TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024057920
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-25
出願番号2022164913
出願日2022-10-13
発明の名称音響校正器
出願人株式会社小野測器
代理人個人,個人
主分類H04R 29/00 20060101AFI20240418BHJP(電気通信技術)
要約【課題】音圧計測センサと発音体の取付を容易にしつつ、マイクロホンと音圧計測センサとに同じ音圧を印加することのできる音響校正器を提供する。
【解決手段】音響校正器は、マイクロホンMが差し込まれる差込口21が連通する内部空間22を有するカプラ本体24と、カプラ本体24に対して差込口21の反対側から連結されて、内部空間22に連通するセンサ取付口31を有するカプラフランジ23と、内部空間22の音圧を計測する音圧計測センサ16と、内部空間22に音を出力する発音体62と、を備える。カプラ本体24は、差込口21が形成された先端筒部材41と、カプラフランジ23が連結される基端筒部材43と、を備える。カプラ本体24は、内部空間22に連通して先端筒部材41と基端筒部材43との連結面に開口する溝状の音導路65と、音導路65に連通し、発音体62が配設される発音室61と、を有する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
マイクロホンが差し込まれる差込口と前記差込口が連通する内部空間とを有する筒状のカプラ本体と、
前記カプラ本体に対して前記差込口の反対側から連結されて、前記内部空間に連通するセンサ取付口を有するカプラフランジと、
前記内部空間の音圧を計測する音圧計測センサであって、前記センサ取付口を通じて前記内部空間に配設されるセンシング部を有する前記音圧計測センサと、
前記内部空間に音を出力する発音体と、を備えた音響校正器であって、
前記カプラ本体は、
前記差込口が形成された先端筒部材と、
前記カプラフランジが連結される基端筒部材と、を備えるとともに、
前記内部空間に連通して前記先端筒部材と前記基端筒部材との連結面に開口する溝状の音導路と、
前記音導路に連通し、前記発音体が配設される発音室と、を有し、
前記発音体は、
前記音導路を通じて前記内部空間に音を出力する
音響校正器。
続きを表示(約 220 文字)【請求項2】
前記音導路は、前記カプラ本体の周方向に延びる部分を有する
請求項1に記載の音響校正器。
【請求項3】
前記音導路および前記発音室が前記基端筒部材に形成されている
請求項2に記載の音響校正器。
【請求項4】
前記カプラ本体は、前記音導路の外側に配設されて前記先端筒部材と前記基端筒部材との間の隙間をシールするシール材を備える
請求項3に記載の音響校正器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、音響校正器に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
一般的に、マイクロホンを校正する際に使用される音響校正器は、カプラ、音圧計測センサ、発音体、および、制御装置を備えている。カプラは、内部空間を有し、その内部空間に連通して校正対象となるマイクロホンが差し込まれる差込口を有している。音圧計測センサは、カプラの内部空間における音圧を計測する。発音体は、カプラの内部空間に音を出力する。制御装置は、音圧計測センサの計測値が校正基準値となるように発音体の出力を制御する。そして、校正対象のマイクロホンは、カプラの差込口に差し込んだ状態での計測値が校正基準値となるように校正される。
【0003】
こうした音響校正器として、特許文献1には、カプラに対する音圧計測センサの取付が容易となるように、発音体によって、差込口に連通する前室と音圧計測センサの計測対象となる背室とにカプラの内部空間が分割された音響校正器が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2017-175576号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、特許文献1に記載の音響校正器においては、前室の容積と背室の容積とが同じであることが好ましい。しかしながら、校正対象のマイクロホンにも前室容積が存在するため、音響校正器の前室の容積は、校正対象のマイクロホンによって変化してしまう。そのため、音響校正器の前室と背室との間に容積差が生じてしまうことがある。こうした容積差が大きいほど、マイクロホンに印加される音圧と音圧計測センサに印加される音圧との差が大きくなってしまう。そのため、音圧計測センサの取付を容易にしつつ、マイクロホンと音圧計測センサとに印加される音圧を同じにする技術が求められていた。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決する音響校正器は、マイクロホンが差し込まれる差込口と前記差込口が連通する内部空間とを有する筒状のカプラ本体と、前記カプラ本体に対して前記差込口の反対側から連結されて、前記内部空間に連通するセンサ取付口を有するカプラフランジと、前記内部空間の音圧を計測する音圧計測センサであって、前記センサ取付口を通じて前記内部空間に配設されるセンシング部を有する前記音圧計測センサと、前記内部空間に音を出力する発音体と、を備えた音響校正器である。前記カプラ本体は、前記差込口が形成された先端筒部材と、前記カプラフランジが連結される基端筒部材と、を備えるとともに、前記内部空間に連通して前記先端筒部材と前記基端筒部材との連結面に開口する溝状の音導路と、前記音導路に連通し、前記発音体が配設される発音室と、を有する。前記発音体は、前記音導路を通じて前記内部空間に音を出力する。
【0007】
上記構成によれば、カプラを構成するカプラフランジに音圧計測センサが取り付けられるため、音圧計測センサの取付を容易に行うことができる。また、発音体の出力空間、ならびに、音圧計測センサおよびマイクロホンの計測空間が共通するカプラ本体の内部空間となることから、マイクロホンに印加される音圧と音圧計測センサに印加される音圧とを同じにすることができる。
【0008】
上記構成の音響校正器において、前記音導路は、前記カプラ本体の周方向に延びる部分を有することが好ましい。
音導路を設けたことにより、音導路によるインダクタンス成分とカプラ本体の内部空間によるキャパシタンス成分とによってカプラ本体の内部空間にヘルムホルツ共振を発生させることができる。ヘルムホルツ共振の共振周波数は、音導路の断面積や長さで調整することができる。上記構成によれば、音導路がカプラ本体の周方向に延びる部分を有することで音導路の長さについての自由度が高いため、共振周波数が所望の周波数となるように音導路を設計することができる。その結果、発音体の駆動に必要となる電気的な入力信号を小さくすることができる。
【0009】
また、音導路による抵抗成分とカプラ本体の内部空間によるキャパシタンス成分とによってRCローパスフィルタ特性が形成される。そして、音導路の長さについての自由度が高いことで、発音体から発生した高周波歪成分を効果的に抑えることもできる。
【0010】
上記構成の音響校正器において、前記音導路および前記発音室が前記基端筒部材に形成されていることが好ましい。
上記構成によれば、例えば音導路および発音室が先端筒部材に形成されている場合に比べて、先端筒部材の小型化、ひいては、カプラの小型化を図ることができる。また、例えば、音導路が先端筒部材に形成され、かつ、発音室が基端筒部材に形成されている場合には、連結時における先端筒部材と基端筒部材との位置合わせ不良によって、音導路と発音室とが分断されるおそれがある。この点、上記構成によれば、音導路と発音室とが直接的に連通しているため、音導路と発音室とが分断されることがない。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社小野測器
センサ信号変換器
1か月前
株式会社小野測器
移動量計測システム
1か月前
個人
挿耳装置
2か月前
個人
通話装置
2か月前
個人
メガホン
1か月前
個人
多重無線通信方法
3日前
オンキヨー株式会社
電子機器
1か月前
シャープ株式会社
調理器
1か月前
日本精機株式会社
プロジェクタ
9日前
個人
イラストの著作権保護方法
2か月前
キヤノン株式会社
表示装置
2か月前
キヤノン株式会社
通信装置
18日前
富士通株式会社
光受信装置
2か月前
船井電機株式会社
表示装置
1か月前
富士通株式会社
光送信装置
2か月前
日本精機株式会社
赤外線撮影装置
1か月前
船井電機株式会社
表示装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
個人
携帯端末用カバー
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
10日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
リオン株式会社
補聴器
2か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
2か月前
個人
ヘッドホンの簡単な側圧調整器
11日前
日本無線株式会社
通信システム
2か月前
株式会社パロマ
リモコン
2か月前
池上通信機株式会社
撮像処理装置
13日前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
トヨタ自動車株式会社
車両
2か月前
八重洲無線株式会社
無線受信装置
26日前
シャープ株式会社
撮像装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
5日前
キヤノン電子株式会社
照明付スピーカー
2か月前
株式会社小野測器
音響校正器
1か月前
個人
携帯端末機器用スタンド
1か月前
続きを見る