TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024058058
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-25
出願番号2022165179
出願日2022-10-14
発明の名称表示システム
出願人オムロン株式会社
代理人個人
主分類B60K 35/00 20240101AFI20240418BHJP(車両一般)
要約【課題】車両の搭乗者の認識性が高い表示システムを実現する。
【解決手段】表示システム(1A)は、複数のモードを有する車両の運転装置において選択されているモードを示す画像を表示する画像表示部(10)を備える。画像表示部(10)は、前記複数のモードのそれぞれを示す画像の全てを表示するとともに、選択されているモードを示す画像を、選択されていないモードを示す画像とは、色、輝度、文字の書式、および大きさのうちの少なくとも1つが異なるように表示する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
車両の内部に設置される表示システムであって、
複数のモードを有する前記車両の運転装置において選択されているモードを示す画像を表示する画像表示部を備え、
前記画像表示部は、
前記複数のモードのそれぞれを示す画像の全てを表示するとともに、
選択されているモードを示す画像を、選択されていないモードを示す画像とは、色、輝度、文字の書式、および大きさのうちの少なくとも1つが異なるように表示する、表示システム。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記画像表示部は、選択されている前記モードに応じて、複数のモード表示画像を切り替えて表示し、
前記モード表示画像は、選択されているモードを示す前記画像と、選択されていないモードを示す前記画像とを含んでいる、請求項1に記載の表示システム。
【請求項3】
複数のモードのそれぞれを示す前記画像は、前記モードを示す文字を含んでおり、
前記画像表示部は、選択されているモードを示す前記画像に含まれる前記文字を、選択されていないモードを示す画像に含まれる前記文字よりも大きく表示する、請求項1に記載の表示システム。
【請求項4】
前記複数のモードのそれぞれを示す画像は、前記モードを示す文字を含んでおり、
前記画像表示部は、選択されているモードを示す前記画像に含まれる前記文字を白抜き文字として表示する、請求項1に記載の表示システム。
【請求項5】
前記画像表示部は、前記選択されているモードを示す画像として、前記選択されているモードを示す、文字および絵柄を含む画像を表示する、請求項1に記載の表示システム。
【請求項6】
前記複数のモードのそれぞれを示す画像は、前記モードを示す文字を含んでおり、
前記画像表示部は、選択されているモードを示す前記画像に含まれる前記文字を所定の図形で囲んで表示する、請求項1に記載の表示システム。
【請求項7】
前記運転装置は、前記車両のエンジンの変速機であり、
前記画像表示部は、前記変速機のモードを制御するシフトレバーに設けられている、請求項1に記載の表示システム。
【請求項8】
前記画像表示部は、選択されているモードにおける前記画像として、前記車両の動作方向を示すアニメーション表示を含む画像を表示する、請求項7に記載の表示システム。
【請求項9】
前記運転装置は、前記車両のワイパーであり、
前記画像表示部は、前記ワイパーの動作モードを制御するワイパースイッチに設けられている、請求項1に記載の表示システム。
【請求項10】
車両の内部に設置される表示システムであって、
複数のモードを有する前記車両の運転装置において選択されているモードを示す画像を表示する画像表示部を備え、
前記画像表示部は、
選択されているモードにおける前記車両の動作方向を示すアニメーション表示を行う、表示システム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、車両の内部に設置される表示システムに関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
車両の内部に設定され、例えば変速機などの複数のモードを有する車両の運転装置において選択されているモードを示すシステムが従来技術として知られている。例えば、特許文献1には、変速機の動作モードを選択するシフトレバーのレンジ位置を光源により照明する技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014-125149号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1の記載の技術では、選択されているレンジ位置が照明されるだけであり、選択されているモードがより目立つような表示やデザイン性に優れた表示が求められている。
【0005】
本発明の一態様は、車両の搭乗者の認識性が高い表示システムを実現することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記の課題を解決するために、本発明の一態様に係る表示システムは、車両の内部に設置される表示システムであって、複数のモードを有する前記車両の運転装置において選択されているモードを示す画像を表示する画像表示部を備え、前記画像表示部は、前記複数のモードのそれぞれを示す画像の全てを表示するとともに、選択されているモードを示す画像を、選択されていないモードを示す画像とは、色、輝度、文字の書式、および大きさのうちの少なくとも1つが異なるように表示する。
【0007】
当該構成によれば、選択されているモードがより目立つ表示を行うことができる。
【0008】
上記表示システムにおいて、前記画像表示部は、選択されている前記モードに応じて、複数のモード表示画像を切り替えて表示し、前記モード表示画像は、選択されているモードを示す前記画像と、選択されていないモードを示す前記画像とを含んでいる。当該構成によれば、選択されているモードに応じて、選択されているモードを示す画像を変更するだけでなく、選択されていないモードを示す画像も表示状態を変更することができる。よって、モード表示画像全体によって、選択されているモードの画像を目立たせるようなデザインとすることが可能となる。
【0009】
上記表示システムにおいて、複数のモードのそれぞれを示す前記画像は、前記モードを示す文字を含んでおり、前記画像表示部は、選択されているモードを示す前記画像に含まれる前記文字を、選択されていないモードを示す画像に含まれる前記文字よりも大きく表示する構成であってもよい。
【0010】
上記表示システムにおいて、前記複数のモードのそれぞれを示す画像は、前記モードを示す文字を含んでおり、前記画像表示部は、選択されているモードを示す前記画像に含ま
れる前記文字を白抜き文字として表示する構成であってもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

オムロン株式会社
基板
8日前
オムロン株式会社
展示装置
1か月前
オムロン株式会社
計測装置
12日前
オムロン株式会社
コイル部品
1か月前
オムロン株式会社
表示システム
24日前
オムロン株式会社
サーボシステム
9日前
オムロン株式会社
ロボットシステム
25日前
オムロン株式会社
ロボットシステム
25日前
オムロン株式会社
スイッチング装置
15日前
オムロン株式会社
表示装置及び遊技機
25日前
オムロン株式会社
開発装置、開発方法
1か月前
オムロン株式会社
椅子支持装置及び椅子
9日前
オムロン株式会社
椅子支持装置及び椅子
9日前
オムロン株式会社
測定装置及び測定方法
25日前
オムロン株式会社
操作装置及び調整システム
5日前
オムロン株式会社
制御システムおよび制御方法
1か月前
オムロン株式会社
異物検知装置及びコイル装置
18日前
オムロン株式会社
制御システムおよび情報処理方法
16日前
オムロン株式会社
サポート装置およびサポート方法
4日前
オムロン株式会社
距離測定装置及び、距離測定方法
9日前
オムロン株式会社
因子分析装置、方法、及びプログラム
2日前
オムロン株式会社
電力変換装置及び直流電力供給システム
17日前
オムロン株式会社
作業時間推測装置、方法およびプログラム
5日前
オムロン株式会社
電源システム及び蓄電パワーコンディショナ
22日前
オムロン株式会社
モデル因子決定装置、方法、及びプログラム
2日前
オムロン株式会社
解析装置、解析方法および情報処理プログラム
23日前
オムロン株式会社
解析装置、解析方法および情報処理プログラム
23日前
オムロン株式会社
温調システム、異常判定方法および異常判定装置
1か月前
オムロン株式会社
リード線折り曲げ治具およびリード線折り曲げ方法
23日前
オムロン株式会社
画像データの管理方法、プログラム及びX線検査装置
22日前
オムロン株式会社
自律作業システム及び自律作業機を制御するための方法
10日前
オムロン株式会社
情報処理装置、情報処理方法および情報処理プログラム
24日前
オムロン株式会社
情報提供装置、情報提供方法および情報提供プログラム
5日前
オムロン株式会社
施設管理システム、施設管理方法、及び施設管理プログラム
4日前
オムロン株式会社
電力変換装置、分散型電源システム及び電力変換装置の制御方法
22日前
オムロン株式会社
重量計測装置、計測精度判定方法、および計測精度判定プログラム
4日前
続きを見る