TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024053452
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-15
出願番号2022159750
出願日2022-10-03
発明の名称半導体スイッチ
出願人株式会社東芝,東芝デバイス&ストレージ株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類H03K 17/687 20060101AFI20240408BHJP(基本電子回路)
要約
【課題】より短い時間で導通状態となる半導体スイッチを提供する。
【解決手段】本実施形態によれば、半導体体スイッチは、スイッチングトランジスタと、送信素子と、受信素子と、電源回路と、を備える。スイッチングトランジスタは、一対の出力端子間に接続される。送信素子は、入力信号が入力される。受信素子は、送信素子への入力信号の入力に基づき、送信素子と絶縁状態で第1電流を生成する。電源回路は、第1電流の発生に応じて、電源電流をスイッチングトランジスタの制御電極に供給する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
一対の出力端子間に接続されるスイッチングトランジスタと、
入力信号が入力される送信素子と、
前記送信素子への前記入力信号の入力に基づき、前記送信素子と絶縁状態で第1電流を生成する受信素子と
前記第1電流の発生に応じて、電源電流を前記スイッチングトランジスタの制御電極に供給する電源回路と、
を備える、半導体スイッチ。
続きを表示(約 1,700 文字)【請求項2】
前記送信素子は、入力信号の入力に基づき発光する第1発光素子であり、
前記受信素子は、光を受けた時に光起電力を発生する第1光起電力素子を少なくとも有しており、
光を受けた時に光起電力を発生する第2光起電力素子を更に備え、
前記電源回路は、所定の電圧に達した前記第2光起電力素子から供給される電流に応じて、前記電源電流を出力する、請求項1に記載の半導体スイッチ。
【請求項3】
第2発光素子を更に備え、
前記第2光起電力素子は、前記第2発光素子からの光を受けた時に光起電力を発生し、
前記第2発光素子は、前記第1発光素子よりも前に点灯される、請求項2に記載の半導体スイッチ。
【請求項4】
前記スイッチングトランジスタは、第1MOSFETと第2MOSFETとが前記一対の出力端子間に直列に接続され、前記第1MOSFETと前記第2MOSFETとのソース同士が互いに結合され、
前記制御電極は、前記第1MOSFETと前記第2MOSFETとのゲートであり、
前記第1MOSFET、及び前記第2MOSFETは、前記第1光起電力素子が生成する電流に加えて、前記電源電流により充電され、導通状態になる、請求項3に記載の半導体スイッチ。
【請求項5】
前記第1光起電力素子の正極側の一端に接続される電流分流回路を更に備え、
前記電流分流回路の一方の出力ノードは前記電源回路に接続され、
前記電流分流回路の他方の出力ノードは前記制御電極に接続され、
前記電源回路は、前記電流分流回路の前記一方の出力ノードから供給される電流に応じて、前記電源電流を出力する、請求項4に記載の半導体スイッチ。
【請求項6】
前記一対の出力端子間に双方向に流れる過電流を検知可能である電流検知回路と、
前記電流検知回路の出力値に応じて、前記第1MOSFET、及び前記第2MOSFETのゲートを所定の低電位にし、非導通状態にする保護回路と、
を更に備える、請求項5に記載の半導体スイッチ。
【請求項7】
前記保護回路は、前記電源回路から供給される駆動電流により駆動される、請求項6に記載の半導体スイッチ。
【請求項8】
前記電流検知回路は、直列接続された第3MOSFET、第1検知抵抗、第2検知抵抗、及び第4MOSFETを有し、
前記第3MOSFETのドレインが前記出力端子間の一方
に接続され、前記第3MOSFETのソースが前記第1検知抵抗の一端に接続され、前記第1検知抵抗の他端が前記第2検知抵抗の一端に接続され、前記第2検知抵抗の他端が前記第4MOSFETのソースに接続され、前記第4MOSFETのドレインが前記出力端子間の他方に接続され、
前記電源回路は、前記電流分流回路の前記一方の出力ノードから供給される電流に応じて、前記第3MOSFETのゲートと、前記第4MOSFETとのゲートに前記電源電流を供給し、
前記保護回路には、前記第1検知抵抗の第1両端電圧、及び前記第2検知抵抗の第2両端電圧が前記出力値として供給され、
前記保護回路は、前記第1両端電圧、及び前記第2両端電圧の少なくとも一方が設定電圧を超えた場合に、前記第1MOSFET、前記第2MOSFET、前記第3MOSFET、及び前記第4MOSFETのゲートを前記所定の低電位にする、請求項6に記載の半導体スイッチ。
【請求項9】
前記保護回路は、
所定の設定温度を超えたことを示す出力信号を出力する加熱保護回路を更に有し、
前記保護回路は、前記出力信号に応じて、前記第1MOSFET、及び前記第2MOSFETのゲートを前記所定の低電位にする、請求項8に記載の半導体スイッチ。
【請求項10】
前記電源回路は、定電圧源から供給される電源電流を、前記制御電極に供給する、請求項1に記載の半導体スイッチ。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明の実施形態は、半導体スイッチに関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
従来、この種の半導体スイッチは、入力信号に応じて発光する発光素子の光を受光して光起電力を発生する光起電力素子を有する。また、この光起電力が印可され、ゲート-ソース間に電荷が充電されることにより、導通状態に変化する出力用のスイッチングトランジスタを有する。ところが、電荷が充電されるまでに時間がかかってしまう。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特許第3498694号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明が解決しようとする課題は、より短い時間でスイッチングトランジスタを導通状態にすることが可能な半導体スイッチを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本実施形態によれば、半導体体スイッチは、スイッチングトランジスタと、送信素子と、受信素子と、電源回路と、を備える。スイッチングトランジスタは、一対の出力端子間に接続される。送信素子は、入力信号が入力される。受信素子は、送信素子への入力信号の入力に基づき、送信素子と絶縁状態で第1電流を生成する。電源回路は、第1電流の発生に応じて、電源電流をスイッチングトランジスタの制御電極に供給する。
【図面の簡単な説明】
【0006】
第1実施形態に係る半導体スイッチの半導体集積回路例を示す図。
第1実施形態に係る半導体スイッチの構成例を示す回路図。
第2実施形態に係る半導体スイッチの半導体集積回路例を示す図。
第2実施形態に係る半導体スイッチの構成例を示す回路図。
第3実施形態に係る半導体スイッチの半導体集積回路例を示す図。
第3実施形態に係る半導体スイッチの構成例を示す回路図。
第4実施形態に係る半導体スイッチの概略的なブロック図。
容量結合の回路例を模式的に示す図。
磁気結合の回路例を模式的に示す図。
第4実施形態に係る半導体スイッチにおける別の概略的なブロック図。
容量結合の回路例を模式的に示す図。
磁気結合の回路例を模式的に示す図。
第4実施形態に係る半導体スイッチにおける更に別の概略的なブロック図。
【発明を実施するための形態】
【0007】
以下、図面を参照して本発明の実施形態を説明する。以下の実施形態では、半導体スイッチの特徴的な構成および動作を中心に説明するが、半導体スイッチには以下の説明で省略した構成および動作が存在しうる。
【0008】
(第1実施形態)
図1は、第1実施形態に係る半導体スイッチ1aの半導体集積回路例を示す概略構成図である。第1実施形態に係る半導体スイッチ1aは、例えば、4ピンの半導体集積回路として構成される。端子10aがアノード(Anode2)端子であり、端子10bがカソード(Cathode)端子であり、端子10cが第1出力(O1)端子であり、端子10dが第2出力(O2)端子である。
【0009】
図2は、図1で示した4ピンの半導体集積回路における半導体スイッチ1aの構成例を示す回路図である。図2に示すように、半導体スイッチ1aは、より短い時間で端子10c、10d間を導通状態することが可能である半導体スイッチである。この半導体スイッチ1aは、発光素子13と、第1フォトダイオードアレイ16と、第2フォトダイオードアレイ18と、電流分流回路20と、電源回路22と、ゲート抵抗24と、Nchスイッチングトランジスタ26a、26bと、過電流検知回路28と、保護回路34と、Nchスイッチングトランジスタ36と、VG1_int放電回路38と、双方向ツェナーダイオード41a、41bと、複数のダイオード44~52と、を、備える。また、保護回路34は、過熱保護回路34aと、過電流保護回路34bと、論理和回路34cと、を有する。さらにまた、VG1_int放電回路38は、Nchディプレションスイッチングトランジスタ40と、バイポーラトランジスタ42と、抵抗R1とを有する。
【0010】
発光素子13は、例えば発光ダイオードである。この発光素子13は、入力端子10aと、入力端子10bとの間に入力される入力信号に応じて光信号を発光する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社東芝
発電設備
2か月前
株式会社東芝
開閉装置
3日前
株式会社東芝
通信装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
打込み治具
23日前
株式会社東芝
半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体装置
13日前
株式会社東芝
レーダ装置
1か月前
株式会社東芝
検査システム
18日前
株式会社東芝
磁気記録装置
3日前
株式会社東芝
ディスク装置
3日前
株式会社東芝
電子モジュール
3日前
株式会社東芝
加速器システム
1か月前
株式会社東芝
半導体スイッチ
2か月前
株式会社東芝
配電盤用端子導体
1か月前
株式会社東芝
半導体モジュール
17日前
株式会社東芝
アレイアンテナ装置
2か月前
株式会社東芝
高周波バイアス回路
20日前
株式会社東芝
暗号鍵管理システム
23日前
株式会社東芝
モールド真空バルブ
1か月前
株式会社東芝
負荷時タップ切換器
5日前
株式会社東芝
プラズマ水処理装置
2か月前
株式会社東芝
フォトニック集積回路
1か月前
株式会社東芝
回転子および回転電機
1か月前
株式会社東芝
投入装置及びシステム
2か月前
株式会社東芝
電気車及び鉄道システム
1か月前
株式会社東芝
光検出装置及び測距装置
3日前
株式会社東芝
フォトニックアセンブリ
1か月前
株式会社東芝
タービン動翼の固定構造
13日前
株式会社東芝
増幅回路及び光検出装置
5日前
株式会社東芝
無人飛行体の着陸システム
23日前
株式会社東芝
収集装置およびプログラム
1か月前
株式会社東芝
発電システムおよび制御装置
3日前
株式会社東芝
窒化物半導体及び半導体装置
1か月前
株式会社東芝
半導体構造体及び半導体装置
1か月前
株式会社東芝
制御システム、及び制御装置
2か月前
続きを見る