
要約【課題】ビルジ水などのアンモニアを含有した水と油が混ざり合った被処理液(アンモニア含有油水)からアンモニアを除去するのに好適な処理装置及び処理方法を提供する。
【解決手段】処理装置10は、アンモニアを含有した水と油が混ざり合った被処理液からアンモニアを除去する。処理装置10は、被処理液から油分を除去する油水分離装置1と、油水分離装置1で油分が除去された被処理液と次亜塩素酸ナトリウム又は次亜塩素酸を混合してアンモニアを分解する処理槽2と、を備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
アンモニアを含有した水と油が混ざり合った被処理液からアンモニアを除去する処理装置であって、
前記被処理液から油分を除去する油水分離装置と、
前記油水分離装置で油分が除去された前記被処理液と次亜塩素酸ナトリウム又は次亜塩素酸を混合してアンモニアを分解する処理槽と、
を備える、処理装置。
続きを表示(約 670 文字)【請求項2】
塩水を電気分解して次亜塩素酸ナトリウムを生成する電気分解装置をさらに備え、
前記電気分解装置で生成された次亜塩素酸ナトリウムが前記処理槽に供給されて油分が除去された前記被処理液に混合される、請求項1に記載の処理装置。
【請求項3】
前記塩水は海水である、請求項2に記載の処理装置。
【請求項4】
前記塩水は濃縮された海水である、請求項3に記載の処理装置。
【請求項5】
前記処理槽は、油分が除去された前記被処理液及び塩水の混合液が供給され、前記混合液を電気分解して次亜塩素酸ナトリウムを生成するとともに、該次亜塩素酸ナトリウムを油分が除去された前記被処理液中のアンモニアと反応させるように構成される、請求項1に記載の処理装置。
【請求項6】
アンモニアを含有した水と油が混ざり合った被処理液からアンモニアを除去する処理方法であって、
前記被処理液から油分を除去する油水分離ステップと、
前記油水分離ステップ後の油分が除去された前記被処理液と次亜塩素酸ナトリウム又は次亜塩素酸を混合してアンモニアを分解する分解処理ステップと、
を行う、処理方法。
【請求項7】
塩水を電気分解して次亜塩素酸ナトリウムを生成する電気分解ステップをさらに行い、
前記電気分解ステップで生成された次亜塩素酸ナトリウムが、前記油水分離ステップ後の油分が除去された前記被処理液に混合される、請求項6に記載の処理方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、アンモニアを含有した水と油が混ざり合った被処理液(本開示では「アンモニア含有油水」ともいう。)からアンモニアを除去するための処理装置及び処理方法に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
例えば船舶では、廃水に油などが混合した不要液体(本開示では「ビルジ水」という。)が発生するが、ビルジ水をそのまま海洋に排出することができないため、残留油含有量が排出基準以下になるようにビルジ水を処理する必要がある。ビルジ水は、通常、油水分離装置により水分と油分とが分離され、油水分離装置では、膜処理により水分と油分とを分離するのが一般的である(例えば特許文献1を参照)。
【0003】
近年、CO

排出量削減のため、船舶において、アンモニアを燃料の一部とするエンジンの開発が進められている。アンモニアをエンジンの燃料として使用する場合、エンジンのメンテナンスなどに際してビルジ水にアンモニアが含まれる可能性がある。しかし、アンモニアを含有したビルジ水を油水分離装置で膜処理しても油分とともにアンモニアを分離することはできない。そのため、ビルジ水からアンモニアを除去するためには他の処理が必要となる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2006-198483号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ビルジ水からアンモニアを除去する方法としては、例えば次亜塩素酸ナトリウム(別名は次亜塩素酸ソーダ)や次亜塩素酸をビルジ水に添加してビルジ水に含まれるアンモニアを次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸と反応させて窒素ガスまで分解する方法が考えられる。しかし、ビルジ水に次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸を添加した場合、次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸はビルジ水に含まれる油分とも反応するため、アンモニアを分解するための次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸の添加量が多大になるという課題がある。
【0006】
なお、アンモニアストリッピング法により、水中のアンモニウムイオンを水酸化物イオンと反応させてアンモニアガスを大気に放散させることも考えられるが、この方法を行うには、処理装置が大掛かりとなる。特に船舶内ではスペースが限られているため、大掛かりな処理装置を設置するのが困難である。
【0007】
本発明は、上記課題を解決することに着目してなされたものであり、ビルジ水などのアンモニアを含有した水と油が混ざり合った被処理液(アンモニア含有油水)からアンモニアを除去するのに好適な処理装置及び処理方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、上記課題を解決するため、以下の項1に記載の処理装置を主題とする。
【0009】
項1.アンモニアを含有した水と油が混ざり合った被処理液からアンモニアを除去する処理装置であって、
前記被処理液から油分を除去する油水分離装置と、
前記油水分離装置で油分が除去された前記被処理液と次亜塩素酸ナトリウム又は次亜塩素酸を混合してアンモニアを分解する処理槽と、
を備える、処理装置。
【0010】
また本発明の処理装置は、上記項1に記載の処理装置の好ましい態様として、以下の項2に記載の処理装置を包含する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
遠隔水質計測方法
1か月前
株式会社オメガ
排水処理装置
1か月前
株式会社オメガ
水質浄化装置
13日前
株式会社環境機器
磁気処理装置
16日前
栗田工業株式会社
純水製造装置
23日前
三浦工業株式会社
水処理システム
27日前
トヨタ自動車株式会社
海藻資源化システム
23日前
株式会社富士計器
金属イオン水生成器
1か月前
株式会社OKAMURA
防汚装置及び防汚方法
26日前
日亜化学工業株式会社
流体紫外光処理装置
1か月前
株式会社環境機器
磁気処理装置の取付方法
16日前
栗田工業株式会社
水回収装置及び水回収方法
18日前
東芝ライテック株式会社
液体処理装置
11日前
個人
無給水無放流循環式水洗トイレシステム
1か月前
水ing株式会社
薬剤添加装置および薬剤添加方法
27日前
水道機工株式会社
マイクロプラスチックの処理方法
25日前
大成建設株式会社
循環式濾過システム
3日前
水ing株式会社
食品飲料排水の脱色方法
26日前
キョーラク株式会社
水質浄化システム
6日前
テクニカ合同株式会社
粉末状固着防止剤、及び固着防止方法
1か月前
株式会社テックコーポレーション
電解水生成装置
24日前
水ing株式会社
有機性排水の色度除去方法および色度除去装置
1か月前
アクアス株式会社
リン含有排水の処理方法
6日前
株式会社村上開明堂
油処理担体及び油処理方法
25日前
水ing株式会社
脱水システムの運転制御方法および脱水システム
10日前
水ing株式会社
BOD供給剤及びBOD供給剤の添加方法
1か月前
メタウォーター株式会社
添加システム及び処理システム
17日前
株式会社ササクラ
アンモニア含有油水の処理装置及び処理方法
1か月前
太平洋セメント株式会社
有機汚泥処理装置の制御方法
24日前
西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社
スカム除去装置
3日前
JFEエンジニアリング株式会社
有機性排水の処理方法及び有機性排水の処理装置
19日前
メタウォーター株式会社
気体供給システム及び発電システム
17日前
中国電力株式会社
バイオマスの灰処理水の処理方法及びバイオマスの灰処理水の処理設備
1か月前
国立大学法人お茶の水女子大学
紫外線処理評価装置および紫外線処理評価方法
1か月前
学校法人北里研究所
殺菌チャンバーおよび殺菌処理装置
1か月前
メタウォーター株式会社
水処理システム、制御装置及び水処理方法
6日前
続きを見る