TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024054957
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-18
出願番号2022161447
出願日2022-10-06
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人
主分類G03G 21/00 20060101AFI20240411BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】種類の異なる複数枚の用紙への連続した画像形成を、従来よりも高速に行うことができる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置は、用紙の搬送速度が可変であり、複数の種類の用紙に連続して画像を印刷することができる。画像形成装置は、連続して画像を印刷しているときに該印刷の中断が発生するページ数と、搬送速度を切り替えるページ番号とを比較し、比較の結果に応じて用紙の搬送速度を決定するCPU222を備えることを特徴とする、
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
用紙の搬送速度が可変であり、複数の種類の用紙に連続して画像を印刷することができる画像形成装置であって、
連続して画像を印刷しているときに該印刷の中断が発生するページ数と、搬送速度を切り替えるページ番号とを比較し、比較の結果に応じて用紙の搬送速度を決定する制御手段を備えることを特徴とする、
画像形成装置。
続きを表示(約 1,700 文字)【請求項2】
前記制御手段は、前記ページ番号が前記ページ数以上の場合に前記搬送速度を第1の搬送速度に決定し、前記ページ番号が前記ページ数より小さい場合に前記搬送速度を前記第1の速度よりも低速の第2の搬送速度に決定することを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項3】
画像を印刷する用紙の特徴を表す複数のページ情報を、印刷ジョブに先行して取得する取得手段をさらに備えており、
前記制御手段は、前記複数のページ情報に基づいてページ毎の前記搬送速度を判定し、ページ毎の前記搬送速度により、前記搬送速度を切り替える前記ページ番号を決定することを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記制御手段は、前記ページ情報に含まれる前記用紙の特徴により、該ページの搬送速度を判定することを特徴とする、
請求項3記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記ページ情報に含まれる前記用紙の特徴は、該用紙の坪量であることを特徴とする、
請求項4記載の画像形成装置。
【請求項6】
加熱することで前記用紙に画像を定着させる定着手段をさらに備えており、
前記制御手段は、前記ページ情報が表す前記用紙の前記特徴に基づいて、前記定着手段が前記用紙を加熱するときの定着温度を設定することを特徴とする、
請求項3記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記用紙を収容する給紙手段をさらに備えており、
前記制御手段は、前記給紙手段に収容される前記用紙の残量に基づいて、前記印刷の中断が発生する前記ページ数を決定することを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記画像を現像剤により現像するための現像手段と、
前記現像手段に前記現像剤を補給するトナー補給手段と、
前記トナー補給手段の内部のトナー残量を検知するセンサと、をさらに備えており、
前記制御手段は、前記センサにより検知された前記トナー残量と1回の印刷処理によるトナー消費量とにより、前記印刷の中断が発生する前記ページ数を決定することを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項9】
像担持体と、
前記像担持体の表面を帯電させる帯電手段と、
前記帯電手段により帯電された前記像担持体の表面を露光することで、前記像担持体に静電潜像を形成する露光手段と、
前記静電潜像を現像することで、前記像担持体に画像を形成する現像手段と、
前記現像手段により現像された画像を前記像担持体から前記用紙に転写する転写手段と、
前記像担持体からの転写後に前記像担持体に残留する現像剤が回収されて収容される回収ボックスと、
前記回収ボックスに回収されたトナー量を検知するセンサと、をさらに備えており、
前記制御手段は、前記センサにより検知された前記トナー量と前記回収ボックスのトナーの満載量との差と、1回の印刷処理によるトナー回収量とにより、前記印刷の中断が発生する前記ページ数を決定することを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。
【請求項10】
像担持体と、
前記像担持体の表面を帯電させる帯電手段と、
前記帯電手段により帯電された前記像担持体の表面を露光することで、前記像担持体に静電潜像を形成する露光手段と、
前記静電潜像を現像することで、前記像担持体に画像を形成する現像手段と、
前記現像手段により現像された画像を前記像担持体から前記用紙に転写する転写手段と、をさらに備えており、
前記制御手段は、前記帯電手段を印刷が所定回数行われるたびに自動調整し、印刷回数が前記所定回数になるまでの回数により、前記印刷の中断が発生する前記ページ数を決定することを特徴とする、
請求項1記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、プリンタ、複写機、ファクシミリ、複合機等の画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
種類の異なる複数枚の用紙に連続して印刷処理を実行する画像形成装置が実用化されている。例えば、表紙に厚紙を用い、以降の本文が印刷される用紙に薄紙を用いる場合には、画像形成装置のこのような機能は有効である。また、スキャナで複数の原稿群を一度にスキャンしておき、最初にスキャンした原稿群については薄紙に複写し、次にスキャンした原稿群については厚紙に複写する場合にも、画像形成装置のこのような機能は有効である。さらに、このような画像形成装置は、パーソナルコンピュータ等のクライアント装置から入力される複数の画像データ毎に用紙の種類を変えて印刷を行うといった処理も実現できる。
【0003】
複数種類の用紙への連続した印刷処理を実行するためには、用紙に画像を定着させる定着器の定着温度や、定着器を通過する際の用紙の搬送速度を、用紙の種類に応じて適宜調整する必要がある。これは、例えば熱容量の大きい厚手の用紙と熱容量の小さい薄手の用紙とでは、一定の定着性を保つために必要な熱量に差があるためである。そのために用紙の種類が変更された直後は、定着温度が所定の温度になるか、搬送速度が所定の速度に変更されるまで、印刷処理が中断されてしまう。これにより種類の異なる複数枚の用紙に連続して印刷処理を行う場合、トータルの印刷処理に長時間かかってしまう。
【0004】
特許文献1は、定着温度を切り替えて画質を優先する画質優先モードと、定着温度の切り替えを行わずに印刷終了までの時間を優先する速度優先モードと、で動作する画像形成装置を提案する。この画像形成装置は、ユーザにより選択されたモードに基づいて印刷処理を行う。速度優先モードでは、用紙の種類による定着温度の切り替えが行われないために、定着温度の切り替えによる印刷処理の長時間化が防止される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2005-321478号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
用紙には、定着温度の設定の変更に加えて、搬送速度を通常よりも低速にしなければ一定の定着性を確保できない厚紙が存在する。このような厚紙への画像の印刷は、定着温度の切り替えだけでなく、搬送速度の切り替えに要する時間もかかってしまう。
【0007】
そこで、連続して印刷する複数ページのページ情報を先行して取得し、取得したページ情報に基づいて定着温度の切り替えと用紙の搬送時間を含めた印刷完了までの時間が最短になるように、用紙の搬送速度を予測する方法が考えられている。ページ情報には、印刷に用いる用紙の特徴を表す情報が含まれており、これにより定着温度と搬送速度が決定される。定着温度の切替時間の影響を少なくするために最適な搬送速度に設定したにもかかわらず、用紙切れ等の要因により印刷が中断することで、トータルの印刷時間が長くなる場合がある。
【0008】
本発明は、上述の問題に鑑み、種類の異なる複数枚の用紙への連続した画像の印刷を、印刷の途中で中断しても従来よりも高速に行うことができる画像形成装置を提供することを主たる目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明の画像形成装置は、用紙の搬送速度が可変であり、複数の種類の用紙に連続して画像を印刷することができる画像形成装置であって、連続して画像を印刷しているときに該印刷の中断が発生するページ数と、搬送速度を切り替えるページ番号とを比較し、比較の結果に応じて用紙の搬送速度を決定する制御手段を備えることを特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、種類の異なる複数枚の用紙への連続した画像形成を、従来よりも高速に行うことが可能となる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
1日前
キヤノン株式会社
定着装置
13日前
キヤノン株式会社
記録装置
3日前
キヤノン株式会社
記録装置
16日前
キヤノン株式会社
撮像装置
10日前
キヤノン株式会社
撮像装置
9日前
キヤノン株式会社
通信装置
1日前
キヤノン株式会社
レンズ鏡筒
今日
キヤノン株式会社
露光ヘッド
13日前
キヤノン株式会社
光走査装置
13日前
キヤノン株式会社
面状発熱体
6日前
キヤノン株式会社
定着用回転体
17日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
今日
キヤノン株式会社
画像形成装置
16日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
16日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
情報処理装置
3日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
15日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
7日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
9日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
3日前
キヤノン株式会社
画像読取装置
16日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
16日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
10日前
続きを見る