TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024053347
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-15
出願番号2022159553
出願日2022-10-03
発明の名称排出装置
出願人理想科学工業株式会社
代理人個人
主分類B65H 31/38 20060101AFI20240408BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】オフセット動作および整合動作を行う排出装置において、シートの位置ずれや画像不良を発生させることなく、十分な整合処理を行う排出装置を提供する。
【解決手段】シートが積載される積載台31と、シートの排出方向前側の先端位置を規制するエンドフェンス34および排出方向後ろ側の先端位置を規制するオフセットガイド35と、シートの排出方向に直交する方向の右側の側端の位置を規制するサイドフェンス32および左側の側端の位置を規制するサイドフェンス33を備え、排出方向前側にシートをオフセットさせた場合には、オフセットガイド35を除くエンドフェンス34、サイドフェンス32,33を整合動作させて整合処理を行い、排出方向後ろ側にシートをオフセットさせた場合には、エンドフェンス34を除くオフセットガイド35、サイドフェンス32,33を整合動作させて整合処理を行う。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
所定の排出方向に排出されたシートが積載される積載台と、
前記シートの排出方向前側の先端位置を規制する前側規制部材および前記排出方向後ろ側の先端位置を規制する後ろ側規制部材と、
前記シートの前記排出方向に直交する方向の右側の側端の位置を規制する右側規制部材および左側の側端の位置を規制する左側規制部材と、
前記前側規制部材および前記後ろ側規制部材を排出方向前側または排出方向後ろ側に移動させて前記積載台に積載されるシートをオフセットさせる制御部とを備え、
前記制御部が、前記排出方向前側に前記シートをオフセットさせた場合には、前記後ろ側規制部材を除く前記前側規制部材、前記右側規制部材および前記左側規制部材を整合動作させて整合処理を行い、前記排出方向後ろ側に前記シートをオフセットさせた場合には、前記前側規制部材を除く前記後ろ側規制部材、前記右側規制部材および前記左側規制部材を整合動作させて整合処理を行う排出装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記制御部が、前記排出方向前側に前記シートをオフセットさせた場合、前記シートの積載枚数に応じた前記積載台の移動によって、前記後ろ側規制部材が前記積載台に積載された最上位のシートの表面から離れた場合も、前記後ろ側規制部材を除く前記前側規制部材、前記右側規制部材および前記左側規制部材の整合動作を継続し、
前記排出方向後ろ側に前記シートをオフセットさせた場合、前記シートの積載枚数に応じた前記積載台の移動によって、前記前側規制部材が前記積載台に積載された最上位のシートの表面から離れた場合も、前記前側規制部材を除く前記後ろ側規制部材、前記右側規制部材および前記左側規制部材の整合動作を継続する請求項1記載の排出装置。
【請求項3】
所定の排出方向に排出されたシートが積載される積載台と、
前記シートの排出方向前側の先端位置を規制する前側規制部材および前記排出方向後ろ側の先端位置を規制する後ろ側規制部材と、
前記シートの前記排出方向に直交する方向の右側の側端の位置を規制する右側規制部材および左側の側端の位置を規制する左側規制部材と、
前記右側規制部材および前記左側規制部材を排出方向に直交する方向の右側または左側に移動させて前記積載台に積載されるシートをオフセットさせる制御部とを備え、
前記制御部が、前記右側に前記シートをオフセットさせた場合には、前記左側規制部材を除く前記右側規制部材、前記前側規制部材および前記後ろ側規制部材を整合動作させて整合処理を行い、前記左側に前記シートをオフセットさせた場合には、前記右側規制部材を除く前記左側規制部材、前記前側規制部材および前記後ろ側規制部材を整合動作させて整合処理を行う排出装置。
【請求項4】
前記制御部が、前記右側に前記シートをオフセットさせた場合、前記シートの積載枚数に応じた前記積載台の移動によって、前記左側規制部材が前記積載台に積載された最上位のシートの表面から離れた場合も、前記左側規制部材を除く前記右側規制部材、前記前側規制部材および前記後ろ側規制部材の整合動作を継続し、
前記左側に前記シートをオフセットさせた場合、前記シートの積載枚数に応じた前記積載台の移動によって、前記右側規制部材が前記積載台に積載された最上位のシートの表面から離れた場合も、前記右側規制部材を除く前記左側規制部材、前記前側規制部材および前記後ろ側規制部材の整合動作を継続する請求項3記載の排出装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、用紙等のシートが排出されて積載される排出装置に関するものである。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、用紙などのシートが排出されて積載される排出装置において、積載された複数のシートの4辺の端を揃えるため、積載台上のシートの位置を規制するフェンスを用いて整合動作が行われる。整合動作は、ジョガー動作ともいい、シートを規制する位置とシートから離れる位置にフェンスを交互に微動させる動作である。
【0003】
一方、複数部数のシートを積載する際、部毎にオフセットをつけて積載するオフセット動作を行う排出装置が提案されている。たとえば特許文献1および特許文献2には、オフセット動作を行うとともに、上述した整合動作を行う排出装置が提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2021-120312号公報
特開2021-120313号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ここで、図12Aは、上述したようにオフセット動作を行うとともに、整合動作を行う排出装置の従来例を示す図であり、図12Bは、図12Aに示す排出装置における整合動作を説明するための図である。
【0006】
図12Aに示すエンドフェンス134は、積載台131に向けて排出されるシートの排出方向における先端の位置を規制する。オフセットガイド135は、印刷媒体Sを挟んでエンドフェンス134に対向するように配置されている。
【0007】
そして、エンドフェンス134およびオフセットガイド135は、シートの排出方向の前後に移動可能に配置され、積載台131におけるシートの積載位置を前後にオフセットするオフセット動作を行う。
【0008】
また、図12Bに示すように、エンドフェンス134を前後に交互に微動させることによって整合動作が行われる。
【0009】
しかしながら、上述したようにオフセット動作を行った場合、たとえばエンドフェンス134およびオフセットガイド135を排出方向の前側に移動させた場合には、シートの積載枚数が少ないうちは、図12Bに示すように、排出方向の後ろ側のオフセットガイド135の下端とその下方に位置するシートの上面とが接触することになる。なお、シートの積載枚数が増加すると積載台が下降するので、積載枚数が増加した場合には、オフセットガイド135の下端は、シートの上面から離れることになる。
【0010】
上述したようにオフセットガイド135の下端とその下方に位置するシートの上面とが接触した状態においてオフセットガイド135の整合動作を行った場合、オフセットガイド135の下方のシートの位置がずれたり、シートとオフセットガイド135とが擦れてシートの上面に印刷された画像に画像不良が発生したりする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

理想科学工業株式会社
吸引装置
2日前
理想科学工業株式会社
情報処理装置
2日前
理想科学工業株式会社
印刷システム
10日前
理想科学工業株式会社
画像処理装置および方法並びにプログラム
3日前
個人
容器
11か月前
個人
構造体
2か月前
個人
包装体
8か月前
個人
包装体
8か月前
個人
パレット
8か月前
個人
半蓋半箱筒
5か月前
個人
衣類カバー
8か月前
個人
脚付きの容器
11か月前
個人
折り畳み製品
7か月前
個人
送出具付き容器
10か月前
個人
「即時結束具」
7か月前
個人
テープホルダー
6か月前
個人
内容物排出装置
9か月前
個人
段ボール用キリ
7か月前
個人
掃除楽々ゴミ箱
15日前
個人
開封用カッター
1か月前
個人
荷物運搬補助具
9か月前
個人
パウチ容器
2か月前
個人
チャック付き袋体
1か月前
個人
コード長さ調整器
6か月前
個人
爪楊枝流通セット
6か月前
個人
折りたたみコップ
11か月前
個人
ビニール袋開口具
9か月前
個人
折りたたみコップ
1か月前
個人
収容ケース
9か月前
個人
粘着テープカッタ
7か月前
日東精工株式会社
包装機
11か月前
凸版印刷株式会社
パウチ
10か月前
個人
粘着テープ剥がし具
21日前
三甲株式会社
容器
4か月前
凸版印刷株式会社
包装袋
10か月前
株式会社ナベル
システム
11か月前
続きを見る