TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024061664
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2023180457
出願日2023-10-19
発明の名称有機金属錯体、発光デバイス
出願人株式会社半導体エネルギー研究所
代理人
主分類C07F 15/00 20060101AFI20240425BHJP(有機化学)
要約【課題】有用性または信頼性に優れた新規な有機金属錯体、および発光デバイスの提供。
【解決手段】一般式(G1)で表される有機金属錯体を提供する。ただし、R1、R2、およびR4乃至R22は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR2またはR4の少なくとも一は、炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R18乃至R22のいずれか一以上は、炭素数3乃至10のアルキル基、置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表す。
<com:Image com:imageContentCategory="Drawing"> <com:ImageFormatCategory>JPEG</com:ImageFormatCategory> <com:FileName>2024061664000078.jpg</com:FileName> <com:HeightMeasure com:measureUnitCode="Mm">54</com:HeightMeasure> <com:WidthMeasure com:measureUnitCode="Mm">167</com:WidthMeasure> </com:Image>
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000065.jpg
54
167
(式中、R

、R

、およびR

乃至R
22
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

またはR

の少なくとも一は、炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
18
乃至R
22
のいずれか一以上は、炭素数3乃至10のアルキル基、置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表す。)
続きを表示(約 3,400 文字)【請求項2】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000066.jpg
54
167
(式中、R

、R

、およびR

乃至R
22
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

またはR

の少なくとも一は、重水素を有する炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
18
乃至R
22
のいずれか一以上は、炭素数3乃至10のアルキル基、置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表す。)
【請求項3】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000067.jpg
54
167
(式中、R

、R

、およびR

乃至R
22
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

は、炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
18
乃至R
22
のいずれか一以上は、炭素数3乃至10のアルキル基、置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表す。)
【請求項4】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000068.jpg
54
167
(式中、R

、R

、およびR

乃至R
22
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

は、重水素を有する炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
18
乃至R
22
のいずれか一以上は、炭素数3乃至10のアルキル基、置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表す。)
【請求項5】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000069.jpg
54
167
(式中、R

、R

、R

乃至R
18
、R
20
、およびR
22
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

またはR

の少なくとも一は、炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
19
およびR
21
は、それぞれ独立に炭素数3乃至10のアルキル基を表す。)
【請求項6】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000070.jpg
54
167
(式中、R

、R

、R

乃至R
18
、R
20
、およびR
22
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

またはR

の少なくとも一は、重水素を有する炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
19
およびR
21
は、それぞれ独立に炭素数3乃至10のアルキル基を表す。)
【請求項7】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000071.jpg
54
167
(式中、R

、R

、およびR

乃至R
22
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

またはR

の少なくとも一は、炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
18
乃至R
22
のいずれか一以上は、下記一般式(R-1)を表す。)
JPEG
2024061664000072.jpg
30
167
(式中、R
31
乃至R
35
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表す。)
【請求項8】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000073.jpg
54
167
(式中、R

、R

、R

乃至R
17
およびR
19
乃至R
21
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

またはR

の少なくとも一は、置換もしくは無置換の炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
18
およびR
22
のいずれか一は、下記一般式(R-1)を表す。)
JPEG
2024061664000074.jpg
30
167
(式中、R
31
乃至R
35
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表す。)
【請求項9】
一般式(G1)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000075.jpg
54
167
(式中、R

、R

、R

乃至R
11
、R
13
乃至R
17
およびR
19
乃至R
21
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表し、かつR

またはR

の少なくとも一は、炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
12
は炭素数1乃至10のアルキル基を表し、R
18
およびR
22
のいずれか一は、下記一般式(R-1)を表す。)
JPEG
2024061664000076.jpg
30
167
(式中、R
31
乃至R
35
は、それぞれ独立に、水素(重水素を含む)、炭素数1乃至10のアルキル基、または置換もしくは無置換の炭素数6乃至18のアリール基を表す。)
【請求項10】
構造式(100)、構造式(115)、構造式(119)、構造式(120)、または構造式(121)で表される有機金属錯体。
JPEG
2024061664000077.jpg
177
167
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明の一態様は、有機金属錯体、有機化合物、発光デバイス、受光デバイス、受発光デバイス、発光装置、受発光装置、表示装置、電子機器、照明装置および電子デバイスに関する。なお、本発明の一態様は、上記の技術分野に限定されない。本明細書等で開示する発明の一態様の技術分野は、物、方法、または、製造方法に関するものである。または、本発明の一態様は、プロセス、マシン、マニュファクチャ、または、組成物(コンポジション・オブ・マター)に関するものである。そのため、より具体的に本明細書で開示する本発明の一態様の技術分野としては、半導体装置、表示装置、液晶表示装置、発光装置、照明装置、蓄電装置、記憶装置、撮像装置、それらの駆動方法、または、それらの製造方法、を一例として挙げることができる。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
有機化合物を用いたエレクトロルミネッセンス(EL:Electroluminescence)を利用する発光デバイス、受光デバイス、および受発光デバイスに代表される有機ELデバイス(有機EL素子)の実用化が進んでいる。
【0003】
例えば、発光デバイスの基本的な構成は、一対の電極間に発光材料を含む有機化合物層(EL層)を挟んだものである。このデバイスに電圧を印加して、キャリアを注入し、当該キャリアの再結合エネルギーを利用することにより、発光材料からの発光を得ることができる。
【0004】
また、受光デバイスの基本的な構成は、一対の電極間に光電変換材料を含む有機化合物層(活性層)を挟んだものである。このデバイスが光エネルギーを吸収し、キャリアを生成することで、光電変換材料からの電子を得ることができる。
【0005】
例えば、表示領域に設けられた画素が、発光素子(発光デバイス)と光電変換素子(受光デバイス)を備える機能パネルが知られている(特許文献1)。
【0006】
このように有機ELデバイスを用いたディスプレイまたは照明装置はさまざまな電子機器に適用好適であるが、より良好な効率、寿命を有する有機ELデバイスを求めて研究開発が進められている。
【0007】
有機ELデバイスの特性は、目覚ましく向上してきたが、効率または耐久性をはじめ、あらゆる特性に対する高度な要求に対応するには未だ不十分である。特に、有機ELデバイス特有の問題である、焼き付きなどの問題を解決する為には、劣化による効率の低下は小さければ小さいほど都合が良い。
【0008】
劣化に関しては、発光中心物質およびその周辺の材料により大きく左右されるため、良好な特性を有する有機金属錯体などを含む有機化合物材料の開発が盛んにおこなわれている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0009】
WO2020/152556号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
本発明の一態様は、新規の有機金属錯体を提供することを課題とする。また、本発明の一態様は、励起状態が安定な有機金属錯体を提供することを課題とする。また、本発明の一態様は、発光材料として用いることのできる有機金属錯体を提供することを課題とする。また、本発明の一態様は、合成の容易な有機金属錯体を提供することを課題とする。また、本発明の一態様は、駆動寿命の長い発光デバイスを提供することを課題とする。また、本発明の一態様は、駆動時の電圧変化が小さい発光デバイスを提供することを課題とする。また、本発明の一態様は、新規の発光デバイスを提供することを課題とする。また、本発明の一態様は、発光デバイスの製造コストを低減することを課題とする。また、本発明の一態様は、消費電力の小さい発光装置、電子機器、または照明装置を提供することを課題とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本化薬株式会社
記録材料
1か月前
日本化薬株式会社
有害生物防除剤
2か月前
高砂香料工業株式会社
香料組成物
3日前
日本化薬株式会社
有害生物防除剤
2か月前
株式会社トクヤマ
紫外線照射装置
1か月前
東ソー株式会社
オレフィンの製造方法
1か月前
日産化学株式会社
ペプチドの製造方法
3か月前
三菱ケミカル株式会社
化合物
16日前
岩崎電気株式会社
異性体調製装置
3か月前
大阪ガスケミカル株式会社
新規化合物
2日前
大阪ガスケミカル株式会社
新規化合物
2日前
ユニチカ株式会社
ビスマレイミドおよびその製造方法
22日前
ENEOS株式会社
リポ多糖を含む組成物
2か月前
株式会社トクヤマ
ベンジルヒドラジン誘導体の製造方法
今日
住友化学株式会社
化合物及び金属錯体
2か月前
イーセップ株式会社
バイオマス処理システム
23日前
天津大学
エタノールの脱水によるエチレン製造方法
3か月前
築野食品工業株式会社
イノシトール脂肪酸エステル
1か月前
三菱ケミカル株式会社
アンヒドロ糖アルコールの製造方法
3か月前
東洋紡株式会社
抗体が結合した金コロイドを製造する方法
8日前
キヤノン株式会社
有機化合物及び有機発光素子
3か月前
キヤノン株式会社
有機金属錯体及び有機発光素子
17日前
株式会社半導体エネルギー研究所
有機金属錯体、発光デバイス
2か月前
ENEOS株式会社
スチルベン化合物の製造方法
3か月前
株式会社半導体エネルギー研究所
有機金属錯体、発光デバイス
1か月前
太陽化学株式会社
ポリグリセリン脂肪酸エステル
1か月前
旭化成株式会社
ジアミンの製造方法
1か月前
株式会社半導体エネルギー研究所
有機金属錯体、発光デバイス
1か月前
学校法人上智学院
メロデスモシンまたはその塩の製造方法
3か月前
美洛生物科技股ふん有限公司
カチオン性脂質及びその使用
24日前
キヤノン株式会社
有機金属錯体、及び有機発光素子
15日前
キヤノン株式会社
有機金属錯体、及び有機発光素子
6日前
大阪瓦斯株式会社
液状組成物およびその安定化方法
3か月前
ユニチカ株式会社
ビスマレイミドおよびその製造方法
22日前
株式会社Kyulux
化合物、発光材料および有機発光素子
21日前
公益財団法人野口研究所
非天然型糖鎖を有するO結合型糖ペプチド
3か月前
続きを見る