TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024061940
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-09
出願番号2022169591
出願日2022-10-24
発明の名称情報処理装置、情報処理方法、及び、記録媒体
出願人日本電気株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G06F 16/903 20190101AFI20240430BHJP(計算;計数)
要約【課題】AIを利用した処理を含む好適な処理フローをユーザに提示することが可能な情報処理装置等を提供する。
【解決手段】情報処理装置において、登録手段は、1つのまたは複数のAIを利用した処理を含む処理フローを表すAIフローと、AIフローにより実行される処理の概要を記述した文である説明文と、を関連付けたデータをデータベースに登録する。フロー取得手段は、データベースに登録されているデータに基づき、ユーザの所望の目的を達成するための処理に最も類似する処理を表す一の説明文に関連付けられている第1のAIフローを取得する。表示情報生成手段は、第1のAIフローと、ユーザの所望の目的を達成するための処理の概要を記述した文である概要文に基づいて生成された第2のAIフローと、のうちの少なくとも1つのAIフローを推奨フローとしてユーザに提示するための表示情報を生成する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
1つのまたは複数のAIを利用した処理を含む処理フローを表すAIフローと、当該AIフローにより実行される処理の概要を記述した文である説明文と、を関連付けたデータをデータベースに登録する登録手段と、
前記データベースに登録されているデータに基づき、ユーザの所望の目的を達成するための処理に最も類似する処理を表す一の説明文に関連付けられている第1のAIフローを取得するフロー取得手段と、
前記第1のAIフローと、前記ユーザの前記所望の目的を達成するための処理の概要を記述した文である概要文に基づいて生成された第2のAIフローと、のうちの少なくとも1つのAIフローを推奨フローとして前記ユーザに提示するための表示情報を生成する表示情報生成手段と、
を有する情報処理装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記表示情報生成手段は、前記第1のAIフローと、前記第2のAIフローと、を前記推奨フローとして提示するための前記表示情報を生成する請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記表示情報生成手段は、前記一の説明文から抽出された特徴量ベクトルと、前記概要文から抽出された特徴量ベクトルと、の間の距離に基づき、前記第1のAIフローを前記推奨フローとして前記ユーザに提示するか否かを決定する請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項4】
前記表示情報生成手段は、前記距離に基づき、前記一の説明文の処理と前記概要文の処理とが非類似であると判定した際に、前記第2のAIフローを前記推奨フローとして前記ユーザに提示するための前記表示情報を生成する請求項3に記載の情報処理装置。
【請求項5】
前記表示情報生成手段は、前記距離に基づき、前記一の説明文の処理と前記概要文の処理とが類似していると判定した際に、前記第1のAIフローと、前記第2のAIフローと、を前記推奨フローとして前記ユーザに提示するための前記表示情報を生成する請求項3に記載の情報処理装置。
【請求項6】
1つのまたは複数のAIを利用した処理を含む処理フローを表すAIフローと、当該AIフローにより実行される処理の概要を記述した文である説明文と、を関連付けたデータをデータベースに登録し、
前記データベースに登録されているデータに基づき、ユーザの所望の目的を達成するための処理に最も類似する処理を表す一の説明文に関連付けられている第1のAIフローを取得し、
前記第1のAIフローと、前記ユーザの前記所望の目的を達成するための処理の概要を記述した文である概要文に基づいて生成された第2のAIフローと、のうちの少なくとも1つのAIフローを推奨フローとして前記ユーザに提示するための表示情報を生成する情報処理方法。
【請求項7】
1つのまたは複数のAIを利用した処理を含む処理フローを表すAIフローと、当該AIフローにより実行される処理の概要を記述した文である説明文と、を関連付けたデータをデータベースに登録し、
前記データベースに登録されているデータに基づき、ユーザの所望の目的を達成するための処理に最も類似する処理を表す一の説明文に関連付けられている第1のAIフローを取得し、
前記第1のAIフローと、前記ユーザの前記所望の目的を達成するための処理の概要を記述した文である概要文に基づいて生成された第2のAIフローと、のうちの少なくとも1つのAIフローを推奨フローとして前記ユーザに提示するための表示情報を生成する処理をコンピュータに実行させるプログラムを記録した記録媒体。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、AI(Artificial Intelligence)の技術に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
近年、映像分析等の様々な分野において、機械学習モデル等により構築されたAIが利用されている。
【0003】
具体的には、例えば、特許文献1には、既知観測画像を学習データとした機械学習により、未知観測条件での観測による物体検出に用いる物体検出用識別モデルを生成する技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2022-76675号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ここで、ユーザが所望の目的を達成するためにAIを利用した処理を含む好適な処理フローを作成する際には、当該ユーザが当該処理フローに含まれるAIの機能に関する一定以上の知見を有している必要がある。
【0006】
これに対し、特許文献1には、AIを利用した処理を含む処理フローの作成に係る方法について開示等されていない。そのため、特許文献1に開示された技術によれば、AIを利用した処理を含む好適な処理フローをユーザに提示することができない、という課題が生じている。
【0007】
本開示の1つの目的は、AIを利用した処理を含む好適な処理フローをユーザに提示することが可能な情報処理装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本開示の一つの観点では、情報処理装置は、1つのまたは複数のAIを利用した処理を含む処理フローを表すAIフローと、当該AIフローにより実行される処理の概要を記述した文である説明文と、を関連付けたデータをデータベースに登録する登録手段と、前記データベースに登録されているデータに基づき、ユーザの所望の目的を達成するための処理に最も類似する処理を表す一の説明文に関連付けられている第1のAIフローを取得するフロー取得手段と、前記第1のAIフローと、前記ユーザの前記所望の目的を達成するための処理の概要を記述した文である概要文に基づいて生成された第2のAIフローと、のうちの少なくとも1つのAIフローを推奨フローとして前記ユーザに提示するための表示情報を生成する表示情報生成手段と、を有する。
【0009】
本開示の他の観点では、情報処理方法は、1つのまたは複数のAIを利用した処理を含む処理フローを表すAIフローと、当該AIフローにより実行される処理の概要を記述した文である説明文と、を関連付けたデータをデータベースに登録し、前記データベースに登録されているデータに基づき、ユーザの所望の目的を達成するための処理に最も類似する処理を表す一の説明文に関連付けられている第1のAIフローを取得し、前記第1のAIフローと、前記ユーザの前記所望の目的を達成するための処理の概要を記述した文である概要文に基づいて生成された第2のAIフローと、のうちの少なくとも1つのAIフローを推奨フローとして前記ユーザに提示するための表示情報を生成する。
【0010】
本開示のさらに他の観点では、記録媒体は、1つのまたは複数のAIを利用した処理を含む処理フローを表すAIフローと、当該AIフローにより実行される処理の概要を記述した文である説明文と、を関連付けたデータをデータベースに登録し、前記データベースに登録されているデータに基づき、ユーザの所望の目的を達成するための処理に最も類似する処理を表す一の説明文に関連付けられている第1のAIフローを取得し、前記第1のAIフローと、前記ユーザの前記所望の目的を達成するための処理の概要を記述した文である概要文に基づいて生成された第2のAIフローと、のうちの少なくとも1つのAIフローを推奨フローとして前記ユーザに提示するための表示情報を生成する処理をコンピュータに実行させるプログラムを記録する。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本電気株式会社
ディスプレイアンテナ
2日前
日本電気株式会社
アンテナ装置及びレドーム
6日前
日本電気株式会社
処理装置、処理方法、及びプログラム
6日前
日本電気株式会社
アンテナ装置およびディスプレイアンテナ
2日前
日本電気株式会社
無線通信装置、方法、及び無線通信システム
3日前
日本電気株式会社
需要予測装置、需要予測方法、及びプログラム
6日前
日本電気株式会社
画像処理装置、画像処理方法、及び、記録媒体
2日前
日本電気株式会社
需要予測装置、需要予測方法、及びプログラム
6日前
日本電気株式会社
言語処理装置、言語処理方法、およびプログラム
10日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
8日前
日本電気株式会社
顔認証支援装置、システム、方法及びプログラム
2日前
日本電気株式会社
LDPC復号化システム及びLDPC復号化方法
13日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
3日前
日本電気株式会社
データ収集装置、データ収集方法、及びプログラム
7日前
日本電気株式会社
漏油検知装置、漏油検知システム及び漏油検知方法
2日前
日本電気株式会社
広告枠管理装置、広告枠管理方法、及び、記録媒体
3日前
日本電気株式会社
貢献度推定システム、貢献度推定方法、及びプログラム
13日前
日本電気株式会社
捕集装置、制御装置、捕集方法、制御方法及びプログラム
2日前
日本電気株式会社
情報処理装置、予測モデル、情報処理方法、及びプログラム
2日前
日本電気株式会社
配車システム、情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
2日前
日本電気株式会社
光空間通信装置、光空間通信システム、光空間通信方法及びプログラム
7日前
日本電気株式会社
情報処理方法及びプログラム
9日前
日本電気株式会社
液浸密閉環境における振動試験装置ならびに機械環境計測センサの校正方法および装置
6日前
日本電気株式会社
衛星コンステレーション装置、衛星コンステレーションシステム、方法、及びプログラム
3日前
日本電気株式会社
配車情報出力装置、配車情報出力システム、配車情報出力方法および配車情報出力プログラム
7日前
日本電気株式会社
管理装置、サービス提供方法及びプログラム
13日前
日本電気株式会社
情報処理装置、制御方法、およびプログラム
13日前
日本電気株式会社
映像監視システム、映像監視方法、及びプログラム
9日前
日本電気株式会社
フライトストリップ処理システム、フライトストリップ処理方法、処理装置、電子ストリップ端末、プログラム
7日前
個人
乗降調査装置
1か月前
個人
暗号化記憶媒体
21日前
個人
プロジェクター
1か月前
個人
管理装置
1か月前
日本精機株式会社
投影装置
1か月前
個人
求人支援システム
10日前
日本精機株式会社
投影システム
1か月前
続きを見る