TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024058683
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-26
出願番号2022175863
出願日2022-10-16
発明の名称2軸モーター
出願人個人
代理人
主分類H02K 16/00 20060101AFI20240419BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】従来の電気モーターは固定子がモーター本体に固定されていたためモーター回転時に反動が発生した。
また出力軸は回転子軸のみであるため、単体のモーターから直接2方向へ動力を伝達することができなかった。
本発明はモーター回転時の反動を無くすと共に、単体のモーターから直接2方向へ動力を伝達することを可能とする。
【解決手段】従来の回転子に相当する内回転子3の出力軸5のほか、従来は固定されていた固定子も回転可能とし、回転可能とした従来の固定子である外回転子4にも出力軸6を設ける。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項】
電気モーターにおいて、従来の回転子を内回転子3とし、従来の固定子を外回転子4とする。
内回転子3および外回転子4の双方に出力軸5、6を設ける。
内回転子3および外回転子4並びに出力軸5、6をケーシング2により直接あるいは間接に軸支し、内回転子3および外回転子4の双方を回転可能とする。
以上のごとく構成した2軸モーター。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は電気モーターに2つの出力軸を設けたものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来のモーターは回転子と固定子により構成され、固定子がモーター本体に固定され、回転子の軸のみが出力軸であった。そのためモーター回転時にモーター本体に反動が発生したほか、単体のモーターから直接2方向へ動力を伝達することができなかった。
【先行技術文献】
【】
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
本発明はモーター回転時にモーター本体に反動が発生しないようにするほか、単体のモーターから直接2方向へ動力を伝達することを可能とする。
【課題を解決するための手段】
【0004】
回転子のほか、従来はモーター本体に固定されていた固定子も回転可能とし、回転子および回転可能とした固定子の双方に出力軸を設ける。
【発明の効果】
【0005】
固定子をモーター本体に固定せず回転可能とすることにより、モーター回転時にモーター本体に反動が発生しないほか、回転子と回転可能とした固定子双方に出力軸を設けることにより出力軸が2軸となるため、単体のモーターから直接2方向へ動力を伝達することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
本発明による2軸モーターの断面図。
本発明による2軸モーターの、ブラシ装置の拡大断面図。
本発明による2軸モーターを、電動ドライバードリルの動力源とした実施例の断面図。
本発明による2軸モーターを、電動ドライバードリルの動力源とした実施例の歯車装置の拡大断面図。
本発明による2軸モーターを、自動車の動力源とした実施例の断面図。
【実施するための形態】
【0007】
電気モーターには交流モーター、直流モーター等各種のモーターがあるが、本発明はいずれのモーターにおいても、従来は固定されていた固定子も回転可能とするとともに、回転可能とした固定子にも出力軸を設けることにより、同様の効果を得ることができるものである。
本明細書においてはブラシ付き直流モーターを2軸モーターとした場合について説明する。
【0008】
図1は本発明による2軸モーターの断面図である。
1は直流で駆動される2軸モーター。2は2軸モーター1のケーシング。3は従来の回転子に相当する内回転子。4は従来の固定子に相当する外回転子である。
内回転子3には出力軸5を連結し、外回転子4には出力軸6を連結する。
内回転子3、外回転子4、出力軸5、出力軸6は、それぞれケーシング2により直接あるいは間接に軸支される。
7はブラシ装置である。
【0009】
図2はブラシ装置7の拡大断面図で、外部から電気を供給するコード8からブラシ9を介して、出力軸6に固定されたリング10、11に通電し、リング10、11からコード12、13を介しブラシ14、15に通電する。
さらにブラシ14、15から整流子16、17に通電され、内回転子3に設けられたコイルに電気を供給する。
なお、内回転子に設けるコイルおよび外回転子に設ける永久磁石は、図面への記載を省略する。
【0010】
コード8を介して外部から電気を供給し、第1図において内回転子3と外回転子4を互いに反発させ逆方向に回転させる。この際内回転子3、外回転子4ともケーシング2に固定されていないため、回転時に2軸モーター1に反動は発生しない。
内回転子3と外回転子4の回転に伴い、内回転子3に連結された出力軸5と、外回転子4に連結された出力軸6の双方から動力を得ることができるため、モーター1から直接2方向へ動力を伝達することができる。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
電気推進システム
6日前
株式会社コロナ
送風装置
27日前
個人
モーターの構造
12日前
個人
共振を用いた整流回路
1か月前
個人
ブラシレスモータ
20日前
竹内工業株式会社
固定具
17日前
個人
バッテリ用交流電流供給回路
6日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
13日前
中国電力株式会社
変圧器取替工法
1か月前
株式会社村田製作所
電力変換装置
13日前
大和電器株式会社
配線器具
3日前
大和電器株式会社
配線器具
3日前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
18日前
未来工業株式会社
配線ボックス装置
5日前
株式会社豊田自動織機
電動機
27日前
株式会社ARKS
電源自動切替装置
20日前
株式会社豊田自動織機
電動機
27日前
トヨタ自動車株式会社
モータ
16日前
ニチコン株式会社
スイッチング電源
3日前
個人
基板使用によるコイル巻線との接続法
23日前
トヨタ自動車株式会社
ステータコア
1か月前
株式会社ミツバ
回転電機
27日前
株式会社ミツバ
回転電機
10日前
株式会社ダイヘン
電力システム
24日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
16日前
富士電機株式会社
電力変換装置
24日前
住友金属鉱山株式会社
発電装置
10日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
23日前
株式会社ミツバ
駆動装置
1か月前
トヨタ自動車株式会社
剥離装置
1か月前
株式会社ミツバ
駆動装置
1か月前
トライス株式会社
銅黒鉛質ブラシ
5日前
コアレスモータ株式会社
発電装置
3日前
株式会社アイシン
電源装置
12日前
株式会社アイシン
電源装置
12日前
株式会社アイシン
電源装置
12日前
続きを見る