TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024064797
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-14
出願番号2022173668
出願日2022-10-28
発明の名称酸化マグネシウム顆粒及びそれを含有する酸化マグネシウム錠剤及び細粒剤、並びにそれらの製造方法
出願人セトラスホールディングス株式会社
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類C01F 5/08 20060101AFI20240507BHJP(無機化学)
要約【課題】ハンドリング性の向上及び黒ずみ発生の抑制を図るための酸化マグネシウム顆粒及びそれを含有する酸化マグネシウム錠剤及び細粒剤、並びにそれらの製造方法の提供。
【解決手段】水和度が35%以上である酸化マグネシウム顆粒及びそれを含有する酸化マグネシウム錠剤及び細粒剤、並びにそれらの製造方法を提供する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
水和度が35%以上である酸化マグネシウム顆粒。
続きを表示(約 540 文字)【請求項2】
BET比表面積が15~150m
2
/gである、請求項1に記載の酸化マグネシウム顆粒。
【請求項3】
かさ密度が0.4~1.2g/mLである、請求項1に記載の酸化マグネシウム顆粒。
【請求項4】
請求項1~3のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を含有する酸化マグネシウム錠剤。
【請求項5】
請求項1~3のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を含有する原料を打錠することを含む酸化マグネシウム錠剤の製造方法。
【請求項6】
請求項1~3のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を製造するための方法であって、
水酸化マグネシウムを焼成することにより酸化マグネシウムを得ることを含み、
前記焼成は1000℃以下の温度でのみ実施される、酸化マグネシウム顆粒の製造方法。
【請求項7】
請求項1~3のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を含有する酸化マグネシウム細粒剤。
【請求項8】
請求項1~3のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を含有する原料を再度造粒することを含む酸化マグネシウム細粒剤の製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、酸化マグネシウム顆粒及びそれを含有する酸化マグネシウム錠剤及び細粒剤、並びにそれらの製造方法に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
酸化マグネシウム顆粒を含有する錠剤や細粒剤は、制酸、緩下、マグネシウム補給、抗低マグネシウム血症など各種用途へ広く使用されている。
【0003】
ところで、酸化マグネシウム錠剤における打錠成形性向上のために、活性の異なる2種類の酸化マグネシウムを混合することが知られている。例えば、特許文献1において、低活性酸化マグネシウムと中高活性酸化マグネシウムとの混合物である酸化マグネシウム顆粒が開示されている。
【0004】
また、酸化マグネシウム顆粒では、例えば、特許文献2において、水酸化マグネシウム及び/又は炭酸マグネシウムからなる被覆層で覆われる構成が知られている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特許第6343338号公報
特許第4833567号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明の課題は、酸化マグネシウム顆粒のハンドリング性の向上及び黒ずみ発生の抑制にある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者らは、鋭意検討した結果、水和度の高い酸化マグネシウム顆粒の取得に成功した。また、本発明者らは、水和度の高い酸化マグネシウム顆粒を用いることにより、ハンドリング性の向上及び黒ずみ発生を抑制できることを見出し、本発明に想到した。
【0008】
即ち、本発明は例えば以下の態様を提供する。
[1] 水和度が35%以上である酸化マグネシウム顆粒。
[2] [1]に記載の酸化マグネシウム顆粒において、BET比表面積が15~150m
2
/gである。
[3] [1]又は[2]に記載の酸化マグネシウム顆粒において、かさ密度が0.4~1.2g/mLである。
[4] [1]から[3]のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を含有する酸化マグネシウム錠剤。
[5] 酸化マグネシウム錠剤の製造方法である。製造方法は、[1]から[3]のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を含有する原料を打錠することを含む。
[6] [1]から[3]のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を製造するための方法である。上記方法は、水酸化マグネシウムを焼成することにより酸化マグネシウムを得ることを含む。上記焼成は1000℃以下の温度でのみ実施される。
[7] [1]から[3]のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を含有する酸化マグネシウム細粒剤である。
[8] 酸化マグネシウム細粒剤の製造方法である。製造方法は、[1]から[3]のいずれか1項に記載の酸化マグネシウム顆粒を含有する原料を再度造粒することを含む。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、酸化マグネシウム顆粒のハンドリング性の向上及び黒ずみ発生の抑制が可能になる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図1は、実施例1及び5並びに比較例1及び2で得られた錠剤の側面を示す写真である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
ゼオライト成形体
1か月前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
27日前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
26日前
TDK株式会社
複合粒子
28日前
大和ハウス工業株式会社
生成物製造装置
6日前
三菱電機株式会社
水素製造システム
22日前
株式会社フクハラ
CO2分離方法及び植物育成方法
22日前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び活性炭フィルター体
2日前
オルガノ株式会社
SnS2の製造方法及び利用方法
8日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
1か月前
戸田工業株式会社
非晶質アルミノケイ酸塩粒子粉末及びその製造方法
今日
フタムラ化学株式会社
活性炭及び浄水用フィルター並びに浄水器
2日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
23日前
住友重機械工業株式会社
水素化装置、及び水素化方法
1か月前
日本製紙株式会社
炭素材料及びその製造方法、並びにそれらの応用
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
6日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
6日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
6日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
6日前
太平洋セメント株式会社
窒化ガリウムの製造方法
9日前
日本精線株式会社
水素吸蔵材料
12日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
6日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
1か月前
国立大学法人静岡大学
還元型酸化グラフェン及びその製造方法
16日前
東邦チタニウム株式会社
四塩化チタンの製造方法
1か月前
国立大学法人 岡山大学
新規酸化ヨウ素組成物
1か月前
太平洋セメント株式会社
噴霧乾燥装置又は噴霧熱分解装置
1か月前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
27日前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
1か月前
学校法人日本大学
二酸化炭素の固定化方法
9日前
住友化学株式会社
リチウム金属複合酸化物の製造方法
19日前
森田化学工業株式会社
コア/シェル型粒子およびその製造方法ならびに中空粒子の製造方法
6日前
江蘇聯瑞新材料股ふん有限公司
低放射性アルミナ粉末およびその製造方法
19日前
artience株式会社
炭素材料、炭素材料分散組成物、合材スラリー、電極膜、二次電池、および車両
14日前
三菱マテリアル株式会社
炭素および水素の製造方法
12日前
清水建設株式会社
海水中のマグネシウム回収システム及び水酸化マグネシウムの製造方法
27日前
続きを見る