TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024050180
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-10
出願番号2022156864
出願日2022-09-29
発明の名称変倍光学系及び眼科装置
出願人株式会社トプコン
代理人個人
主分類G02B 7/14 20210101AFI20240403BHJP(光学)
要約【課題】簡潔な機構で、且つ占有空間の小さい変倍光学系及び眼科装置を提供する。
【解決手段】光路中に変倍部が挿脱される変倍光学系に於いて、前記変倍部は光路の光軸に対して回転可能に設けられ、前記変倍部は変倍用の複数のレンズを保持すると共に該複数のレンズと干渉しない光束通過孔38が形成され、非変倍状態では前記変倍部が所定角度で傾斜され、前記複数のレンズは光路外に退避し、前記光路は前記光束通過孔を通過し、変倍状態では前記変倍部が復元され、前記複数のレンズが前記光路上に位置する様構成された。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
光路中に変倍部が挿脱される変倍光学系に於いて、前記変倍部は光路の光軸に対して回転可能に設けられ、前記変倍部は変倍用の複数のレンズを保持すると共に該複数のレンズと干渉しない光束通過孔が形成され、非変倍状態では前記変倍部が所定角度で傾斜され、前記複数のレンズは光路外に退避し、前記光路は前記光束通過孔を通過し、変倍状態では前記変倍部が復元され、前記複数のレンズが前記光路上に位置する様構成された変倍光学系。
続きを表示(約 890 文字)【請求項2】
前記変倍光学系は、前記変倍部を含む変倍部アッセンブリ、集光レンズを含む集光レンズアッセンブリ、イメージセンサを含むイメージセンサアッセンブリを具備し、前記変倍部アッセンブリ、集光レンズアッセンブリ、イメージセンサアッセンブリは前記変倍部アッセンブリが集光レンズアッセンブリとイメージセンサアッセンブリとの間に位置する様にそれぞれ基板に取付けられた請求項1に記載の変倍光学系。
【請求項3】
前記変倍部アッセンブリは前記基板と平行で且つ前記光軸と直交する方向に延在する軸に回転可能に設けられた請求項2に記載の変倍光学系。
【請求項4】
前記基板に垂直軸心を中心に回転するターンテーブルが設けられ、該ターンテーブルに前記変倍部アッセンブリが設けられた請求項2に記載の変倍光学系。
【請求項5】
前記基板に垂直軸心を中心に回転するターンテーブルが設けられ、該ターンテーブルに前記基板と平行で且つ前記変倍部アッセンブリの軸心と直交する方向に延在する軸が設けられ、該軸を中心に回転可能に前記変倍部アッセンブリが設けられた請求項2に記載の変倍光学系。
【請求項6】
前記基板には、前記各アッセンブリに対応したアッセンブリ装着部位が形成され、該装着部位はアッセンブリの位置決め用の突当て面を有し、アッセンブリを対応するアッセンブリ装着部位の突当て面に当接させた状態で取付けることでアッセンブリの位置決めがされる様構成された請求項2に記載の変倍光学系。
【請求項7】
光路中に変倍部が挿脱される変倍光学系であり、前記変倍部は光路の光軸に対して回転可能に設けられ、前記変倍部は変倍用の複数のレンズを保持すると共に該複数のレンズと干渉しない光束通過孔が形成され、非変倍状態では前記変倍部が所定角度で傾斜され、前記複数のレンズは光路外に退避し、前記光路は前記光束通過孔を通過し、変倍状態では前記変倍部が復元され、前記複数のレンズが前記光路上に位置する様構成された変倍光学系を具備する眼科装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は変倍機構を有する変倍光学系及び眼科装置に関するものである。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
光学系を有する装置、例えば眼科装置は変倍機構を有する光学系を具備している。
【0003】
例えば、眼底の断層像を観察、撮影するOCT装置、或は眼底カメラ等の光学系は、変倍機能を備えている。
【0004】
従来、光学系の変倍機構としては、ズームレンズによるもの、或は回転可能な円板に複数のレンズを設け、円板の回転により光路に挿入するレンズを選択するタレット方式のもの等が挙げられる。
【0005】
これらの変倍機構は、いずれも機構が複雑であり、占有空間が大きいという問題があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開平5-309072号公報
特開2013-135976号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明は、簡潔な機構で、且つ占有空間の小さい変倍光学系及び眼科装置を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、光路中に変倍部が挿脱される変倍光学系に於いて、前記変倍部は光路の光軸に対して回転可能に設けられ、前記変倍部は変倍用の複数のレンズを保持すると共に該複数のレンズと干渉しない光束通過孔が形成され、非変倍状態では前記変倍部が所定角度で傾斜され、前記複数のレンズは光路外に退避し、前記光路は前記光束通過孔を通過し、変倍状態では前記変倍部が復元され、前記複数のレンズが前記光路上に位置する様構成された変倍光学系に係るものである。
【0009】
又本発明は、前記変倍光学系は、前記変倍部を含む変倍部アッセンブリ、集光レンズを含む集光レンズアッセンブリ、イメージセンサを含むイメージセンサアッセンブリを具備し、前記変倍部アッセンブリ、集光レンズアッセンブリ、イメージセンサアッセンブリは前記変倍部アッセンブリが集光レンズアッセンブリとイメージセンサアッセンブリとの間に位置する様にそれぞれ基板に取付けられた変倍光学系に係るものである。
【0010】
又本発明は、前記変倍部アッセンブリは前記基板と平行で且つ前記光軸と直交する方向に延在する軸に回転可能に設けられた変倍光学系に係るものである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

AGC株式会社
自律型調熱窓
7日前
株式会社小糸製作所
画像照射装置
9日前
ブラザー工業株式会社
光源装置
今日
ブラザー工業株式会社
走査光学装置
今日
キヤノン株式会社
レンズ鏡筒
今日
住友化学株式会社
巻回体
13日前
ウシオ電機株式会社
反射型位相差構造体
13日前
日亜化学工業株式会社
画像表示装置
6日前
日亜化学工業株式会社
映像表示装置
3日前
株式会社ハタ研削
画像システム
3日前
住友化学株式会社
光学積層体
2日前
キヤノン株式会社
光走査装置
13日前
北日本電線株式会社
光分岐モジュール
8日前
キヤノン株式会社
光学装置及び撮像装置
6日前
日東電工株式会社
光学フィルム
2日前
コミー株式会社
衝突防止ミラー
1日前
シスメックス株式会社
光学システムおよび検体分析装置
14日前
住友化学株式会社
光学積層体の製造方法
13日前
矢崎総業株式会社
車両用表示装置
2日前
住友化学株式会社
光学積層体の製造方法
13日前
株式会社東芝
フォトニックアセンブリ
15日前
日東電工株式会社
光学フィルムの評価方法
9日前
株式会社日本触媒
シアニン化合物
3日前
キヤノン株式会社
走査方法、走査システム及び位置情報取得方法
8日前
日東電工株式会社
λ/4板の欠点検査方法
3日前
日東電工株式会社
λ/4板の欠点検査方法
6日前
富士フイルム株式会社
締結構造及びレンズ装置
10日前
株式会社ジャパンディスプレイ
表示装置
1日前
株式会社ジャパンディスプレイ
表示装置
9日前
セイコーエプソン株式会社
電気光学装置および電子機器
1日前
キヤノン株式会社
投射レンズ及び投射型表示装置
7日前
キヤノン株式会社
ドームカバー、撮像装置
14日前
日東電工株式会社
防汚層付き光学フィルムおよびその製造方法
7日前
日本化薬株式会社
液晶滴下工法用液晶シール剤及びそれを用いた液晶表示セル
9日前
キヤノン株式会社
レンズ装置およびそれを有する撮像装置
7日前
マクセル株式会社
ヘッドアップディスプレイ装置および乗り物
1日前
続きを見る