TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024060942
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2022168539
出願日2022-10-20
発明の名称磁気ヘッド及び磁気記録装置
出願人株式会社東芝,東芝デバイス&ストレージ株式会社
代理人弁理士法人iX
主分類G11B 5/31 20060101AFI20240425BHJP(情報記憶)
要約【課題】特性を向上可能な磁気ヘッド及び磁気記録装置を提供する。
【解決手段】磁気ヘッド110は、第1磁極31、第2磁極32、導電部30c、素子部20、第1端子T1、第2端子T2、第3端子T3及び第4端子T4を含む。導電部30cは、第1磁極31及び第2磁極32から電気的に絶縁される。第1端子T1及び第2端子T2は、導電部30cと電気的に接続される。素子部20は、第1磁極31と第2磁極32との間に設けられ、第1磁極31及び第2磁極32と電気的に接続され、導電性を有する。第3端子T3は、第1磁極31と電気的に接続される。第4端子T4は、第2磁極32と電気的に接続される。第1端子T1と第2端子T2との間に第1電流i1が供給される第1状態における第1磁極31の第1磁極温度は、第1状態における第2磁極32の第2磁極温度よりも高い。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1磁極と、
第2磁極と、
前記第1磁極及び前記第2磁極から電気的に絶縁された導電部と、
前記導電部と電気的に接続された第1端子及び第2端子と、
前記第1磁極と前記第2磁極との間に設けられ前記第1磁極及び前記第2磁極と電気的に接続された導電性の素子部と、
前記第1磁極と電気的に接続された第3端子と、
前記第2磁極と電気的に接続された第4端子と、
を備え、
前記第1端子と前記第2端子との間に第1電流が供給される第1状態における前記第1磁極の第1磁極温度は、前記第1状態における前記第2磁極の第2磁極温度よりも高い、磁気ヘッド。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
前記第1状態において、前記第3端子と前記第4端子との間に電流が供給されない、請求項1に記載の磁気ヘッド。
【請求項3】
第1動作において、前記第1端子と前記第2端子との間に前記第1電流が供給され、
前記第1動作において、前記第3端子と前記第4端子との間に素子電流が供給される、請求項1に記載の磁気ヘッド。
【請求項4】
前記素子電流の向きは、前記第4端子から前記第3端子への向きである、請求項3に記載の磁気ヘッド。
【請求項5】
前記第1動作において、前記第1電流に応じた磁界が前記第1磁極から生じる、請求項3に記載の磁気ヘッド。
【請求項6】
前記磁界の向きは、前記第1電流の向きに応じて変化する、請求項5に記載の磁気ヘッド。
【請求項7】
第1磁極と、
第2磁極と、
前記第1磁極及び前記第2磁極から電気的に絶縁された導電部と、
前記導電部と電気的に接続された第1端子及び第2端子と、
導電性の素子部であって、前記素子部は、前記第1磁極と前記第2磁極との間に設けられ前記第1磁極及び前記第2磁極と電気的に接続された、前記素子部と、
前記第1磁極と電気的に接続された第3端子と、
前記第2磁極と電気的に接続された第4端子と、
を備え、
前記第1端子と前記第2端子との間に第1電流が供給される第1状態における前記第1磁極の第1電位は、前記第1状態における前記第2磁極の第2電位よりも高く、
前記第1状態において、前記第3端子と前記第4端子との間に電流が供給されない、磁気ヘッド。
【請求項8】
前記素子部は、前記第1磁極に接する第1磁極側非磁性層を含み、
前記第1磁極側非磁性層は、Ru、Ta、Ir、Rh、Pd、Pt及びWよりなる群から選択された少なくとも1つを含む、請求項1~7のいずれか1つに記載の磁気ヘッド。
【請求項9】
前記素子部は、
第1磁極側磁性層と、
非磁性中間層と、
を含み、
前記第1磁極側磁性層は、前記第1磁極と前記非磁性中間層との間に設けられ、
前記非磁性中間層は、Cu、Au、Cr、V、Al、及びAgよりなる群から選択された少なくとも1つを含み、
前記第1磁極側磁性層は、
Fe、Co及びNiよりなる群から選択された少なくとも1つと、
Cr、V、Mn、Ti及びScよりなる群から選択された少なくとも1つと、
を含む、請求項1~7のいずれか1つに記載の磁気ヘッド。
【請求項10】
請求項3に記載の磁気ヘッドと、
前記第1電流を供給可能な第1回路と、
前記素子電流を供給可能な第2回路と、
を備えた磁気記録装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明の実施形態は、磁気ヘッド及び磁気記録装置に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
磁気ヘッドを用いて、HDD(Hard Disk Drive)などの磁気記録媒体に情報が記録される。磁気ヘッドにおいて、特性の向上が望まれる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
米国特許第91117474号明細書
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明の実施形態は、特性を向上可能な磁気ヘッド及び磁気記録装置を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
実施形態によれば、磁気ヘッドは、第1磁極、第2磁極、導電部、素子部、第1端子、第2端子、第3端子及び第4端子を含む。前記導電部は、前記第1磁極及び前記第2磁極から電気的に絶縁される。前記第1端子及び前記第2端子は、前記導電部と電気的に接続される。前記素子部は、前記第1磁極と前記第2磁極との間に設けられ、前記第1磁極及び前記第2磁極と電気的に接続され、導電性である。前記第3端子は、前記第1磁極と電気的に接続される。前記第4端子は、前記第2磁極と電気的に接続される。前記第1端子と前記第2端子との間に第1電流が供給される第1状態における前記第1磁極の第1磁極温度は、前記第1状態における前記第2磁極の第2磁極温度よりも高い。
【図面の簡単な説明】
【0006】
図1は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図2は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的平面図である。
図3は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的平面図である。
図4は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的平面図である。
図5(a)~図5(e)は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図6(a)~図6(e)は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図7(a)~図7(e)は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図8(a)~図8(e)は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図9(a)~図9(e)は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図10(a)~図10(e)は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図11(a)~図11(e)は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図12(a)~図12(e)は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図13は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図14は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図15は、第2実施形態に係る磁気記録装置を例示する模式的斜視図である。
図16は、実施形態に係る磁気記録装置の一部を例示する模式的斜視図である。
図17は、第2実施形態に係る磁気記録装置を例示する模式的斜視図である。
図18(a)及び図18(b)は、第2実施形態に係る磁気記録装置の一部を例示する模式的斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0007】
(第1実施形態)
図1は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的断面図である。
図2は、第1実施形態に係る磁気ヘッドを例示する模式的平面図である。
図2は、図1の矢印AR1からみた平面図である。図1は、図2のA1-A2線断面図である。
【0008】
実施形態に係る磁気ヘッド110は、磁気記録装置210に含まれる。図1に示すように、磁気記録装置210は、例えば、磁気ヘッド110、磁気記録媒体80及び制御部60Cを含んで良い。磁気ヘッド110において、記録動作が行われる。記録動作において、磁気ヘッド110を用いて磁気記録媒体80に情報が記録される。磁気ヘッド110において、再生動作が行われて良い。
【0009】
磁気ヘッド110は、第1磁極31、第2磁極32、導電部30c及び素子部20を含む。磁気ヘッド110は、第1端子T1、第2端子T2、第3端子T3及び第4端子T4を含んで良い。
【0010】
第2磁極32は、例えば、第1領域32aを含む。第2磁極32は、第2領域32b、などを含んで良い。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社東芝
打込み治具
15日前
株式会社東芝
半導体装置
5日前
株式会社東芝
検査システム
10日前
株式会社東芝
加速器システム
25日前
株式会社東芝
半導体モジュール
9日前
株式会社東芝
暗号鍵管理システム
15日前
株式会社東芝
高周波バイアス回路
12日前
株式会社東芝
タービン動翼の固定構造
5日前
株式会社東芝
電気車及び鉄道システム
25日前
株式会社東芝
無人飛行体の着陸システム
15日前
株式会社東芝
収集装置およびプログラム
25日前
株式会社東芝
窒化物半導体及び半導体装置
26日前
株式会社東芝
窒化物半導体及び半導体装置
26日前
株式会社東芝
ブッシング挿入時の防塵工法
23日前
株式会社東芝
開閉装置操作機構及び開閉装置
19日前
株式会社東芝
表面検査装置及び表面検査方法
16日前
株式会社東芝
タップ選択器の可動接点駆動機構
5日前
株式会社東芝
情報処理装置および通信システム
15日前
株式会社東芝
情報処理システム及び情報処理方法
23日前
株式会社東芝
点検装置、および音源位置の推定方法
8日前
株式会社東芝
電気経路切替えユニット及び蓄電装置
9日前
株式会社東芝
文書分類装置、方法およびプログラム
2日前
株式会社東芝
巡回点検システム、方法及びプログラム
4日前
株式会社東芝
人流予測装置および人流予測プログラム
4日前
株式会社東芝
学習装置、方法、プログラム及び推論装置
2日前
株式会社東芝
走行体制御システムおよび走行体制御方法
12日前
株式会社東芝
情報処理方法、情報処理装置及びプログラム
25日前
株式会社東芝
移動体測位システム及び移動体測位切替方法
5日前
株式会社東芝
情報処理装置、情報処理方法及びプログラム
29日前
株式会社東芝
使用済イオン交換樹脂の処理方法及び処理装置
19日前
株式会社東芝
プログラム、情報処理装置および情報処理方法
15日前
株式会社東芝
最適化装置、最適化方法、および、プログラム
22日前
株式会社東芝
狭隘部外観検査装置および狭隘部外観検査方法
29日前
株式会社東芝
レーザピーニング装置及びレーザピーニング方法
25日前
株式会社東芝
設備制御システム、設備制御装置、設備制御方法
29日前
株式会社東芝
情報処理システム、情報処理方法及びプログラム
2日前
続きを見る