TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024051675
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-11
出願番号2022157961
出願日2022-09-30
発明の名称防除システム
出願人井関農機株式会社
代理人個人
主分類A01M 7/00 20060101AFI20240404BHJP(農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業)
要約【課題】従来、圃場を自律飛行して防除作業を行う防除システムがある。然しながら、圃場で生育中の植物の被害状況を確認して防除作業を行うものではなく、薬剤の浪費や作業効率に問題があった。そこで、圃場で生育中の植物の被害状況を確認して防除作業を行うことにより薬剤の浪費や作業効率の問題を解決した防除システムを提供する。
【解決手段】小型航空機3が圃場Fを所定の経路Lに沿って自律飛行してカメラにて圃場Fを撮影して圃場F全体の画像データを取得し、管理サーバ1にて該画像データを画像解析して被害状況に応じて圃場Fをブロック分けして薬剤散布量マップを作成し、該薬剤散布量マップに基づいて散布量を調節しながら圃場Fに薬剤散布する防除システム。
【選択図】図1

特許請求の範囲【請求項1】
小型航空機(3)が圃場(F)を所定の経路(L)に沿って自律飛行してカメラにて圃場(F)を撮影して圃場(F)全体の画像データを取得し、管理サーバ(1)にて該画像データを画像解析して被害状況に応じて圃場(F)をブロック分けして薬剤散布量マップを作成し、該薬剤散布量マップに基づいて散布量を調節しながら圃場(F)に薬剤散布することを特徴とする防除システム。
続きを表示(約 230 文字)【請求項2】
管理サーバ(1)が作成した薬剤散布量マップを手動操作にて修正可能であることを特徴とする請求項1に記載の防除システム。
【請求項3】
小型航空機(3)と管理サーバ(1)は相互通信して、小型航空機(3)から圃場(F)全体の画像データを管理サーバ(1)に送信し、管理サーバ(1)から薬剤散布量マップを小型航空機(3)に送信し、小型航空機(3)に装備した防除装置にて薬剤散布することを特徴とする請求項1または請求項2に記載の防除システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、圃場の栽培作物に害を及ぼすジャンボタニシ等を防除する防除システムに関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、圃場を自律飛行して防除作業を行う防除システムがある(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2022-084735号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
然しながら、圃場で生育中の植物の被害状況を確認して防除作業を行うものではなく、薬剤の浪費や作業効率に問題があった。
【0005】
本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、圃場で生育中の植物の被害状況を確認して防除作業を行うことにより薬剤の浪費や作業効率の問題を解決した防除システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1記載の発明は、小型航空機3が圃場Fを所定の経路Lに沿って自律飛行してカメラにて圃場Fを撮影して圃場F全体の画像データを取得し、管理サーバ1にて該画像データを画像解析して被害状況に応じて圃場Fをブロック分けして薬剤散布量マップを作成し、該薬剤散布量マップに基づいて散布量を調節しながら圃場Fに薬剤散布する防除システムである。
【0007】
請求項1記載の発明によれば、小型航空機3が圃場Fを所定の経路Lに沿って自律飛行してカメラにて圃場Fを撮影して圃場F全体の画像データを取得し、管理サーバ1にて該画像データを画像解析して被害状況に応じて圃場Fをブロック分けして薬剤散布量マップを作成し、該薬剤散布量マップに基づいて散布量を調節しながら圃場Fに薬剤散布するので、薬剤の浪費を防ぎ、薬剤散布の作業効率も良い。
【0008】
請求項2記載の発明は、管理サーバ1が作成した薬剤散布量マップを手動操作にて修正可能である請求項1に記載の防除システムである。
【0009】
請求項3記載の発明は、小型航空機3と管理サーバ1は相互通信して、小型航空機3から圃場F全体の画像データを管理サーバ1に送信し、管理サーバ1から薬剤散布量マップを小型航空機3に送信し、小型航空機3に装備した防除装置にて薬剤散布する請求項1または請求項2に記載の防除システムである。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の実施形態にかかる防除システムの構成を示す模式図である。
本発明の、畦道から薬剤散布を行う別実施形態を示す模式図である。
乗用型田植機の側面図である。
同上乗用型田植機の平面図である。
同上乗用型田植機の前輪部分の正断面図である。
同上乗用型田植機の前輪の側面図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許