TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024055462
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-18
出願番号2022162409
出願日2022-10-07
発明の名称システム
出願人株式会社寺岡精工
代理人個人,個人
主分類G07G 1/01 20060101AFI20240411BHJP(チェック装置)
要約【課題】広範な場面や状況に適用し得る好適な技術を提供する。
【解決手段】客の購入する商品の商品情報を登録する登録手段と、前記商品情報に基づいて店舗内に設置された精算装置を利用して精算する第1精算手段と、前記商品情報に基づいて前記精算装置を利用せずに精算する第2精算手段と、前記第1精算手段または前記第2精算手段の利用を誘導する誘導手段を備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
客の購入する商品の商品情報を登録する登録手段と、
前記商品情報に基づいて店舗内に設置された精算装置を利用して精算する第1精算手段と、
前記商品情報に基づいて前記精算装置を利用せずに精算する第2精算手段と、
前記第1精算手段または前記第2精算手段の利用を誘導する誘導手段
を備えることを特徴とするシステム。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
客を識別する客識別情報を取得する取得手段
を備え、
前記誘導手段は、
前記取得手段により前記客識別情報を取得できなかった場合に前記第1精算手段の利用を誘導する請求項1に記載のシステム。
【請求項3】
客の退店可否を判定する退店判定手段
を備え、
前記第1精算手段による精算装置の利用に問題がある場合、前記退店判定手段は当該客の退店を許可しない請求項1又は請求項2に記載のシステム。
【請求項4】
客の購入する商品の重量を計量する計量手段
を備え、
前記登録手段は、
前記計量手段によって計量された商品の商品情報を登録する
ことを特徴とする請求項1に記載のシステム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、システムに関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
店員を基本的には配置しない無人店舗の販売システムが知られている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-192114号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、適用される場面や状況が限定されており、改善の余地がある。
【0005】
本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、広範な場面や状況に適用し得る好適な技術を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述した課題を解決するための一態様であるシステムは、客の購入する商品の商品情報を登録する登録手段と、前記商品情報に基づいて店舗内に設置された精算装置を利用して精算する第1精算手段と、前記商品情報に基づいて前記精算装置を利用せずに精算する第2精算手段と、前記第1精算手段または前記第2精算手段の利用を誘導する誘導手段を備えることを特徴とするシステムである。
【図面の簡単な説明】
【0007】
販売システムを説明するための概念図である。
販売システムにて記憶される情報の一例である。
販売システムの処理の流れの概要を示したフローチャートである。
販売システムの処理の流れの概要を示したフローチャートである。
販売システムの処理の流れの概要を示したフローチャートである。
販売システムの処理の流れの概要を示したフローチャートである。
販売システムの処理の流れの概要を示したフローチャートである。
販売システムの処理の流れの概要を示したフローチャートである。
販売システムの処理の流れの概要を示したフローチャートである。
販売システムの処理の流れを示したシーケンス図である。
販売システムの処理の流れを示したシーケンス図である。
販売システムの処理の流れを示したシーケンス図である。
販売システムの処理の流れを示したシーケンス図である。
取引情報等の一例である。
取引情報の一例である。
計量販売商品を販売する際の装置例である。
陳列容器に設置されたセンサ装置の様子を示している。
センサ装置の構成例である。
計量装置の外観の一例である。
計量装置の構成の一例である。
店舗の様子を示した模式図である。
【発明を実施するための形態】
【0008】
図1は、本実施形態の販売システム1を説明するための概念図である。図2は、販売システム1にて記憶される情報の一例である。販売システム1は、図1に示すように、サーバ10、受付装置20、誘導装置30、精算装置40、退店ゲート装置50、センサ装置60、カメラ装置70を含む。図1では、各装置(サーバ10、受付装置20、誘導装置30、精算装置40、退店ゲート装置50、センサ装置60、カメラ装置70)を1つずつ示したが、各装置の数は1台以上である。販売システム1は、商品を販売する種々の業態(例えば、スーパーマーケット、コンビニエンスストア等)に導入可能である。
【0009】
受付装置20、誘導装置30、精算装置40、退店ゲート装置50、センサ装置60及びカメラ装置70は、店舗T内(店舗Tの店内)に設置される。サーバ10は、店舗T外(店舗Tの店外。例えば、本社やデータセンタ等)に設置される。
【0010】
店舗T内に設置されている装置(受付装置20、誘導装置30、精算装置40、退店ゲート装置50、センサ装置60及びカメラ装置70)と、店舗T外に設置されている装置(サーバ10)とは、直接的に、又は、他の装置を介して間接的に通信可能である。また、店舗T内に設置されている装置同士は、例えばLAN等によって通信可能であってもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社寺岡精工
会計装置
9日前
株式会社寺岡精工
システム
5日前
株式会社寺岡精工
販売データ処理装置
16日前
株式会社寺岡精工
減容装置及びプログラム
12日前
株式会社寺岡精工
システム及び情報処理装置
8日前
株式会社寺岡精工
データ管理システム、およびデータ管理方法
10日前
株式会社寺岡精工
切断機構
1日前
株式会社寺岡精工
商品データ処理システム、サーバ、及び商品データ処理装置
10日前
株式会社寺岡精工
商品販売データ処理装置
4日前
株式会社寺岡精工
登録装置及びプログラム
4日前
株式会社寺岡精工
精算装置およびプログラム
24日前
株式会社寺岡精工
商品販売データ処理システム
17日前
株式会社デジジャパン
クリーニング品管理システム及びプログラム
4日前
沖電気工業株式会社
紙幣処理装置
1か月前
株式会社寺岡精工
システム
1か月前
株式会社寺岡精工
情報端末
1か月前
株式会社寺岡精工
会計装置
9日前
富士電機株式会社
自動販売機
18日前
株式会社ブイシンク
商品提供処理装置
11日前
日本金銭機械株式会社
硬貨処理装置
8日前
日本金銭機械株式会社
硬貨処理装置
8日前
パイオニア株式会社
情報処理装置
1か月前
沖電気工業株式会社
媒体処理装置
16日前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置
1か月前
株式会社寺岡精工
精算装置及びプログラム
1か月前
株式会社バンダイ
物品供給装置及び物品供給装置セット
1か月前
エーエルシー株式会社
自動販売機のリユース方法
1か月前
株式会社寺岡精工
精算装置及びプログラム
2か月前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び貨幣取扱装置
16日前
沖電気工業株式会社
媒体処理装置及び自動取引装置
2日前
沖電気工業株式会社
硬貨処理装置及び自動取引装置
1か月前
株式会社寺岡精工
システム及び情報処理装置
8日前
株式会社寺岡精工
情報通信端末、プログラム
1か月前
富士電機株式会社
自動販売機システムおよび自動販売機
2か月前
株式会社ブイシンク
商品提供システム及び商品提供方法
11日前
富士電機株式会社
金銭処理機
1か月前
続きを見る