TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024055964
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-19
出願番号2024032261,2020088244
出願日2024-03-04,2020-05-20
発明の名称シート処理装置及び画像形成システム
出願人キヤノン株式会社
代理人弁理士法人近島国際特許事務所
主分類H04N 1/00 20060101AFI20240412BHJP(電気通信技術)
要約【課題】装置の組み合わせの自由度を向上可能な画像読取装置、シート処理装置及び画像形成システムを提供する。
【解決手段】シートの画像を読み取り、シートに後処理を行うシート処理装置に向けてシートを排出する画像読取装置において、シートの画像を読み取る読取部と、前記読取部によって読取られた画像に基づいてシートにおける画像不良の有無を判定する検査処理の結果を取得する取得部と、シートの排出タイミングを示す排出タイミング信号を、信号線を介して前記シート処理装置に伝達する伝達部と、を備え、前記伝達部は、前記検査処理において画像不良がないと判定されたシートを排出する際には第1の波形を有する前記排出タイミング信号を前記信号線に出力し、前記検査処理において画像不良があると判定されたシートを排出する際には第1の波形とは異なる第2の波形を有する前記排出タイミング信号を前記信号線に出力する。
【選択図】図11
特許請求の範囲【請求項1】
シートの画像を読み取り、シートに後処理を行うシート処理装置に向けてシートを排出する画像読取装置において、
シートの画像を読み取る読取部と、
前記読取部によって読取られた画像に基づいてシートにおける画像不良の有無を判定する検査処理の結果を取得する取得部と、
シートの排出タイミングを示す排出タイミング信号を、信号線を介して前記シート処理装置に伝達する伝達部と、を備え、
前記伝達部は、前記検査処理において画像不良がないと判定されたシートを排出する際には第1の波形を有する前記排出タイミング信号を前記信号線に出力し、前記検査処理において画像不良があると判定されたシートを排出する際には第1の波形とは異なる第2の波形を有する前記排出タイミング信号を前記信号線に出力する、
ことを特徴とする画像読取装置。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記第1の波形を有する前記排出タイミング信号は、第1のパルス幅を有し、
前記第2の波形を有する前記排出タイミング信号は、前記第1のパルス幅とは異なる第2のパルス幅を有する、
ことを特徴とする請求項1に記載の画像読取装置。
【請求項3】
前記第1の波形を有する前記排出タイミング信号は、第1の数のパルスを有し、
前記第2の波形を有する前記排出タイミング信号は、前記第1の数とは異なる第2の数のパルスを有する、
ことを特徴とする請求項1に記載の画像読取装置。
【請求項4】
前記第1の波形を有する前記排出タイミング信号は、第1の電圧を有し、
前記第2の波形を有する前記排出タイミング信号は、前記第1の電圧とは異なる第2の電圧を有する、
ことを特徴とする請求項1に記載の画像読取装置。
【請求項5】
請求項1乃至4のいずれか1項に記載の画像読取装置と、
前記シート処理装置と、を備えた、
ことを特徴とする画像形成システム。
【請求項6】
前記シート処理装置は、前記第1の波形を有する前記排出タイミング信号を受信した場合、シートに対して第1の処理を行い、前記第2の波形を有する前記排出タイミング信号を受信した場合、シートに対して前記第1の処理とは異なる第2の処理を行う、
ことを特徴とする請求項5に記載の画像形成システム。
【請求項7】
前記シート処理装置は、第1排出トレイ及び第2排出トレイを有し、
前記第1の処理は、前記第1排出トレイにシートを排出する処理であり、
前記第2の処理は、前記第2排出トレイにシートを排出する処理である、
ことを特徴とする請求項6に記載の画像形成システム。
【請求項8】
シートの画像を読み取り、シートに後処理を行うシート処理装置に向けてシートを排出する画像読取装置において、
シートの画像を読み取る読取部と、
前記読取部によって読取られた画像に基づいてシートにおける画像不良の有無を判定する検査処理の結果を取得する取得部と、
シート束を構成する最後のシートであることを示す最終紙信号を、信号線を介して前記シート処理装置に伝達する伝達部と、を備え、
前記伝達部は、前記シート束を構成するシートのいずれにも前記検査処理において画像不良がないと判定された際には第1の波形を有する前記最終紙信号を前記信号線に出力し、前記シート束を構成するシートのいずれかに前記検査処理において画像不良があると判定された際には第1の波形とは異なる第2の波形を有する前記最終紙信号を前記信号線に出力する、
ことを特徴とする画像読取装置。
【請求項9】
前記第1の波形を有する前記最終紙信号は、第1のパルス幅を有し、
前記第2の波形を有する前記最終紙信号は、前記第1のパルス幅とは異なる第2のパルス幅を有する、
ことを特徴とする請求項8に記載の画像読取装置。
【請求項10】
前記第1の波形を有する前記最終紙信号は、第1の数のパルスを有し、
前記第2の波形を有する前記最終紙信号は、前記第1の数とは異なる第2の数のパルスを有する、
ことを特徴とする請求項8に記載の画像読取装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、シートの画像を読み取る画像読取装置、シートを処理するシート処理装置及びこれらを備える画像形成システムに関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来、複数の装置を組み合わせてインライン製本をする画像形成システムにおいて、画像形成装置と、後処理装置と、の間に配置される中継装置が提案されている(特許文献1参照)。この中継装置は、画像形成装置に対してシリアル通信を行い、後処理装置に対してはパラレル通信を行う。そして、中継装置は、画像形成装置が出力した印刷物の部の最終用紙の排紙信号に同期して、排紙信号とは別の部区切り信号を後処理装置へ出力する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014-035380号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載の中継装置は、パラレル通信によって後処理装置に排紙信号と部区切り信号を出力しており、排紙信号を出力するための信号線とは別に部区切り信号を出力する信号線が必要となっていた。
【0005】
ここで、出力物の品質チェックを行う検品モジュールを持ったインライン構成においては、検品結果に従って後処理装置の動作を変更するために、後処理装置に対して検品結果を通知する必要がある。そして、上記特許文献1のようにパラレル通信によって後処理装置に信号を出力する場合、検品結果を通知するための信号線を受ける口を後処理装置に増設しなければならなくなる。このため、インライン構成において装置の組み合わせの自由度が低下してしまうという問題がある。
【0006】
そこで、本発明は、装置の組み合わせの自由度を向上可能な画像読取装置、シート処理装置及び画像形成システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、シートの画像を読み取り、シートに後処理を行うシート処理装置に向けてシートを排出する画像読取装置において、シートの画像を読み取る読取部と、前記読取部によって読取られた画像に基づいてシートにおける画像不良の有無を判定する検査処理の結果を取得する取得部と、シートの排出タイミングを示す排出タイミング信号を、信号線を介して前記シート処理装置に伝達する伝達部と、を備え、前記伝達部は、前記検査処理において画像不良がないと判定されたシートを排出する際には第1の波形を有する前記排出タイミング信号を前記信号線に出力し、前記検査処理において画像不良があると判定されたシートを排出する際には第1の波形とは異なる第2の波形を有する前記排出タイミング信号を前記信号線に出力する、ことを特徴とする。
【0008】
また、本発明は、シートの画像を読み取り、シートに後処理を行うシート処理装置に向けてシートを排出する画像読取装置において、シートの画像を読み取る読取部と、前記読取部によって読取られた画像に基づいてシートにおける画像不良の有無を判定する検査処理の結果を取得する取得部と、シート束を構成する最後のシートであることを示す最終紙信号を、信号線を介して前記シート処理装置に伝達する伝達部と、を備え、前記伝達部は、前記シート束を構成するシートのいずれにも前記検査処理において画像不良がないと判定された際には第1の波形を有する前記最終紙信号を前記信号線に出力し、前記シート束を構成するシートのいずれかに前記検査処理において画像不良があると判定された際には第1の波形とは異なる第2の波形を有する前記最終紙信号を前記信号線に出力する、ことを特徴とする。
【0009】
また、本発明は、シートの画像を読み取る画像読取装置から排出されたシートに後処理を行うシート処理装置において、前記画像読取装置によって読取られた画像に基づいてシートにおける画像不良の有無を判定する検査処理の結果を、前記画像読取装置から取得する取得部と、前記取得部が取得した前記検査処理の結果に基づいて、シートに処理を行う後処理部と、前記後処理部がシートへの処理を終了したことを示す後処理終了信号を、信号線を介して前記画像読取装置に伝達する伝達部と、を備え、前記伝達部は、前記検査処理において画像不良がないと判定されたシートへの処理が終了した際には第1の波形を有する前記後処理終了信号を前記信号線に出力し、前記検査処理において画像不良があると判定されたシートへの処理が終了した際には第1の波形とは異なる第2の波形を有する前記後処理終了信号を前記信号線に出力する、ことを特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
本発明によると、装置の組み合わせの自由度を向上できる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
挿耳装置
1か月前
個人
通話装置
1か月前
個人
メガホン
29日前
オンキヨー株式会社
電子機器
14日前
個人
イラストの著作権保護方法
1か月前
シャープ株式会社
調理器
22日前
キヤノン株式会社
表示装置
1か月前
富士通株式会社
光受信装置
1か月前
船井電機株式会社
表示装置
27日前
船井電機株式会社
表示装置
1か月前
日本精機株式会社
赤外線撮影装置
12日前
キヤノン株式会社
通信装置
今日
富士通株式会社
光送信装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
14日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
14日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
14日前
個人
携帯端末用カバー
12日前
リオン株式会社
補聴器
1か月前
日本無線株式会社
通信システム
1か月前
シャープ株式会社
撮像装置
19日前
八重洲無線株式会社
無線受信装置
8日前
キヤノン電子株式会社
照明付スピーカー
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
9日前
株式会社小野測器
音響校正器
1か月前
株式会社小野測器
音響校正器
1か月前
株式会社日立国際電気
通信システム
1か月前
個人
携帯端末機器用スタンド
19日前
沖電気工業株式会社
受光回路
22日前
マスプロ電工株式会社
光信号計測装置
1か月前
三菱電機株式会社
送信機
1か月前
本多電子株式会社
超音波放射ユニット
14日前
株式会社JMC
映像音声配信用セット
1か月前
株式会社JVCケンウッド
音声出力装置
14日前
株式会社ネットアプリ
飲料用演出グラス
1か月前
日本無線株式会社
復調器および復調方法
1か月前
日本電気株式会社
端末及び認証システム
1か月前
続きを見る