TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024058869
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-30
出願番号2022166250
出願日2022-10-17
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人弁理士法人近島国際特許事務所
主分類G03G 15/20 20060101AFI20240422BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】空気を吹き付けて記録材を定着ベルト301から剥離する構成において、トナー像に光沢ムラが発生することを抑制できる構成を提供する。
【解決手段】定着ベルト301は、記録材に担持されたトナー像を加熱して記録材に定着させる。ハロゲンヒータ306は、定着ベルト301を加熱する。加圧ローラ305は、定着ベルト301との間で記録材を挟持搬送するためのニップ部Nを形成する。エアノズル401は、記録材を定着ベルト301から剥離させるための空気を吹き出す。エア経路402Aは、エアノズル401に空気を送るための流路である。配管部材402bは、定着ベルト301を幅方向と直交する方向から見た場合に、定着ベルト301と重なる範囲に配置されており、且つ、配管部材402bよりも遠赤外線波長8μm以上14μm以下の範囲における放射率が高い黒色塗料402gにより覆われている。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
記録材に担持されたトナー像を加熱して記録材に定着させる定着部材と、前記定着部材を加熱する加熱部と、前記定着部材との間で記録材を挟持搬送するためのニップ部を形成するニップ部形成部材と、記録材を前記定着部材から剥離させるための空気を吹き出すノズルと、を有する定着装置と、
前記ノズルに空気を送るための流路部材と、を備え、
前記流路部材の一部は、前記ニップ部で搬送される記録材の搬送方向に交差する方向を前記定着部材の幅方向とし、前記定着部材を前記幅方向と直交する方向から見た場合に、前記定着部材と重なる範囲に配置されており、且つ、前記流路部材の一部よりも遠赤外線波長8μm以上14μm以下の範囲における放射率が高い吸熱層により覆われている
ことを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 760 文字)【請求項2】
前記流路部材の一部は、前記定着部材の鉛直方向の上方で、且つ、前記定着部材を上方から見た場合に前記定着部材と重なる範囲に配置されている
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記吸熱層は、前記流路部材の一部に黒色の塗装を施すことで形成される
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記吸熱層は、前記流路部材の一部を覆うように設けられ、少なくとも表面が黒色の不織布である
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記吸熱層は、遠赤外線波長8μm以上14μm以下の範囲における放射率が0.8以上である
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記流路部材の一部は、前記幅方向に沿って配置されている
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記流路部材の一部は、金属製の配管部材である
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記流路部材の一部は、ゴムチューブである
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項9】
前記定着部材は、回転体であり、
前記流路部材の一部は、前記定着部材の鉛直方向に関して最も高い位置よりも、前記定着部材の回転方向の下流側に位置する
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記定着部材は、無端状のベルトである
ことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複写機、プリンタ、ファクシミリ、これらの複数の機能を有する複合機などの画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
画像形成装置は、記録材に担持されたトナー像を記録材に定着させる定着装置を有する。定着装置では、定着部材とニップ部形成部材により形成されるニップ部において記録材上のトナー像を加熱しながら搬送する。この際、記録材が定着部材に張り付いて、定着部材から剥離しない虞がある。このため、記録材を定着部材から剥離すべく、空気を記録材の先端に吹き付けるためのノズルを備えた構成が提案されている(特許文献1、2)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開昭60-247672号公報
特開2007-94327号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ここで、空気を吹き付けて記録材を定着部材から剥離する構成の場合、ノズルから吹き付けられる空気によって記録材上のトナー像が冷却される場合がある。冷却されたトナー像は、冷却される温度に応じて光沢性が変化するため、トナー像に光沢ムラが発生する虞がある。
【0005】
本発明は、空気を吹き付けて記録材を定着部材から剥離する構成において、トナー像に光沢ムラが発生することを抑制できる構成を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の画像形成装置は、記録材に担持されたトナー像を加熱して記録材に定着させる定着部材と、前記定着部材を加熱する加熱部と、前記定着部材との間で記録材を挟持搬送するためのニップ部を形成するニップ部形成部材と、記録材を前記定着部材から剥離させるための空気を吹き出すノズルと、を有する定着装置と、前記ノズルに空気を送るための流路部材と、を備え、前記流路部材の一部は、前記ニップ部で搬送される記録材の搬送方向に交差する方向を前記定着部材の幅方向とし、前記定着部材を前記幅方向と直交する方向から見た場合に、前記定着部材と重なる範囲に配置されており、且つ、前記流路部材の一部よりも遠赤外線波長8μm以上14μm以下の範囲における放射率が高い吸熱層により覆われていることを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、空気を吹き付けて記録材を定着部材から剥離する構成において、トナー像に光沢ムラが発生することを抑制できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
第1の実施形態に係る画像形成装置の概略構成断面図。
第1の実施形態に係る定着装置の概略構成断面図。
第1の実施形態に係る定着装置、エアノズル及びエア経路の斜視図。
(a)第1の実施形態に係るエアノズルの斜視図、(b)A部拡大図。
第1の実施形態に係るエアコンプレッサからエアノズルまでの経路を上方から見た模式図。
比較例1、2の記録材上の温度分布を示すグラフ。
記録材上の温度分布における温度差ΔTと光沢ムラの視認ランクの関係を示すグラフ。
実施例1と比較例1におけるエア経路の位置と空気の温度との関係を示すグラフ。
実施例1の記録材上の温度分布を示すグラフ。
第2の実施形態に係る定着装置の概略構成断面図。
第3の実施形態に係る定着装置、エアノズル及びエア経路の斜視図。
実施例2と比較例1におけるエア経路の位置と温度との関係を示すグラフ。
実施例2の記録材上の温度分布を示すグラフ。
第4の実施形態に係る定着装置、エアノズル及びエア経路の斜視図。
【発明を実施するための形態】
【0009】
<第1の実施形態>
第1の実施形態について、図1ないし図9を用いて説明する。まず、本実施形態の画像形成装置の概略構成について、図1を用いて説明する。
【0010】
[画像形成装置]
画像形成装置1は、イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの4色に対応して設けられた4つの画像形成部Pa、Pb、Pc、Pdを有する電子写真方式のフルカラープリンタである。本実施形態では、画像形成部Pa、Pb、Pc、Pdを後述する中間転写ベルト204の回転方向に沿って配置したタンデム型としている。画像形成装置1は、画像形成装置本体3に接続された画像読取部(原稿読取装置)2又は画像形成装置本体3に対し通信可能に接続されたパーソナルコンピュータ等のホスト機器からの画像信号に応じてトナー像(画像)を記録材に形成する。記録材としては、用紙、プラスチックフィルム、布などのシート材が挙げられる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
雲台装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
12日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
28日前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
8日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
28日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
28日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
12日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
23日前
株式会社リコー
画像形成装置
20日前
株式会社リコー
画像形成装置
13日前
株式会社リコー
画像形成装置
12日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
12日前
花王株式会社
印刷方法
12日前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
トナー
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
27日前
キヤノン株式会社
トナー
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
今日
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
続きを見る