TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024063355
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-13
出願番号2022171228
出願日2022-10-26
発明の名称火災感知器
出願人能美防災株式会社
代理人彩雲弁理士法人
主分類G08B 17/00 20060101AFI20240502BHJP(信号)
要約【課題】アドレス設定をする際の電力消費をより抑えることが可能な火災感知器を提供する。
【解決手段】制御手段2と、通信手段4と、感知手段3と、を備えた火災感知器1において、感知手段3を駆動させるための感知用電源回路5と、制御手段2を駆動させるための制御用電源回路6と、を備えるものとし、通信手段4を、少なくとも火災感知器1がアドレス設定器に接続されたかを認識可能に設けられ、感知用電源回路5を、感知用電源8と、充電制御手段9と、感知用蓄電手段10を有するものとし、制御手段2を、通信手段4が、該アドレス設定器に接続されたと認識した時に、充電制御手段9によって少なくとも感知用蓄電手段10を感知用電源8から切断するものとする。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
制御手段と、通信手段と、感知手段と、を備えた火災感知器であって、
該感知手段を駆動させるための第1の電源回路と、
該制御手段を駆動させるための第2の電源回路と、を備え、
該通信手段は、少なくとも該火災感知器がアドレス設定器に接続されたかを認識可能に設けられ、
該第1の電源回路は、電源と、充電制御手段と、蓄電手段と、を有しており、
該制御手段は、該通信手段が、該アドレス設定器に接続されたと認識した時に、該充電制御手段によって少なくとも該蓄電手段を該電源から切断することを特徴とする火災感知器。
続きを表示(約 420 文字)【請求項2】
火災受信機と通信可能に設けられ、
前記通信手段は、前記火災感知器が、該火災受信機と、前記アドレス設定器とのどちらに接続されたかを認識可能に設けられており、
前記制御手段は、前記通信手段が、該火災受信機に接続されたと認識した時に、前記蓄電手段を、前記電源と接続し、前記アドレス設定器に接続されたと認識した時に、少なくとも該蓄電手段を、該電源から切断することを特徴とする請求項1に記載の火災感知器。
【請求項3】
前記通信手段は、更に、前記火災受信機と前記火災感知器との通信方式である第1の通信方式と、該第1の通信方式とは異なる第2の通信方式と、の少なくとも2種の通信方式による通信を認識可能に設けられ、
前記制御手段は、該通信手段が、少なくとも該第2の通信方式による通信を受信した時、又は後に、少なくとも前記蓄電手段を、前記電源から切断することを特徴とする請求項2に記載の火災感知器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、火災感知器に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、火災受信機と通信可能に設けられた火災感知器がある。通常、自動火災報知設備は、回線を介して、該火災受信機に複数の該火災感知器が接続させる様に構成されるものであるため、各火災感知器を認識するために、該火災感知器には、その一つ一つにアドレスが設定されている。このアドレスの設定は、アドレス設定器を用いて行われるものとなっている(特許文献1を参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-190097号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
火災感知器のアドレスの設定をする際には、該火災感知器の回路上のマイコン等に記憶されたアドレス設定用のプログラム及びアドレスを含む設定データの展開等、火災感知器の中央演算処理装置(CPU)を駆動させる必要があるため、少なくともそのための電力を火災感知器に供給する必要となるが、該電力は、通常、アドレス設定器から供給されることとなる。
【0005】
一方、火災感知器には、火災判定を行うための感知手段、例えば、熱センサ、煙センサ等の各種センサ類、が設けられている。又、火災感知器には、該感知手段を駆動させるための電力を確保するためのコンデンサが設けられており、火災感知器の外部より供給された電荷を該コンデンサに蓄電する様になっている。
【0006】
従来の火災感知器においては、アドレス設定をする際に、アドレス設定器からの電流を、CPU、感知手段、区別なく流していたため、CPUに電力が供給されると同時に前記コンデンサにも電荷が蓄電されることになる。
【0007】
しかしながら、アドレス設定時には、感知手段を駆動させる必要がないため、前記コンデンサに蓄電された電荷は、そのまま放電されることとなる。そのため、従来の火災感知器においては、アドレス設定の際に、必要以上の電力が無駄に消費されていることとなる。
【0008】
他方、通常、アドレス設定器の電源は、商用電源ではなく、内蔵された電池であるため、前段落で説明した様な、無駄な電力の消費は、アドレス設定器の電池の短寿命化に繋がり問題であった。そこで、本発明は、アドレス設定をする際の電力消費をより抑えることが可能な火災感知器を提供することを目的とする。
【0009】
本発明は、制御手段と、通信手段と、感知手段と、を備えた火災感知器であって、該感知手段を駆動させるための第1の電源回路と、該制御手段を駆動させるための第2の電源回路と、を備え、該通信手段は、少なくとも該火災感知器がアドレス設定器に接続されたかを認識可能に設けられ、該第1の電源回路は、電源と、充電制御手段と、蓄電手段と、を有しており、該制御手段は、該通信手段が、該アドレス設定器に接続されたと認識した時に、該充電制御手段によって少なくとも該蓄電手段を該電源から切断することを特徴とする火災感知器である。
【0010】
そして、本発明は、前記火災感知器を、火災受信機と通信可能に設け、前記通信手段を、前記火災感知器が、該火災受信機と、前記アドレス設定器とのどちらに接続されたかを認識可能に設け、前記制御手段を、前記通信手段が、該火災受信機に接続されたと認識した時に、前記蓄電手段を、前記電源と接続し、前記アドレス設定器に接続されたと認識した時に、少なくとも該蓄電手段を、該電源から切断するものとすることが可能である。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

能美防災株式会社
煙感知器
11日前
能美防災株式会社
通報装置
11日前
能美防災株式会社
操作端末
15日前
能美防災株式会社
火災警報器
11日前
能美防災株式会社
防犯用放水設備
12日前
能美防災株式会社
トンネル内の情報提供システム
5日前
能美防災株式会社
中継器、火災警報器及び連結部材
12日前
能美防災株式会社
データ処理システム、及びプログラム
12日前
能美防災株式会社
遠隔操作機器及び開放型スプリンクラ設備
12日前
能美防災株式会社
取付ベース、および火災感知器本体の着脱方法
16日前
能美防災株式会社
無線機
1日前
能美防災株式会社
感知器
22日前
能美防災株式会社
消火システム
1日前
個人
防犯装置
22日前
個人
非常放送システム
1か月前
個人
バス送迎支援システム
2か月前
個人
降車漏れ通報システム
1日前
株式会社ユピテル
システム等
1か月前
スズキ株式会社
運転支援装置
29日前
スズキ株式会社
運転支援装置
26日前
スズキ株式会社
車線案内装置
1か月前
ホーチキ株式会社
煙感知器
2日前
ホーチキ株式会社
煙感知器
2日前
株式会社ミヤワキ
測定装置
12日前
トヨタ自動車株式会社
遠隔操作装置
1か月前
中国電力株式会社
安全管理システム
23日前
能美防災株式会社
表示灯
2か月前
能美防災株式会社
警報器
2か月前
個人
配車システム
2か月前
株式会社アガタ
閉空間監視装置
2か月前
個人
配車システム
2か月前
トヨタ自動車株式会社
制御装置
1か月前
オクト産業株式会社
自動車用安全装置
15日前
ニッタン株式会社
感度試験装置
2か月前
ニッタン株式会社
情報発信装置
16日前
株式会社デンソーウェーブ
監視システム
1か月前
続きを見る