TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024051955
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-11
出願番号2022158359
出願日2022-09-30
発明の名称データ同期プログラム及びデータ同期方法、並びに情報処理装置
出願人富士通株式会社
代理人個人
主分類G06F 16/27 20190101AFI20240404BHJP(計算;計数)
要約【課題】複数の情報処理装置それぞれがデータを管理するリレーショナルデータベース間において同期をとる。
【解決手段】リレーショナルデータベースにおいてデータを管理する複数の情報処理装置のうちの第1の情報処理装置の制御部は、関連性を持つ複数のテーブルのデータを、前記第1の情報処理装置がデータを管理する第1のリレーショナルデータベースに格納し、第2の情報処理装置がデータを管理する第2のリレーショナルデータベースに対し、前記第1のリレーショナルデータベースに格納されたテーブルのデータを送信する際に、送信するテーブルのデータと関連性を持つテーブルのデータも合わせて送信する、処理を実行する。
【選択図】図11

特許請求の範囲【請求項1】
リレーショナルデータベースにおいてデータを管理する複数の情報処理装置のうちの第1の情報処理装置の制御部に、
関連性を持つ複数のテーブルのデータを、前記第1の情報処理装置がデータを管理する第1のリレーショナルデータベースに格納し、
第2の情報処理装置がデータを管理する第2のリレーショナルデータベースに対し、前記第1のリレーショナルデータベースに格納されたテーブルのデータを送信する際に、送信するテーブルのデータと関連性を持つテーブルのデータも合わせて送信する、
処理を実行させることを特徴とするデータ同期プログラム。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記関連性を持つ複数のテーブルのデータを、前記第1のリレーショナルデータベースに格納する際に、前記複数のテーブルそれぞれの関連性を示す情報を第1の記憶部に記憶する処理を前記制御部に実行させ、
前記送信する処理において、前記第1の記憶部を参照して、前記第2のリレーショナルデータベースに送信するテーブルのデータと関連性を持つテーブルのデータを特定する、ことを特徴とする請求項1に記載のデータ同期プログラム。
【請求項3】
前記第1のリレーショナルデータベースに格納されたテーブルのデータと、該データと関連性を持つテーブルのデータと、を前記第2のリレーショナルデータベースに送信する際に、同一トランザクション内で処理することを特徴とする請求項1に記載のデータ同期プログラム。
【請求項4】
前記第1のリレーショナルデータベースに格納されたテーブルのデータを前記第2のリレーショナルデータベースに送信したことを示す情報を第2の記憶部に記憶し、
前記第1のリレーショナルデータベースに格納されたテーブルのデータを更新する際に、前記第2の記憶部を参照して、更新するデータが前記第2のリレーショナルデータベースに送信されていれば、当該データも更新する、
処理を前記制御部に実行させることを特徴とする請求項1~3のいずれか一項に記載のデータ同期プログラム。
【請求項5】
リレーショナルデータベースにおいてデータを管理する複数の情報処理装置のうちの第1の情報処理装置の制御部が、
関連性を持つ複数のテーブルのデータを、前記第1の情報処理装置がデータを管理する第1のリレーショナルデータベースに格納し、
第2の情報処理装置がデータを管理する第2のリレーショナルデータベースに対し、前記第1のリレーショナルデータベースに格納されたテーブルのデータを送信する際に、送信するテーブルのデータと関連性を持つテーブルのデータも合わせて送信する、
処理を実行することを特徴とするデータ同期方法。
【請求項6】
リレーショナルデータベースにおいてデータを管理する情報処理装置であって、
関連性を持つ複数のテーブルのデータを、前記情報処理装置がデータを管理する第1のリレーショナルデータベースに格納し、
他の情報処理装置がデータを管理する第2のリレーショナルデータベースに対し、前記第1のリレーショナルデータベースに格納されたテーブルのデータを送信する際に、送信するテーブルのデータと関連性を持つテーブルのデータも合わせて送信する、
処理を実行する制御部を備える情報処理装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、データ同期プログラム及びデータ同期方法、並びに情報処理装置に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
データベースのうち、現在最も広く利用されているリレーショナルデータベースは、厳密なトランザクション機能を備えており、更新処理と読み出し処理を高性能に行うことができる。そのため、アクセス対象のデータの一貫性、整合性を保証する必要のある業務アプリケーションには、リレーショナルデータベースの利用が適している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平11-249943号公報
特開2002-7441号公報
特開平8-305714号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、現状では、複数の企業がリレーショナルデータベースを利用する状況下において、各企業のリレーショナルデータベース間でデータを同期(連携)させることができていない。
【0005】
1つの側面では、本発明は、複数の情報処理装置それぞれがデータを管理するリレーショナルデータベース間において同期をとることが可能なデータ同期プログラム及びデータ同期方法、並びに情報処理装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
一つの態様では、データ同期プログラムは、リレーショナルデータベースにおいてデータを管理する複数の情報処理装置のうちの第1の情報処理装置の制御部に、関連性を持つ複数のテーブルのデータを、前記第1の情報処理装置がデータを管理する第1のリレーショナルデータベースに格納し、第2の情報処理装置がデータを管理する第2のリレーショナルデータベースに対し、前記第1のリレーショナルデータベースに格納されたテーブルのデータを送信する際に、送信するテーブルのデータと関連性を持つテーブルのデータも合わせて送信する、処理を実行させるプログラムである。
【発明の効果】
【0007】
複数の情報処理装置それぞれがデータを管理するリレーショナルデータベース間において同期をとることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
一実施形態に係る組織間連携システムの構成を概略的に示す図である。
図2(a)は、企業A用クライアントのハードウェア構成の一例を示す図であり、図2(b)は、企業A用サーバのハードウェア構成の一例を示す図である。
企業A用サーバの機能を示すブロック図である。
企業A用DBサーバに格納される複数のテーブルのテーブル構造の一例を示す図である。
関連情報管理テーブルの一例を示す図である。
企業A用DBサーバ上の複数のテーブルに格納されるデータの一例を示す図である。
同期情報管理テーブルの一例を示す図である。
企業A用サーバ及び企業B用サーバの処理を示すフローチャート(その1)である。
企業A用サーバ及び企業B用サーバの処理を示すフローチャート(その2)である。
テーブル定義情報の登録及びデータ登録の処理を説明するためのシーケンス図である。
データ送信処理を説明するためのシーケンス図である。
図12(a)は、図11の処理において企業B用DBサーバに送信されるテーブルのデータを示す図であり、図12(b)は、図11の処理において同期情報管理テーブルに登録される情報を示す図である。
データ更新処理を説明するためのシーケンス図(その1)である。
データ更新処理を説明するためのシーケンス図(その2)である。
データ更新処理において更新するデータに下線を付して示す図である。
図16(a)、図16(b)は、図14の処理において企業B用DBサーバに格納されたデータの更新前後を示す図である。
変形例を説明するための図(その1)である。
変形例を説明するための図(その2)である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、組織間連携システムの一実施形態について、図1~図16に基づいて詳細に説明する。
【0010】
図1には、一実施形態に係る組織間連携システム100の構成が概略的に示されている。組織間連携システム100は、一例として、複数の組織(例えば企業A,B)が利用可能なクライアント(企業A用クライアント12A、企業B用クライアント12B)と、分散型リレーショナルデータベース(RDB)管理システム10と、を有する。分散型RDB管理システム10が有する各装置と、企業A用クライアント12Aと、企業B用クライアント12Bは、インターネットなどのネットワーク80に接続されている。本実施形態の組織間連携システム100は、複数の組織間においてデータを連携し、一括管理するためのシステムである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士通株式会社
光送信機
26日前
富士通株式会社
光送信装置
1か月前
富士通株式会社
光受信装置
1か月前
富士通株式会社
プロセッサ
1か月前
富士通株式会社
アバター制御
3日前
富士通株式会社
ドハティ増幅装置
1か月前
富士通株式会社
キャッシュメモリ
10日前
富士通株式会社
受光素子及び赤外線撮像装置
19日前
富士通株式会社
生成プログラムおよび生成方法
9日前
富士通株式会社
光リンク電力プロファイル推定
26日前
富士通株式会社
演算処理装置および演算処理方法
1か月前
富士通株式会社
情報処理装置および情報処理方法
6日前
富士通株式会社
光送信機、及びバイアス制御方法
1か月前
富士通株式会社
光伝送システムでの異常の位置特定
2日前
富士通株式会社
業務管理プログラム、装置、及び方法
12日前
富士通株式会社
評価プログラム、評価方法、評価装置
1か月前
富士通株式会社
プログラム,方法,及び情報処理装置
1か月前
富士通株式会社
機械学習プログラムおよび機械学習方法
26日前
富士通株式会社
性能監視プログラムおよび性能監視方法
26日前
富士通株式会社
制御プログラム、制御方法及び制御装置
1か月前
富士通株式会社
検出プログラム,検出方法および検出装置
1か月前
富士通株式会社
優先度決定方法及び優先度決定プログラム
1か月前
富士通株式会社
3次元人体動的着装モデル推定装置及び方法
3日前
富士通株式会社
制御プログラム,制御方法及び情報処理装置
10日前
富士通株式会社
光伝送システム、波長変換器、及び光伝送装置
1か月前
富士通株式会社
出力プログラム、出力方法および情報処理装置
16日前
富士通株式会社
抽出プログラム、抽出方法および情報処理装置
1か月前
富士通株式会社
予測プログラム、情報処理装置および予測方法
9日前
富士通株式会社
生成プログラム、生成方法および情報処理装置
9日前
富士通株式会社
生成プログラム、生成方法および情報処理装置
9日前
富士通株式会社
探索プログラム、探索システム、及び探索方法
9日前
富士通株式会社
判定プログラム、判定方法、および情報処理装置
1か月前
富士通株式会社
多重化変換器の伝送劣化を評価する方法及び装置
26日前
富士通株式会社
出力プログラム、出力方法、および情報処理装置
17日前
富士通株式会社
指標項目特定方法および指標項目特定プログラム
1か月前
富士通株式会社
制御方法、制御プログラム、および情報処理装置
1か月前
続きを見る