TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024063433
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-13
出願番号2022171376
出願日2022-10-26
発明の名称処理装置
出願人日本電気株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類G01S 13/90 20060101AFI20240502BHJP(測定;試験)
要約【課題】精度よくアンラップ処理を行うことが難しい場合がある。
【解決手段】処理装置300は、位置情報を含む位相差のデータに対して、少なくとも位置情報の圧縮を行うことでデータの圧縮を行う圧縮部321と、前記圧縮部321が圧縮したデータに対して雑音成分の除去を行う除去部322と、を有する。
【選択図】図15


特許請求の範囲【請求項1】
位置情報を含む位相差のデータに対して、少なくとも位置情報の圧縮を行うことでデータの圧縮を行う圧縮部と、
前記圧縮部が圧縮したデータに対して雑音成分の除去を行う除去部と、
を有する
処理装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
請求項1に記載の処理装置であって、
前記圧縮部は、位相差のデータを有する複数の観測点に対して、多次元空間上に存在する観測点を所定の軸上の点として変換することでデータの圧縮を行う
処理装置。
【請求項3】
請求項1に記載の処理装置であって、
前記圧縮部は、軸と観測点との間の距離に基づいて抽出した観測点を軸上の点として変換することでデータの圧縮を行う
処理装置。
【請求項4】
請求項1に記載の処理装置であって、
前記除去部は、前記圧縮部が圧縮したデータのうち所定の条件を満たす外れ値を判別して、判別した外れ値をとるデータを雑音成分として除去する
処理装置。
【請求項5】
請求項1に記載の処理装置であって、
前記除去部が雑音成分を除去した位相差のデータに対して、所定の補間処理を行う補間部と、
前記補間部が補間処理を行ったデータに対して、ラップされた位相差をつなぐ処理であるアンラップ処理を行うアンラップ処理部と、
を有する
処理装置。
【請求項6】
請求項5に記載の処理装置であって、
前記補間部は、データの分布に基づいて軸方向にデータが疎な部分を判別して、判別した疎な部分を補間する
処理装置。
【請求項7】
請求項5に記載の処理装置であって、
前記補間部は、隣り合うデータ間の位相差に基づいて周回部分の判定を行って、判定結果に応じた補間処理を行う
処理装置。
【請求項8】
請求項1に記載の処理装置であって、
位相差のデータのうち所定の条件に基づいて抽出されたPS(Persistent Scatterer)点に対応する位相差のデータに対して、少なくとも位置情報の圧縮を行うことでデータの圧縮を行う
処理装置。
【請求項9】
情報処理装置が、
位置情報を含む位相差のデータに対して、少なくとも位置情報の圧縮を行うことでデータの圧縮を行い、
圧縮したデータに対して雑音成分の除去を行う
処理方法。
【請求項10】
情報処理装置に、
位置情報を含む位相差のデータに対して、少なくとも位置情報の圧縮を行うことでデータの圧縮を行い、
圧縮したデータに対して雑音成分の除去を行う
処理を実現するためのプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、処理装置、処理方法、プログラムに関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
取得した位相差に基づいて変位解析などの処理を行うことが知られている。
【0003】
関連する技術として、例えば、特許文献1がある。特許文献1には、観測対象領域からの反射波の入射角度が若干異なる条件で2枚のレーダ画像を取得し、両レーダ画像の位相差に基づいて地形の高さの測定を行う画像レーダ装置が記載されている。特許文献1によると、例えば、画像レーダ装置は、位相補償された位相差の折り返しを開いて繋ぎ合わせる位相アンラップ手段を含んでいる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2007-322383号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
2枚のペア画像を干渉解析することなどにより画像間に生じた位相差を取得する場合、干渉解析では-π~+πの範囲に折りたたまれた位相差が算出される。そのため、変位などを解析する際は、特許文献1に記載のように、ラップされた位相差をつなぐ処理であるアンラップ処理を行うことが必要になる。
【0006】
ここで、アンラップ処理では、隣り合う位相を出来るだけ滑らかにつなげようとする。そのため、アンラップ処理は雑音成分や局所的な欠損などに脆弱であり、雑音成分や欠損部分が多いとアンラップ処理の精度が担保されない場合があった。このように、精度よくアンラップ処理を行うことが難しい場合がある、という課題が生じていた。
【0007】
そこで、本発明は、上述した課題を解決することが可能な処理装置、処理方法、プログラムを提供することを目的の一つとする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
かかる目的を達成するため本開示の一形態である処理装置は、
位置情報を含む位相差のデータに対して、少なくとも位置情報の圧縮を行うことでデータの圧縮を行う圧縮部と、
前記圧縮部が圧縮したデータに対して雑音成分の除去を行う除去部と、
を有する
という構成をとる。
【0009】
また、本開示の他の形態である処理方法は、
情報処理装置が、
位置情報を含む位相差のデータに対して、少なくとも位置情報の圧縮を行うことでデータの圧縮を行い、
圧縮したデータに対して雑音成分の除去を行う
という構成をとる。
【0010】
また、本開示の他の形態であるプログラムは、
情報処理装置に、
位置情報を含む位相差のデータに対して、少なくとも位置情報の圧縮を行うことでデータの圧縮を行い、
圧縮したデータに対して雑音成分の除去を行う
処理を実現するためのプログラムである。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本電気株式会社
液浸冷却装置
16日前
日本電気株式会社
ディスプレイアンテナ
4日前
日本電気株式会社
電子装置及び光出力方法
16日前
日本電気株式会社
アンテナ装置及びレドーム
8日前
日本電気株式会社
処理装置、処理方法、及びプログラム
16日前
日本電気株式会社
処理装置、処理方法、及びプログラム
16日前
日本電気株式会社
処理装置、処理方法、及びプログラム
8日前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法、及び、プログラム
16日前
日本電気株式会社
アンテナ装置およびディスプレイアンテナ
4日前
日本電気株式会社
無線通信装置、方法、及び無線通信システム
5日前
日本電気株式会社
画像処理装置、画像処理方法、及び、記録媒体
4日前
日本電気株式会社
需要予測装置、需要予測方法、及びプログラム
8日前
日本電気株式会社
需要予測装置、需要予測方法、及びプログラム
8日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
16日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
2日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
10日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
5日前
日本電気株式会社
光空間通信装置および光空間通信装置の制御方法
16日前
日本電気株式会社
言語処理装置、言語処理方法、およびプログラム
12日前
日本電気株式会社
顔認証支援装置、システム、方法及びプログラム
4日前
日本電気株式会社
LDPC復号化システム及びLDPC復号化方法
15日前
日本電気株式会社
質問生成装置、質問生成方法、およびプログラム
2日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
2日前
日本電気株式会社
質問生成装置、質問生成方法、およびプログラム
2日前
日本電気株式会社
広告枠管理装置、広告枠管理方法、及び、記録媒体
5日前
日本電気株式会社
アバタ生成装置、アバタ生成方法、及びプログラム
16日前
日本電気株式会社
取引支援システム、取引支援方法、及びプログラム
2日前
日本電気株式会社
漏油検知装置、漏油検知システム及び漏油検知方法
4日前
日本電気株式会社
データ収集装置、データ収集方法、及びプログラム
9日前
日本電気株式会社
検索支援システム、検索支援方法、およびプログラム
16日前
日本電気株式会社
処理装置、処理システム、処理方法、及びプログラム
2日前
日本電気株式会社
貢献度推定システム、貢献度推定方法、及びプログラム
15日前
日本電気株式会社
捕集装置、制御装置、捕集方法、制御方法及びプログラム
4日前
日本電気株式会社
情報処理装置、予測モデル、情報処理方法、及びプログラム
4日前
日本電気株式会社
配車システム、情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
4日前
日本電気株式会社
情報交換装置、情報交換システム、情報交換方法およびプログラム
15日前
続きを見る