TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024052427
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-11
出願番号2022159129
出願日2022-09-30
発明の名称システム及びプログラム等
出願人株式会社ユピテル
代理人個人
主分類A61J 7/04 20060101AFI20240404BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】従来の問題を低減させること
【解決手段】 キャラクターを表示(例えば外観形状で表現)する情報処理装置1は、周辺にいる人(見守りの対象TW)に対して、所定の入力に応じた出力を、キャラクターを利用して行う。キャラクターを表示することで、周辺にいる人は、システムに愛着や親しみを感じやすくなる効果が期待でき、キャラクターを利用した所定の出力を受け入れるやすくなる効果が期待できる。情報処理装置は、人の健康又は安全な暮らしを支援する機能を備え、システムを使用する人の健康又は安全な暮らしが支援できる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
キャラクターを表示するシステムであって、
所定の入力を受け付ける受付部と、
その受け付けた前記所定の入力に応じて、前記キャラクターを利用した所定の出力を行う所定の機能を備える
システム。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記所定の機能は、人の健康又は安全な暮らしを支援する機能を有する請求項1に記載のシステム。
【請求項3】
登録したスケジュールを報知するカレンダー機能を備え、
そのカレンダー機能と前記人の健康又は安全な暮らしを支援する機能が連携して動作する請求項2に記載のシステム。
【請求項4】
前記人の健康又は安全な暮らしを支援する機能は、前記スケジュールに基づきユーザの健康のための健康情報を報知する請求項3に記載のシステム。
【請求項5】
前記カレンダー機能は、ユーザが決まったタイミングで行う行為についてそのタイミングを特定する情報とともに登録する機能を備え、
前記人の健康又は安全な暮らしを支援する機能は、登録されたタイミングに基づき、前記行為を促す報知をする
請求項4に記載のシステム。
【請求項6】
周囲を撮影する撮影部を備え、
前記人の健康又は安全な暮らしを支援する機能は、設定した日時に前記撮影部で撮影した画像を記憶部に記憶する
請求項3に記載のシステム。
【請求項7】
本体の周辺の動体を検知する動体検知部を備え、
前記人の健康又は安全な暮らしを支援する機能は、登録されたスケジュール情報に基づき、前記動体を検知するモードとして第1のモード及び第2のモードのいずれかに設定する
請求項3に記載のシステム。
【請求項8】
人を検知する人検知部を備え、
前記カレンダー機能は、登録されたスケジュール情報が外出予定のときの前記人検知部の検知結果に基づき所定の報知を行う
請求項3に記載のシステム。
【請求項9】
本体を構成する第1の筐体と、その第1の筐体と別体の第2の筐体を備え、
前記第1の筐体は、前記所定の機能と、人を検知する第1の人検知部を備え、
前記第2の筐体は、人を検知する第2の人検知部を備え、
使用状態では前記第1の筐体と前記第2の筐体を離れた位置に設置し、前記第1の人検知部と前記第2の人検知部は異なるエリアを検知するようにし、
前記所定の機能は、前記第1の人検知部の検知結果と前記第2の人検知部の検知結果を取得し、その取得した情報に基づき所定の出力を行う
請求項2に記載のシステム。
【請求項10】
前記第1の筐体と、前記第2の筐体は、同種のキャラクターの外観を有する
請求項9に記載のシステム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、システム及びプログラム等に関するものである。
続きを表示(約 1,800 文字)【背景技術】
【0002】
カメラ等を用いて、自宅や公共の場所等の空間領域の状況を確認できるようにしたシステムが知られている。例えば特許文献1には、施設の入居者及びスタッフの居室にセンサーボックスを設置した見守りシステムが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-107068号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明の目的の一つは、従来の課題を解決することである。
【0005】
本願の発明の目的はこれに限定されず、本明細書及び図面等に開示される構成の部分から奏する効果を得ることを目的とする構成についても分割出願・補正等により権利取得する意思を有する。例えば本明細書において「~できる」と記載した箇所を「~が課題である」と読み替えた課題が本明細書には開示されている。課題はそれぞれ独立したものとして記載しているものであり、この課題を解決するための構成についても単独で分割出願・補正等により権利取得する意思を有する。課題が明細書の記載から黙字的に把握されるものであっても、本出願人は本明細書に記載の構成の一部を補正又は分割出願にて特許請求の範囲とする意思を有する。またこれら独立の課題を組み合わせた課題も開示されている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
(1)キャラクターを表示するシステムであって、所定の入力を受け付ける受付部と、その受け付けた前記所定の入力に応じて、前記キャラクターを利用した所定の出力を行う所定の機能を備えるシステムが提供されるとよい。
【0007】
このようにすると、キャラクターを表示するシステムに対する入力に応じて、キャラクターを利用した出力により所定の機能を実現することができる。
【0008】
キャラクターの表示は、例えば映像、描画、形状などにより表現するとよく、例えば、所定のディスプレイ等の表示部にキャラクターの映像を出力することで表現し、周囲の人に見える状態でキャラクターを描いた絵などで表現し、外観形状でキャラクターを表現するものなどとするとよい。所定の入力を受け付ける受付部は、例えば、周囲の映像や音を受け付けるもの、人や動体を検知するもの、人の動作等を検出するものなど各種のものなど、何らかの入力を受け付けるものとするとよい。システムは、例えば、単一或いは複数の装置・電子機器から構成するとよい。
【0009】
(2)前記所定の機能は、人の健康又は安全な暮らしを支援する機能を有するとよい。このようにすると、ユーザはキャラクターを通じて、システムを使用する人の健康又は安全な暮らしを支援する機能に接することができる。人としては、当該人の健康又は安全な暮らしを支援する機能に接することのできる人であるが、情報処理装置のユーザとすると特に良い。情報処理装置のユーザとしては、情報処理装置により状況が確認される対象とすると特に良い。人の健康又は安全な暮らしを支援する機能としては、人の健康又は安全な暮らしを支援するための情報を出力する機能を有するとよい。このような情報は、人の健康又は安全な暮らしに直接的または間接的に資する情報を出力であると特に良い。このような情報は、情報処理装置から出力され、又は情報処理装置が通信可能な他の装置から出力され、健康又は安全な暮らしを支援する機能に接することのできる人向けに出力されると特に良い。
【0010】
この支援は、キャラクターを使って、また、キャラクターを使った演出により実行されることで、愛着や親しみを感じやすくなる効果が期待できる。人の健康又は安全な暮らしを支援する機能は、例えば、見守りを行う機能等が含まれる。また、安全な暮らしを支援する機能は、例えば防犯目的の機能などが含まれる。見守りは、例えばそのシステムを設置した場所で利用する人等の見守りの対象をシステム自体が見守る場合、システムの設置した場所から離れた地点にいる別の人が通信に利用してシステムにアクセスし、システムを設置した場所にいる人等の見守りの対象を見守る場合などがある。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ユピテル
システム等
4日前
株式会社ユピテル
システム、電子機器、端末装置及びプログラム等
11日前
株式会社ユピテル
システム等
4日前
株式会社ユピテル
システム等
4日前
株式会社ユピテル
システム等
4日前
株式会社ユピテル
システム等
4日前
株式会社ユピテル
システム及びプログラム
11日前
株式会社ユピテル
電子情報システム及びそのプログラム
11日前
個人
帽子
5か月前
個人
エアリフター
2か月前
個人
X線用貼付剤
4か月前
個人
段差昇降装置
2か月前
個人
蓋付きしびん
4日前
個人
聴診器
4日前
個人
逆流防止用具
2か月前
個人
シミ皮膚改善剤
3か月前
個人
肩甲骨下制器具
4か月前
個人
介護浴槽
11日前
個人
鼻腔拡張具
2か月前
個人
入浴介護補助装置
4日前
個人
電動式孫の手
2か月前
株式会社東亜産業
温熱具
2か月前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
個人
透析装置の洗浄方法
4か月前
個人
アーシング青竹踏台
4か月前
株式会社コーセー
組成物
2か月前
個人
透析装置の洗浄方法
5か月前
個人
スプレー式目薬容器
14日前
個人
座椅子脱着式車椅子
6日前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
3か月前
株式会社コロナ
サウナ装置
3か月前
個人
マッサージガン保持具
1か月前
個人
医療用チューブ保護具
3か月前
個人
光脱毛器
3か月前
株式会社ニデック
眼科装置
5か月前
個人
座椅子型排泄介護装置
5か月前
続きを見る