TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024049650
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-10
出願番号2022155996
出願日2022-09-29
発明の名称蓄電装置
出願人株式会社GSユアサ
代理人個人
主分類H01M 50/367 20210101AFI20240403BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】正常な蓄電素子に対する熱影響を抑制できる蓄電装置を提供する。
【解決手段】蓄電装置10は、それぞれがガス排出弁111を有し、当該ガス排出弁111が同一方向を向く姿勢で、第一方向に沿って配列された複数の蓄電素子11と、複数の蓄電素子11のそれぞれのガス排出弁111上に配置され、当該ガス排出弁から排出されたガスの排気経路59をなす排気部50と、を備えている。排気部50は、複数の蓄電素子11のそれぞれに対向する金属製の蓋部651(壁部)を有し、蓋部651には、凸部653が設けられている。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
それぞれがガス排出弁を有し、当該ガス排出弁が同一方向を向く姿勢で、第一方向に沿って配列された複数の蓄電素子と、
前記複数の蓄電素子のそれぞれの前記ガス排出弁上に配置され、当該ガス排出弁から排出されたガスの排気経路をなす排気部と、を備え、
前記排気部は、前記複数の蓄電素子のそれぞれに対向する金属製の壁部を有し、
前記壁部には、凸部または凹部が設けられている
蓄電装置。
続きを表示(約 380 文字)【請求項2】
前記凸部または凹部は、前記壁部における前記第一方向に直交する第二方向での一端部から他端部にわたって設けられている
請求項1に記載の蓄電装置。
【請求項3】
前記壁部は前記凸部を有し、
前記凸部は、前記ガス排出弁に対向する位置に配置されている
請求項2に記載の蓄電装置。
【請求項4】
前記凸部は、前記第一方向で前記ガス排出弁内に収められている
請求項3に記載の蓄電装置。
【請求項5】
前記第一方向における前記凸部の長さは、前記第一方向における前記ガス排出弁の長さよりも小さく、半分以上である
請求項3または4に記載の蓄電装置。
【請求項6】
前記壁部には、前記凸部の反対側に窪みが形成されている
請求項3または4に記載の蓄電装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、蓄電装置に関する。
続きを表示(約 1,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、蓄電装置には、所定の方向に配列された複数の蓄電素子(二次電池)に対して、排気部(上部プレート)が取り付けられている(例えば特許文献1参照)。排気部は、各蓄電素子のガス排出弁(ベント)から放出されたガスの排気経路を形成している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2011-108653号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ここで、蓄電素子が過剰に高温化するとガス排出弁からは高温のガスが噴出する。ガスが噴出しきった後には、ガス排出弁からは高温の煙が発生する。この煙は、それほど勢いがないので排気経路内で留まる場合がある。煙が排気経路内で留まってしまうと排気経路を高温化させてしまうため、その熱が正常な蓄電素子に伝わり、正常な蓄電素子に熱影響を与えるおそれがある。
【0005】
このため、本発明の目的は、正常な蓄電素子に対する熱影響を抑制できる蓄電装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記目的を達成するために、本発明の一態様に係る蓄電装置は、それぞれがガス排出弁を有し、当該ガス排出弁が同一方向を向く姿勢で、第一方向に沿って配列された複数の蓄電素子と、前記複数の蓄電素子のそれぞれの前記ガス排出弁上に配置され、当該ガス排出弁から排出されたガスの排気経路をなす排気部と、を備え、前記排気部は、前記複数の蓄電素子のそれぞれに対向する金属製の壁部を有し、前記壁部には、凸部または凹部が設けられている。
【発明の効果】
【0007】
本発明の蓄電装置によれば、正常な蓄電素子に対する熱影響を抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
実施の形態に係る蓄電装置の外観を示す斜視図である。
実施の形態に係る蓄電装置を分解した場合の各構成要素を示す分解斜視図である。
実施の形態に係る排気部及びバスバーフレームの概略構成を示す分解斜視図である。
実施の形態に係る蓋部材と、蓄電素子のガス排出弁との位置関係を示す上面図である。
実施の形態に係る蓋部材と、蓄電素子のガス排出弁との位置関係を示す模式断面図である。
実施の形態に係る蓄電素子のガス排出弁から煙が噴出した状態を示す説明図である。
変形例1に係る蓋部材と、蓄電素子のガス排出弁との位置関係を示す模式断面図である。
変形例2に係る蓋部材と、蓄電素子のガス排出弁との位置関係を示す模式断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
(1)本発明の一態様に係る蓄電装置は、それぞれがガス排出弁を有し、当該ガス排出弁が同一方向を向く姿勢で、第一方向に沿って配列された複数の蓄電素子と、前記複数の蓄電素子のそれぞれの前記ガス排出弁上に配置され、当該ガス排出弁から排出されたガスの排気経路をなす排気部と、を備え、前記排気部は、前記複数の蓄電素子のそれぞれに対向する金属製の壁部を有し、前記壁部には、凸部または凹部が設けられている。
【0010】
これによれば、排気経路をなす排気部の壁部には、凸部または凹部が形成されている。例えば、凸部の場合、凸部の凸面と壁部の基準面とに段差が生じる。同様に、凹部の場合、凹部の凹面と壁部の基準面とに段差が生じる。ガスの噴出後にガス排出弁から発生した高温の煙が凸部の凸面に当たると、凸面は基準面よりも高温化する。一方、煙が凹部の凹面に当たると、凹面は基準面よりも高温化する。いずれにおいても段差で温度差が発生するので、この温度差により煙を対流させることができる。したがって、排気経路内で局所的に高温化することを抑制でき、正常な蓄電素子に伝わる熱量を抑制できる。したがって、正常な蓄電素子に対する熱影響を抑制できる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

トヨタ自動車株式会社
電池
15日前
電気興業株式会社
反射板装置
15日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
8日前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
9日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
1か月前
大日本印刷株式会社
流路部材
2日前
三菱電機株式会社
静止誘導器
13日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
13日前
トヨタ自動車株式会社
コイル
5日前
東京パーツ工業株式会社
コイル装置
1か月前
キヤノン株式会社
液滴吐出装置
1か月前
NTN株式会社
圧粉磁心
1か月前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
5日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
5日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
5日前
株式会社村田製作所
コイル部品
14日前
東レ株式会社
固体電解質用補強シート
9日前
中国電力株式会社
直線スリーブ
7日前
ヒロセ電機株式会社
電気コネクタ
8日前
ローム株式会社
半導体装置
12日前
日本無線株式会社
レーダアンテナ
2日前
ヒロセ電機株式会社
電気コネクタ
8日前
トヨタ紡織株式会社
加湿器
1か月前
ローム株式会社
半導体装置
9日前
太陽社電気株式会社
チップ抵抗器
28日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
6日前
ローム株式会社
半導体装置
5日前
トヨタ自動車株式会社
収容ケース
6日前
富士電機株式会社
半導体装置
29日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
15日前
三菱電機株式会社
半導体装置
1か月前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
20日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
15日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
15日前
株式会社村田製作所
インダクタ部品
15日前
富士電機株式会社
半導体装置
28日前
続きを見る