TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024065492
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-15
出願番号2022174383
出願日2022-10-31
発明の名称カーボンナノチューブ線材
出願人古河電気工業株式会社,国立研究開発法人産業技術総合研究所
代理人アインゼル・フェリックス=ラインハルト,個人,個人,個人
主分類C01B 32/168 20170101AFI20240508BHJP(無機化学)
要約【課題】カーボンナノチューブ線材内の空隙を低減することで、優れた導電性を有するカーボンナノチューブ線材を提供する。
【解決手段】 複数のカーボンナノチューブで構成されるカーボンナノチューブバンドルの単数または複数を含むカーボンナノチューブ線材であり、前記カーボンナノチューブバンドルに陽電子を打ち込みエネルギー10keVで照射して陽電子消滅寿命測定を行い、非線形最小二乗法により3成分解析して得られる、第一成分(τ1)の割合(R1:単位%)、第二成分(τ2)の割合(R2:単位%)、第三成分(τ3)の割合(R3:単位%)が、下記式(1)
R3/(R1+R2+R3)≦0.1・・・(1)
(式(1)中、R1+R2+R3=100)
を満たすカーボンナノチューブ線材。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
複数のカーボンナノチューブで構成されるカーボンナノチューブバンドルの単数または複数を含むカーボンナノチューブ線材であり、
前記カーボンナノチューブバンドルに陽電子を打ち込みエネルギー10keVで照射して陽電子消滅寿命測定を行い、非線形最小二乗法により3成分解析して得られる、第一成分(τ1)の割合(R1:単位%)、第二成分(τ2)の割合(R2:単位%)、第三成分(τ3)の割合(R3:単位%)が、下記式(1)
R3/(R1+R2+R3)≦0.1・・・(1)
(式(1)中、R1+R2+R3=100)
を満たすカーボンナノチューブ線材。
続きを表示(約 75 文字)【請求項2】
前記カーボンナノチューブバンドルが、窒素分子及び/または二酸化炭素分子を含む請求項1に記載のカーボンナノチューブ線材。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複数のカーボンナノチューブで構成されるカーボンナノチューブバンドルの単数または複数を含むカーボンナノチューブ線材であり、導電性に優れたカーボンナノチューブ線材に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
カーボンナノチューブは、様々な特性を有する素材であり、多くの分野への応用が期待されている。例えば、カーボンナノチューブは、六角形格子の網目構造を有する筒状体の単層、または略同軸で配された多層で構成される3次元網目構造体であり、軽量であると共に、導電性、熱伝導性、機械的強度等の諸特性に優れる。そこで、金属の代替として、カーボンナノチューブを使用することが検討されている。金属の代替としてカーボンナノチューブを使用するにあたり、カーボンナノチューブの導電性をさらに向上させることも要求されている。
【0003】
一方で、カーボンナノチューブ線材は、複数のカーボンナノチューブが集合して形成されたカーボンナノチューブバンドルの構造を含むので、カーボンナノチューブ同士の間で接触抵抗が生じ得ることから、カーボンナノチューブ線材としての導電性に改善の余地があった。また、カーボンナノチューブ線材を構成するカーボンナノチューブは、直径が必ずしも均一ではないことから、カーボンナノチューブ間にナノサイズの空隙(カーボンナノチューブの径方向における空隙)が生じて、カーボンナノチューブ線材の密度が低下し、抵抗値が上昇する場合があった。
【0004】
そこで、カーボンナノチューブ線材の密度を向上させるために、直径が小さく且つ均一化された複数のカーボンナノチューブを高い配向性を有するように束ねてカーボンナノチューブ線材を形成することが検討されている。具体的には、直径を小さく抑えて径方向の形状の真円度を向上させたカーボンナノチューブを形成し、このような真円度を向上させたカーボンナノチューブにて六方最密充填構造を形成することでカーボンナノチューブの充填密度を上昇させたカーボンナノチューブ線材とすることが行われている。真円度を向上させたカーボンナノチューブを用いてカーボンナノチューブの充填密度を上昇させることでカーボンナノチューブ間に空隙が発生することを抑制して、カーボンナノチューブ線材の抵抗値上昇を防止している。
【0005】
また、カーボンナノチューブ線材に異種元素であるヨウ素をドープして、カーボンナノチューブ同士の間にヨウ素を介在させることで、導電性を向上させたカーボンナノチューブ線材も提案されている(特許文献1)。ヨウ素は、カーボンナノチューブ線材への均一なドープが容易であり、カーボンナノチューブ線材における存在位置の安定性に優れている特性を有している。すなわち、ヨウ素は、カーボンナノチューブ線材のドーパントとしてハンドリング性に優れていることから、使用されている異種元素である。
【0006】
しかし、真円度を向上させたカーボンナノチューブを用いて充填密度を上昇させても、カーボンナノチューブ間には、依然として空隙が存在しているので、カーボンナノチューブ線材の導電性を向上させる点で、改善の余地があった。
【0007】
また、カーボンナノチューブ線材にヨウ素をドープしてカーボンナノチューブ同士の間の接触抵抗を低減させても、カーボンナノチューブ間には、やはり、依然として空隙が存在しているので、カーボンナノチューブ線材の導電性を向上させる点で、改善の余地があった。また、ヨウ素は、分子量が253.8と重く、カーボンナノチューブ線材の軽量化の点でも、改善の余地があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0008】
特表2009-535294号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
上記事情に鑑み、本発明は、カーボンナノチューブ線材の空隙を低減することで、優れた導電性を有するカーボンナノチューブ線材を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
上記課題を解決する本発明の構成の要旨は以下の通りである。
[1] 複数のカーボンナノチューブで構成されるカーボンナノチューブバンドルの単数または複数を含むカーボンナノチューブ線材であり、
前記カーボンナノチューブバンドルに陽電子を打ち込みエネルギー10keVで照射して陽電子消滅寿命測定を行い、非線形最小二乗法により3成分解析して得られる、第一成分(τ1)の割合(R1:単位%)、第二成分(τ2)の割合(R2:単位%)、第三成分(τ3)の割合(R3:単位%)が、下記式(1)
R3/(R1+R2+R3)≦0.1・・・(1)
(式(1)中、R1+R2+R3=100)
を満たすカーボンナノチューブ線材。
[2]前記カーボンナノチューブバンドルが、窒素分子及び/または二酸化炭素分子を含む[1]に記載のカーボンナノチューブ線材。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
ゼオライト成形体
1か月前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
1か月前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
1か月前
TDK株式会社
複合粒子
1か月前
大和ハウス工業株式会社
生成物製造装置
10日前
三菱電機株式会社
水素製造システム
26日前
株式会社フクハラ
CO2分離方法及び植物育成方法
26日前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び活性炭フィルター体
6日前
オルガノ株式会社
SnS2の製造方法及び利用方法
12日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
1か月前
戸田工業株式会社
非晶質アルミノケイ酸塩粒子粉末及びその製造方法
4日前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び浄水用フィルター並びに浄水器
6日前
株式会社豊田中央研究所
ケミカルルーピング燃焼システム
3日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
27日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
太平洋セメント株式会社
窒化ガリウムの製造方法
13日前
日本精線株式会社
水素吸蔵材料
16日前
国立大学法人静岡大学
還元型酸化グラフェン及びその製造方法
20日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
国立大学法人 岡山大学
新規酸化ヨウ素組成物
1か月前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
1か月前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
1か月前
学校法人日本大学
二酸化炭素の固定化方法
13日前
森田化学工業株式会社
コア/シェル型粒子およびその製造方法ならびに中空粒子の製造方法
10日前
住友化学株式会社
リチウム金属複合酸化物の製造方法
23日前
三菱マテリアル株式会社
炭素および水素の製造方法
16日前
artience株式会社
炭素材料、炭素材料分散組成物、合材スラリー、電極膜、二次電池、および車両
18日前
江蘇聯瑞新材料股ふん有限公司
低放射性アルミナ粉末およびその製造方法
23日前
清水建設株式会社
海水中のマグネシウム回収システム及び水酸化マグネシウムの製造方法
1か月前
DIC株式会社
複合粒子の製造方法
26日前
UBE株式会社
チタン酸リチウム粉末、それを用いた電極、及び蓄電デバイス
10日前
トヨタ自動車株式会社
酸化グラフェン及びガス分離膜
18日前
続きを見る