TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024061607
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2023113505
出願日2023-07-11
発明の名称モータ及びモータの組み立て方法
出願人ニデック株式会社
代理人
主分類H02K 5/04 20060101AFI20240425BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】連結用の治具の十分な作業空間を確保するモータおよびモータの組み立て方法を提供する。
【解決手段】モータ1は、底部11及び底部の縁から軸方向に沿って延在する壁部12を有するハウジングと、前記ハウジングの前記底部の軸方向一方側において、前記ハウジングと連結する蓋部20と、を備える。前記ハウジングの前記底部の軸方向一方側の表面が第1の連結面S1を有し、前記第1の連結面の径方向内側と外側の各ハウジング部分が、互いに相反しかつ前記第1の連結面と交差する方向に向かって、それぞれ屈曲する。これにより、ハウジングと蓋部の連結作業を行う際に十分な作業空間を確保できる。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
底部及び前記底部の縁から軸方向に沿って延在する壁部を有するハウジングと、
前記ハウジングの前記底部の軸方向一方側において、前記ハウジングと連結する蓋部と、を備え、
前記ハウジングの前記底部の軸方向一方側の表面が第1の連結面を有し、前記第1の連結面の径方向内側と外側の各ハウジング部分が、互いに相反し且つ前記第1の連結面と交差する方向に向かって、それぞれ屈曲する、モータ。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記第1の連結面の径方向の少なくとも一方側のハウジング部分が、軸方向に沿って延び、且つ径方向に重なり合う二重ケーシング構造である、請求項1に記載のモータ。
【請求項3】
前記第1の連結面の軸方向の少なくとも一方側において、径方向内側の所定距離内にモータアセンブリを有する、請求項2に記載のモータ。
【請求項4】
前記モータは軸受をさらに備え、
前記第1の連結面の径方向内側のハウジング部分が前記軸受を支持する、請求項3に記載のモータ。
【請求項5】
前記蓋部は、前記第1の連結面に対向する第2の連結面を有し、前記第2の連結面の径方向外側の蓋部部分が軸方向の一方側に沿って延びて第2の屈曲部を形成し、
径方向において、前記モータアセンブリと前記第2の屈曲部の間に、前記ハウジングと前記蓋部とを連結するTOX連結構造を有し、前記TOX連結構造は、前記軸方向の一方側から軸方向の他方側に向かって凹んでいる、請求項3に記載のモータ。
【請求項6】
前記蓋部が単層金属板であり、
前記蓋部の、前記第1の連結面に対向する面が第2の連結面であり、
前記第1の連結面と前記第2の連結面とが軸方向においてTOXかしめによって固定される、請求項1に記載のモータ。
【請求項7】
前記第1の連結面の径方向外側のハウジング部分が軸方向の一方側に沿って延びて第1の屈曲部を形成し、
前記第2の連結面の径方向外側の蓋部部分が軸方向の一方側に沿って延びて第2の屈曲部を形成し、
前記第2の屈曲部の外周面が前記第1の屈曲部の内周面に締まり嵌め又は隙間嵌めされる、請求項6に記載のモータ。
【請求項8】
前記第1の連結面の径方向外側のハウジング部分が軸方向の一方側に向かって延びて、第1の屈曲部を形成し、
前記第1の連結面の径方向内側のハウジング部分が軸方向の他方側に向かって延びて第3の屈曲部を形成する、請求項1に記載のモータ。
【請求項9】
前記第3の屈曲部が二重ケーシング構造であり、前記モータは軸受をさらに備え、前記第3の屈曲部が径方向内側において前記軸受を支持する、請求項8に記載のモータ。
【請求項10】
底部及び底部の縁から軸方向に沿って延びる壁部を有し、ハウジングの前記底部の軸方向の一方側の表面が第1の連結面を有するモータの組み立て方法であって、
前記第1の連結面の径方向両側に、前記第1の連結面と交差し、且つ相反する方向に向かって、それぞれ屈曲するハウジング部分を有するハウジングを形成すること、
前記第1の連結面に対向する面が第2の連結面である蓋部を形成すること、
前記蓋部を軸方向に沿って前記ハウジングに挿入すること、
前記第1の連結面と前記第2の連結面上に、軸方向の一方側から軸方向の他方側に向かって凹んだTOX連結構造を形成すること、
を含む、モータの組み立て方法。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、モータ及びモータの組み立て方法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来のモータでは、ハウジングと蓋部とが、いずれもアルミニウム製の鋳造品であり、互いにネジによって連結される場合がある。このような従来のモータだと、ハウジングと蓋部とを連結するネジの数だけモータの部品点数が増加するため、モータのコストが高くなっている(例えば、特許文献1)。
【0003】
背景技術についての上記説明は、本発明の技術的解決策について明確且つ十全な説明を行うのを容易にするとともに、当業者の理解を容易にするために叙述したものであり、当業者にとって公知であると見なしてはならない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2016-140149号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ここで、例えばモータとEPS(電動パワーステアリング)などの外部装置との取付に関して、外部装置側の要求する仕様によっては、蓋部の上側縁部が外部装置と対向し、蓋部周囲に設けられた貫通孔を介して外部装置とモータとが連結する一方で、蓋部の上側縁部と貫通孔が設けられた平面との間の距離(軸方向距離)が、一定の寸法を満たさなければならない。
【0006】
また、コストを低減するために、発明者は、アルミニウム製の鋳造品の代わりに鉄製のプレス品を採用してハウジング及び蓋部を構成し、ハウジングの底部を蓋部の凹部に挿入するとともに、TOX(トックス、登録商標)かしめによって蓋部とハウジングを連結することを考えた。しかしながら、貫通孔が設けられた平面と蓋部の上側縁部との間の距離の要求を、蓋部の段状構造によって満たす場合、TOXかしめの位置の径方向両側の距離が近すぎるため、TOXかしめ治具をその中に挿入することができず、作業が困難になる虞があった。
【0007】
本発明は、連結用の治具の十分な作業空間を確保するモータおよびモータの組み立て方法の提供を目的の一つとする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の例示的なモータは、底部及び底部の縁から軸方向に沿って延在する壁部を有するハウジングと、ハウジングの底部の軸方向一方側において、ハウジングと連結する蓋部と、を備える。ハウジングの底部の軸方向一方側の表面が第1の連結面を有し、第1の連結面の径方向内側と外側の各ハウジング部分が、互いに相反し且つ第1の連結面と交差する方向に向かって、それぞれ屈曲する。
【0009】
また、本発明の例示的なモータの組み立て方法は、底部及び底部の縁から軸方向に沿って延びる壁部を有し、ハウジングの底部の軸方向の一方側の表面が第1の連結面を有するモータの組み立て方法であって、第1の連結面の径方向両側に、第1の連結面と交差し且つ相反する方向に向かってそれぞれ屈曲するハウジング部分を有するハウジングを形成すること、第1の連結面に対向する面が第2の連結面である蓋部を形成すること、蓋部を軸方向に沿ってハウジングに挿入すること、第1の連結面と第2の連結面上に、軸方向の一方側から軸方向の他方側に向かって凹んだTOX連結構造を形成すること、を含む。
【発明の効果】
【0010】
本発明の例示的なモータおよびモータの組み立て方法によれば、連結位置が設けられた面(第1の連結面)の径方向両側に位置するハウジング部分を、軸方向の、異なる方向に向かってそれぞれ延在させることにより、連結用治具の十分な作業空間を確保できる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

ニデック株式会社
ロータ、回転電機、および駆動装置
8日前
個人
電気推進システム
2日前
株式会社コロナ
送風装置
23日前
個人
モーターの構造
8日前
個人
ブラシレスモータ
16日前
竹内工業株式会社
固定具
13日前
個人
バッテリ用交流電流供給回路
2日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
9日前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
14日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
9日前
中国電力株式会社
変圧器取替工法
28日前
株式会社豊田自動織機
電動機
23日前
未来工業株式会社
配線ボックス装置
1日前
株式会社ARKS
電源自動切替装置
16日前
株式会社豊田自動織機
電動機
23日前
トヨタ自動車株式会社
ステータコア
26日前
個人
基板使用によるコイル巻線との接続法
19日前
トヨタ自動車株式会社
モータ
12日前
株式会社ミツバ
回転電機
6日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
12日前
株式会社ミツバ
回転電機
23日前
住友金属鉱山株式会社
発電装置
6日前
株式会社ダイヘン
電力システム
20日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
19日前
富士電機株式会社
電力変換装置
20日前
トライス株式会社
銅黒鉛質ブラシ
1日前
株式会社デンソー
制御装置
22日前
株式会社アイシン
電源装置
8日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
13日前
株式会社デンソー
電源装置
22日前
株式会社アイシン
電源装置
8日前
株式会社アイシン
電源装置
8日前
株式会社TMEIC
充電システム
6日前
株式会社アイシン
電源装置
8日前
株式会社日立製作所
電力変換器
19日前
株式会社明電舎
盤構造
8日前
続きを見る