TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024055313
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-18
出願番号2022162134
出願日2022-10-07
発明の名称ポリカーボネート共重合体およびそれからなる成形品
出願人帝人株式会社
代理人個人
主分類C08G 64/12 20060101AFI20240411BHJP(有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物)
要約【課題】耐傷つき性、耐熱性、アミン耐性および成形性に優れたポリカーボネート樹脂を提供する。
【解決手段】式(1)で表される構成単位(A)、およびビスフェノールCに代表される構成単位(B)を全構成単位に対して70モル%以上含むポリカーボネート共重合体であって、全構成単位における構成単位(A)の割合が15~75モル%であることを特徴とするポリカーボネート共重合体とする。
<com:Image com:imageContentCategory="Drawing"> <com:ImageFormatCategory>JPEG</com:ImageFormatCategory> <com:FileName>2024055313000030.jpg</com:FileName> <com:HeightMeasure com:measureUnitCode="Mm">48</com:HeightMeasure> <com:WidthMeasure com:measureUnitCode="Mm">112</com:WidthMeasure> </com:Image>
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
下記式(1)で表される構成単位(A)、および
JPEG
2024055313000021.jpg
48
112
(式中、R

およびR

は夫々独立して、炭素原子数1~6のアルキル基またはハロゲン原子であり、nは1~4の整数を表す。)
下記式(2)で表される構成単位(B)
JPEG
2024055313000022.jpg
29
112
(式中、Wは単結合、下記式(3)~(5)からなる群より選択される少なくとも1種の二価の有機残基、または下記式(6)のいずれかの結合を表し、xおよびyは夫々独立して0または1~4の整数であり、R

およびR

は夫々独立して、ハロゲン原子、または炭素原子数1~10のアルキル基、炭素原子数1~10のアルコキシ基、炭素原子数6~20のシクロアルキル基、炭素原子数6~20のシクロアルコキシ基、炭素原子数6~10のアリール基、炭素原子数7~20のアラルキル基、炭素原子数6~10のアリールオキシ基、および炭素原子数7~20のアラルキルオキシ基からなる群より選択される有機残基を表す。)
JPEG
2024055313000023.jpg
19
110
(式中、R

、R

、R

およびR

は夫々独立して、水素原子、ハロゲン原子、または炭素原子数1~3のアルキル基を表す。)
JPEG
2024055313000024.jpg
21
111
(式中、R

およびR
10
は夫々独立して、水素原子、ハロゲン原子または炭素原子数1~3のアルキル基を表す。)
JPEG
2024055313000025.jpg
20
113
(式中、R
11
及びR
12
は夫々独立して、水素原子、メチル基を表し、Zは炭素原子と結合して置換基を有してもよい炭素原子数6~12の脂環式炭化水素を形成する基を示す。)
JPEG
2024055313000026.jpg
23
109
を全構成単位に対して70モル%以上含むポリカーボネート共重合体であって、全構成単位における構成単位(A)の割合が15~75モル%であることを特徴とするポリカーボネート共重合体。
続きを表示(約 970 文字)【請求項2】
前記式(1)で表される繰り返し単位(A)が下記式(7)で表される繰り返し単位である請求項1に記載のポリカーボネート共重合体。
JPEG
2024055313000027.jpg
47
107
(式中、R
13
およびR
14
は夫々独立して炭素原子数1~6のアルキル基を表す。)
【請求項3】
前記式(2)で表される繰り返し単位(B)が下記式(8)で表される繰り返し単位である請求項1に記載のポリカーボネート共重合体。
JPEG
2024055313000028.jpg
29
109
(式中、R
15
およびR
16
は夫々独立して、水素原子、または炭素原子数1~10のアルキル基、Xは、単結合もしくは下記式(9)
JPEG
2024055313000029.jpg
22
112
で表される2価の少なくとも1つの基を示す。)
【請求項4】
ガラス転移温度が130~200℃である請求項1に記載のポリカーボネート共重合体。
【請求項5】
ISO/TS19278記載のプラスチック-硬さ測定のための計装化マイクロ押込み硬さ試験に準拠して測定された押し込み硬さが200~400(N/mm

)の範囲であり、且つJIS K5600-5-4記載のひっかき硬度(鉛筆法)に準拠して測定された鉛筆硬度が3H以上である請求項1に記載のポリカーボネート共重合体。
【請求項6】
粘度平均分子量が15,000~40,000である請求項1に記載のポリカーボネート共重合体。
【請求項7】
請求項1~6のいずれかに記載のポリカーボネート共重合体を射出成形してなる成形品。
【請求項8】
請求項1~6のいずれかに記載のポリカーボネート共重合体を押出成形してなるシートまたはフィルム。
【請求項9】
請求項7の成形品を用いた自動車用内装部品。
【請求項10】
請求項8のシートまたはフィルムを用いた自動車用内装部品。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、耐傷つき性、耐熱性、成形性に優れ、アミンを含む塩基性環境下に暴露された条件において、ポリマー分解を抑制することが可能なポリカーボネート樹脂に関する。また、本発明は、自動車用内装部品の製造に好適なポリカーボネート樹脂成形品(シート、フィルム等)に関する。さらに、本発明は特定の構成単位を有するポリカーボネート樹脂からなる耐傷つき性、耐熱性、成形性、アミン耐性に優れた自動車用内装部品に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
ポリウレタンフォームは、ポリオールとポリイソシアネートを主原料に製造され、発泡剤、整泡剤、触媒、着色剤などを混合し、樹脂化させながら発泡させたものであり、特に自動車分野において、座席用クッション、ドアトリム、ヘッドレスト、アームレスト、ハンドル、床天井等吸音・制振材、緩衝材、サンバイザ等広く用いられている。触媒として用いられる三級アミン化合物は、ポリウレタンフォームの樹脂化や発泡・膨張の反応において、不可欠な物質であるが、アミン触媒は製造後のポリウレタンフォームから徐々に揮発し、他内装部品の変色や白化を引き起こすことが知られている。
【0003】
また、自動車分野において、環境負荷低減、生産効率の向上を目的に、内装部品の塗装レス化が検討されており、表面保護を目的としたコーティング処理を不要とした塗装レス材料が求められている。したがって、このような塗装レス材料には、耐傷つき性とアミン耐性が必要となる。
【0004】
ポリカーボネート樹脂は、透明性、耐衝撃性、耐熱性、寸法安定性に優れていることから、エンジニアリングプラスチックとして、電気・電子機器の筐体、自動車内装・外装部品、建材、家具、楽器、雑貨類などの幅広い分野で使用されている。さらに、無機ガラスと比較し、比重が低く軽量化が可能であり、生産性に優れているため、自動車等の窓用途に使用されている。
【0005】
さらに、ポリカーボネート樹脂を用いたシートやフィルムは、コーティング処理、積層体、表面修飾等の付加的な二次加工を施すことにより、自動車内装の各種表示装置、保護用部品として広く使用されている。
【0006】
しかしながら、コーティング処理を施していないポリカーボネート樹脂は、アミンを含む塩基性環境下に暴露されるとポリマーが分解し、成形品表面が白化することが課題である。さらに、JIS K5600-5-4に記載の塗料一般試験方法-第5部:塗膜の機械的性質-第4節:引っかき硬度(鉛筆法)に準拠して測定したポリカーボネート樹脂の鉛筆硬度は2B程度に過ぎず、塗装レス材料として、表面に傷が付きやすいことが課題である。
【0007】
そこで、2,2-ビス(4-ヒドロキシ-3-メチルフェニル)プロパンを構成単位とするポリカーボネートやコポリカーボネートが、耐傷つき性に優れていることが記載されている。(例えば、特許文献1~5)該ポリカーボネート樹脂は、耐傷つき性は向上するが、耐熱性が劣る。
【0008】
そこで、2-フェニル-3,3-ビス(p-ヒドロキシフェニル)フタルイミジンを単独、またはビスフェノールAと共重合したポリカーボネート樹脂が高い耐熱性を有することが知られている。(例えば、特許文献6~9)該ポリカーボネート樹脂は、耐熱性は向上するが、アミン耐性に劣ることが課題である。更に、ガラス転移温度が200℃を超えるポリカーボネート樹脂は、成形時の流動性が悪く、成形品の外観不良や黄変を引き起こすため、成形性が劣る。
したがって、耐傷つき性、耐熱性、アミン耐性、および成形性に優れたポリカーボネート樹脂は未だ存在しない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0009】
特開昭64-069625号公報
特開平08-183852号公報
特開平08-034846号公報
特開2002-117580号公報
特開2003-252978号公報
特開平06-82624号公報
特表2009-517537号公報
特表2009-517530号公報
特開2005-290378号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
本発明の目的は、耐傷つき性、耐熱性、アミン耐性および成形性に優れたポリカーボネート樹脂を提供することにある。また、本発明の目的は、殊に自動車内装部品に好適なポリカーボネート樹脂成形品を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

帝人株式会社
車両構造体
22日前
帝人株式会社
医療用組成物
3日前
帝人株式会社
衝撃吸収部材
8日前
帝人株式会社
圧力容器のためのプリプレグ
29日前
帝人株式会社
圧力容器のためのプリプレグ
29日前
帝人株式会社
熱可塑性樹脂組成物およびそれからなる成形品
10日前
帝人株式会社
ゴム補強用複合繊維コードおよびその製造方法
14日前
帝人株式会社
熱可塑性樹脂組成物およびそれからなる成形品
21日前
帝人株式会社
酸素供給装置、小動物用ケージ内の酸素濃度及び/又は二酸化炭素濃度を制御する方法、並びに小動物用ケージ
1か月前
国立大学法人東京工業大学
(R)-(-)又は(S)-(+)-3-ヒドロキシ-2-メチルプロピオン酸単位を含むポリマーの製造方法
24日前
株式会社 レオロジー機能食品研究所
プラズマローゲン含有組成物、プラズマローゲンの製造方法、プラズマローゲン合成促進用培地、抗炎症剤、抗炎症用経口組成物、認知機能改善剤、認知機能改善用経口組成物、神経細胞死抑制剤及び神経細胞死抑制用経口組成物
1か月前
東ソー株式会社
ゴム組成物
27日前
東ソー株式会社
ゴム組成物
1か月前
東レ株式会社
多孔質フィルム
3か月前
株式会社ナリス化粧品
構造体
1か月前
三菱ケミカル株式会社
積層体
2か月前
三洋化成工業株式会社
複合粒子
28日前
株式会社日本触媒
硬化性組成物
7日前
三菱ケミカル株式会社
樹脂組成物
3か月前
株式会社ラボ
離型フィルム
20日前
東ソー株式会社
ソールゴム用改質剤
1か月前
ユニチカ株式会社
ポリアミドイミド
22日前
株式会社松風
光硬化性組成物
2か月前
東レ株式会社
ポリエステルフィルム
29日前
東レ株式会社
ポリアミド樹脂組成物
2か月前
花王株式会社
乳化組成物
27日前
株式会社日本触媒
無機粒子含有分散体
3か月前
テクノUMG株式会社
物品
3か月前
アイカ工業株式会社
ホットメルト組成物
2か月前
AGC株式会社
水性分散液
2か月前
三洋化成工業株式会社
成形用樹脂組成物
24日前
三菱ケミカル株式会社
成形体
1か月前
株式会社カネカ
樹脂組成物およびフィルム
3か月前
ユニチカ株式会社
多孔質ポリアミドイミド
2か月前
松本油脂製薬株式会社
樹脂粒子及びその用途
1か月前
松本油脂製薬株式会社
樹脂粒子及びその用途
2か月前
続きを見る