TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024052299
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-11
出願番号2022158912
出願日2022-09-30
発明の名称画像形成装置
出願人ブラザー工業株式会社
代理人
主分類G03G 21/20 20060101AFI20240404BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】定着器からカッター駆動用の駆動モータに熱が伝わることを抑制することができる画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置(1)では、筐体(10)と、シート(S)に画像を形成するプロセス部(4)と、シート(S)に画像を定着させる定着器(45)と、シート(S)を切断するための切断刃を有する切断機構(100)と、筐体(10)の外部に排気するファン(F)と、切断刃を移動させるための駆動モータ(M1)と、を備える。ファン(F)は、上下方向において、定着器(45)と駆動モータ(M1)との間に配置されている。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
筐体と、
シートに画像を形成するプロセス部と、
シートに画像を定着させる定着器と、
前記定着器よりもシートの搬送方向の下流に配置され、前記シートを切断するための切断刃を有するカッターと、
前記筐体の内部の空気を前記筐体の外部に排気するファンと、
前記切断刃を移動させるための駆動モータと、を備え、
前記ファンは、上下方向において、前記定着器と前記駆動モータとの間に配置されている、画像形成装置。
続きを表示(約 770 文字)【請求項2】
前記カッターは、
無端状のベルトと、シートの幅方向において前記ベルトを架け渡した一対のプーリと、をさらに備え、
前記ベルトには、前記切断刃が固定され、
前記駆動モータは、前記幅方向の一端側に配置されて前記一対のプーリの一方を駆動する、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記駆動モータは、シートの幅方向において前記定着器よりも外側に配置されている、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記ファンは、前記筐体における、シートの幅方向の一端側に配置されている、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記ファンは、前記筐体における、シートの幅方向の他端側に配置されている、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記駆動モータの回転位置を検出するエンコーダをさらに備える、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記駆動モータは、ステッピングモータである、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記駆動モータは、前記上下方向において、前記切断刃がシートを切断する切断位置よりも上方に配置されている、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項9】
シートの幅方向の少なくとも一端側において、前記切断刃の前記幅方向の位置を検知する位置検知センサをさらに備える、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項10】
前記ファンは、前記上下方向において、前記駆動モータよりも前記定着器に近い位置に配置されている、請求項1または2に記載の画像形成装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、画像形成装置に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真プリンタなどの画像形成装置としては、画像形成対象のシートを加熱して現像剤像を定着させる定着器を備えたものが知られている。また、従来の画像形成装置として、例えば、下記特許文献1には、定着部の上方に設けられ、用紙が排出される排出部、及び定着部と排出部との間に設けられ、用紙を切断するカッターを設けることが提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2002-362823号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところが、上記従来技術では、定着部で生じた熱がカッターを介してカッターを駆動する駆動モータに伝わることを抑制できないおそれがあった。
【0005】
本開示は、定着器からカッター駆動用の駆動モータに熱が伝わることを抑制することができる画像形成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記の課題を解決するために、本開示の画像形成装置は、筐体と、シートに画像を形成するプロセス部と、シートに画像を定着させる定着器と、前記定着器よりもシートの搬送方向の下流に配置され、前記シートを切断するための切断刃を有するカッターと、前記筐体の内部の空気を前記筐体の外部に排気するファンと、前記切断刃を移動させるための駆動モータと、を備え、前記ファンは、上下方向において、前記定着器と前記駆動モータとの間に配置されている。
【0007】
上記構成によれば、ファンが、上下方向において、定着器と駆動モータとの間に配置されている。これにより、定着器からカッター駆動用の駆動モータに熱が伝わることを抑制することができる画像形成装置を構成することができる。
【0008】
本開示の画像形成装置では、前記カッターは、無端状のベルトと、シートの幅方向において前記ベルトを架け渡した一対のプーリと、をさらに備え、前記ベルトには、前記切断刃が固定され、前記駆動モータは、前記幅方向の一端側に配置されて前記一対のプーリの一方を駆動してもよい。
【0009】
上記構成によれば、駆動モータが、一対のプーリの一方を駆動することにより、切断刃を動作させて切断刃による切断を適切に行うことができる。
【0010】
本開示の画像形成装置では、前記駆動モータは、シートの幅方向において前記定着器よりも外側に配置されてもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
撮像装置
2か月前
キヤノン株式会社
雲台装置
26日前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1日前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
三菱製紙株式会社
感光性樹脂組成物
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
14日前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
1か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
株式会社リコー
画像形成装置
2か月前
ブラザー工業株式会社
画像形成装置
6日前
株式会社リコー
画像形成装置
1か月前
株式会社リコー
画像形成装置
8日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
トナー
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
5日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
1か月前
キヤノン株式会社
画像形成装置
2か月前
続きを見る