TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024055842
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-18
出願番号2023173975
出願日2023-10-06
発明の名称農業用クリップ
出願人株式会社クボタ
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類A01G 17/10 20060101AFI20240411BHJP(農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業)
要約【課題】対象農作物と支持構造とを結び付け/捩じり付けること、および/または対象農作物を支持構造に固定または取り付けることができる農業用ツールとともに用いることができる農業用クリップを提供する。
【解決手段】農業用クリップは、ベース部と、前記ベース部に取り付けられた左アーム部と、前記ベース部に取り付けられた右アーム部と、湾曲突起とを有する。前記左アーム部および前記右アーム部は、前記対象農作物および前記支持構造を受け入れるクリップ受け空間を規定し、前記湾曲突起は、前記左アーム部および前記右アーム部の一方に取り付けられた第1端と、前記クリップ受け空間内に突出する自由端である第2端とを有する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
対象農作物を支持構造に固定または取り付けるための農業用クリップであって、
ベース部と、
前記ベース部に取り付けられた左アーム部と、
前記ベース部に取り付けられた右アーム部と、
湾曲突起と、
を備え、
前記左アーム部および前記右アーム部は、前記対象農作物および前記支持構造を受け入れるクリップ受け空間を規定し、
前記湾曲突起は、前記左アーム部および前記右アーム部の一方に取り付けられた第1端と、前記クリップ受け空間内に突出する自由端である第2端とを有する、
農業用クリップ。
続きを表示(約 1,900 文字)【請求項2】
前記ベース部は矩形形状であり、後壁面、前壁面、左壁面、および右壁面を有する、
請求項1に記載の農業用クリップ。
【請求項3】
前記左アーム部は、第1の左側部分と、左テーパー部によって前記第1の左側部分に接続された第2の左側部分とを有し、
前記右アーム部は、第1の右側部分と、右テーパー部によって前記第1の右側部分に接続された第2の右側部分とを有する、
請求項1に記載の農業用クリップ。
【請求項4】
前記第1の左側部分は、湾曲しており、かつ平坦な外面を有し、左接続部によって前記ベース部に接続されており、
前記第1の右側部分は、湾曲しており、かつ平坦な外面を有し、右接続部によって前記ベース部に接続されており、
前記左接続部は第1の湾曲凹部を規定し、
前記右接続部は第2の湾曲凹部を規定する、
請求項3に記載の農業用クリップ。
【請求項5】
前記第1の左側部分は、前記左接続部と前記左テーパー部との間に位置する第1の中間部分を有し、前記第1の中間部分は、前記左テーパー部よりも前記左接続部側に位置する前記第1の左側部分の後部よりも薄く、かつ前記左接続部よりも前記左テーパー部側に位置する前記第1の左側部分の前側部分よりも薄く、
前記第1の右側部分は、前記右接続部と前記右テーパー部との間に位置する第2の中間部分を有し、前記第2の中間部分は、前記右テーパー部よりも前記右接続部側に位置する前記第1の右側部分の後部よりも薄く、かつ前記右接続部よりも前記右テーパー部側に位置する前記第1の右側部分の前側部分よりも薄い、
請求項4に記載の農業用クリップ。
【請求項6】
前記第2の左側部分は、前記左テーパー部に取り付けられた第1端と、自由端である第2端とを有し、
前記第2の左側部分は、前記第2の左側部分の第1端から斜め外側に前記第2の左側部分の第2端に向かって延び、
前記第2の右側部分は、前記右テーパー部に取り付けられた第1端と、自由端である第2端とを有し、
前記第2の右側部分は、前記第2の右側部分の第1端から斜め外側に前記第2の右側部分の第2端に向かって延びる、
請求項3に記載の農業用クリップ。
【請求項7】
前記第2の左側部分の第2端は平坦な外面を有し、
前記第2の右側部分の第2端は平坦な外面を有する、
請求項6に記載の農業用クリップ。
【請求項8】
前記左アーム部は、前記第1の左側部分に取り付けられた左突起を有し、
前記左突起は、前記第1の左側部分に取り付けられた第1のベースと、前記クリップ受け空間に向かって前記第1のベースから前記左突起の先端へ内向きに延びる本体とを有し、
前記右アーム部は、前記第1の右側部分に取り付けられた右突起を有し、
前記右突起は、前記第1の右側部分に取り付けられた第2のベースと、前記クリップ受け空間に向かって前記第2のベースから前記右突起の先端へ内向きに延びる本体とを有し、
前記左突起の先端と前記右突起の先端との間に位置する空間は、前記クリップ受け空間の開口部を規定する、
請求項3に記載の農業用クリップ。
【請求項9】
前記左アーム部および前記右アーム部は、前記対象農作物および前記支持構造に向かう前記クリップの移動が、前記対象農作物および前記支持構造を前記左突起の先端と前記右突起の先端との間に位置する空間を通って前記クリップ受け空間内へと押すように、前記クリップ受け空間を規定する、
請求項8に記載の農業用クリップ。
【請求項10】
前記左アーム部は、第1の左側部分と、左テーパー部によって前記第1の左側部分に接続された第2の左側部分とを有し、
前記右アーム部は、第1の右側部分と、右テーパー部によって前記第1の右側部分に接続された第2の右側部分とを有し、
前記第1の左側部分は湾曲して左接続部により前記ベース部に接続され、
前記第1の右側部分は湾曲して右接続部により前記ベース部に接続され、
前記湾曲突起の前記第1端は、前記左接続部よりも前記左テーパー部側にある位置において前記第1の左側部分に取り付けられているか、または、前記右接続部よりも前記右テーパー部側にある位置において前記第1の右側部分に取り付けられている、
請求項1に記載の農業用クリップ。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
1.発明の分野
本発明は、農業用クリップに関する。より具体的には、本発明は、対象農作物と支持構造とを結び付け/捩じり付け、かつ/または対象農作物を支持構造に固定または取り付けることができる農業用ツールとともに用いることができる農業用クリップに関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
2.関連技術の説明
従来、対象農作物と支持構造とを結び付けまたは捩じり付け、そして対象農作物を支持構造に固定することを含む作業は、高コストかつ時間がかかる手作業であった。例えば、対象農作物が葡萄の枝(grape vine cane)であって、かつ支持構造がブドウ園に見られるようなワイヤートレリスである場合、葡萄の枝をワイヤートレリスに結び付けまたは捩じり付け、葡萄の枝をワイヤートレリスにテープで固定する作業は、人がブドウ園内を歩いてこれらの作業を手動で行うことを必要とする。さらに、葡萄の枝をワイヤートレリスに結び付けまたは捩じり付け、葡萄の枝をテープでワイヤートレリスに固定または取り付ける技法は人によって異なり、このことは葡萄の枝がワイヤートレリスに対して確実に固定されていることの信頼性および一貫性を損ない得る。このような信頼性および一貫性の欠如は望ましくない。なぜなら、葡萄の枝がワイヤートレリスに確実に固定されていることは、葡萄の木の健康と生育および葡萄の木から産する葡萄の品質にとって重要であるためである。
【0003】
上記の理由のため、安価かつ高信頼性に、対象農作物と支持構造とを結び付け/捩じり付けること、および/または対象農作物を支持構造に固定または取り付けることができるツール、および当該ツールとともに用いることができるクリップが必要である。
【発明の概要】
【0004】
本発明の好ましい実施形態は、対象農作物と支持構造とを結び付け/捩じり付けること、および/または対象農作物を支持構造に固定または取り付けることができる農業用ツールとともに用いることができる農業用クリップに関する。
【0005】
本発明の好ましい実施形態による農業用クリップは、ベース部と、前記ベース部に取り付けられた左アーム部と、前記ベース部に取り付けられた右アーム部と、湾曲突起とを備える。前記左アーム部および前記右アーム部は、前記対象農作物および前記支持構造を受け入れるクリップ受け空間を規定し得る。前記湾曲突起は、前記左アーム部および前記右アーム部の一方に取り付けられた第1端と、前記クリップ受け空間内に突出する自由端である第2端とを有し得る。
【0006】
本発明の好ましい実施形態において、前記ベース部は矩形形状であり、後壁面、前壁面、左壁面、および右壁面を有する。
【0007】
本発明の好ましい実施形態において、前記左アーム部は、第1の左側部分と、左テーパー部によって前記第1の左側部分に接続された第2の左側部分とを有する。前記右アーム部は、第1の右側部分と、右テーパー部によって前記第1の右側部分に接続された第2の右側部分とを有し得る。
【0008】
本発明の好ましい実施形態において、前記第1の左側部分は、湾曲しており、かつ平坦な外面を有し、左接続部によって前記ベース部に接続されている。前記第1の右側部分は、湾曲しており、かつ平坦な外面を有し、右接続部によって前記ベース部に接続されている。前記左接続部は第1の湾曲凹部を規定し得る。前記右接続部は第2の湾曲凹部を規定し得る。
【0009】
本発明の好ましい実施形態において、前記第1の左側部分は、前記左接続部と前記左テーパー部との間に位置する第1の中間部分を有する。前記第1の中間部分は、前記左テーパー部よりも前記左接続部側に位置する前記第1の左側部分の後部よりも薄く、かつ前記左接続部よりも前記左テーパー部側に位置する前記第1の左側部分の前側部分よりも薄い。前記第1の右側部分は、前記右接続部と前記右テーパー部との間に位置する第2の中間部分を有する。前記第2の中間部分は、前記右テーパー部よりも前記右接続部側に位置する前記第1の右側部分の後部よりも薄く、かつ前記右接続部よりも前記右テーパー部側に位置する前記第1の右側部分の前側部分よりも薄い。
請求項4に記載の農業用クリップ。
【0010】
本発明の好ましい実施形態において、前記第2の左側部分は、前記左テーパー部に取り付けられた第1端と、自由端である第2端とを有する。前記第2の左側部分は、前記第2の左側部分の第1端から斜め外側に前記第2の左側部分の第2端に向かって延び得る。前記第2の右側部分は、前記右テーパー部に取り付けられた第1端と、自由端である第2端とを有する。前記第2の右側部分は、前記第2の右側部分の第1端から斜め外側に前記第2の右側部分の第2端に向かって延び得る。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社クボタ
作業車
11日前
株式会社クボタ
作業車
12日前
株式会社クボタ
作業車
2日前
株式会社クボタ
作業車
2日前
株式会社クボタ
作業機
2日前
株式会社クボタ
作業機
2日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
11日前
株式会社クボタ
作業車
2日前
株式会社クボタ
作業車
12日前
株式会社クボタ
検査装置
11日前
株式会社クボタ
検査装置
11日前
株式会社クボタ
作業車両
13日前
株式会社クボタ
走行車両
3日前
株式会社クボタケミックス
排水集合管
10日前
株式会社クボタ
電動作業車
3日前
株式会社クボタ
多目的車両
3日前
株式会社クボタ
故障診断支援装置
4日前
株式会社クボタケミックス
最下階用の排水集合管
10日前
株式会社クボタ
ユーティリティビークル
3日前
株式会社クボタ
取付装置及び情報取得装置の着脱方法
10日前
株式会社クボタ
管理システム
5日前
株式会社クボタケミックス
排水配管継手の製造方法
2日前
個人
産卵床
1か月前
個人
除草機
13日前
個人
植木鉢
5日前
個人
水中装飾品
25日前
株式会社シマノ
釣竿
26日前
井関農機株式会社
作業車両
4日前
個人
水中生物採集器
1か月前
株式会社徳工
集材装置
11日前
井関農機株式会社
コンバイン
12日前
個人
ペットケア補助具
19日前
続きを見る