TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024062745
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-10
出願番号2022170795
出願日2022-10-25
発明の名称電気掃除機
出願人三菱電機株式会社,三菱電機ホーム機器株式会社
代理人弁理士法人高田・高橋国際特許事務所
主分類A47L 9/24 20060101AFI20240501BHJP(家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般)
要約【課題】アタッチメントを取り外す際の負担を軽減することのできる電気掃除機を提供する。
【解決手段】本開示に係る電気掃除機は、吸気と排気とを行う電動送風機と、集塵部とを有する掃除機本体と、掃除機本体に対して接続可能なアタッチメントと、を備える電気掃除機であって、掃除機本体とアタッチメントとの接続部は、掃除機本体とアタッチメントとのいずれか一方に設けられたメス形状継手部と、掃除機本体とアタッチメントとのいずれか他方に設けられ、メス形状継手部に対して嵌合可能なオス形状継手部と、オス形状継手部をメス形状継手部から取り外す際にその取り外しをアシストするアシスト機構と、を備えた。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
吸気と排気とを行う電動送風機と、集塵部とを有する掃除機本体と、
掃除機本体に対して接続可能なアタッチメントと、
を備える電気掃除機であって、
前記掃除機本体と前記アタッチメントとの接続部は、
前記掃除機本体と前記アタッチメントとのいずれか一方に設けられたメス形状継手部と、
前記掃除機本体と前記アタッチメントとのいずれか他方に設けられ、前記メス形状継手部に対して嵌合可能なオス形状継手部と、
前記オス形状継手部を前記メス形状継手部から取り外す際にその取り外しをアシストするアシスト機構と、
を備えた電気掃除機。
続きを表示(約 670 文字)【請求項2】
前記アシスト機構が前記オス形状継手部に設けられた請求項1に記載の電気掃除機。
【請求項3】
前記アシスト機構が前記メス形状継手部に設けられた請求項1に記載の電気掃除機。
【請求項4】
管体、持ち手部、床掃除用の吸込具、隙間ノズルのうちの少なくとも一つを前記アタッチメントとして備える請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の電気掃除機。
【請求項5】
前記接続部は、電気的接続を可能とする電気的接続部を備えた請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の電気掃除機。
【請求項6】
前記アシスト機構は、前記電気的接続部の少なくとも一部の部品を用いて前記取り外しをアシストする請求項5に記載の電気掃除機。
【請求項7】
前記アシスト機構のアシスト力が20N以下である請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の電気掃除機。
【請求項8】
前記アシスト機構のアシスト力が10N以上である請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の電気掃除機。
【請求項9】
前記アシスト機構は、バネの付勢力を用いて前記取り外しをアシストする請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の電気掃除機。
【請求項10】
使用者が操作するボタンを備え、
前記アシスト機構は、前記ボタンが押される力を用いて前記取り外しをアシストする請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の電気掃除機。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、電気掃除機に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
下記特許文献1には、接続管部を端部に有する吸込管と、前記接続管部に設けられ前記吸込管が接続される被接続体に設けられた電気的接点に軸方向から接離自在に接触される接続用ピンと、前記吸込管の接続管部に前記接続用ピンの軸方向へ進退自在に設けられ前記接続用ピンを出没自在に覆う弾性材料にて成形されたカバー体と、前記接続管部に設けられ前記接続用ピンを覆う方向へ前記カバー体を付勢する弾性体と、前記カバー体に設けられ、このカバー体の先端面に開口されるとともに自然状態における径が前記接続用ピンの径よりも小さい径小部およびこの径小部から基端側に向けて径大となるテーパ状の円錐形状部を有した通孔とを具備したことを特徴とする電気掃除機の吸込管装置が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
実開平2-148653号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
アタッチメントを取り付けることで、使用者にとって使い勝手の良い形態に変えられる電気掃除機において、アタッチメントを取り外す際に負担があるという課題がある。
【0005】
本開示は、上述のような課題を解決するためになされた。本開示の目的は、アタッチメントを取り外す際の負担を軽減することのできる電気掃除機を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示に係る電気掃除機は、吸気と排気とを行う電動送風機と、集塵部とを有する掃除機本体と、掃除機本体に対して接続可能なアタッチメントと、を備える電気掃除機であって、掃除機本体とアタッチメントとの接続部は、掃除機本体とアタッチメントとのいずれか一方に設けられたメス形状継手部と、掃除機本体とアタッチメントとのいずれか他方に設けられ、メス形状継手部に対して嵌合可能なオス形状継手部と、オス形状継手部をメス形状継手部から取り外す際にその取り外しをアシストするアシスト機構と、を備えたものである。
【発明の効果】
【0007】
本開示によれば、アタッチメントを取り外す際の負担を軽減することのできる電気掃除機を提供することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
実施の形態1に係る電気掃除機の全体構成を示す側面図である。
電気掃除機の掃除機本体の側面図である。
電気掃除機の吸込具の側面図である。
電気掃除機の管体の平面図である。
電気掃除機の持ち手部の側面図を示す図である。
隙間ノズルを示す図である。
アシスト機構の例を説明するための斜視図である。
アシスト機構の例を説明するための断面図である。
アシスト機構の例を説明するための平面図である。
図9のアシスト機構の変形例を説明するための平面図である。
アシスト機構の例を説明するための断面側面図である。
アシスト機構の例を説明するための断面側面図である。
アシスト機構の例を説明するための断面図であるである。
実施の形態2に係る電気掃除機の側面図である。
管体の斜視図である。
支持台の一部及び管体の一部の断面図である。
アシスト機構の例を示す断面側面図である。
アシスト機構の例を示す断面側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、図面を参照して実施の形態について説明する。各図において共通または対応する要素には、同一の符号を付して、説明を簡略化または省略する。なお、本開示で角度に言及した場合において、和が360度となる優角と劣角とがあるときには原則として劣角の角度を指すものとし、和が180度となる鋭角と鈍角とがある場合には原則として鋭角の角度を指すものとする。また、以下に示す実施の形態に示した構成は、本開示に係る技術的思想の一例を示すものであり、別の公知の技術と組み合わせることも可能であるし、本開示に記載の複数の技術的思想を組み合わせることも可能である。また、本開示の要旨を逸脱しない範囲で、構成の一部を省略または変更することも可能である。
【0010】
実施の形態1.
図1から図5を参照しながら、本開示の実施の形態1について説明する。図1は電気掃除機の全体構成を示す側面図である。図2は電気掃除機の掃除機本体の側面図である。図3は電気掃除機の吸込具の側面図である。図4は電気掃除機の管体の平面図である。図5は電気掃除機の持ち手部の側面図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
3か月前
個人
椅子
1か月前
個人
構造体
9か月前
個人
収納体
10か月前
個人
焼き網
18日前
個人
モップ
7か月前
個人
泡立て器
6か月前
個人
調理道具
6か月前
個人
6か月前
個人
絵馬守り
8か月前
個人
スプーン
3か月前
個人
快眠用具
10か月前
個人
棚の支柱
7か月前
個人
ふさかけ
7か月前
個人
しゃもじ
9か月前
個人
折り畳み台
6か月前
個人
皮引き俎板
2か月前
個人
寝具補助具
2か月前
個人
健康学習台
5か月前
個人
手動挟持具
6か月前
個人
絵馬
2か月前
個人
商品トレー
3か月前
個人
転倒防止装置
3か月前
個人
コップの取手
2か月前
個人
食器皿セット
3か月前
個人
加熱調理器具
6か月前
個人
穀類保存容器
8か月前
個人
棒状ハンガー
9か月前
個人
便座の取っ手
8か月前
個人
卓上用清掃具
2か月前
個人
表面処理装置
8か月前
個人
包丁安全器具
10か月前
個人
宅配ボックス
2か月前
個人
カバー
10か月前
個人
焚火台
8か月前
個人
アルミトレー
2か月前
続きを見る