TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024057284
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-24
出願番号2022163915
出願日2022-10-12
発明の名称検出プログラム,検出方法および検出装置
出願人富士通株式会社
代理人弁理士法人真田特許事務所,個人
主分類G06N 20/00 20190101AFI20240417BHJP(計算;計数)
要約【課題】複数の時系列データに基づいて異常の予兆を検知する。
【解決手段】複数の時系列データについての精度行列についての最適化問題を解くことで算出される行列に基づいて特定される偏相関をグラフの辺の重みとして、複数の時系列データについての重み付きグラフ構造データを生成し、重み付きグラフ構造データに対するパーシステントホモロジー変換により得られるパーシステンス図における所定領域のデータ点の分布に基づいて、異常の予兆を検出する。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
複数の時系列データについての精度行列についての最適化問題を解くことで算出される行列に基づいて特定される偏相関をグラフの辺の重みとして、複数の時系列データについての重み付きグラフ構造データを生成し、
前記重み付きグラフ構造データに対するパーシステントホモロジー変換により得られるパーシステンス図における所定領域のデータ点の分布に基づいて、異常の予兆を検出する
処理をコンピュータに実行させることを特徴とする検出プログラム。
続きを表示(約 630 文字)【請求項2】
前記パーシステントホモロジー変換において、重み付きグラフの辺の重みに対する閾値を順次変化させることによる重み付きグラフにおける特定形状の発生時刻と消滅時刻とを前記データ点としてプロットすることで前記パーシステンス図を作成する
処理を前記コンピュータに実行させることを特徴とする、請求項1に記載の検出プログラム。
【請求項3】
複数の時系列データについての精度行列についての最適化問題を解くことで算出される行列に基づいて特定される偏相関をグラフの辺の重みとして、複数の時系列データについての重み付きグラフ構造データを生成し、
前記重み付きグラフ構造データに対するパーシステントホモロジー変換により得られるパーシステンス図における所定領域のデータ点の分布に基づいて、異常の予兆を検出する
処理をコンピュータが実行することを特徴とする検出方法。
【請求項4】
複数の時系列データについての精度行列についての最適化問題を解くことで算出される行列に基づいて特定される偏相関をグラフの辺の重みとして、複数の時系列データについての重み付きグラフ構造データを生成し、
前記重み付きグラフ構造データに対するパーシステントホモロジー変換により得られるパーシステンス図における所定領域のデータ点の分布に基づいて、異常の予兆を検出する
処理を実行する制御部を有することを特徴とする検出装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、検出プログラム,検出方法および検出装置に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
複数の時系列データが得られたとき、これらの時系列データ間の関係に注目してシステムの監視や、異常検出を行なうことが知られている。
【0003】
時系列データは、例えば、あるシステムの電圧、振動数、回転数、圧力などの、ある一時期の状態を表すような、時間経過に応じた情報を持つデータである。
【0004】
複数の時系列データの系の要素(時系列データ)間の関係に基づいたデータ解析手法として、例えば、疎構造学習を用いた手法が挙げられる。この手法では、要素間の関係を最適化手法を用いてグラフに起こし、グラフの構造が大きく変化したときにシステムに異常が発生したと見做す。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
米国特許出願公開第2021/0209870号明細書
米国特許出願公開第2021/0067401号明細書
特開2019-105871号公報
国際公開第2018/220813号
【非特許文献】
【0006】
井手 剛著「疎な相関グラフの学習による相関異常の検出」 人工知能学会第二種研究会資料, 2009年3月3日, 2009巻, DMSM-A803号, p.04-
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
このような従来の疎構造学習を用いたデータ解析手法は「正常」か「異常」の判定のみを行なう。しかしながら、このような「正常」と「異常」の二値分類では、システムの状態が「異常」と見做されたときには、既にシステムに何らかの故障や障害が起こってしまっており、故障等の発生を未然に検知することができない。
【0008】
また、検出された「異常」がデータのノイズなどによって偶然検出されてしまった誤認識である可能性も疑われ、信頼性が低い。
【0009】
1つの側面では、本発明は、複数の時系列データに基づいて異常の予兆を検知することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
このため、この検出プログラムは、複数の時系列データについての精度行列についての最適化問題を解くことで算出される行列に基づいて特定される偏相関をグラフの辺の重みとして、複数の時系列データについての重み付きグラフ構造データを生成し、前記重み付きグラフ構造データに対するパーシステントホモロジー変換により得られるパーシステンス図における所定領域のデータ点の分布に基づいて、異常の予兆を検出する処理をコンピュータに実行させる。
【発明の効果】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士通株式会社
光送信機
1か月前
富士通株式会社
プロセッサ
1か月前
富士通株式会社
基板連結構造
17日前
富士通株式会社
画像処理方法
2日前
富士通株式会社
アバター制御
21日前
富士通株式会社
光信号パワー利得
13日前
富士通株式会社
キャッシュメモリ
28日前
富士通株式会社
増幅装置及び増幅方法
3日前
富士通株式会社
演算装置および演算方法
7日前
富士通株式会社
電子装置及び改竄検知方法
今日
富士通株式会社
物体検出システム及び方法
8日前
富士通株式会社
演算回路及び演算処理方法
3日前
富士通株式会社
受光素子及び赤外線撮像装置
1か月前
富士通株式会社
光リンク電力プロファイル推定
1か月前
富士通株式会社
生成プログラムおよび生成方法
27日前
富士通株式会社
情報処理装置および情報処理方法
24日前
富士通株式会社
演算処理装置および演算処理方法
1か月前
富士通株式会社
光伝送システムでの異常の位置特定
20日前
富士通株式会社
プログラム,方法,及び情報処理装置
1か月前
富士通株式会社
業務管理プログラム、装置、及び方法
1か月前
富士通株式会社
評価プログラム、評価方法、評価装置
1か月前
富士通株式会社
半導体装置及び半導体装置の製造方法
17日前
富士通株式会社
性能監視プログラムおよび性能監視方法
1か月前
富士通株式会社
機械学習プログラムおよび機械学習方法
1か月前
富士通株式会社
病変検出方法および病変検出プログラム
3日前
富士通株式会社
移相量調整装置、及び、移相量調整方法
10日前
富士通株式会社
情報処理方法および情報処理プログラム
2日前
富士通株式会社
検出プログラム,検出方法および検出装置
1か月前
富士通株式会社
スイッチング電源、増幅装置及び通信装置
2日前
富士通株式会社
自動化されたカスタム特徴エンジニアリング
17日前
富士通株式会社
制御プログラム,制御方法及び情報処理装置
28日前
富士通株式会社
3次元人体動的着装モデル推定装置及び方法
21日前
富士通株式会社
車両経路選択問題及びその変形例の経路生成
今日
富士通株式会社
働きかけ表示方法、働きかけ表示プログラム
3日前
富士通株式会社
物品数量を検出する装置と方法及び電子機器
7日前
富士通株式会社
クエリ実行方法およびクエリ実行プログラム
10日前
続きを見る