TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024060525
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-02
出願番号2022167958
出願日2022-10-19
発明の名称表示装置
出願人船井電機株式会社
代理人個人
主分類H04R 1/32 20060101AFI20240424BHJP(電気通信技術)
要約【課題】スピーカへの異物の付着を抑制することが可能であるとともに、スピーカの角度を変更することが可能な表示装置を提供する。
【解決手段】液晶テレビジョン装置は、カバー部材7にハイトスピーカ6が覆われた状態において、カバー部材7の外部からカバー部材7の内部に配置されたハイトスピーカ6のリアフレーム4に対する角度を変更するための角度変更機構8を備える。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
表示部と、
前記表示部の背面側に配置されるリアフレームと、
前記リアフレームに対する角度を変更可能であるとともに、前記リアフレームに取り付けられるスピーカと、
前記リアフレームに取り付けられるとともに、前記スピーカを覆うカバー部材と、
前記カバー部材に前記スピーカが覆われた状態において、前記カバー部材の外部から前記カバー部材の内部に配置された前記スピーカの前記リアフレームに対する角度を変更するための角度変更機構とを備える、表示装置。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記スピーカは、上部が第1ねじにより前記リアフレームに固定されるとともに、前記第1ねじの外径よりも大きい内径を有する前記第1ねじが挿入される第1貫通孔を有し、
前記角度変更機構は、前記スピーカの上部を前記第1ねじに対して傾斜させるとともに、前記スピーカの下部と前記リアフレームとの距離を変更するように構成されている、請求項1に記載の表示装置。
【請求項3】
前記角度変更機構は、前記スピーカの前記リアフレームに対する傾斜角度を示すとともに、前記カバー部材の外部から視認可能である印部を含む、請求項1または2に記載の表示装置。
【請求項4】
前記角度変更機構は、前記カバー部材に前記スピーカが覆われた状態において、鉛直方向に対する前後方向への前記スピーカの傾斜角度を変更可能に構成されている、請求項1に記載の表示装置。
【請求項5】
前記スピーカの下部は、第2ねじにより前記リアフレームに固定されるとともに、前記スピーカは、前記第2ねじを挿入するための第2貫通孔を有し、
前記角度変更機構は、前記第2ねじが挿入され、前記スピーカと前記リアフレームとの間に配置されるとともに、前記スピーカを後方に付勢する付勢部材を有し、
前記第2ねじを緩めることにより、前記付勢部材が前記スピーカを後方に付勢する力が大きくなることによって、前記リアフレームに対する前記スピーカの前方への傾斜角度が大きくなるように構成されている、請求項2に記載の表示装置。
【請求項6】
前記カバー部材は、前記スピーカの前記第2貫通孔に対応する位置に設けられるとともに、前記カバー部材の外部から前記第2ねじを緩めることが可能な第3貫通孔を有している、請求項5に記載の表示装置。
【請求項7】
前記角度変更機構は、前記スピーカの底面側に突出する突出部と、底面から視て前後方向に傾斜するとともに、前記突出部が挿入される溝部、および、前記カバー部材側に突出する操作部を有する可動板とを含み、
前記操作部が操作されることにより前記溝部が移動するとともに、前記溝部に沿って前記突出部の位置が変更され、前記スピーカが鉛直方向に対して前後方向に傾斜して前記スピーカの前記リアフレームに対する角度が変更されるように構成されている、請求項2に記載の表示装置。
【請求項8】
前記カバー部材は、前記操作部を外部から移動可能な長孔を含む、請求項7に記載の表示装置。
【請求項9】
前記角度変更機構は、前記スピーカの下部に配置されたラックギアと、前記ラックギアと係合するピニオンギアと、前記ピニオンギアを回転させる駆動部とを、有し、
前記駆動部による前記ピニオンギアの回転に伴って、前記ラックギアが直線移動することにより、前記スピーカの下部が鉛直方向に対して前後方向に移動して前記スピーカの前記リアフレームに対する傾斜角度が変更されるように構成されている、請求項2に記載の表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、表示装置に関し、特に、リアフレームの背面側にスピーカが取り付けられた表示装置に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、リアフレームの背面側にスピーカが取り付けられた表示装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
上記特許文献1には、表示部の背面側に配置される後部筐体(リアフレーム)と、後部筐体の背面側の上方に配置されるスピーカと、後部筐体の一部を覆うカバー部材と、を備える表示装置が開示されている。特許文献1では、上方に配置されたスピーカは、上方に向かって音を出力するように構成されているとともに、後部筐体に対する取り付け角度を変更可能に構成されている。また、スピーカは、カバー部材に覆われておらず露出している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2021-192482号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記特許文献1に開示されているように外部に露出しているスピーカは、塵およびほこりを含む異物が付着する可能性がある。そのため、スピーカをカバー部材によって覆うことが考えられる。しかしながら、スピーカをカバー部材で覆った場合に、カバー部材を外さなければ、スピーカの角度を調整することができないという問題点がある。
【0006】
この発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであり、この発明の1つの目的は、スピーカへの異物の付着を抑制することが可能であるとともに、スピーカの角度を変更することが可能な表示装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記目的を達成するために、この発明の一の局面による表示装置は、表示部と、表示部の背面側に配置されるリアフレームと、リアフレームに対する角度を変更可能であるとともに、リアフレームに取り付けられるスピーカと、リアフレームに取り付けられるとともに、スピーカを覆うカバー部材と、カバー部材にスピーカが覆われた状態において、カバー部材の外部からカバー部材の内部に配置されたスピーカのリアフレームに対する角度を変更するための角度変更機構とを備える。
【0008】
この発明の一の局面による表示装置では、上記のように、スピーカを覆うカバー部材を備える。これにより、スピーカに異物が付着することを抑制することができる。また、カバー部材にスピーカが覆われた状態において、カバー部材の外部からカバー部材の内部に配置されたスピーカのリアフレームに対する角度を変更するための角度変更機構を備える。これにより、カバー部材を取り外すことなく、スピーカのリアフレームに対する角度を調整することができる。この結果、スピーカへの異物の付着を抑制することができるとともに、スピーカの角度を変更することができる。
【0009】
この場合、好ましくは、スピーカは、上部が第1ねじによりリアフレームに固定されるとともに、第1ねじの外径よりも大きい内径を有する第1ねじが挿入される第1貫通孔を有し、角度変更機構は、スピーカの上部を第1ねじに対して傾斜させるとともに、スピーカの下部とリアフレームとの距離を変更するように構成されている。このように構成すれば、スピーカの下部とリアフレームとの距離を変更することにより、表示部の前面に対向する位置にいるユーザに音が向かうようにスピーカを傾斜させることができる。また、スピーカが、第1ねじの外径よりも大きい内径を有する第1ねじが挿入される第1貫通孔を有していることにより、スピーカがリアフレームに固定された状態を維持しつつ、スピーカをリアフレームに対して傾斜させることができる。
【0010】
この発明の一の局面による表示装置では、好ましくは、角度変更機構は、スピーカのリアフレームに対する傾斜角度を示すとともに、カバー部材の外部から視認可能である印部を含む。このように構成すれば、カバー部材によりスピーカを直接視認することができない場合であっても、スピーカのリアフレームに対する傾斜角度をユーザが容易に視覚的に確認することができる。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

船井電機株式会社
移乗支援装置
15日前
船井電機株式会社
移乗支援装置
15日前
船井電機株式会社
移載装置および移乗装置
10日前
船井電機株式会社
移載装置および移乗装置
28日前
船井電機株式会社
発光装置および表示装置
20日前
個人
挿耳装置
2か月前
個人
メガホン
1か月前
個人
通話装置
2か月前
個人
多重無線通信方法
今日
オンキヨー株式会社
電子機器
29日前
シャープ株式会社
調理器
1か月前
日本精機株式会社
プロジェクタ
6日前
富士通株式会社
光送信装置
2か月前
富士通株式会社
光受信装置
2か月前
船井電機株式会社
表示装置
1か月前
船井電機株式会社
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
赤外線撮影装置
27日前
キヤノン株式会社
通信装置
15日前
キヤノン株式会社
表示装置
2か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
29日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
29日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
29日前
個人
携帯端末用カバー
27日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
7日前
個人
ヘッドホンの簡単な側圧調整器
8日前
日本無線株式会社
通信システム
1か月前
シャープ株式会社
撮像装置
1か月前
八重洲無線株式会社
無線受信装置
23日前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
2日前
キヤノン電子株式会社
照明付スピーカー
2か月前
池上通信機株式会社
撮像処理装置
10日前
キヤノン株式会社
撮像装置
24日前
沖電気工業株式会社
受光回路
1か月前
株式会社小野測器
音響校正器
1か月前
株式会社小野測器
音響校正器
1か月前
アイホン株式会社
インターホン機器
6日前
続きを見る