TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024064419
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-14
出願番号2022172998
出願日2022-10-28
発明の名称商品提供処理装置
出願人株式会社ブイシンク
代理人個人
主分類G07F 5/22 20060101AFI20240507BHJP(チェック装置)
要約【課題】誤った商品が提供されることを防止する商品提供処理装置を提供する。
【解決手段】商品提供処理装置100において、ユーザにより選択された商品が責任者により承認された承認商品であるか否かを判定する認証手段と、認証手段により承認商品であると判定されたことを条件として、格納部30から商品を提供する商品提供手段と、提供する商品が格納部30に格納された正しい商品であるか誤り商品であるか否かを判定する誤商品判定手段と、格納部30からの商品の提供を停止する商品提供停止手段とを備える。商品提供停止手段は、誤商品判定手段によって誤り商品であると判定されると、誤り商品が格納された格納部30からの商品の提供を停止する。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
商品を格納する格納部を有し、ユーザの操作により商品が選択されると、選択された商品が格納されている格納部から商品を提供する商品提供処理装置において、
ユーザにより選択された商品が商品を提供する責任者により承認された承認商品であるか否かを判定する認証手段と、
前記認証手段により承認商品であると判定されたことを条件として、前記格納部から商品を提供する商品提供手段と、
提供する商品が前記格納部に格納された正しい商品であるか誤り商品であるか否かを判定する誤商品判定手段と、
前記格納部からの商品の提供を停止する商品提供停止手段とを備え、
前記商品提供停止手段は、
前記誤商品判定手段によって誤り商品であると判定されると、誤り商品が格納された格納部からの商品の提供を停止する
ことを特徴とする商品提供処理装置。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記格納部に格納された商品を撮影する内部カメラを備え、
前記誤商品判定手段は、
商品を提供可能な稼働中であるときに、前記内部カメラによって前記格納部に格納された提供する商品を撮影し、撮影した提供商品画像と正しい商品の見本商品画像との第1のパターンマッチングを行い、提供する商品が誤り商品でないか否かを判定する
ことを特徴とする請求項1に記載の商品提供処理装置。
【請求項3】
画像を表示する画像表示部を備え、
前記誤商品判定手段は、
補充者により商品を前記格納部に補充する補充作業が行われた後、前記内部カメラによって前記格納部を撮影し、撮影した撮影補充商品画像と正しい商品が格納されているときの見本補充商品画像との第2のパターンマッチングを行い、誤り商品が格納されていないか否かを判定し、
前記画像表示部は、
前記第2のパターンマッチングによる判定結果に加え、前記撮影補充商品画像と前記見本補充商品画像とを表示する
ことを特徴とする請求項2に記載の商品提供処理装置。
【請求項4】
補充者が前記撮影補充商品画像と前記見本補充商品画像とが対応していることを確認した確認操作を受け付ける確認操作受付部とを備え、
前記商品提供停止手段は、
前記確認操作受付部によって前記確認操作を受け付けると、補充者の補充作業が完了したとして商品の提供を許可する
ことを特徴とする請求項3に記載の商品提供処理装置。
【請求項5】
ユーザを撮影する外部カメラと、
前記外部カメラによって撮影されたユーザ撮影画像に基づいてユーザを識別するユーザ識別手段と、
ユーザにより選択された商品が医薬品である場合には、選択された医薬品についての成分情報を抽出する成分情報抽出手段と、
前記ユーザ識別手段によって識別されたユーザに対応付けられた過去に提供した医薬品の履歴情報により、前記成分情報抽出手段によって抽出された第1の成分情報を含む医薬品が所定期間内に所定数以上提供されたか否かを判定する濫用防止判定手段とを備え、
前記商品提供停止手段は、
前記濫用防止判定手段によって特定の成分情報を含む医薬品が所定期間内に所定数以上提供されたと判定した場合には、商品の提供を停止する
ことを特徴とする請求項1~請求項4のいずれかに記載の商品提供処理装置。
【請求項6】
画像を表示する画像表示部と、
前記ユーザ識別手段によって識別されたユーザに対応付けられた過去に提供した医薬品の履歴情報により、前記成分情報抽出手段によって抽出された第2の成分情報に対応付けられた第1の禁忌成分または第2の禁忌成分を含む医薬品が特定期間において提供されたか否かを判定する禁忌防止判定手段とを備え、
前記画像表示部は、
前記禁忌防止判定手段によって第1の禁忌成分または第2の禁忌成分を含む医薬品が特定期間において提供されたと判定すると、注意事項を表示し、
前記商品提供停止手段は、
前記禁忌防止判定手段によって第1の禁忌成分を含む医薬品が特定期間において提供されたと判定すると、商品の提供を停止する
ことを特徴とする請求項5に記載の商品提供処理装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、誤った商品が提供されることを防止する商品提供処理装置に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
近年では、自動販売機から様々な商品が提供されてきており、ユーザの利便性が向上してきている。
【0003】
また、自動販売機に格納された商品(例えば医薬品、酒、タバコ等)によっては、ユーザが販売責任者等の承認・確認を受けてからでなければ、商品を提供できないようになっている。
【0004】
例えば、自動販売機から商品として医薬品を提供する場合には、予め設置された自動販売機(薬剤供給装置、販売器械)を利用してテレビ会議システム等により薬剤師と問診を行い、問診にて薬剤師から推薦された医薬品を購入することを決定すると、薬剤師の操作・指示により自動販売機から医薬品が提供される販売システム、販売方法が知られている(例えば、特許文献1、特許文献2参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2013-109414号公報
特開2003-114932公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、ユーザが商品を選択した後に、商品提供処理装置から誤った商品が提供されることがある。これは、商品提供処理装置に商品を補充した補充者が、所定の格納部に誤った商品を補充したことによるヒューマンエラーが原因であることが多いものと推定される。
【0007】
特に、商品提供処理装置から商品として医薬品を提供する場合には、誤った医薬品が提供されてしまうと、誤った医薬品の服用により健康被害が生じることになってしまう。さらに、医薬品の販売名の中には、複数の医薬品の間で名称が類似しているものがあったり、医薬品の大項目の販売名は同じであるが、小項目の販売名が異なったりするものである(例えば、ABC1.0、ABC2.0、ABCプレミアム等)。このため、商品提供処理装置から商品として医薬品を提供する場合には、補充者のヒューマンエラーを防止し、商品提供処理装置から誤った商品が提供されることをなくすことは、健康被害を防止するためにも重要な課題となっている。
【0008】
本発明は、上記課題を解決するものであり、誤った商品が提供されることを防止する商品提供処理装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記課題を解決するため、本発明は、商品を格納する格納部を有し、ユーザの操作により商品が選択されると、選択された商品が格納されている格納部から商品を提供する商品提供処理装置において、ユーザにより選択された商品が商品を提供する責任者により承認された承認商品であるか否かを判定する認証手段と、前記認証手段により承認商品であると判定されたことを条件として、前記格納部から商品を提供する商品提供手段と、提供する商品が前記格納部に格納された正しい商品であるか誤り商品であるか否かを判定する誤商品判定手段と、前記格納部からの商品の提供を停止する商品提供停止手段とを備え、
前記商品提供停止手段は、前記誤商品判定手段によって誤り商品であると判定されると、誤り商品が格納された格納部からの商品の提供を停止することを特徴とする。
【0010】
好適には、本発明に係る商品提供処理装置においては、前記格納部に格納された商品を撮影する内部カメラを備え、前記誤商品判定手段は、商品を提供可能な稼働中であるときに、前記内部カメラによって前記格納部に格納された提供する商品を撮影し、撮影した提供商品画像と正しい商品の見本商品画像との第1のパターンマッチングを行い、提供する商品が誤り商品でないか否かを判定することが望ましい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士電機株式会社
自動販売機
11日前
株式会社寺岡精工
会計装置
1か月前
株式会社寺岡精工
システム
2か月前
株式会社寺岡精工
情報端末
2か月前
沖電気工業株式会社
紙幣処理装置
2か月前
富士電機株式会社
自動販売機
1か月前
株式会社ブイシンク
商品提供処理装置
1か月前
沖電気工業株式会社
自動取引装置
4日前
日本金銭機械株式会社
硬貨処理装置
1か月前
日本金銭機械株式会社
硬貨処理装置
1か月前
沖電気工業株式会社
媒体処理装置
1か月前
株式会社 日本ビジネス開発
入退場者管理装置
25日前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置
19日前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置
2か月前
株式会社バンダイ
物品供給装置及び物品供給装置セット
2か月前
株式会社寺岡精工
精算装置及びプログラム
2か月前
株式会社日立製作所
入場管理システム
26日前
個人
搬送した商品を音声情報を用いて客に伝える仕組み
24日前
エーエルシー株式会社
自動販売機のリユース方法
2か月前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び貨幣取扱装置
21日前
株式会社寺岡精工
システム及び情報処理装置
1か月前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び貨幣取扱装置
1か月前
沖電気工業株式会社
媒体処理装置及び自動取引装置
1か月前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び自動取引装置
2か月前
株式会社寺岡精工
システム、及びプログラム
25日前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び貨幣取扱装置
14日前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び自動取引装置
14日前
株式会社寺岡精工
情報通信端末、プログラム
2か月前
富士電機株式会社
金銭処理機
2か月前
株式会社ブイシンク
商品提供システム及び商品提供方法
1か月前
株式会社ジェッター
紙幣搬送システム
2か月前
株式会社ビジュアルジャパン
商品管理システム
1か月前
株式会社寺岡精工
販売データ処理装置及びプログラム
11日前
株式会社寺岡精工
販売データ処理装置及びプログラム
11日前
沖電気工業株式会社
媒体取引装置および制御方法
2か月前
株式会社寺岡精工
精算装置、システム、及びプログラム
2か月前
続きを見る