TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024058626
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-25
出願番号2023175658
出願日2023-10-11
発明の名称NiO膜及びNiO分散液
出願人三井金属鉱業株式会社
代理人弁理士法人翔和国際特許事務所
主分類C01G 53/04 20060101AFI20240418BHJP(無機化学)
要約【課題】粒子の分散性が高いNiO分散液を提供すること及び光透過性が高いNiO膜を提供すること。
【解決手段】本発明のNiO分散液は、NiO粒子と多価アルコールとを含む。動的光散乱法によって測定されるNiO粒子の体積粒度分布における累積50%径D50が5nm以上50nm以下であることが好適である。NiO分散液は、シランカップリング剤とチタンカップリング剤とを含むことも好適ある。NiO膜はNiO粒子を含む。NiO粒子の体積粒度分布における累積50%径Dn50が5nm以上50nm以下である。NiO膜は、多価アルコール骨格を有し、且つ、ケイ素、チタン、ジルコニウム及びアルミニウムから選択される少なくとも1種の元素を含有する化合物を含む。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
NiO粒子を含むNiO膜であって、
前記NiO膜を走査型電子顕微鏡によって観察して測定される前記NiO粒子の体積粒度分布における累積50%径Dn
50
が5nm以上50nm以下である、NiO膜。
続きを表示(約 660 文字)【請求項2】
NiO粒子を含むNiO膜であって、
前記NiO膜が、多価アルコール骨格を有し、且つ、ケイ素、チタン、ジルコニウム及びアルミニウムから選択される少なくとも1種の元素を含有する化合物を含む、NiO膜。
【請求項3】
前記化合物が、ケイ素、チタン、ジルコニウム及びアルミニウムから選択される少なくとも2種の元素を含有する、請求項2に記載のNiO膜。
【請求項4】
前記化合物が、エポキシ基を含むシランカップリング剤と、チタンカップリング剤と、多価アルコールとの架橋体である、請求項2又は3に記載のNiO膜。
【請求項5】
波長450nmの光の透過率が85%以上である、請求項1又は2に記載のNiO膜。
【請求項6】
バンドギャップが3.2eV以上3.9eV以下である、請求項1又は2に記載のNiO膜。
【請求項7】
仕事関数が5.2eV以上5.7eV以下である、請求項1又は2に記載のNiO膜。
【請求項8】
厚みが50nm以上500nm以下である、請求項1又は2に記載のNiO膜。
【請求項9】
NiO粒子と、多価アルコールとを含む、NiO分散液。
【請求項10】
動的光散乱法によって測定される前記NiO粒子の体積粒度分布における累積50%径D
50
が5nm以上50nm以下である、請求項9に記載のNiO分散液。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明はNiO膜に関する。また本発明は、NiO膜の形成に好適に用いられるNiO分散液に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
NiO粒子を含む分散液から形成されたNiO膜を、例えば薄膜トランジスタ素子、太陽電池、半導体二次電池及びエレクトロクロミック素子などに応用することが試みられている。かかるNiO膜は半導体特性やエレクトロクロミック特性としてだけでなく、光透過性の機能などを備えていることが有用である。
【0003】
NiO粒子を含む分散液に関する従来の技術としては、例えば特許文献1及び2に記載のものが知られている。
特許文献1には、水酸化ニッケルを大気雰囲気下で加熱して得られた酸化ニッケル粒子と、メチルエチルケトンと、キシレン、酢酸エチル及びアクリルポリオールからなる分散媒体とからなる分散液をスピンコータで塗布して塗膜を形成し、該塗膜を乾燥してエレクトロクロミック層を形成することが記載されている。
特許文献2には、酸化ニッケルナノ粒子と、結合剤と、溶媒と、分散剤と、界面活性剤とを含むインク組成物が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開平7-175417号公報
特開2020-97720号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、特許文献1及び2に記載されているNiO粒子の分散液は、NiO粒子の分散性が十分でなく、そのことに起因して、該分散液から形成されるNiO膜はその光透過性が十分に高いものとならなかった。
したがって本発明の課題は、粒子の分散性が高いNiO分散液を提供することにある。また本発明の課題は、光透過性が高いNiO膜を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
前記の課題を解決すべく本発明者が鋭意検討した結果、NiO分散液における分散媒として特定の化合物を用いること、又は、所定の粒子径からなるNiO粒子を用いることで、NiO粒子の分散性が向上することを知見した。また、そのNiO分散液から製造されるNiO膜の光透過性が高まることを知見した。
【0007】
本発明は、前記知見に基づきなされたものであり、NiO粒子と、多価アルコールとを含む、NiO分散液を提供するものである。
【0008】
また本発明は、NiO粒子を含むNiO膜であって、
前記NiO膜を走査型電子顕微鏡によって観察して測定される前記NiO粒子の体積粒度分布における累積50%径Dn
50
が5nm以上50nm以下である、NiO膜を提供するものである。
【0009】
更に本発明は、NiO粒子を含むNiO膜であって、
前記NiO膜が、多価アルコール骨格を有し、且つ、ケイ素、チタン、ジルコニウム及びアルミニウムから選択される少なくとも1種の元素を含有する化合物を含む、NiO膜を提供するものである。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、粒子の分散性が高いNiO分散液が提供される。また本発明によれば、光透過性が高いNiO膜が提供される。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
ゼオライト成形体
1か月前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
1か月前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
1か月前
TDK株式会社
複合粒子
1か月前
大和ハウス工業株式会社
生成物製造装置
10日前
三菱電機株式会社
水素製造システム
26日前
株式会社フクハラ
CO2分離方法及び植物育成方法
26日前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び活性炭フィルター体
6日前
オルガノ株式会社
SnS2の製造方法及び利用方法
12日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
1か月前
戸田工業株式会社
非晶質アルミノケイ酸塩粒子粉末及びその製造方法
4日前
株式会社豊田中央研究所
ケミカルルーピング燃焼システム
3日前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び浄水用フィルター並びに浄水器
6日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
27日前
日本製紙株式会社
炭素材料及びその製造方法、並びにそれらの応用
1か月前
住友重機械工業株式会社
水素化装置、及び水素化方法
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
日本精線株式会社
水素吸蔵材料
16日前
太平洋セメント株式会社
窒化ガリウムの製造方法
13日前
国立大学法人静岡大学
還元型酸化グラフェン及びその製造方法
20日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
1か月前
東邦チタニウム株式会社
四塩化チタンの製造方法
1か月前
国立大学法人 岡山大学
新規酸化ヨウ素組成物
1か月前
太平洋セメント株式会社
噴霧乾燥装置又は噴霧熱分解装置
1か月前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
1か月前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
1か月前
学校法人日本大学
二酸化炭素の固定化方法
13日前
住友化学株式会社
リチウム金属複合酸化物の製造方法
23日前
森田化学工業株式会社
コア/シェル型粒子およびその製造方法ならびに中空粒子の製造方法
10日前
artience株式会社
炭素材料、炭素材料分散組成物、合材スラリー、電極膜、二次電池、および車両
18日前
三菱マテリアル株式会社
炭素および水素の製造方法
16日前
江蘇聯瑞新材料股ふん有限公司
低放射性アルミナ粉末およびその製造方法
23日前
続きを見る