TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024052456
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-11
出願番号2022167966
出願日2022-09-30
発明の名称通話装置
出願人個人
代理人
主分類H04M 1/00 20060101AFI20240404BHJP(電気通信技術)
要約【課題】スマートフォンによって利便性の高いサービスが提供されているが、高齢者や障害のある者には操作が難しいものが存在してしまう。介助者のサービスも期待できるが、時間も限られることから設定などに時間が必要なものは避けられる傾向にある。この手の市場は大きくはないため通常対策されるアプリケーション開発による投資を回収することが困難であるため商品化が困難である。
【解決手段】本発明はスマートフォンを内蔵することで面倒な設定を行う必要ななくすぐに使用開始でき、話しやすく聞きやすい受話器を用い会話を行うことが出来る通話機。 操作性を垂直方向に限定した設計を行うことで手指のコントロールに不自由があっても操作しやすい設計をしている。
新規のアプリケーションの開発に頼らず、外部からスマートフォンをコントロールする小さなコントローラーを開発することで少額の投資で商品化することで商品化を実現する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
過去に広く使われていた家庭用固定電話と同様の受話器(1)を有しながら、スマートフォンの画面表示部(2)をもつ通話装置。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
通話先を画面以外のスイッチ(5)で選択することが出来る請求項1に記載の通話装置。
【請求項3】
スマートフォン(4)を内蔵もしくは接続することで特別に通信環境を設定する必要が無く容易に通話ができる請求項1に記載の通話装置。
【請求項4】
高齢者や身障者の操作性を容易にするため操作ボタンは垂直方向だけで操作できるように配置した請求項1に記載の通話装置。
【請求項5】
本通話装置に内蔵したコントローラー(3)によって外部から操作するようにした請求項1に記載の通話装置。
【請求項6】
スマートフォンの内蔵電池及び本機に内蔵の電池により停電時でも平時と同じ操作性を維持することが出来る請求項1に記載の通話装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
スマートフォンの普及により利便性が高まったが、新しい操作系に馴染めない高齢者や、障害を持つ方々にもスマートフォンのテレビ電話機能を容易に使えるように工夫した通話装置に関する。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
今までのTV電話はスマートフォンの1アプリ(ソフト)として提供されているため、そもそもスマートフォンの操作が出来ないと使用することが出来ない。過去には専用のTV電話機が存在したがスマートフォンの時代になり市場から消えて久しい。スマートフォンの会話は従来の受話器での会話とは異なり、口元にマイクが無いことから話しづらさを感じることも多い、またTV電話として使用する際にはマイク、スピーカーが顔から離れた状態で使用するので、ついつい大声になったり相手の声が聞こえづらかったりと従来の電話とは異なることが多い。近来の技術であれば使いやすいTV電話機を制作することは容易だが商売規模として数が見込めないことから高額なものになってしまう。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
スマートフォンの独自の動作である例えばタップやスライドは高齢者や身障者には慣れを要する動作でありうまく操作が出来ないことが多い。高齢や聴覚に障害を抱える者にとり、スマートフォンのスピーカーからの声を聴くことや離れたマイクに話しかけることも慣れを要する。介助者が手助けする場面も多いが時間も限られているので出来るだけ簡単な設定・操作で済むことが望ましい。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明は、慣れ親しんでいる家庭用固定電話の操作性を用いてスマートフォンを操作すること、受話器を用いることで聞き取りやすく話し易い事。スマートフォンを内蔵することで設定の手間いらずの設計とした。本発明のスイッチ(5)は垂直向きに操作することで機能するように配置されており、手指のコントロールに不自由があっても操作しやすい工夫を行っている。また既存のスマートフォンを内蔵もしくは接続して使う設計になっており、新規にアプリ(ソフトウェア)を制作する必要はなく比較的小さな外部コントローラーの新設のみで機能を果たすことで開発コストの削減=低価格商品を実現した。
【発明の効果】
【0005】
スマートフォンに慣れていない高齢者、もしくは身障者が手軽に購入して使用できるようになる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
全体像。
断面図。
【発明を実施するための形態】
【0007】
図1に示す通話装置で(1)は高齢者でも馴染みのある固定電話の受話器と同様耳元にスピーカー、口元にマイクが配置される。(2)は通話の際に相手側のカメラの移す映像がみれる画面である。一般的なスマートフォン(4)で稼働するテレビ電話システムの画面が移ることを想定している。(4)のスマートフォンは市販のスマートフォンを無改造で使用することが出来、内蔵のアプリをそのまま使用することで使用者の金銭的負担を増やさない工夫がなされている。(3)はボタン操作でスマートフォンを制御するためのコントローラーで、受話器の音量の調整もコントローラーで行う。(5)は操作するためのスイッチで、電話をかける相手(個人や団体、サークルなど)を選択すると1動作で相手に電話がつながる操作を行える。(5)の配置は操作が垂直方向になるように下向きに操作することで使いやすい操作性を持つ、垂直方向はおおよそ20度くらいの範囲であれば操作性には支障がないことを確認した。 画面(2)は使用者に対して正対しており見やすい位置に固定されている。受話器(2)は固定電話と同様の操作性を持ち、持ち上げれば通話、戻せば終話の動作となる。また受話器は垂直方向に置くことで元の位置に戻すことが出来る。スイッチ(5)は発信先ごとに用意され、押す操作だけで相手先に発信することが出来る、このスイッチも垂直方向の操作で動作するよう配置されている。
【産業上の利用可能性】
【0008】
新規のアプリ(ソフトウェア)の開発が不要なため少量での商品化が可能になり、例えば過疎の村の通信手段とか、高齢者の健康相談、日用品の配達注文などの役務にも活用でき、今後の高齢者社会に適している。
【符号の説明】
【0009】
1受話器
2画面
3外部コントローラー
4スマートフォン
5宛先操作スイッチボタン

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
通話装置
1か月前
個人
挿耳装置
1か月前
個人
メガホン
28日前
オンキヨー株式会社
電子機器
13日前
シャープ株式会社
調理器
21日前
個人
イラストの著作権保護方法
1か月前
個人
非常時の情報伝達システム
2か月前
富士通株式会社
光送信装置
1か月前
日本精機株式会社
赤外線撮影装置
11日前
富士通株式会社
光受信装置
1か月前
船井電機株式会社
表示装置
26日前
キヤノン株式会社
表示装置
1か月前
船井電機株式会社
表示装置
1か月前
リオン株式会社
補聴器
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
13日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
13日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
13日前
個人
携帯端末用カバー
11日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
2か月前
日本無線株式会社
通信システム
1か月前
太陽誘電株式会社
振動発生装置
2か月前
株式会社パロマ
リモコン
2か月前
八重洲無線株式会社
無線受信装置
7日前
シャープ株式会社
撮像装置
18日前
キヤノン電子株式会社
照明付スピーカー
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
8日前
トヨタ自動車株式会社
車両
1か月前
株式会社小野測器
音響校正器
1か月前
株式会社小野測器
音響校正器
1か月前
個人
翻訳字幕付きビデオチャットシステム
2か月前
沖電気工業株式会社
受光回路
21日前
個人
携帯端末機器用スタンド
18日前
株式会社日立国際電気
通信システム
1か月前
本多電子株式会社
超音波放射ユニット
13日前
株式会社JMC
映像音声配信用セット
1か月前
マスプロ電工株式会社
光信号計測装置
1か月前
続きを見る