TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024053733
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-16
出願番号2022160117
出願日2022-10-04
発明の名称セメントクリンカ製造設備
出願人株式会社トクヤマ
代理人個人,個人
主分類C04B 7/60 20060101AFI20240409BHJP(セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物)
要約【課題】水銀を効率的に除去することが可能なセメントクリンカの製造設備を提供すること。
【解決手段】原料調製装置2と、焼成装置3と、水銀除去装置4とを備え、水銀除去装置4が、原料調製装置2又は焼成装置3から排出される排ガス中のダストを捕集して回収するダスト回収装置41と、ダスト回収装置41で回収したダストを加熱して、ダストに付着した水銀を気化する水銀気化チャンバー42と、水銀気化チャンバー42で気化した水銀を吸着材に吸着させる水銀吸着チャンバー43とを備えているセメントクリンカ製造設備1である。
【選択図】図1


特許請求の範囲【請求項1】
原料調製装置と、焼成装置と、水銀除去装置とを備えたセメントクリンカ製造設備であって、
前記水銀除去装置は、
前記原料調製装置又は焼成装置から排出される排ガス中のダストを捕集して回収するダスト回収装置と、
前記ダスト回収装置で回収したダストを加熱して、ダストに吸着した水銀を気化する水銀気化チャンバーと、
前記水銀気化チャンバーで気化した水銀を吸着材に吸着させる水銀吸着チャンバーと、を備え、
前記水銀吸着チャンバーが、
回転軸及び該回転軸に設けられた撹拌翼を具備し、前記水銀吸着チャンバー内に収容した吸着材が流動するよう高速撹拌する高速撹拌手段と、
前記水銀気化チャンバーで気化した水銀を導入する水銀ガス導入手段と、
追加の吸着材を連続的又は断続的に投入する吸着材投入手段と、
水銀が吸着した吸着材を連続的又は断続的に排出する吸着材排出手段と、
を備えていることを特徴とするセメントクリンカ製造装置。
続きを表示(約 500 文字)【請求項2】
前記水銀吸着チャンバーの容量が、前記水銀気化チャンバーの容量よりも小さいことを特徴とする請求項1記載のセメントクリンカ製造設備。
【請求項3】
前記水銀気化チャンバーが、チャンバー内を370℃以上に保持する加熱手段を備えると共に、前記水銀吸着チャンバーが、チャンバー内を100℃超200℃以下に保持する加熱手段を備えていることを特徴とする請求項1又は2記載のセメントクリンカ製造設備。
【請求項4】
前記吸着材が、セメントダスト、飛灰、及び石炭灰から選択される少なくとも1種であることを特徴とする請求項1又は2記載のセメントクリンカ製造設備。
【請求項5】
前記水銀除去装置が、前記水銀吸着チャンバーで吸着材に吸着させた水銀を分離して回収する水銀分離回収装置を備えていることを特徴とする請求項1又は2記載のセメントクリンカ製造設備。
【請求項6】
前記水銀分離回収装置が、水銀を分離した吸着材を、原料調製装置又は焼成装置に導入する吸着材導入手段を備えていることを特徴とする請求項5記載のセメントクリンカ製造設備。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、水銀を除去しつつセメントクリンカを製造するセメントクリンカの製造設備に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
セメントクリンカの製造工程において用いられる石灰石等の天然原料、石炭や重油等の燃料あるいは汚泥や焼却灰等の廃棄物に水銀(水銀化合物を含む)が含有されている場合、ロータリーキルンなどのセメントクリンカ製造設備の高温部においては、水銀は気化して水銀ガスとなる。このロータリーキルンで発生した水銀ガスを含む排ガスは、その余熱を原料の乾燥等に用いる目的で、原料調製装置の原料乾燥機等に送られる。原料乾燥機等を通過した後の排ガスは、バグフィルタや電気集塵機などのダスト回収装置に送られ、排ガスに含まれるダストが捕集される。このダストには、水銀が温度の低下に伴って凝縮して付着し、あるいは凝縮しないものでも当該ダストに吸着(本発明においては両者を併せて単に「付着」という。)されることから、このダストを捕集することにより、排ガス中から水銀が除去される。一方、捕集されたダストは、セメントクリンカ原料として再利用される。
【0003】
しかしながら、上述したようにセメントクリンカ製造設備内に持ち込まれた原料や燃料に含まれる水銀の量が多い場合などには、排ガスと共にダスト回収装置に送られた水銀ガスがダストに付着し切れずに、その状態のまま排ガスとともに煙突から大気へ放出されてしまうおそれがある。
【0004】
このような課題を解決するものとして、例えば、特許文献1には、「燃焼排ガスの水銀除去方法」という名称で、セメント製造設備で発生する燃焼排ガスに含まれる水銀を低コストで容易に除去することが可能な方法に関する発明が開示されている。
【0005】
特許文献1に開示された発明は、セメント製造設備のサスペンションプレヒータの最上段のサイクロンから排出される燃焼排ガスを石炭乾燥粉砕装置に導入し、この石炭乾燥粉砕装置において石炭の粉砕によって得られた微粉炭に当該燃焼排ガスに含まれる水銀を吸着させた後、燃焼排ガスと微粉炭をバグフィルタに導入して微粉炭のみを捕集することにより燃焼排ガスを清浄化することを特徴とする。
【0006】
このようにセメント製造設備の付帯設備である石炭乾燥粉砕装置を用いる当該水銀除去方法によれば、新たに水銀除去用の装置を設置する必要がないことから、燃焼排ガスの清浄化を低コストで容易に行うことができる。
【0007】
また、特許文献2には、「セメントキルンの排ガスの処理方法」という名称で、各種の廃棄物が原料や燃料として用いられるセメントキルンにおいて発生する排ガスから水銀、有機塩素化合物及びダストを除去する方法に関する発明が開示されている。
【0008】
特許文献2に開示された発明は、集塵機から排ガスを抽出して吸着塔に送り、排ガスに含まれる水銀及び有機塩素化合物を吸着塔において活性炭や微粉炭に吸着させた後、この活性炭や微粉炭を加熱炉にて400℃以上に加熱して水銀や有機塩素化合物を除去するとともに、この工程で得られた活性炭や微粉炭をセメントキルンに投入することを特徴とする。
【0009】
このようなセメントキルンの排ガスの処理方法によれば、水銀及び有機塩素化合物を除去するための加熱炉の小型化と、加熱に要するエネルギーの削減が可能となる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0010】
特開2010-75784号公報
特開2006-96615号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社トクヤマ
電解装置
11日前
株式会社トクヤマ
ライナー、ティートカップ及び搾乳装置
11日前
株式会社トクヤマ
シリコンエッチング液、シリコン基板の処理方法および半導体デバイスの製造方法
11日前
株式会社トクヤマ
シリコンエッチング液及び該エッチング液を用いたシリコンデバイスの製造方法
17日前
東ソー株式会社
焼結体
3か月前
京セラ株式会社
誘電体磁器組成物
3か月前
花王株式会社
湿式吹付工法
1か月前
花王株式会社
水硬性組成物用早強剤
2か月前
花王株式会社
水硬性組成物用早強剤
2か月前
花王株式会社
気泡含有水硬性組成物
1か月前
日本特殊陶業株式会社
接合体
20日前
花王株式会社
吹付用水硬性組成物
1か月前
花王株式会社
押出成形水硬性組成物
1か月前
JFEスチール株式会社
スラグのエージング方法
1か月前
株式会社ウイテン
耐熱粘土原料および耐熱陶磁器
1か月前
クアーズテック合同会社
アルミナ焼結体部材
2か月前
株式会社トクヤマ
セメントクリンカ製造設備
3か月前
太平洋セメント株式会社
セメント組成物
2か月前
デンカ株式会社
電気化学的処理管理方法
25日前
太平洋マテリアル株式会社
水硬性組成物およびその製造方法
1か月前
太平洋セメント株式会社
セメント組成物
2か月前
川田建設株式会社
コンクリート構造物の塩分除去方法
2か月前
TOTO株式会社
陶器素地
5日前
太平洋セメント株式会社
セメント組成物
2か月前
Deep Tech Japan株式会社
建築用材料
14日前
JFEスチール株式会社
スラグの蒸気エージング方法
1か月前
花王株式会社
水硬性組成物用起泡剤組成物
1か月前
花王株式会社
粘土含有石膏組成物用分散剤
1か月前
太平洋セメント株式会社
セメント質組成物
2か月前
個人
フライアッシュと石膏とを原材料とする焼結体の作製利用法
11日前
川崎重工業株式会社
下向き分岐ダクト
5日前
株式会社大林組
水和反応物生成方法
18日前
東ソー株式会社
焼結体
3か月前
東ソー株式会社
焼結体
3か月前
TOTO株式会社
釉薬層を備えた陶器
5日前
クアーズテック合同会社
窒化ケイ素結合炭化ケイ素耐火物
6日前
続きを見る