TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024062403
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-09
出願番号2023180247
出願日2023-10-19
発明の名称顧客情報システム
出願人株式会社ノースアイランド
代理人個人
主分類G06Q 40/03 20230101AFI20240430BHJP(計算;計数)
要約【課題】シミュレーション端末に入力された顧客の将来予測情報を将来予測情報閲覧サーバに送信し閲覧者による閲覧を可能とする顧客情報システムを提供する。
【解決手段】顧客情報システムにおいて、シミュレーション端末は、顧客を登録する顧客登録部と、将来予測情報の入力を受け付ける将来予測情報入力受付部と、将来予測情報を保持する将来予測情報保持部と、入力された将来予測情報に基づいてシミュレーションするシミュレーション部と、シミュレーション結果を出力するシミュレーション結果出力部と、将来予測情報を出力する将来予測情報出力部と、を有し、将来予測情報閲覧サーバは、将来予測情報を取得する将来予測情報取得部と、将来予測情報を蓄積する将来予測情報蓄積部と、閲覧者を登録する閲覧者登録部と、閲覧要求を受付ける閲覧要求受付部と、閲覧許可するか判断する閲覧要求判断部と、将来予測情報を閲覧させる将来予測情報閲覧部と、を有する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
顧客を顧客識別子と関連付けて登録する顧客登録部と、
登録された顧客と生計を一にする者(顧客単独であってもよい)の将来の収入、支出、資産の変化をシミュレーションするための情報である将来予測情報が入力された入力情報を閲覧可能な将来予測情報入力画面から顧客識別子と関連付けて繰り返し受付可能な将来予測情報入力受付部と、
受付けた将来予測情報を保持命令の受付に基づいて顧客識別子と関連付けて保持する将来予測情報保持部と、
入力された将来予測情報に基づいて家族の収入、支出、資産の将来変化を将来予測情報入力画面と同時に閲覧可能なシミュレーション命令受付アイコン(各種ボタン画像や各種チェックボックスなどを含みこれに限定されない)を用いたシミュレーション命令の受付に基づいてシミュレーションするシミュレーション部と、
シミュレーションの結果を出力するシミュレーション結果出力部と、
保持されている将来予測情報を連携命令の受付に基づいて顧客識別子と関連付けて出力する将来予測情報出力部と、
を有するシミュレーション端末と、
出力された将来予測情報を顧客識別子と関連付けて取得する将来予測情報取得部と、
取得された将来予測情報を顧客識別子と関連付けて蓄積する将来予測情報蓄積部と、
将来予測情報を閲覧することができる閲覧者を閲覧者識別子と関連付けて登録する閲覧者登録部と、
閲覧者からの将来予測情報の閲覧要求を顧客識別子と関連付けて受付ける閲覧要求受付部と、
受付けた閲覧要求を許可するか判断する閲覧要求判断部と、
閲覧要求の判断結果が閲覧要求を許可するとの判断結果である場合に、将来予測情報蓄積部に蓄積されている要求に係る顧客識別子と関連付けられている将来予測情報を閲覧させる将来予測情報閲覧部と、
を有する将来予測情報閲覧サーバと、
からなる顧客情報システム。
続きを表示(約 2,000 文字)【請求項2】
前記将来予測情報閲覧サーバは、
顧客識別子と関連付けて蓄積されている将来予測情報に関連付けて、その顧客の個人特定情報の入力を受付ける個人特定情報入力受付部と、
受付けた個人特定情報を顧客識別子と関連付けて保持する個人特定情報保持部と、をさらに有する請求項1に記載の顧客情報システム。
【請求項3】
前記将来予測情報閲覧サーバは、
蓄積されている将来予測情報のシミュレーション端末への出力要求である将来予測情報出力要求を受付ける将来予測情報出力要求受付部と、
受付けた将来予測情報出力要求に基づいて、その要求元のシミュレーション端末に対して蓄積されている将来予測情報を出力する将来予測情報出力部と、
をさらに有し、
前記シミュレーション端末は、
将来予測情報閲覧サーバに対して将来予測情報の出力要求である将来予測情報出力要求を出力する将来予測情報出力要求出力部と、
出力した将来予測情報出力要求に応じて将来予測情報閲覧サーバが出力した将来予測情報を取得する将来予測情報取得部と、
取得した将来予測情報をシミュレーションに利用可能に将来予測情報保持部に格納する将来予測情報格納部と、
をさらに有する請求項1又は請求項2に記載の顧客情報システム。
【請求項4】
前記将来予測情報閲覧サーバは、
権限を示す情報である権限情報と関連付けて将来予測情報の編集要求を受付ける将来予測情報編集要求受付部と、
権限情報に基づいて将来予測情報の編集を認めるか判断する編集権限判断部と、
編集権限判断部での判断結果が編集を認めるとの判断結果である場合に、将来予測情報の編集をさせるための編集部と、
をさらに有する請求項1に記載の顧客情報システム。
【請求項5】
前記将来予測情報閲覧サーバには、
前記権限情報には、編集を認める範囲に応じて複数種類の権限種類があり、権限情報種類と編集を認める範囲を示す情報とを関連付けた情報である編集許容範囲情報を保持する編集許容範囲情報保持部と、
前記編集権限判断部での判断結果が、編集を認めるとの判断結果である場合に編集許容範囲情報に基づいて編集部で編集可能とする範囲を制御する編集可能範囲制御部とをさらに有する請求項4に記載の顧客情報システム。
【請求項6】
前記将来予測情報閲覧サーバは、
編集部での編集更新履歴を示す情報である編集更新履歴情報を保持する編集更新履歴情報保持部と、
保持されている編集更新履歴情報を出力する編集更新履歴情報出力部と、を
さらに有する請求項4に記載の顧客情報システム。
【請求項7】
前記将来予測情報閲覧サーバは、将来予測情報閲覧部で閲覧者に応じて閲覧可能とする閲覧可能範囲の制限をコントロールする閲覧可能範囲コントロール部をさらに有するとともに、
閲覧要求受付部は、閲覧要求に閲覧可能範囲を示す情報である閲覧可能範囲情報を関連付けて閲覧要求を受付ける閲覧可能範囲情報付閲覧要求受付手段を有し、
閲覧要求判断部は、閲覧要求を許可するかの判断結果が閲覧要求を許可するとの判断結果である場合に、受付けた閲覧要求に関連付けられた閲覧可能範囲情報に基づいて将来予測情報閲覧部を制御する将来予測情報閲覧制御部を有する請求項1に記載の顧客情報システム。
【請求項8】
前記将来予測情報閲覧サーバは、
前記将来予測情報蓄積部に蓄積されている将来予測情報を検索するためのキーである検索キーを取得する検索キー取得部と、
取得した検索キーに基づいて将来予測情報を検索する将来予測情報検索部と、
将来予測情報検索部での検索結果を出力する将来予測情報検索結果出力部と、
をさらに有する請求項1に記載の顧客情報システム。
【請求項9】
前記将来予測情報閲覧サーバは、
検索キーの取得ルールを保持する検索キー取得ルール保持部と、
保持されている検索キー取得ルールに基づいて検索キーを検索キー取得部に取得させる検索キー取得制御部と、
をさらに有する請求項8に記載の顧客情報システム。
【請求項10】
前記将来予測情報閲覧サーバは、
時間情報を取得する時間情報取得部を有するとともに、
前記検索キー取得ルール保持部に保持されている検索キーは、取得された時間情報に基づいてイベント発生までの時間を示す情報を検索キーとする検索キーを含むことを特徴とする請求項9に記載の顧客情報システム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、顧客の現在および将来の資産に係る様々な情報を取得し、取得した顧客情報を、金融サービス提供者又は/及び顧客により閲覧および管理を可能にする顧客情報システムに関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
金融サービスを提供する業者にとっては、顧客の家族構成、勤務先、収入、支出、金融資産の保有状況、住宅の状況など個人情報に係る情報は、金融商品の営業を行うに当たっては非常に重要な情報である。
従来は、金融サービス業者の窓口に相談に来た顧客に対して、窓口担当者がヒアリングを行って聞いた内容を自身のノートなどにメモし、それ参考に金融商品の提案をするようなことが行われている。
【0003】
このような情報は、担当者自身の営業情報として保持され、他の担当者に共有されることが難しく、例えば、担当者が配置転換や退職により変更になった場合に、十分に引き継ぎがなされず、顧客に迷惑をかけてしまう場合も考えられる。
【0004】
以上のような問題に着目した先行技術として、特許文献1に開示されているように、相談窓口に設置された窓口端末と、営業拠点に設置された拠点端末と、顧客管理装置とをネットワークで接続して構成され、顧客管理装置は、顧客情報を格納する顧客情報データベースと、拠点担当者情報を格納する拠点担当者データベースと、顧客情報を新たに入力可能な表示画面を作成して窓口端末に送信し、受信した識別情報に対応する顧客情報を更新可能な表示画面を作成して拠点端末に送信し、顧客情報を受信する入出力部と、識別情報に対応する顧客情報および顧客情報の住所と管轄地域とが一致する拠点担当者情報を検索する検索部と、顧客情報を顧客情報データベースに格納し、検索部が検索した拠点担当者情報を顧客情報に付加する格納部とからなる顧客管理システムにより、窓口担当が入力した顧客の情報を、営業担当と共有するようにしている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2006-293510
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、金融サービスを提供する業者が必要とする情報は、顧客の家族構成、勤務先、収入、支出、金融資産の保有状況、住宅の状況など個人情報に係る情報であり、窓口で容易に聞き出せるものではない。また、顧客によっては、前述のような個人情報を提供することに抵抗感を抱く場合がある。
【0007】
本発明は、このような実情に鑑み、顧客から取得しづらい個人情報に係る情報の取得に対する敷居を下げるとともに、顧客情報の入力の手間を解消する顧客情報システムを提供しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、法人の担当者もしくは顧客がシミュレーション端末に入力した将来予測情報を、将来予測情報閲覧サーバに送信し、閲覧権限を持つ閲覧者に閲覧させる顧客情報システムを提供するものである。
【0009】
具体的には、第一の発明として、顧客を顧客識別子と関連付けて登録する顧客登録部と、登録された顧客と生計を一にする者(顧客単独であってもよい)の将来の収入、支出、資産の変化をシミュレーションするための情報である将来予測情報が入力された入力情報を閲覧可能な将来予測情報入力画面から顧客識別子と関連付けて繰り返し受付可能な将来予測情報入力受付部と、受付けた将来予測情報を保持命令の受付に基づいて顧客識別子と関連付けて保持する将来予測情報保持部と、入力された将来予測情報に基づいて家族の収入、支出、資産の将来変化を将来予測情報入力画面と同時に閲覧可能なシミュレーション命令受付アイコン(各種ボタン画像や各種チェックボックスなどを含みこれに限定されない)を用いたシミュレーション命令の受付に基づいてシミュレーションするシミュレーション部と、シミュレーションの結果を出力するシミュレーション結果出力部と、保持されている将来予測情報を連携命令の受付に基づいて顧客識別子と関連付けて出力する将来予測情報出力部と、を有するシミュレーション端末と、出力された将来予測情報を顧客識別子と関連付けて取得する将来予測情報取得部と、取得された将来予測情報を顧客識別子と関連付けて蓄積する将来予測情報蓄積部と、将来予測情報を閲覧することができる閲覧者を閲覧者識別子と関連付けて登録する閲覧者登録部と、閲覧者からの将来予測情報の閲覧要求を顧客識別子と関連付けて受付ける閲覧要求受付部と、受付けた閲覧要求を許可するか判断する閲覧要求判断部と、閲覧要求の判断結果が閲覧要求を許可するとの判断結果である場合に、将来予測情報蓄積部に蓄積されている要求に係る顧客識別子と関連付けられている将来予測情報を閲覧させる将来予測情報閲覧部と、を有する将来予測情報閲覧サーバと、からなる顧客情報システムを提供する。
【0010】
第二の発明として、前記構成に加えて、前記将来予測情報閲覧サーバは、顧客識別子と関連付けて蓄積されている将来予測情報に関連付けて、その顧客の個人特定情報の入力を受付ける個人特定情報入力受付部と、受付けた個人特定情報を顧客識別子と関連付けて保持する個人特定情報保持部と、をさらに有する顧客情報システムを提供する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
暗号化記憶媒体
1か月前
個人
環境情報処理装置
4日前
個人
外食予約システム
4日前
個人
求人支援システム
21日前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
1か月前
個人
求人マッチングサーバ
1か月前
個人
海外在住支援システム
4日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
7日前
シャープ株式会社
情報出力装置
19日前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
アスエネ株式会社
水管理の方法
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
7日前
大日本印刷株式会社
作業台
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
7日前
CKD株式会社
遠隔支援システム
1か月前
株式会社寺岡精工
システム
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
7日前
トヨタ紡織株式会社
検査装置
28日前
日本信号株式会社
料金精算システム
17日前
株式会社カロニマ
情報発信システム
11日前
株式会社アジラ
異常行動検出システム
28日前
BH株式会社
商品販売システム
1か月前
株式会社小野測器
移動量計測システム
1か月前
個人
スマートフォンにおける使用料金削減方法
18日前
株式会社mov
情報処理システム
27日前
ローム株式会社
電源制御集積回路
4日前
シーアンドアールエム株式会社
広告装置
14日前
個人
特許審査支援ボットおよびボットシステム
18日前
個人
AI営業システム
1か月前
株式会社豊田自動織機
物体検出装置
4日前
個人
取引システム、取引方法及び取引プログラム
5日前
続きを見る