TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024062698
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-10
出願番号2022170720
出願日2022-10-25
発明の名称送信装置及び受信装置
出願人日本放送協会
代理人弁理士法人キュリーズ
主分類H04N 21/238 20110101AFI20240501BHJP(電気通信技術)
要約【課題】 放送波のレベルが大きく減衰するケースを想定した場合であっても、放送波を適切に受信することを可能とする送信装置及び受信装置を提供する。
【解決手段】 送信装置は、1以上の階層化データを複製することによって2以上の複製データを生成する複製部と、前記2以上の複製データの各々を互いに異なる時間で出力する遅延部と、前記遅延部から異なる時間で出力される前記2以上の複製データの各々を時間毎に多重する再多重化部と、前記再多重化部から出力される多重フレームを含む信号を変調し、変調された信号を送信する送信部と、を備える。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
1以上の階層化データを複製することによって2以上の複製データを生成する複製部と、
前記2以上の複製データの各々を互いに異なる時間で出力する遅延部と、
前記遅延部から異なる時間で出力される前記2以上の複製データの各々を時間毎に多重する再多重化部と、
前記再多重化部から出力される多重フレームを含む信号を変調し、変調された信号を送信する送信部と、を備える、送信装置。
続きを表示(約 720 文字)【請求項2】
前記2以上の複製データの各々について互いに異なる宛先が指定される、請求項1に記載の送信装置。
【請求項3】
前記2以上の複製データの各々について同一の宛先が指定される、請求項1に記載の送信装置。
【請求項4】
前記送信部は、前記2以上の複製データの各々が互いに異なる時間で出力される方法に関する情報を送信する、請求項1に記載の送信装置。
【請求項5】
多重フレームを含む信号を受信し、受信された信号を復調する受信部と、
前記多重フレームを復号する復号部と、を備え、
前記多重フレームは、互いに異なる時間で出力される2以上の複製データの各々を時間毎に多重することによって生成され、
前記2以上の複製データの各々は、1以上の階層化データを複製することによって生成される、受信装置。
【請求項6】
前記2以上の複製データの各々について互いに異なる宛先が指定される、請求項5に記載の受信装置。
【請求項7】
前記2以上の複製データの各々について同一の宛先が指定される、請求項5に記載の受信装置。
【請求項8】
前記受信部は、前記2以上の複製データの各々が互いに異なる時間で出力される方法に関する情報を受信する、請求項5に記載の受信装置。
【請求項9】
前記復号部は、前記複製データに付加されるシーケンス番号の連続性に基づいて、前記2以上の複製データの中の欠落データを検出し、前記2以上の複製データの中の前記欠落データ以外の補完データに基づいて前記欠落データを補完する、請求項5に記載の受信装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、送信装置及び受信装置に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、地上デジタル放送方式として、ISDB-T(Integrated Services Digital Broadcasting-Terrestrial)方式が知られている。さらに、地上デジタル放送の高品質化及び高機能化を目的として、ISDB-T方式の特長を継承した次世代方式(以下、地上放送高度化方式又は高度化方式)の検討が進められている。
【0003】
高度化方式では、1つのチャネルを所定数のセグメント(例えば、35セグメント)に分割するとともに、1つのチャネルの一部のセグメント(例えば、9セグメント)を用いた部分受信が想定される。部分受信は、カーナビゲーションシステムなどの車載端末などの移動体を想定しているため、移動受信と称されてもよい。なお、35セグメントを用いた受信については、全部受信又は固定受信と称されてもよい。
【0004】
ところで、移動受信では、ビル影や高架下などのように、電界強度が大きく低下する場所において、映像・音声データを受信することができないことが想定される。このような事態を緩和するために、従来と同様の映像・音声データの伝送に加えて、高耐性な伝送パラメータを用いた補完用の音声データを伝送する手法が検討されている(例えば、非特許文献1)。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0005】
“地上放送高度化方式における高耐性な移動受信サービスの一検討”、映像情報メディア学会、放送技術研究会、vol.45, no.24, BCT2021-39, 2021, p.17-20
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、電界強度が大きく低下する場所において、補完用の音声データを受信することができたとしても、映像については途切れたままである。さらに、放送波のレベルが大きく減衰するトンネル内においては、補完用の音声データについても受信することができない可能性がある。
【0007】
そこで、本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、放送波のレベルが大きく減衰するケースを想定した場合であっても、放送波を適切に受信することを可能とする送信装置及び受信装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
開示の一態様は、1以上の階層化データを複製することによって2以上の複製データを生成する複製部と、前記2以上の複製データの各々を互いに異なる時間で出力する遅延部と、前記遅延部から異なる時間で出力される前記2以上の複製データの各々を時間毎に多重する再多重化部と、前記再多重化部から出力される多重フレームを含む信号を変調し、変調された信号を送信する送信部と、を備える、送信装置である。
【0009】
開示の一態様は、多重フレームを含む信号を受信し、受信された信号を復調する受信部と、前記多重フレームを復号する復号部と、を備え、前記多重フレームは、互いに異なる時間で出力される2以上の複製データの各々を時間毎に多重することによって生成され、前記2以上の複製データの各々は、1以上の階層化データを複製することによって生成される、受信装置である。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、放送波のレベルが大きく減衰するケースを想定した場合であっても、放送波を適切に受信することを可能とする送信装置及び受信装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本放送協会
ルータ
5か月前
日本放送協会
撮像装置
4か月前
日本放送協会
撮像素子
6か月前
日本放送協会
撮像装置
9か月前
日本放送協会
撮像装置
8日前
日本放送協会
受信装置
6か月前
日本放送協会
撮像装置
5か月前
日本放送協会
撮像装置
1か月前
日本放送協会
透光性基板
8か月前
日本放送協会
信号測定装置
9か月前
日本放送協会
衛星追尾装置
4か月前
日本放送協会
全天周カメラ
7か月前
日本放送協会
視聴予測装置
4か月前
日本放送協会
バックプレーン
4か月前
日本放送協会
符号化撮像装置
4か月前
日本放送協会
積層型撮像素子
7か月前
日本放送協会
磁性細線メモリ
5か月前
日本放送協会
カメラ正対治具
1か月前
日本放送協会
機械学習システム
4か月前
日本放送協会
放送受信システム
12か月前
日本放送協会
360度撮影装置
4日前
日本放送協会
情報提示システム
4日前
日本放送協会
撮像素子の製造方法
6か月前
日本放送協会
三次元映像表示装置
8か月前
日本放送協会
データ管理システム
2か月前
日本放送協会
光バイパススイッチ
5か月前
日本放送協会
三次元撮像システム
2か月前
日本放送協会
3次元映像表示装置
1か月前
日本放送協会
表示端末、プログラム
2か月前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
15日前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
3か月前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
4か月前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
5か月前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
5か月前
日本放送協会
撮像素子及び撮像装置
5か月前
日本放送協会
送信装置及び受信装置
5か月前
続きを見る