TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024060639
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2022168018
出願日2022-10-20
発明の名称2重シールドティグ溶接方法
出願人株式会社ダイヘン
代理人
主分類B23K 9/29 20060101AFI20240425BHJP(工作機械;他に分類されない金属加工)
要約【課題】2重シールドティグ溶接方法において、溶接開始時のプリフロー時間を短く設定しても十分なシールド性を確保すること。
【解決手段】インナーガスを噴出させるインナーノズル及びアウターガスを噴出させるアウターノズルを備えた溶接トーチを使用し、溶接開始に際してインナーガス及びアウターガスのプリフローを行った後に時刻t3にアークを発生させて溶接する2重シールドティグ溶接方法において、時刻t1~t3のぷりふろーは、時刻t1にアウターガスFoの噴出を開始させ、時刻t2にインナーガスFiの噴出を開始させる。プリフローは、アウターガスFoのみを噴出させる時刻t1~t2の時間が、インナーガスFiを噴出させる時刻t2~t3の時間よりも長くなるように設定される。
【選択図】 図2
特許請求の範囲【請求項1】
インナーガスを噴出させるインナーノズル及びアウターガスを噴出させるアウターノズルを備えた溶接トーチを使用し、
溶接開始に際して前記インナーガス及び前記アウターガスのプリフローを行った後にアークを発生させて溶接する2重シールドティグ溶接方法において、
前記プリフローは前記アウターガスを噴出させた後に前記インナーガスを噴出させる、
ことを特徴とする2重シールドティグ溶接方法。
続きを表示(約 300 文字)【請求項2】
前記プリフローは、前記アウターガスのみを噴出させる時間が前記インナーガスを噴出させる時間よりも長くなるように設定する、
ことを特徴とする請求項1に記載の2重シールドティグ溶接方法。
【請求項3】
前記インナーガスの流量を、前記プリフロー中は前記プリフロー終了後よりも小さくする、
ことを特徴とする請求項1又は2に記載の2重シールドティグ溶接方法。
【請求項4】
前記アウターガスの流量を、前記プリフロー中は前記プリフロー終了後よりも大きくする、
ことを特徴とする請求項1又は2に記載の2重シールドティグ溶接方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、2重シールドティグ溶接方法に関するものである。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
インナーガスを噴出させるインナーノズル及びアウターガスを噴出させるアウターノズルを備えた溶接トーチを使用して溶接する2重シールドティグ溶接方法が慣用されている(例えば、特許文献1参照)。インナーガス及びアウターガスとしては、アルゴン、ヘリウム等の不活性ガスが使用される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-15048号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来技術の2重シールドティグ溶接方法では、溶接開始に際して、インナーガス及びアウターガスを同時に噴出させてプリフローを行った後にアークを発生させている。このときに、インナーガスは周囲の空気を巻き込みながら噴出されるので、定常状態になるまで6~10秒程度の長い時間がかかる。したがって、十分なプリフロー時間を設けていない場合は、空気を巻き込んだ状態で溶接が開始されるので、シールド性が低下し、溶接不良となるおそれがある。しかし、プリフロー時間を長く設定すると、作業効率が低下し、高価な不活性ガスを多く消費することになる。
【0005】
そこで、本発明では、溶接開始時のプリフロー時間を短く設定しても十分なシールド性を確保することができる2重シールドティグ溶接方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述した課題を解決するために、請求項1の発明は、
インナーガスを噴出させるインナーノズル及びアウターガスを噴出させるアウターノズルを備えた溶接トーチを使用し、
溶接開始に際して前記インナーガス及び前記アウターガスのプリフローを行った後にアークを発生させて溶接する2重シールドティグ溶接方法において、
前記プリフローは前記アウターガスを噴出させた後に前記インナーガスを噴出させる、
ことを特徴とする2重シールドティグ溶接方法である。
【0007】
請求項2の発明は、
前記プリフローは、前記アウターガスのみを噴出させる時間が前記インナーガスを噴出させる時間よりも長くなるように設定する、
ことを特徴とする請求項1に記載の2重シールドティグ溶接方法である。
【0008】
請求項3の発明は、
前記インナーガスの流量を、前記プリフロー中は前記プリフロー終了後よりも小さくする、
ことを特徴とする請求項1又は2に記載の2重シールドティグ溶接方法である。
【0009】
請求項4の発明は、
前記アウターガスの流量を、前記プリフロー中は前記プリフロー終了後よりも大きくする、
ことを特徴とする請求項1又は2に記載の2重シールドティグ溶接方法である。
【発明の効果】
【0010】
本発明に係る2重シールドティグ溶接方法によれば、溶接開始時のプリフロー時間を短く設定しても十分なシールド性を確保することができる。これにより、作業効率を高めることができ、高価な不活性ガスの消費量を減らすことができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日東精工株式会社
ねじ締め機
2か月前
津田駒工業株式会社
工作機械
3か月前
日東精工株式会社
ねじ締め機
1か月前
個人
低周波振動発生出力方法
2か月前
日東精工株式会社
ねじ締め装置
4か月前
日東精工株式会社
着座確認装置
3か月前
個人
パワーデバイスの接合方法
4か月前
ウエダ産業株式会社
カッター装置
3か月前
アズビル株式会社
溶接方法
3か月前
株式会社FUJI
工作機械
2か月前
株式会社コスメック
クランプ装置
4か月前
株式会社不二越
ドリル
3か月前
日東精工株式会社
チャックユニット
26日前
株式会社コスメック
着脱装置
2か月前
株式会社ダイヘン
アーク溶接制御方法
2か月前
株式会社ダイヘン
アーク溶接制御方法
3か月前
株式会社ダイヘン
くびれ検出制御方法
2か月前
ダイハツ工業株式会社
冷却構造
26日前
日進工具株式会社
被覆切削工具
1か月前
津田駒工業株式会社
回転テーブル装置
4か月前
株式会社不二越
複合加工機
5か月前
株式会社不二越
管用タップ
3か月前
ビアメカニクス株式会社
レーザ加工装置
14日前
株式会社ソディック
ワイヤ放電加工装置
1か月前
国立大学法人 東京大学
加工方法
20日前
個人
クーラント装置
3か月前
株式会社不二越
エンドミル
4か月前
株式会社不二越
管用タップ
1か月前
株式会社小島半田製造所
はんだ線
2か月前
株式会社ダイヘン
溶接トーチ
1か月前
白光株式会社
ツイーザー装置
29日前
トヨタ自動車株式会社
積層造形方法
22日前
株式会社ダイヘン
溶接トーチ
1か月前
有限会社 ナプラ
接合材用金属粒子
2か月前
株式会社ダイヘン
被覆アーク溶接制御方法
1か月前
株式会社不二越
歯車加工装置
2か月前
続きを見る